小秀山 2017.08.05~06

小秀山 2017.0805-06 
201708056小秀山00
山頂での記念撮影

○メンバー
CL:やっさん、SL:ふみふみ、食担:aya、
Free:こうじ、はる、さなっち、とりや
○コース
8/5 7:20 乙女渓谷キャンプ場 --- 8:26 避難小屋 --- 8:55夫婦滝 --- 10:21 第1展望台 --- 10:56 カモシカ渡り --- 12:40 兜岩 --- 12:49 第3高原 --- 13:56 小秀山 避難小屋泊
8/6 7:30 小秀山 --- 8:38 兜岩 --- 9:57 休憩適地③ --- 10:32 三の谷登山口--- 11:12 乙女渓谷キャンプ場




 梅雨明け10日の絶好の登山日和となるはずの8月上旬、まさかの天候不順で南アルプス光岳からの転進は比較的天気がましな北へ、泊まりたかった小秀山の避難小屋一泊プランとなりました。

8/5
 乙女渓谷キャンプ場よりスタート。
名のある滝がいっぱいの渓谷沿いの登山道、前半の儀式は延々と続く小秀山名物?の立派すぎる木道歩き。
渓谷沿いのたっぷり水を含んだ木道がすべるすべる。
えだこがいたら最高のパフォーマンスを見せてくれるところなのにとても残念だ。
無事に一人の犠牲者を出すことなく夫婦滝。厳冬期には氷瀑が見事だとのこと。
冬になったら見に行く?

201708056小秀山01
乙女渓谷キャンプ場
201708056小秀山02
延々と続くすべる木道
201708056小秀山03
すべるけど気持ちいい木道
201708056小秀山04
木道沿いにはいろいろな滝 これはねじれ滝
201708056小秀山05
和合の滝
201708056小秀山06
核心の夫婦滝…の夫の方?

 ここからは恐怖の木道が岩といつもの登山道になりホッとする。難所カモシカ渡りをよっこらしょと越え、兜岩を越え、第1高原と呼ばれる辺りに来ると穏やかな稜線歩き、さらに第2高原、第3高原を過ぎれば小秀山はすぐそこ。

201708056小秀山07
普通の登山道に..
201708056小秀山08
滝はまだまだ続く 子滝
201708056小秀山09
孫滝
201708056小秀山10
いよいよカモシカ渡り
201708056小秀山11
カモシカ渡り終了
201708056小秀山12
兜岩
201708056小秀山13
稜線に上がると展望が開けた
201708056小秀山14
歩きやすい稜線の道
201708056小秀山15
第3高原 小屋はもうすぐ

 13時30分、とても清潔で快適な小秀山山頂避難小屋「秀峰舎」着、一部屋を独占し夕食までまったり自由時間、、、が、待ちきれず16時くらいから晩酌タイム、ふみさんがいつものごとくすばらしい手際で前菜のトマトオニオンオイルサーディン炒めを作るとこーじさんのボトルワインの出番、メインディッシュは、初食担ayaさん謹製のスープパスタ風山盛り食べ放題煮込み(すいません名前忘れました<(_ _)>、さらにデザート?はさなっちのポップコーンといった具合に、次々と繰り出される食材に飽食の夕べは更けてゆくのでした。深夜にガスが晴れ、煌煌と満月に照らされ、御嶽が見えたとか見えなかったとか。

201708056小秀山16
きれいな小秀山避難小屋「秀峰舎」
201708056小秀山17
中もきれい
201708056小秀山00
とりあえず小秀山ピークで集合写真
201708056小秀山18
小屋の中でも集合写真
201708056小秀山19
前菜
201708056小秀山20
メインディッシュ
201708056小秀山21
デザート

8/6
 ご来光を見ようと5時前に起床もガスのため残念。
急ぐ理由のない山旅なので朝もゆっくりと出発。途中まで昨日来た道を引き返す。
第3~第1高原でなんとかひと目御嶽を、と願うもガスのためかなわず、あとは粛々と下山するのみ。
下山路は分岐より三の谷コースへ。
激下りもつづら折れの道は歩きやすくあっという間に三の谷登山口。
あとは林道沿いをタマアジサイなどの花を愛でながら乙女渓谷キャンプ場へ。

201708056小秀山22
再び頂上
201708056小秀山23
一気に下山
201708056小秀山24
山の神を過ぎると..
201708056小秀山25
三の谷登山口
201708056小秀山26
乙女渓谷キャンプ場、おつかれさまでした。

 たくさん食べたまったり山行、リーダーのやっさん、初食担のayaさん、数々の差し入れで盛り上げてくれたメンバーのみなさんありがとう、たまにはこんなのもいいね(*^_^*)

記).toriya

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

登川 米子沢 2017.08.05-06

20170805米子沢18
天国へのナメ(青空だったらなあ)



<メンバー>
もっちゃん、たばっち、めぐち、たろー

<コース:1日目>
巻機山登山口(7:30)~米子沢入渓(7:50)~米子沢遡行~ゴルジュ入り口(12:50)~ルートミス~谷に復帰(14:35)~二俣(16:50)~避難小屋(17:30)




 当初予定の堂倉谷は台風の影響で中止になり、リーダーたろーさんが悩みに悩んで選んでくれた転進先、新潟の米子沢に行ってきました。

 米子沢は上越を代表するメジャールートであり、沢登りを始めた人なら一度は行きたいと願う美渓沢と言われています。片道6時間の遠征でしたが、沢登り&百名山巻機山と一度で二度おいしい山行となりました。

 最初は広い河原を1kmほど歩き、ようやく水の流れがでてきました。この時点ですでに汗だくのめぐち、腰まで水につかりクールダウン。ゴーロ歩きから小滝や大滝が次々と現れ、巻いたり直登したりしながらどんどん進んでいきます。

20170805米子沢01
えらく脅す看板からスタート

20170805米子沢02
水の無い堰堤を越えて

20170805米子沢03
しばらくはゴーロ歩き

20170805米子沢04
めぐちクールダウン

 たばっちが先頭でガンガン登っていき、今まで見たことのない堂々とした華麗なる登りにほれぼれしてしましました。たばっちがすんなりと登るので簡単にいけるのねといざ取りついてみると、全然すんなりいかず、たばっちすごいわ~と感心しきりでした。

20170805米子沢05
滝が現れる

20170805米子沢06
結構大きい滝

20170805米子沢08
ガンガン攻める

 初級沢ということでほとんどロープを使わずに登れる滝が多かったですが、ほんとに初級?というところもあり、登りがいがありました。自力で登れると爽快ですね。途中で巨大なスノーブリッジが現れた時はここで撤退か?と思いましたが、なんとか越えることができホッと一安心。

20170805米子沢09
巨大スノーブリッジ

20170805米子沢10
何とか巻けた

 その後も順調に進んでいったのですが、6mチムニー滝の巻き道で赤テープに誘われ、どんどん上がっていってしまい、ここで1時間のタイムロス。トラロープがあったり踏み跡がところどころしっかりしていたのでだまされてしまいました。ここは昔救助用に拓いた道だそう。懸垂下降で元の道に戻りました。今回はあまりロープを使うことがなかったので、懸垂下降のいい練習になりました(ということにしておきましょう)

20170805米子沢11
ゴルジュに突入

20170805米子沢12
大きな滝もある

20170805米子沢13
問題の滝

20170805米子沢14
巻いてるのわかります?(これが正解ルート)

20170805米子沢15
まだ滝だ

20170805米子沢16
滝の前で休憩

 後半は有名な大ナメに突入です。ここが本当にきれいで天国に続く道のようで癒されます。巻き道で1時間タイムロスしてしまったせいで空がどんよりしてきてしまい、せっかくのハイライトの大ナメと青空の写真がとれなくて残念でした。ここでゆっくりしたかったのですが、時間がおしていたので先に進みます。

20170805米子沢17
ナメ地帯に入る

20170805米子沢18
残念、ガスってる

 あとはいくつかの滝を越え源頭が近づき、巻機山避難小屋の分岐に着きました。ここで避難小屋に泊まる人からの情報で小屋はすでにいっぱいとのこと。当初は避難小屋泊の予定でしたが、急遽テント泊に切り替えました。テント持ってきていてほんとによかった。担いでくれたたろーさんありがとうございました。

20170805米子沢19
小滝

20170805米子沢20
8月なのに雪が

20170805米子沢22
担いでて良かった

 避難小屋はとってもきれいで快適そう。小屋内のトイレもバイオトイレですごくきれいでした。すいていたらここに泊まってみたかったなぁ。ただここらへんはブヨが多く、唯一それだけが難ですね。みんな被害にあいました。

20170805米子沢25
避難小屋の中(翌日撮影)

20170805米子沢30
バイオトイレ(翌日撮影)

 避難小屋の人達から「米子沢ですか?すごい」と羨望の眼差しで、鼻高々。沢登りというだけですごいと言ってもらえ、気持ちよかったです(笑)

20170805米子沢23
夕食はもっちゃん特製のビーフシチュー

続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

朝明川 流れ谷 2017.07.30

20170730流れ谷20
雨でも楽し



<メンバー>
こうじ、めぐち、aya、ふみふみ、ita、やっさん、たばっち、たろー、Tさん(一般)

<コース>
朝明P(8:45)~流れ谷出合(9:00)~林道終点・入渓(9:15)~流れ谷遡行~松尾尾根稜線(14:55)~中尾根~朝明P(16:25)



 当初は岐阜県関の川浦渓谷のゴルジュで泳ぎと沢登りを満喫する予定でした、長寿台風の5号やら梅雨戻りのような天候で雨模様のため、天気の良さげな鈴鹿のナガレ谷に変更しました。

 集合場所で、なんとサプライズ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶たばっちがふみふみさんとおいらのためにケーキ🎂を準備してくれて誕生日を祝ってくれました。沢登り以外のメンバーも駆け付けてくれました(^^)鈴ハイメンバーありがとう~

20170730流れ谷01
ハッピーバースデー

20170730流れ谷02
ちゃんと切り分けてヨ

 朝明の駐車場に移動して、9人でスタート。曇り予報でしたが小雨交じりで登山者も少ないようです。沢屋は濡れるの前提なので気にならないけどね。沢の水は濁ることなく綺麗でした(╹◡╹)
  
 駐車場から来た道を戻り流れ谷橋から入渓。小滝を進むと8M斜め滝が登場、ここらからテンションアップ!10m以下の小滝ですが楽しい滝が続々と現れ、何度かロープで確保してもらいました。本日はエキスパートが2名いたので安心感もアップでした♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

20170730流れ谷03
ここから入る

20170730流れ谷04
ちょっと降りるところ違ったんだけどね

20170730流れ谷05
滝が出て来た!

20170730流れ谷06
ワイワイと登ります

20170730流れ谷07
軽いね

20170730流れ谷08
後続は確保で

20170730流れ谷09
これは手強い

20170730流れ谷10
確保されていれば平気

20170730流れ谷11
これはどうしよう

20170730流れ谷12
これも確保されていれば平気

20170730流れ谷13
でもこの人の確保は平気じゃない・・

 ayaさんスイカ🍉の差し入れもありがたい。重いのにありがとう(^o^)

20170730流れ谷14
スイカ!!!

 夏の鈴鹿の風物詩、湿った日にはダンシングウニョウニョが足元からウニョウニョして来たのでスプレーで退治しました。キャーぎゃーの歓声が上がりエキサイトしました。

 ザレバを登って登山道に合流し、釈迦ケ岳のピークは踏まずに下山しました。バリエーションルートで遊んだ後の帰りの登山道は楽チンでした。

20170730流れ谷15
ガレガレ

20170730流れ谷16
倒木

20170730流れ谷17
最後の滝かな

20170730流れ谷18
登っちゃえ

20170730流れ谷19
下山は登山道で

 身近な鈴鹿にまだまだ行ったことのない沢がいっぱいあるもんですねえ。そろそろおいらもマイロープを購入して使い方を学ばないといけないなあ。

20170730流れ谷20
お疲れ様でした

記) こうじ

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

南紀 黒蔵谷 2017.07.22-24

20170722黒蔵谷09
ウォータークライミング発祥の地




<メンバー>
ふみふみ、えだこ、次郎、つよっさん、たろー

<コース:1日目>
突合(9:15)~鮎返滝(9:30)~出谷出合(13:00)~アンダーガバの滝(15:20)~高山谷出合(17:00)




 当初は南アルプスの赤石沢を予定していましたが、お天気不安定で、好天が見込める山域をと、リーダーたろーさんには検討に検討を重ねて頂き(いつもありがとうございます!)、南紀の黒蔵谷へ転進となりました。

 2015年8月にたろーさん、Eちゃん、私ふみふみの3人で行った黒蔵谷。私が思い出すのは鮎返しの滝~直角の壁(私には直角!!)をよじ登る場所と、アンダーガバの滝と言われている難所(私には両方共にドキドキの場所)。

 それ以外は名渓と呼ばれる綺麗さと険しさを兼ね揃えた素敵なところで、アマゴとも一緒に泳いで、釣って食べたというとっても感激した楽しい思い出の場所です♪

 2年前との比較で言うと、今回の頼もしいメンバーのお陰で、鮎返しも直角の壁もドキドキさは半減。足が震えるほどの怖さも無く、登り切ることができてホッとしました。

 そして、お待ちかねのゴルジュを泳ぐ泳ぐ・・ひたすら泳ぐ♪♪冷たいけど身体が冷えないようにドンドン泳げば(動けば)大丈夫!!黒蔵谷の醍醐味ですね。

 アンダーガバの滝もさすがのリーダーたろーさんの直登で、私は一本釣り状態で引き上げてもらいました(いつもすみません)!
滝を超えると間もなく高山谷出合へ。1日めはここでテント泊です。

 アマゴは釣れなかったけど、3食丼ぶりを食べて大自然の中で快適なテント泊でした。明日は初めてのコースへ。ワクワクドキドキウキウキで眠りました。

記 ふみふみ

20170722黒蔵谷01
さあ、出発

20170722黒蔵谷02
いきなりこんな感じ

20170722黒蔵谷03
鮎返しの滝

20170722黒蔵谷04
左から突破

20170722黒蔵谷05
腰まで入るのは当たり前

20170722黒蔵谷06
ロープを手繰れば楽ちん

20170722黒蔵谷07
ファイト一発のえだちゃん

20170722黒蔵谷08
次は何が出て来るか

20170722黒蔵谷09
息を呑む美しさ

20170722黒蔵谷10
出谷出合

20170722黒蔵谷11
ロープで引っ張られる次郎さん

20170722黒蔵谷12
ルート検討中

20170722黒蔵谷13
泳ぐ方が多い?

20170722黒蔵谷14
アンダーガバの滝、次郎さんもう一歩だったのに

20170722黒蔵谷15
今夜のメニューは三色丼

20170722黒蔵谷16
焚火



続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

川浦谷 銚子洞 2017.07.15-16

20170715銚子洞23
森の主の前で



<メンバー>
たろー、ふみふみ、たばっち

<コース>
15日:林道ゲート(8:50)~銚子滝下(10:20)~銚子洞遡行~大平出合(16:15)~沢ノ又巨栃(16:25)泊
16日:泊地(7:45)~大平出合(8:00)~銚子洞下降~銚子滝下(14:50)~林道ゲート(16:10)




<1日目>

 奥美濃の川浦谷銚子洞へ行って来ました!滝登り、ちょっぴり泳ぎ、癒しの森での沢泊で、 のんびりまったり楽しみ・涼んで来ました♪

 気心知れたリーダーたろーさん(年下だけど兄)、たばっち(妹) の「兄妹トリオ」での3人行動はスムーズです♪。たばっちは「父母と子供の3人家族だ!♪」と言っていましたが・・( やはり私はお母さんですか~!?)

 川浦谷林道を歩き、 真っ暗な銚子滝トンネルではルンルンたばっちの鼻唄を聞きながら進み、 トンネルを出た所には使用不可の立派なトイレが。ここはかつて銚子滝の観光用だった遊歩道なのだとたろーさんから聞 きながらドンドン進みます。

20170715銚子洞01
林道ゲートからスタート

20170715銚子洞02
真っ暗なトンネル

20170715銚子洞03
使われる事の無いトイレ

20170715銚子洞04
遊歩道(にしようとしていた)痕跡

20170715銚子洞05
ひんまがった吊り橋

20170715銚子洞06
恐る恐る渡る

 活発な沢ダンサーを避けながら(なかなか手強い沢ダンサー達!! )、銚子滝に到着。銚子滝のシャワーを浴びて、蒸し暑さも解消です。

20170715銚子洞07
銚子滝

 たろーさん、たばっちのリードで次々と出てくる小滝、釜、瀞・・・と楽しみました♪奥美濃の沢は水温がかなり低いかと思っていましたが、バリエーション豊富な行程では、火照った身体に調度良いくらいの水温だと感じました。

20170715銚子洞08
また大きな滝

20170715銚子洞09
滝の右側を直登

20170715銚子洞10
一旦、癒しの谷

20170715銚子洞11
緑が美しい

20170715銚子洞12
泳いで取りつく

20170715銚子洞13
幅広の滝

20170715銚子洞14
泳いでも寒くない

20170715銚子洞15
左から巻いたかな

20170715銚子洞16
源流の風景

 大きな大きなトチの巨木が出てくるとここで宿泊するとのこと。自然の中での貸しきり感は沢泊の醍醐味です♪

20170715銚子洞17
森の主の栃の木

 自炊はたばっちのカレーライス(軽量化を考えてくれた食材の準備と調理の段取りもとっても良かったです♪)とたろーさんのアスパラベーコンホイル焼きなどなど。そして、私のフルーツカップケーキ。美味しかった~♪

20170715銚子洞18
焚火でお尻を乾かす

20170715銚子洞19
アスパラベーコン

 沢泊は自由に料理して、自由に時間が使えて、解放感たっぷりなので、本当に大好きな時間です!


********************************************

<2日目>

20170715銚子洞21
朝ごはん作り

20170715銚子洞22
巨栃の前で

 翌日も懸垂メインでスイスイ下降を楽しむ事が出来ました!

20170715銚子洞24
泳ぎ下って

20170715銚子洞25
懸垂下降

20170715銚子洞26
また泳いで

20170715銚子洞27
癒しの谷

20170715銚子洞28
銚子滝の上に辿りついた

 翌週に予定されていた川浦谷水泳大会♪は天候で中止となったので、また機会をみて訪れたい奥美濃の美しい癒し沢です。

 同行出来た「兄妹トリオ」での沢旅は大満喫の時間でした!♪ありがとうございました!

記)ふみふみ

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR