冬の鈴鹿7マウンテン 雨乞岳 2015.03.15

20150315雨乞岳06
冬の鈴鹿7マウンテン 雨乞岳にて



メンバー:
やっさん・ふみふみ・たばっち・えだこ・ずみ・ナオト(6名)

コース:
朝明パーキング(08:00)~根の平峠(09:00)~七人山(11:10)~
雨乞岳(12:00)~雨乞岳(12:10)~東雨乞岳(12:30~13:00)~
七人山(13:25)~コクイ谷出合(14:15)~根の平峠(15:15)~
朝明パーキング(16:00)  所用時間:8時間(昼食含む)




 急遽、前日に山行きが決まりました
私 ナオトは、今年1月に鈴ハイ入会してから、初めての山行きとなりました

20150315雨乞岳01
雪の雨乞岳へ出発

 朝明Pを出発し、根の平峠まで1時間登り、休憩タイム 。
たばっちさんの手作りチーズケーキを頂きました

実は、前日もお店でチーズケーキ食べたのだけど、断然、たばっちさんのチーズケーキの方がめちゃ美味い⤴️

20150315雨乞岳02
根の平で「待ってます」と言ったのはこの中の誰?

20150315雨乞岳03
おいしいチーズケーキ(?)のお・も・て・な・し

 その後峠を下り 、いつもテント設営する場所や、鈴鹿の上高地の方向を教えてもらいながら進む。


20150315雨乞岳04
急登前の団欒。天気が良いと自然と笑顔がこぼれます^^


 コクイ谷出合から七人山へは、尾根道バリエーションルートでかなりの急登^^;
やっさんが先頭でラッセルしてくれてる 直ぐ後ろから、そのトレースを崩しながら進む、傍迷惑な私でした (笑)

 七人山に 辿り着き 、また少し下り 、また登り、東雨乞岳に到着すると大展望が広がる

20150315雨乞岳05
景色はやや曇りでも御在所までくっきり。しかし、シンドイ(^_^;)

 藤原岳・釈迦ケ岳・御在所岳・鎌ケ岳など、鈴鹿の山々を 一望できる

 その後、尾根沿いに少し進むと、雨乞岳1237m山頂 12時過ぎ到着


20150315雨乞岳06
山頂でポーズ。一人三枝師匠がいる?(いらっしゃい)

 風を避けて昼食する為 東雨乞岳に移動しランチタイム 13時下山開始。

 さあ、待ちに待ったソリ遊び
隊長のやっさんのお許しを、今か今かと待ちきれない 様子の皆さん(笑)
少しばかりの立木は気にせず、超楽しいセード

 尻セードの名人、めちゃお上手なえだこさん
私も負けじとソリで滑るが、重量級なので、滑り出すと多量の雪をラッセルしながらも、スピード出て止まんない(笑)

20150315雨乞岳07
シリセードというより、雪崩かも(^_^;)

20150315雨乞岳08
お約束のえだちゃんのズッコケとそれを助ける愉快な仲間

 ずみさんに、いい事教わった
昨年の大晦日、竜ケ岳で初めてのソリセード楽しんだが、転倒した瞬間、ソリを手離し谷底にサヨナラしてしまった^^;
ザックのウエストベルトにソリの持ち手を通すと、 両手は自由で、ソリも ピッタリお尻にフィット、ソリも 逃がさない・・素晴らしい

 七人山の急傾斜を 転けながら下山するも 楽しい
無事16時、朝明Pに下山

 今回 ご一緒下さった、頼りになるリーダーのやっさん
シリセードの達人、えだこさん。
めちくちゃ美味しい手作りチーズケーキを振舞われた、たばっちさん。
後方からしっかりサポートしてくれた、ふみふみさん。
失くさなソリセード 教えてくれた、ずみさん。
皆さん ありがとうございました

記) ナオト
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR