御在所氷雪訓練 その2 αルンゼ

20170102藤内沢氷雪訓練00001
新雪を踏みしめて




【メンバー】 ita ふみふみ toyo

【コース】  湯の山温泉 6:00~6:50藤内小屋~裏道~8:30αルンゼ出合~12:00前尾根P1~12:30アゼリア13:30
        ~藤内沢下降~15:00藤内小屋15:30~16:00湯の山温泉



雪の御在所藤内沢めぐりの企画に参加しました。
itaさん友人夫妻も参加予定でしたが、骨折リバビリ中との事で別行動、スズハイメンバー3人での山行となりました。
コースは裏道から入り、αルンゼ藤内沢を経て、再度、裏道に戻るというものです。

20170102藤内沢氷雪訓練00002
αルンゼ全景とルート

自分のアイゼンですが、10本だと思い込んでいたものが、なんと8本。itaさんにはぜったい重荷になったはず。すみませんでした。
でも、「ロープ張るから大丈夫!やれるとこまでやってみようよ」と嬉しい言葉を頂き、安全に楽しくトライする事ができました。

藤内沢出合に有るいかにも「達人しか入ってはならぬ」的な看板。その場所に進めるのだと思うと、ワクワクしました。小さな徒渉をし、ゴロつく岩の間を縫って行きます。しっかりとした踏み跡も見当たらず、当然、トラバースです。また、急な斜面もあり、ロープにて確保を取りながら一人づつ慎重に登っていきます。

20170102藤内沢氷雪訓練00003
αルンゼへのキツイ登り

途中、単独の方に先を譲りつつも、最初の難関F1 30ⅿ氷瀑に到着します。
itaさんリード、フミさんビレイにて登っていきます。傾斜は緩め、私とふみふみさんの同時登攀で時間稼ぎます。

20170102藤内沢氷雪訓練00004
F3 まだ氷は薄い

itaさんは、実際に登って手本を見せてくれます。さらに、理論的な部分でも説明がなされ、とっても勉強になりました。難しい事を簡単に説明するのは、きちんと解っていないとできない事。そして、実際に個人レッスンで、ダメ出しをしてくれます。

次の氷瀑F2 25m ロープ張って練習です。傾斜も随分ときつくなってきます。

20170102藤内沢氷雪訓練00005
準備万端!

20170102藤内沢氷雪訓練00006
ふみふみさんスタート

バイルは力任せに打ち付けてはいけない等、実践をしていくなかで学びます。
アイゼンについても、前爪の4本でバランスを取るとの事です。低い場所では出来ても、高度が増すにつれ、心の迷いが如実に行動に現れます。ふみさんは、小柄ながらも、テクニックで踏破。自分は焦って案の定、宙ぶらりんになりました。アイゼンのせいにしたくはないけれど爪が効かない!

20170102藤内沢氷雪訓練00007
toyoちゃんスタート!

20170102藤内沢氷雪訓練00008
toyoちゃんねばる!

 途中で撤退。下りはローダウン。ザイルは力を入れずに持ち、バランスを取りながら。いつぶりかしら?でも、itaさんを信じて、「えい!」やればできました。
ちらついていた雪がこの頃には、吹雪いています。ただ、待ちの時間は寒かったですが、やっている方は、集中している為か、以外に気になりませんでした。

20170102藤内沢氷雪訓練00012
お尻に刺さるよ・・・

更に上り詰め、F3 15Mに。しかし、先ほどよりレベルが高く、出だしの3Mがツララ状になってます。
ここは難しいとの事でitaさんリード、ふみふみさん続いて、私は巻き道より上がりました。
itaさん抜けた後ふみさんトライ。氷の柱が抜け落ちたりして、足の置き場に苦戦します。しかし、粘り強く諦めずにしっかり決めてきます。楽しそうでした。

20170102藤内沢氷雪訓練00009
ふみふみさんファイト!

20170102藤内沢氷雪訓練00010
氷に支点取ります。

岩場の上から見る景色は、御在所とは思えない(失礼)自分の知らない御在所でした。
山頂までは、樹氷の中を潜り、雪のトンネルを抜けていく様。吹雪いてる中、時折青空もみえました。
20170102藤内沢氷雪訓練00013
樹氷のトンネル

20170102藤内沢氷雪訓練00014
もう一息!最後まで気を抜かないで!


岩々したルンゼを上がって、前尾根終了点のP1に到着します。 藤内壁を一望出来るビューポイントを堪能、胸ラッセル?を交えながら裏道に抜けました。

20170102藤内沢氷雪訓練00011
おつかれさん!

昼はアゼリアにて休憩。温かいものをとりながら、まったりした時間を過ごせました。
さて、次は藤内沢の下り。しっかり雪が積もっていた為、シリセードにて激下りをしました。3人が連なって下る様は、雪の池でカヌーをしている感じで、とても面白かったです。危険な箇所はフォローしてもらいつつ行きます。近いのに、こんな魅力あふれる場所だったんですね。だんだんと黄昏時が近づき、この山行も終わりだと思うと、少し寂しい感じもしました。

20170102藤内沢氷雪訓練00015
P2ヤグラをバックに・・・夏はここを登ろう。

藤内沢小屋に立ち寄ると、友人夫妻の姿が。特に奥さんの方は、「肋骨を骨折した」と笑って話される豪快で素敵な方でした。
また、戌年にふさわしく白と黒の2匹の犬が(藤内小屋の犬らしい)出迎えてくれ、とても癒されました。「今年もよろしく」と挨拶を交わし、最後はヘッテンにて下り、無事に下山。かなり充実した一日となりました。
企画して頂いたitaさん、一緒に参加して頂いたふみさんに感謝です。ありがとうございました。
記(toyo

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

年末暇な人のイブネクラシ 2017.12.30

20171230イブネクラシ22_640
雪たっぷりのイブネ


≪メンバー≫
toriya、たろー、ふみふみ、なお、やっさん、こうじ、たばっち

≪コース≫
朝明駐車場(07:35)-根の平峠(08:44)-タケ谷分岐(08:45)-タケ沢出合(09:35~09:54)-クラシ谷出合(09:56)-クラシ(11:47~12:27)-イブネ北端(12:36)-イブネ(12:45)-佐目峠(13:05)-御池鉱山旧跡(13:55~14:24)-コクイ谷出合(15:23)-上水晶谷出合(15:43)-タケ谷分岐(16:05-)根の平峠(16:23)-朝明駐車場(17:04)



 毎年恒例、とりやさんの年末登り納めシリーズ。今年の行き先はイブネクラシです。

 山行の数週間前にとりやリーダーよりサブリーダーの任務を拝命し、山行記の指名権というすごいカードをもらっていたのですが、“年末暇な人”という厳しい参加条件がある為、直前で脱落者続出。山行記ターゲットのA氏と第二候補のE子までも諸事情により来られなくなってしまいました。最終メンバーは七人です。

 朝明の駐車場に到着すると雪が残っていて数台分のみ停められる程度に除雪されていました。準備をして出発です。今回はストック、アイゼン、ワカンを装備して、ピッケルまでもは要らないだろうとのとりやさんの判断ですが、心配性?のやっさんはピッケルもザックにくくりつけていました。

20171230イブネクラシ01_640
朝明駐車場も雪たっぷり

 根の平峠まではいつもの道。雪があるので渡渉が難しくなってますが、私以外はみな達人メンバーなのでサクサク進んでいきます。サブリーダーと言われていたので先頭を歩かなければいけないかと思ってましたが、たろーさんがトップで歩いてくれました。ありがとうございます!
(※結局この日はサブリーダー的な仕事を全くしないままとなりました(^_^;)すみません。)

20171230イブネクラシ02_640
もふもふの千草街道

 私が初めて雪山に参加させてもらった頃には、根の平峠までの登りがキツく、息も絶え絶えに。ここで待ってますと訴えてやっさんを困らせたことが懐かしい思い出です。
 みんなで和気あいあいとおしゃべりしながらタケ谷分岐を右に進み、愛知川を渡ったところで休憩がてらワカンを装着します。

20171230イブネクラシ03_640
大福のような雪

20171230イブネクラシ04_640
橋注意

20171230イブネクラシ05_640
飛び石注意

 ここで後ろから他の登山者が追いついてきましたが、川の向こう側で何やら地図を広げて揉めています。コクイ谷のほうに行こうとして道を間違えて来たのかな?
 普段だと深く考えず道沿いを歩いて来れますが、雪があると前の人の踏み跡を辿ってしまうので注意が必要です。

 ここからは愛知川沿いを少し下流に向かって歩き、クラシ谷を越えたところで左岸尾根に取り付きます。左岸というのは、谷の上流から下流の方を向いた状態で左側の岸です。
 山と高原地図には登山道として乗ってないルートなので、バリエーションルートになります。鈴鹿バリルートは奥が深く地図読みも楽しいので、来られなかっためぐちが可哀想でなりません。

 クラシ谷までの愛知川沿いの道は破線ルートですが、一部崩壊しているのかルートを外していたのか、スリルのある崖っ淵でした。クラシ谷を越えたら尾根に取り付く場所をたろーさん、とりやさん、やっさんが相談しながら慎重に見極めます。
 雪があるのでワカンでの渡渉はとても歩きにくいのですが、うまいことバランスを取りながら石の上をガチガチと飛び歩きます。

20171230イブネクラシ06_640
危ういトラバース

 そこからは急な尾根に取り付き、ぐんぐん高度を上げて行きます。樹林帯は風が弱くて良いのですが、雪の重みで枝がぶら下がって引っかかり歩きにくい。けれども順番にラッセル交代して(私はほとんど役に立てませんでしたが)みんなで道を切り開いていきます。
 一見人間が歩くような場所ではないのですが、みんなで歩いた後に道ができていく。まさに探検隊です!

20171230イブネクラシ07_640
雪たっぷりメルヘンワールド

20171230イブネクラシ08_640
見上げれば樹氷

20171230イブネクラシ09_640
素晴らしい世界!!

20171230イブネクラシ10_640
青空も♪

 必死こいて登り、クラシにてお昼ゴハンです。寒いのでみんなカップ麺などですが、カップから口に運ぶ間に風にさらされると麺が一瞬で冷ます。油断できません。お汁を飲んで保温効果と水分塩分補給。

 元気を取り戻したところで、クラシからイブネへ。稜線に上がると物凄い景色が広がっていました!!!
 苔も凍りつく荒野の果てに樹氷の森が広がっています。残念ながら青空は一瞬ですが、色のないモノトーンの世界観は独特で、SF映画のような壮大なスケールで私たちの目の前にそびえています。

20171230イブネクラシ11_640
凍てつく世界

20171230イブネクラシ12_640
遠く広がる白の世界

ここは鈴鹿か?

いや、そもそも日本なのか?

 木に付いた雪が重みでぶら下がってシャンデリアのようになってるかと思えば、枝や道標などにはビッシリと海老の尻尾が育っています。
 雪庇ができてるところを誤って踏んでしまったらピシッとヒビが入ってびっくり仰天!危険です!!!

20171230イブネクラシ13_640
苔も凍り付き荒野のようです

20171230イブネクラシ14_640
どこまでも広がる雪の平原

20171230イブネクラシ15_640
御在所方面

20171230イブネクラシ16_640
雪庇にヒビが!!

20171230イブネクラシ17_640
雨乞方面

20171230イブネクラシ18_640
雪の華

 大興奮しながら稜線を進み、リーダーが執念で見つけた『イブネ』の看板の前で記念撮影。あまりの寒さに?メンバーのカメラの電池切れ続出の事態にまたまたびっくりです。

20171230イブネクラシ21_640
やっと見つけた看板の前で

20171230イブネクラシ22_640
と思ったら、もう一個あった

 その後は下山時間短縮の為にショートカットして下りようではないか。との判断で、左側の斜面を進もうとしました。ところが、ここは低木の上に雪がふんわり積もって踏み抜き地獄!一度ハマるともがけども抜け出せない危険地帯です。

 何とか脱出して佐目峠に向かって登山道沿いを下りていきます。雪がふかふかで激下りが楽しい!
 佐目峠からいつもなら杉峠を目指すのですが、谷を下ってもう一度ショートカット、今度は成功です。

20171230イブネクラシ19_640
激下り

 ズンズン下って下って、下りすぎていつの間にか登山道をまたいで下り過ぎてしまい愛知川源流に突き当たってしまいました。そこから登り直そうとしますが、雪の重みでしなった木の枝に阻まれて全く前に進めません!
 少し引き返すと登山道らしき場所に辿り着き、道を確認できた喜びを噛み締めます。先程もがいていたラッセル地点がわずか5メートルほどの場所でした。しかし木があるので直線での通行はほぼ不可能。困った時は引き返すのが一番です。

 登山道らしき場所は雪があるので道なのかどうか分かりにくい。私には登山道なのかどうかもよく分かりません。しかし頼りになるやっさんが目印のテープと方角から判断してサクサク進んでいきました。
 しばらく歩いていくとスノーシューのトレースに合流しました。途中まできて引き返していかれた方がみえたようです。

 この日愛知川を渡ったのは我々だけかもしれない。とたろーさんが推測していましたが、他にもみえたようです。

20171230イブネクラシ20_640
いつもの杉の木

 その後はトレースを使わせてもらい、ふみふみさん、なおさんを先頭に物凄いスピードで帰ってきました。根の平峠を過ぎて山の東側に来ると一気に日が陰り暗くなってきましたが、朝明駐車場にたどり着いたのが17時04分で何とかヘッデンを免れました。

 今回のコースはしっかり歩けて素晴らしい景色あり、達成感ありの鈴鹿の良さが詰まった大満足コースでした!
 計画してくれたとりやさん、ラッセル隊長たろーさん、頼りになる達人メンバーの皆さん、ありがとうございました!!!
 かつては寝の平でへばっていた私を見捨てずここまで導いてくださりありがとうございます。これからも頑張ってついて行きたいと思いますので、2018年もご指導のほどよろしくお願いします!

記:たばっち



とりや追記

 冬型気圧配置の荒れ模様の隙をついて、新雪と樹氷の織りなす鈴鹿最深部の雪山ハイクと絶景を楽しみました。本当によい山行きだった、としみじみ思える山行でした。
 年の瀬の迷惑な日程にも関わらずお付き合い頂いたみなさま、ありがとうございました。
 2018年もよろしくお願い致します!

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

御在所 氷雪訓練その1  2017.12.30

20171230藤内沢氷雪訓練00004

アイスガーデン 三ルンゼ


【メンバー】 ita くろ

【コース】 満天星駐車場 6:00~一の谷新道~9:45御在所山頂~10:15三ルンゼ12:30~藤内沢~裏道~14:30満天星駐車場




御在所は一年中色々な楽しみ方ができる山である。春のアカヤシオや秋の紅葉、岩登りも盛んである。そして冬はアイスクライミングまでできてしまう。山登りを始めて4年。毎年ジャンルを広げているが、今年はアイスクライミングに挑戦したいと考えていたところへ「雪、氷、岩mixルートの歩行、登攀を楽しむ」という企画が上がった。まだまだ登山レベル初級の私には不安が先に立つものの、一歩踏み出さないと不安は解消されないので、思い切ってエントリーしてみた。

当初の予定ルートは裏道からαルンゼを経て3ルンゼへ渡り、氷瀑でアイスクライミングを体験したあと裏道で戻るものだったが、「ロープウェイ組に先を越されない為には、最短ルートで登るしかない!」とのリーダ提案で、一ノ谷新道を使うことに。

中道Pから登山口へ向かう。御在所山の家から先には踏み跡があった。『誰か登ってるのならラッセル不要か?』との期待もむなしく、踏み跡は本谷の方へ向かっていた。一ノ谷新道は最短ルートなだけに、結構な斜度である。アイゼンを履き、ピッケルをダガーポジションに構え、膝辺りまで埋まりながらルートを開拓する。この日に向けて雪壁の登り方を本で勉強していたが、現地(αルンゼや3ルンゼ)に到着する前にダガーポジションを使うとは思ってもみなかった。「アプローチのつもりだったけど、いきなり本番斜面だね(^^)」というリーダの言葉に『(;;)』

20171230藤内沢氷雪訓練00001
腰ラッセル&トラバース

少し開けたところからロープウェイの試運転風景が見えた。「この調子ならヨーロピアンスタイル組に負けるな…」というリーダの言葉に焦りがでるも、技術も体力も初級の私はこれ以上のペースアップができない。アゼリアに到着した頃にはロープウェイがバンバン動いており、元気にそり遊びをする子供たちのはしゃぎ声が響いていた。

ハーネスを履き、これから想定される寒さに対応するため上着を一枚増やした。先程まで履いていたアイゼンは山頂の遊歩道を歩くために一度外す。中道下山口まで来た辺りで冷たい北風が吹きつけてきた。寒い。厚手のバラクラバを被り、アイゼンを装着する。いよいよ3ルンゼへ向かうのだが、『ここを下るんですか??』という急斜面が目の前にあった。

20171230藤内沢氷雪訓練00003
青空をバックに


20171230藤内沢氷雪訓練00002
雪庇乗り越えます

立ち木を掴みながら何とか下ると、目の前に氷瀑が姿を現した。「トップロープを張ってここで少し遊んでみますか?」と言いながら、準備を始めるリーダ。沢筋から冷たい風が容赦なく吹き上げてくる。ハーネスにロープを結び、セルフビレイポイントを探すがピッケルが深くまで刺さらない。「まあ、無くてもいいでしょ」と軽く言われ、『(そーなの?)』と思ったが、とりあえずリードで登るリーダのビレイを始めた。

ビレイヤーは寒いと聞いていたが、めちゃめちゃ寒い。50mロープが半分程度出て行ったところでトップロープの支点を構築するリーダ。残りのロープを見て『(足りるか?』と焦る私をよそに「テンション!」と声が掛かる。ロープを繰り出しながらリーダを降ろす。ロープの残が無くなるのと、リーダが降りてくるのが同時であった。『ギリギリでしたね』と声を掛けると、「いつも張ってる場所だから大丈夫(^^)」とのこと。

20171230藤内沢氷雪訓練00000
まずは基本から

  さて、私の番である。アイスアックスとアイゼンの刺し方を少し教わり、氷壁に取り付いた。右手、左手、右足、左足と順番に刺してみる。「もうちょっと踵を下げて!」『(うーん、こんな感じかな?)』と考えながら登っていく。アックスもアイゼンも一発で決まると良いが、氷が割れて二度三度と刺し直す。氷に対する角度が良くないようだ。斧で木を割るとか、金槌でくぎを打つとか、同じ位置に何度も振り下ろすという動作が昔から苦手である。垂壁になっている部分もアイゼンが決まればそれほど苦も無く登っていける。氷壁の方がホールドとかスタンスを気にしなくてもいいので楽だと気付く。

1本登り切り、下りもクライムダウンで降りる。長いこと氷壁に張り付ていたからか、気付いたら両手の指先が凍傷になるのではないかと思えるほど寒い。「握り過ぎたんじゃない?最初はみんなそんなもんだよ」と言われたが、寒いものは寒い(笑)「氷に刺すというより、平らなところを狙って置きに行く感じでアックスを使ってみて。アックスは手の延長だから」とアドバイスを受ける。リーダの2本目は私へのアドバイスを実践するかのように、そっとアックスを掛けていく。自身の2本目はアイゼンの角度に注意しながら登ってみる。アックスがしっかり掛かって安定する感覚はすぐに分かったが、アイゼンの前爪に体重が乗っかる感覚がよく分からない。

一歩ずつ確かめながら登下降を行った。それにしても谷から吹き上げる風がとても寒い。『(こんな場所でお昼ご飯は無理やな…)』と考えていたら、「降りましょうか?」と言われホッとする。せっかくトップロープを張ってもらったのにたった2本で撤収するのは申し訳なかったが、寒さに耐えられない。リーダが支点まで登り、セルフビレイを取った後「ビレイ解除!」と声が掛かる。ATCからロープを抜き、ハーネスのエイトノットを解除してダウンジャケットを着こんだ。リーダが上で作業しているのに申し訳ないが、寒いんだもん。

20171230藤内沢氷雪訓練00005
だいぶ様になってきましたね!

  ザックを背負い、新雪の藤内沢を下り始めた。新雪だから怖さも和らぐが、雪が無かったらこんなところは下れない。途中、藤内沢を登ってくる顔見知りに遭遇したり、シリセイドで下ったりと、それなりに楽しみながら裏道の分岐へ到着。ここでアイゼンを外し、藤内小屋まで下った。藤内小屋に着いたのは13時過ぎ。下山予定時刻までまだたっぷりと時間が残っているのが申し訳ない。ちょっと遅めの昼食を頬張り、駐車場へ向かった。

初めての雪壁&氷壁は、本で予習した通りには行かなかったが、とても貴重な経験を積むことができた。最初の一歩を踏み出させてくれたリーダに感謝である。   記 くろ

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

忘年鍋山行 2017.12.24

20171224忘年山行05
<鈴ハイ忘年会は山でもホールケーキが出るで!>



<メンバー>
たろー、やっさん、つよっさん、たばっち、シズちゃん、りこちゃん、さっこちゃん、zenkou

<コース>
小岐須キャンプ場駐車場(8:30)→某谷(9:30)→小岐須キャンプ場駐車場(14:00)




2017年の忘年鍋山行は小岐須にてクリスマス開催でした。
今年の会場はあまり奥には行かないとのことでしたので少し歩いたら到着。

河原に薪を集めて焚火の準備を完了しましたが、あまり動いてないのでお腹が空いておらず鍋にはまだ早い様子です。
まずはデザートの焼バナナアイスクリームに挑戦してみました。

20171224忘年山行01
<アイスからスタート?!>

少しアイスは溶けていましたがまぁご愛敬^^;インスタ映えです。

20171224忘年山行02
<みんなで撮影会>

お鍋は2種類。贅沢です♪
やばいぐらいにお腹いっぱいですがまだまだ行きます。
〆の麺投入!

20171224忘年山行03
<鍋準備中>


焚火からは鳥の丸焼きがw

20171224忘年山行04
<鍋より先に鳥が焼けた>

更にクリスマス気分を盛り上げる鈴ハイケーキ登場!インスタ映えです。

20171224忘年山行05
<クリスマスも祝う。題字のシンプルさになにか萌える>

みんなお腹いっぱいになってまったり焚火タイムです。

20171224忘年山行06
<今後の鈴ハイになにを思う。。。>

薪が無くなるまで焚火を囲み終了です。
とても楽しい忘年会でした。
さて、正月明けたら摂取カロリーを消費するのに頑張ります。

記:つよっさん

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

西穂独標 アイゼントレステップ2 2017.12.23

20171223西穂独標09
独標直下の青空



<メンバー>
なお、キヨ、つよっさん、たろー

<コース>
新穂高RW西穂高口駅(10:00)~西穂山荘(11:10)~西穂独標(12:50~13:30)
~西穂山荘(14:10~14:45)~新穂高RW西穂高口駅(15:40)




 アイゼントレステップ2は本当の雪の上で実践しましょう。という事でめぐちのリクエストもあり西穂独標を目指す事にします。しかし、肝心のめぐちはインフルエンザで欠席・・・世の中上手いこと行かないね。

 新穂高温泉へ着くと登山者用駐車場はほぼ満車。うーん、すごい。準備をしながら見上げる空はなんだかどんよりしています。天気図では移動性高気圧に覆われて快晴と思っていたのに。

 観光客に交じってロープウェイに乗り込むとあっという間に山の世界へ。空気がキリリとしています。RW駅から西穂山荘までの道は多くのパーティーで渋滞気味でした。

20171223西穂独標01
なんだか曇っている

20171223西穂独標02
渋滞中

 追い越そうと思ってもその前が詰まっています。周りはテント泊装備なので終始ユックリペース。のろのろと歩いて西穂山荘に到着。

 西穂山荘前はさながらテント村のようになっています。本格的な雪山を目指すなら、シーズン初めにこういうテント泊の練習をしておくべきなんだろうなあと思いました。

20171223西穂独標03
山荘に到着

20171223西穂独標04
テント村

 西穂山荘で一服したら独標を目指します。今日はトレーニングなので視界が悪かろうが関係ありません。風が強いのでゴーグル+バラクラバの完全装備。かえっていい装備の確認になりました。

20171223西穂独標05
視界悪い~

20171223西穂独標06
誰かわからんね

 ガスの中、順調に歩みを進めて独標基部の到着。アイゼン、ピッケルワークを確認しながら慎重に登ります。周りを見るとなんだか足元が怪しげな人もいてちょっとヒヤヒヤ。独標の上では風も収まって来たので少しノンビリ。(天気が悪いのでピラミッドピークはあきらめます)

20171223西穂独標07
独標へ取り付き

20171223西穂独標08
独標の上(ガスガスですが)

 たくさんの人が登ってくるので降りるのも渋滞です。人が少なくなるのを見計らって下り始めると見ていたかの様に青空が広がってきました。

20171223西穂独標09
独標の青空

 基部まで降りるとなんだか騒がしい。どうも独標直下で別パーティーが滑落したようです。上からはどこまで落ちたのか見えない程で、うかつに手助けする訳にも行かず、何とも歯がゆい気分でした。もし自分のパーティーのメンバーが落ちたら何が出来るか、考えさせられました。

 山荘までの帰路はガスも晴れ、広がる絶景に感動しながら歩きます。これだから雪山はやめられないなあ。

20171223西穂独標10
真っ青

20171223西穂独標11
霞沢岳

20171223西穂独標12
西穂山荘までの稜線

 山荘手前の斜面で少しだけロープワーク、滑落停止の練習。雪がフカフカだったので大した練習にはなりませんでした。来年あたりはテントを張って泊まって練習に来るのもいいかな、今後に向けてのいい偵察になりました。

 参加の皆さんありがとうございました。

記)たろー

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR