野伏ヶ岳 2017.02.26
20170226野伏ヶ岳15
山頂より奥美濃の山々を望む



メンバー:やっさん、えだこ、こうじ、toriya、たろー、シュークリーム(一般)

コース :白山中居神社(7:10)~和田牧場跡(8:40)~ダイレクト尾根
    ~野伏ヶ岳(11:00)~推高谷源頭~Ca1500~推高谷~林道(12:50)
    ~和田牧場跡~白山中居神社(15:00)




 以前、ふみさんから野伏ケ岳でのかまくら泊を聞いて以来、どんな場所かと楽しみにしていました。今回は日帰りですが、今後のテント泊の下見も兼ね参加させて頂きました。

 駐車場は、私達の車を駐車してほぼ満車状態。意外と人気がある山なのかも^_^。駐車場から道路には積雪があり、今年はどこに行っても雪山が楽しめます。

20170226野伏ヶ岳01
白山中居神社から出発

20170226野伏ヶ岳02
石徹白川

 登り始めて数分 雪も深くなった所で踏み抜きが続く為、ワカンを装着します。和田牧場跡に、到着。広々とした高原のような所で、テン泊しても心地よく寝られそうです。また、雪洞を作った跡も多数あり雪山訓練にも持ってこいの場所です^_^

20170226野伏ヶ岳03
和田牧場跡に到着

20170226野伏ヶ岳04
野伏ヶ岳(正面)、薙刀山(右側)

20170226野伏ヶ岳05
雲一つない

20170226野伏ヶ岳06
石徹白の山々

20170226野伏ヶ岳07
雪上訓練中

 牧場跡の先には、野伏ケ岳がそびえ立っており、アルプスを登るような気分にもなります。 登り始めて急登が続きます。いつもの元気なえだちゃんは遅れ気味。もう飽きたのか?(笑)

20170226野伏ヶ岳08
ダイレクト尾根取り付き

20170226野伏ヶ岳09
ダイレクト尾根

20170226野伏ヶ岳10
小白山方面

20170226野伏ヶ岳11
別山方面

20170226野伏ヶ岳12
雪庇の尾根

20170226野伏ヶ岳13
薙刀山が右に

20170226野伏ヶ岳14
集団を追い抜く

20170226野伏ヶ岳15
野伏ヶ岳到着

 息切れしながらもようやく、山頂に登頂です。空は徐々に雲がかかり始めており、別山がも薄っすら見えています。でも、先日行った大日ヶ岳もみえ、展望はまずまずです^_^

 山頂での写真を撮ったら次の薙刀山を目指し出発です。しかし、急下降で且つ少し氷っているこの下りは慎重に行きます。皆んなの為にたろーさんが先頭を歩きトレースをつけてくれているので歩き易くなっています^_^

20170226野伏ヶ岳16
しっかりトレースつけて

20170226野伏ヶ岳17
薙刀山を目指すが

 続いて我々ワカン組が歩いていると、スノーシューのこうじさんやシューさんは、余裕を持って歩いています。裏側にある刃が、ワカンよりも多く歩き易いとか。意外とスノーシューもありかも^_^

20170226野伏ヶ岳18
薙刀山への尾根

 推高谷の源頭を少し過ぎた辺りで昼食にします。しかし、雲行きはさらに悪くなってきたので、昼食も早々に済ませ安全策をとって今日は下山することになりました。帰りは登り返しが少ないコースで和田牧場跡に戻ってきました。山岳会か何かの団体さんが雪洞を壊していました。どうやらこちらの方達が訓練で作っていたようです。

20170226野伏ヶ岳19
雪の和田牧場跡

 更に下山をして行くと、所々ヒップソリに持ってこいの場所があります。勿論、滑るの大好きなえだちゃんは滑っています。他のメンバーも滑るなか、特にスピードが乗っている人がいます。toriyaさんです。スピード違反ですよ。安全運転でお願いします^_^;

20170226野伏ヶ岳20
ヒップソリ大好きえだちゃん

 今回も雪山を目一杯楽しめる山行となりました。企画をしてくれたたろーさん、ご一緒させて頂いた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

記).やっさん
藤内沢 氷雪訓練Ⅱ 2017.2.19

20170219藤内沢Ⅱ14_420
高度感満点のトラバース


<メンバー>
ita,とりや、サブロー

<コース>
7:30藤内小屋~裏道~8:30αルンゼ分岐~F2終了10:30~10:50前尾根P1
~スタンディングビレ―練習~藤内沢出合~11:30奥又大滝~12:00βルンゼ
~13:00~2ルンゼ雪壁~13:30中道~13:403ルンゼ~藤内沢下降~
14:401ルンゼ~15:30藤内小屋~16:20駐車




 先回に続き、とりやさん、さぶちゃんの2名と藤内沢にて、みっちりの氷雪訓練を行いました。

 藤内小屋に早朝集合としたのは、私だけ小屋に前夜泊、小屋の人と楽しいひと時を過ごしたからです。 藤内小屋は土石流に飲まれ、一時復旧は無理かと思われましたが、多くのボランティアに支えられ、かつての賑わいを取り戻した、古き良き時代の香りが漂う素敵な小屋です。

 前日は旨いお酒を頂く為、腰まで積もった雪をひたすら積み上げてました。笑

20170219藤内沢Ⅱ01_420
藤内小屋での雪かき

 さて、楽しく飲み明かした次には辛い朝がやってきます。 

ストーブが一晩中焚かれてる温かい小屋より、テラスに出ると、強い冷気と眩しい朝日が、ヨレた身体に沁み渡り、力がみなぎるような気になります。(気がするだけでダルさは変わりませんが・・・)

 登攀準備をしてるとお二方が到着。 本日のルートについて確認します。

 まずはαルンゼを目指して裏道を登ります。 昨日沢山人が入った為、大雪の御在所でも歩きやすくなりました。

20170219藤内沢Ⅱ02_420
αルンゼへの登り

 早く入った甲斐があり、一番乗りで取付きます。 F1は登らずに、一番楽しめるF2へ。まずはTRセットする為、リードします。氷結状態はまずまず。支点のスクリューもばっちり効き、安心して登れました。

20170219藤内沢Ⅱ03_420
まずは支点工作

 さぶちゃんは靴底が柔い為かアイゼンに力が入らず苦戦、とりやさんは縦走様10本爪ですが、バランスとって上手に登って行きます。

20170219藤内沢Ⅱ04_420
とりやさんトライ!

 何度か練習してると、後続登ってきましたので、F3もパスして前尾根稜線まで登ります。前尾根の最終ピークP1の裏側に有る、雪壁にて、スタンディングアックスビレイによる下降の練習をします。

20170219藤内沢Ⅱ05_420
前尾根P1到着

 樹木等、支点にするものが無い場合、交互に下降するのに有効な技です。さぶちゃんの確保でとりやさん、私と降りましたが、危なげなく降ろしてもらう事、出来ました。

20170219藤内沢Ⅱ06_420
スタンディングアックスビレイによる下降

20170219藤内沢Ⅱ07_420
大丈夫かな?

20170219藤内沢Ⅱ08_420
快適~

 藤内沢に降り立った後、奥又滝に入ります。あわよくば、バンド沿いに通り抜けようと思いましたが、先客有りで、先回使っβルンゼにて迂回します。

20170219藤内沢Ⅱ09_420
奥又の偵察、次回は・・・

20170219藤内沢Ⅱ10_420
βルンゼのサブちゃん

 今週も氷の状態良く、危なげなく登る事が出来ました。その先はカモシカルンゼに戻り(先回は行けなかった)雪壁登りです。デブリ跡の残る40°程の雪壁は迫力満点。体力を奪われながらも中道の稜線を目指します。

20170219藤内沢Ⅱ11_420
最後の雪壁キツイ~

20170219藤内沢Ⅱ12_420
もうチョイで終了

 途中の尾根より3ルンゼを見渡すと大勢のクライマーが楽しんでました。しばらく見学後、藤内沢下降、藤内滝は1ルンゼに大きく巻いて通過。小屋にて本日のミッション終了致しました。

20170219藤内沢Ⅱ13_420
賑わう3ルンゼ

 今回の氷、雪壁のアイゼンワーク、ロープワークは冬~春山に向けて、重要な技術となります。シビアコンディションでも焦らなくなる様、今後も練習したいと思います。

 参加のお2人様、ご苦労様でした。

記:ita
弥山・八経ヶ岳 2017.02.18-19
20170218八経ヶ岳17
鳥居がこんなに埋もれてる!弥山神社


<メンバー>
ふみふみ、もっちゃん、キヨ、やっさん、つよっさん、たろー

<コース>
2月18日:熊渡(9:20)~金引尾根~高崎横手分岐(14:20)~狼平避難小屋(15:30)泊
2月19日:狼平避難小屋(6:30)~弥山(8:30)~八経ヶ岳(9:30)~高崎横手分岐(12:05)
金引尾根~熊渡(15:15)   



 雪山テント泊山行の越百山の代替案として、奈良県の弥山と八経ヶ岳に登ってきました。登山口辺りは、前日に雨が降ったようで、ちょっと硬めの雪。ラッセルしなくて良かった!でも、ラッセルするぞ!という気持ちで来たので、ちょっと残念な感じもしなくはない。

20170218八経ヶ岳01
熊渡からスタート

20170218八経ヶ岳02
手書きの案内板

 林道から金引尾根を登り切るまでは、急登で、意外と、この固めのトレースのある雪が歩きにくい。ところどころ踏み抜くところもある。久しぶりのテント泊装備の為か、真冬というのに、これ以上脱げないのに汗が止まらない。
 天候は曇り。風はなく、展望があるルートでもなく、地味な感じですごく遠く感じた。

20170218八経ヶ岳03
樹林の中を進む

20170218八経ヶ岳04
トラバース

 当初の予定では、弥山小屋の近くでテント泊の予定でしたが、時間やペースのことから狼平までというのを聞いてホッとしました。

 狼平は、小川に吊橋が掛かり、その小川のほとりにかわいい避難小屋がある素敵なところです。ここに避難小屋を建てた方のセンスの良さを感じます。また、その避難小屋がとても綺麗なのです。
 予定ではテント泊でしたが、たろーさんが小屋に泊まろうと言ったことに異論は一言もありませんでした。みんながみんな、小屋に泊まりたい!と思ったのでしょう(笑)。

 小屋は2階というかロフトがあり、今回の6人で丁度の広さで独占出来たのも良かった。ふみふみさん特製の鍋をつつきつつワイワイやっているとアッという間に夜も更けてしまいました。一日目は、狼平に尽きる一日だった。

20170218八経ヶ岳05
分岐

20170218八経ヶ岳06
吊り橋を渡ると

20170218八経ヶ岳07
狼平避難小屋

20170218八経ヶ岳08
まずは乾杯

20170218八経ヶ岳09
ワイワイと楽しく


 二日目。今日は弥山、八経ヶ岳と周回して下山する予定。小屋泊の中で、我々が一番早い出発の為、ラッセルをしなくてはならない。今日は風もあり、本格的な雪山という感じだ。ふみふみさんともっちゃんがラッセルしてリードしてくれるので助かりました。

20170218八経ヶ岳10
さあ、出発

20170218八経ヶ岳11
ラッセル開始

 いくつも鹿除け網を乗り越えたりして弥山に到着!弥山神社(天河神社)にもたっぷりの雪で鳥居の上に手が届く貴重な体験が出来ました。御利益があったのか?、八経ヶ岳を過ぎる頃には、青空が見えるようになり、大峰山脈の山々や青空に映える樹氷も楽しめました。

20170218八経ヶ岳12
鹿除けネットには苦労した

20170218八経ヶ岳13
大黒岩が見えた

20170218八経ヶ岳14
幻想的な世界

20170218八経ヶ岳15
時折日が射す

20170218八経ヶ岳16
弥山神社

20170218八経ヶ岳17
鳥居に手が届く

20170218八経ヶ岳18
弥山小屋

20170218八経ヶ岳19
弥山

20170218八経ヶ岳20
八経ヶ岳を目指す

20170218八経ヶ岳21
八経ヶ岳(何もない・・)

20170218八経ヶ岳22
ガスガスが

20170218八経ヶ岳23
青空~

20170218八経ヶ岳24
弥山が一望

 こんな感じで二日間、雪山を楽しめましたが、避難小屋が快適過ぎたので、次は寒くて寝られないほどのテント泊もしてみたい気もする(笑)。
 あと、雪が解けたら、弥山川ルートで登ってみたい。スリルたっぷりの梯子だらけのルートを。

 大峰奥駆道も歩きたいなあ。いつものように、山に行ったのに、行きたいところが増える不思議。

記 キヨ
藤内沢 2017.02.12
20170212藤内沢06
今年も来ましたよ



<メンバー>
こうじ、ふみふみ、toriya、やっさん、もっちゃん、とー、たろー

<コースタイム>
スカイラインゲート(8:55)~裏道入り口(9:25)~藤内沢出合(10:55)~藤内沢
~山上公園(13:15~13:45)~中道~裏道分岐(15:00)~裏道(15:15)
~スカイライン(15:40)~スカイラインゲート(16:05)




 この日も豪雪の中の登山となりました。前日からの雪がまだちらほらするなか、車で鈴鹿スカイラインもゲートにまでたどり着けず、何とかゲートから数百メートル手前の路肩に止めて出発。

20170212藤内沢01
スカイラインゲート前もこの雪

 登山者は多く裏道は順調、但し、雪の積もった梯子の橋の通過はこわかった。藤内沢分岐でアイゼン、ハーネス、ヘルメット装着していよいよ藤内沢へ入る。

20170212藤内沢02
裏道もすごい雪

20170212藤内沢03
緊張・・

20170212藤内沢04
まるで豪雪地帯

20170212藤内沢05
藤内沢入り口

20170212藤内沢06
完全装備に

 谷はふかふかの雪のラッセル、雪ふかふかすぎてラッセルも楽しく、また急登もあまり恐怖感なく核心の蝙蝠滝も歩いて?通過。

20170212藤内沢08
藤内滝を巻く

20170212藤内沢07
埋まってる・・

20170212藤内沢09
急登ラッセル

20170212藤内沢10
氷瀑を見に寄り道

20170212藤内沢11
トレース辿りは楽ちん

 こんな藤内沢も第3ルンゼはいつものアイスのゲレンデ風景。お昼の時間は過ぎているが落ち着ける場所を求めて頂上広場の一角まで上がって昼食。

 ここでとーさんのテルモスの蓋が忽然と消え自宅の机の上に現れる。時空を操る超能力者のとーさん、物質瞬間移動(テレポーテーション)もマスターしていたようだ。これからテント泊装備のデポなどにその能力をいかんなく発揮してほしいものだ。

20170212藤内沢12
大賑わいの3ルンゼ

20170212藤内沢13
アイスクライマー

20170212藤内沢14
山上公園へ

 昼食後は中道に入って裏道へ一気に下山しました。一冬に一回は入りたい藤内沢、毎年企画を上げてくれるリーダーのたろーさん、一緒に歩いてくれたメンバーのみんな、どうもありがとう!

20170212藤内沢15
本谷を覗き込む

20170212藤内沢16
ロープウエイの下を潜って裏道へ

記 toriya
風折滝 目指せ天使の翼 2017.02.11
20170211風折滝13
天使の翼



メンバー:たばっち、はる、やっさん、めぐち、しず、ちっぷる、キヨ、もっちゃん、
     Toyo、ふみふみ、たろー

コース :宮ノ谷林道終点(8:50)~水越谷出合(10:40)~風折滝(15:00~15:30)
    ~水越谷出合(18:15)~宮ノ谷林道終点(19:30)




 たろーさん企画の台高、宮の谷の支流にある風折滝へ行ってきました。風折滝という名は、風が吹くとふらふらと揺れ、折れて見えるのが由来らしい。さらに「冬になれば折れた滝が凍りつき、天使の翼のような氷の芸術が出来上がる。」という神秘的な謳い文句が!
 これは見たい、絶対見たい!という事で、参加資格(アイゼン歩行経験者)は無かったけど、たろーさんに懇願したところ「フォローします」と心強いお言葉をくださり、ありがたく参加させて頂きました。

 この日は、朝からキンキンに冷え込んでいて、集合場所に近づくにつれ、国道の雪がどんどん増えていきます。雪に慣れていない車もいて国道もゆっくりな流れです。ヤバい…多分、集合時刻に間に合わない。
かなり焦りましたが、高速に乗ったら普通に走れ、余裕で到着♪…と思ったら、やっさんが寝坊で30分遅刻。

 無事、合流出来たところで、登山口の宮の谷へ向かいます。登山口の数km手前から、携帯は圏外へ。前走車のタイヤの跡も無くなり、いよいよ人の気配が無くなってきました。もし車がスタックしたら…とか考えるのは恐いからやめました。

 登山口へ着きましたが先客は誰もいないので車停め放題。まずは整備された遊歩道を歩きます。キンキンに冷えた新鮮な空気と静寂の雪道を堪能。1時間ほどで水越谷出合へ到着。快調です。

20170211風折滝01
.登山口

20170211風折滝02
ゾロゾロと

20170211風折滝03
雪の谷

20170211風折滝04
遊歩道が整備されている

20170211風折滝05
もうすぐ出合

20170211風折滝06
水越谷出合

 ここからが本番!風折滝まで登山道が未整備ということなので一気に緊張感が高まります。ところどころ渡河します。夏ならドボンしても笑って終わりですが、冬のドボンはマヂ笑えません。

20170211風折滝07
いきなりアドベンチャー

20170211風折滝08
大丈夫かなあ

 暫く歩くと老夫婦が追い付いてきました。風折滝は11回目だとおっしゃっていました。ベテランらしく颯爽と引き離されていきます。(鈴ハイメンバー以外では、この日、唯一の登山者でした。)
 
 そして難所①へ到着。渡河するのに川が深いので、一旦、上って横移動して降ります。手前から見ると簡単そうに見えますが、いざ降りるときは足をかける岩が見えなくてスリルあります。個人で来ていたら、ここで撤退していました。(もっと手前かな…)

20170211風折滝09
難所①

 渡河してすぐ、岩の間を登るのにつっかえて邪魔なザックをリレーしロープで荷揚げします。ザックリレーでは、一通りメンバーのザックを持つので重さが分かります。自分のザックは…めちゃ軽い。達人メンバーのザックは…補助グッズがいっぱい入っているので、めちゃ重い・・中でも、やっさんのザックはパネぇ重さです。やっさん以外の全員が持つのを嫌がっていました、何が入っているのだろ?

 暫く歩くと先行していた老夫婦が帰ってきました。何でもこの先のロープが凍っていて奥様が滑って川にドボンしてしまったようで、風折滝には行かず帰るとのこと。この先にベテランでも引き返させられるような難所が…。
 時間もかなり押してきているので撤退かな…(撤退賛成派)しかし、たろーリーダーから撤退の指示は出ません。黙々と進みます。

 そして難所②へ辿り着きました…。ベテラン夫婦撤退の場と思われます。岩の上方からロープが垂れていますが、ツルツルに凍っています。ロープを掴んでも滑って落ちます。足元の岩もツルツルで踏ん張れません。ロープを掴んでいる手の握力が一気に無くなっていきます。みんなどうやって上がったの!?もう限界す…。(難所過ぎて写真なし)

 その時、たろーさんから「最後の上りだから頑張って!」と檄が飛びます。無我夢中に。そして気が付けば何とか岩の上に登れていました。

 またまた暫くすると難所③再び巨大な岩が立ちふさがります。もちろんロープが凍っていてツルツル…握力も戻っていません。マジかぁ…。たろーさんから「最後の上りだから頑張って!」と、どっかで聞いたような…

20170211風折滝10
.難所③

 記憶が薄いですが、体を立てたり、横にしてつっかえさせて登ったような?登ってしまえば、本当に最後の上りでした♪先行されている方の歓声が聞こえます!目的の風折滝が見えて疲れが吹っ飛びます(≧∇≦)

20170211風折滝11
風折滝

 辿り着いてみると、まさに天使の翼!写真では伝わりにくいけど本当に圧巻です。滝からはソコソコの水量があるのに下へ落ちるまでに風で散っていきます。散った水が周囲の岩から氷柱となって幻想的な景色を創り出しています(〃▽〃)

20170211風折滝12
折れてる折れてる

 ちっちゃいエンジェルフォールの冬Verって感じで、海外の秘境にいるような感覚になりました♪(本物のエンジェルフォール見た事無いけど…)

20170211風折滝13
集合写真

 ずっと見ていたいですが、既に15時半…時間が押しています。名残惜しいですが写真を撮りまくり下山します。

 暗くなってくると焦って安全確保より早く帰りたくなりますが、達人メンバーが冷静に、確実に1人、1人の安全を確保しながら誘導します。流石です。

 帰路の難所③②では、ロープを掴めず滑ると危ないので、濡れるの嫌だけど防水手袋を取ってウールの手袋で挑みました。な、な、なんと普通に掴めます。次回から安物防水手袋使うのはやめようと心に決めたのでした。。。

20170211風折滝14
.難所を戻るのだ

 難所①を越えた辺りで周りが暗くなってきました。「明るいうちに難所はクリアしときたいね」とみんな言っていたので安堵しました。そして人生初の下山時ヘッデンです。雪山で暗くなるとか想像では怖いと思っていたけど人数多いし、メンバーと話しながらなので楽しい気分になってきた♪

20170211風折滝15
無事難所を超えた

 と、思っていたら滑落!!ゆっくり沢の方に吸い込まれていきました。幸い沢手前で止まれて、モフモフ雪のお蔭でダメージ無し。難所越えても油断大敵ですな。

 水越谷出合の休憩所で最後の休憩。ここからは整備されているので順調に帰る事が出来ました。

20170211風折滝16
最後はヘッデン

 難所は全て達人メンバーに安全確保をして頂きました。一人では、とても風折滝まで辿り着けません!とても楽しく、絶景も見られて、満足感たっぷり♪鈴ハイメンバーになって本当に良かったです。

 なかなかハードな1日でしたが、たろーさんから「冬の沢としては初級だよ」と一言。改めて達人の域は遠いなと感じました。

はる
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ