白山 百四丈滝 2015.05.01-02

20150501百四丈滝31_420
百四丈ヶ滝



メンバー:ふみふみ、なお、次郎、やっさん、たろー


5月1日
コース:スーパー林道ゲート(7:30)~一里野スキー場山頂駅(8:55)~檜倉(10:05)~
     しかり場分岐(12:00)~口長倉(14:00)~奥長倉避難小屋(15:00) 泊



 以前にたろーさんから白山に凍った滝壺がありGWに計画予定だと聞いていました。4月の例会で日程が5月1日、2日に決りましたが、今年のGWは5月1日が出勤日、でも行きたい、これは有給を取るしかない、でもセブンマウンテン縦走の翌日も体が動くかどうか不安だから休みたい、どうしよう… 悩んだ末、1日を有給取って参加することにしました。
出発前日ザックに荷物のパッキングをしていると、自分の荷物だけでいっぱいに、しかも相当重い、こんな荷物を持って雪山を歩けるのか??

不安と期待を胸に集合場所に行くと更に食材の分担が… 残雪の避難小屋の寒さが分からないのでダウンとフリースを持って行こうと思っていましたがたろーさんに相談するとダウンだけで十分だと言うことで、フリースを車に置き、空いたスペースに食材を詰め出発しました。

一里野スキー場の駐車場でテントを張り仮眠してからの出発です。
久々の重いザックに不安を抱きながら歩き出すと、いきなりの急登、今回一番の急登とか(T_T) 
不安も忘れただ必死で登りました。

20150501百四丈滝01_420
急登に早くもヘロヘロ

 リフトの山頂駅に着くと一面が開け残雪の絶景が待っていました。見えていたがどこの山かは分かりませんが…。
休憩後、避難小屋を目指し再出発、1日目の行動時間は8時間、先は長いです。今年は雪解けが早いのか降雪量が少なかったのか、雪道と夏道を交互に進みました。

20150501百四丈滝02_420
一里野スキー場

20150501百四丈滝03_420
まだまだ雪がたっぷり

20150501百四丈滝04_420
とおもったらだいぶ溶けています

20150501百四丈滝05_420
雪庇の道

20150501百四丈滝06_420
白山が見えた?

20150501百四丈滝07_420
まだまだ長いなあ

女性陣は元気で快調に飛ばして行きます。その後ろを快晴と展望に支えられ必死で歩き続けました。 口長倉を越えたピークから今日のゴールの避難小屋を確認出来ましたが、まだまだ先は長い… 今日は避難小屋まで、荷物を担いで歩くのもそこまで、と自分に言い聞かせ歩き続けました。
それにしても他の登山者は居ません、本当に秘境と呼ぶに相応しい場所です。

20150501百四丈滝08_420
徐々に遅れ始める

20150501百四丈滝09_420
小屋が見えた(遠い・・・)

20150501百四丈滝10_420
女性陣は元気

20150501百四丈滝11_420
そろそろ滝が見えるかも

避難小屋に着くと二人組の先客が居ました。滝までの往復に6時間以上かかったとか、明日滝まで往復して帰れるのか不安になりました。

20150501百四丈滝12_420
小屋に到着

残雪期のテン泊はもちろん、避難小屋泊も始めてで、雪から水の作り方を始めて知りました。(リーダーに水作りさせてしまい申し訳ありませんでした、次回はジョーゴを持参して作ります(*_*;)
避難小屋は2階建てで我々は2階を貸切り、夕食を頂きました。ふみふみシェフの料理はとても美味しくボリューミーとても山で食べる食事ではありません。特にオイルサーディンのチーズ焼きは酒の肴にぴったり、次回個人的に作らせて頂きます(^^♪

この避難小屋、立地も素晴らしく景色も最高でした。夕食を頂きながら窓から顔を出すと夕陽が見れました。広い2階を貸し切ってまったり、下手な山小屋に泊まるより快適でした。しかもなぜか暖かくて夜も寒さを感じる事無く快適に寝ることが出来ました。

20150501百四丈滝13_420
夕ご飯を作るふみふみさん

20150501百四丈滝14_420
オイルサーディンのチーズ焼き

20150501百四丈滝15_420
白ワインの肉野菜蒸し(だいぶ食べちゃった)

20150501百四丈滝16_420
小屋の窓からのぞくと

20150501百四丈滝17_420
こんな夕日が

5月2日
コース:奥長倉避難小屋(5:40)~美女坂の頭(6:30)~下降点(7:10)~百四丈ヶ滝(7:40~8:15)~
     下降点(9:10)~奥長倉避難小屋(10:15~12:40)~口長倉(13:20)~しかり場分岐(14:10)~
     檜新宮参道~スーパー林道ゲート(16:30)



  2日目は4時に起床、昨日食べ切れなかったスープパスタにデザートと贅沢な朝食を頂き、荷物をデポし、今回の目的地である百四丈滝へと出発しました。

20150501百四丈滝18_420
暗いうちから朝ごはん

20150501百四丈滝19_420
デザートまで

先ずは美女坂の急登を登ります。どこが美女なのか分かりませんが、登りきった先は樹木のない広くなだらかな雪原が続いていました。少し進むと急斜面の下に滝を発見!でもどこから下るのだろう?と思っているとたろーさんがここから降りようと。
!! えっここを降りるのですか!?

20150501百四丈滝20_420
日の出

20150501百四丈滝21_420
さあ出発

20150501百四丈滝22_420
あの平らな所まで登る

20150501百四丈滝23_420
すっかり明るくなった

20150501百四丈滝24_420
美女坂を超えて

20150501百四丈滝25_420
白と青の世界

20150501百四丈滝26_420
はるか下に滝発見


滑ったら200メートルは止まれそうにないような斜面…たろーさんが先頭で降ります。続いて私も。
帰りに登り返すことは考えないようにして滝まで300メートルを下ります。滝壺が近くなるにつれその大きさが想像以上だと言う事に気が付きました。いったい何メートルの高さがあるのでしょう? 前情報では今年は雪が少なくて滝壺も解けて小さいとか… 近くまで行くとその大きさに驚かされました。
しばらくその滝壺近くで休憩。

20150501百四丈滝27_420
どこから降りようか

20150501百四丈滝28_420
恐ろしい急降下

20150501百四丈滝29_420
だいぶ近づいてきた

20150501百四丈滝30_420
下りは早いなおちゃん

20150501百四丈滝31_420
下から見ると大きい

20150501百四丈滝32_420
滝壺を覗き込む

そして厳しい現実に戻ります、300mの登り返しが待っています。帰るには登るしかありません… 数メートル登っては休んでまた登る。それを繰り返しやっと登りきりました。急登はホントに疲れますね…


20150501百四丈滝33_420
百四丈ヶ滝 全景

20150501百四丈滝34_420
きつい登り返し1

20150501百四丈滝35_420
きつい登り返し2

ふみふみさんが絶景をバックにいつものやつをやりたいと寝転んでます(笑)。

20150501百四丈滝36_420
いつものポーズ

そして滝壺に別れを告げ、避難小屋に戻ります。
避難小屋では朝食の予定だったふみふみさん特製サンドウィッチをたらふく頂きました。
今回の山行の食材はトータルで何キロあったんでしょうか??

20150501百四丈滝37_420
絵になるねえ

20150501百四丈滝38_420
小屋に戻ってきた

20150501百四丈滝39_420
ふみふみさん特性サンドイッチ(一人何個?)

20150501百四丈滝40_420
きれいに後片付け


食事が終わり、下山を開始。食材がなくなり軽いはずなのに足取りが重いです。何度も登り返しては下り、こんなに遠かったかなぁと思いながら歩きました。

途中でヤブコギネットの方々と遭遇しました、鈴ハイのホームページを見て我々が今日来ている事を知っていたそうです。メンバー意外でもホームページを見ている人が居るんですね。
昨日から目の痛みを訴えていた ふみふみさんの目が相当酷くなったようで、涙を流しながらの下山、辛そうでした。目を閉じながら下山していたとか、さすが達人です。
今回雪山での新たな危険を知りました。みなさんも気を付けて下さい。行きに急登だったルートは帰りに危険そうだとたろーさんが急遽下山ルートを変更、そのおかげで、カタクリのお花畑の中を下山することが出来ました。

20150501百四丈滝41_420
さあ、帰ろう

20150501百四丈滝42_420
残雪とぶなの新緑

20150501百四丈滝43_420
かたくりのお花畑


色々と経験することが出来た収穫の多い山行でした。参加のみなさん、ありがとうございました。

記)次郎
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR