野伏ヶ岳 2015.3.14
野伏ヶ岳15_420
集合写真



メンバー:次郎、ちっぷる、ふみふみ、たろー、体験Fさん

コース :白山仲居神社(8:30)~野伏ヶ岳(13:00)~白山仲居神社(17:00)




来週の西穂高岳に向けしばらく山から遠ざかっていた私のトレーニングも兼ねて計画して頂いた今回の山行、山行記のオプション付きと至れり尽くせりです。

今回の山行は薙刀山の予定でしたが、深い雪のため、時間的に厳しそうということで野伏ヶ岳に変更となりました。私はそれまで知らなかったのですが、薙刀山、野伏ヶ岳は山スキーヤー達に人気の山だそうです。実際に駐車場では一般登山者よりスキーやスノーボードを背負った人達が多かったです。

登山口に着くと3月とは思えないほどの凄い雪、まさかこれほどの雪が見られるとは… 久しぶりの雪に出発そうそう感動してしまいました。

野伏ヶ岳01_420
石徹白川の雪

野伏ヶ岳02_420
すごい積雪量

スキーヤー達のトレースを辿り1時間ほど歩くとたろーさんが何故かお疲れの様子!? どうしたんだろう?

先頭をラッセル隊長ふみふみさんと交代、体験Fさん、ちっぷるちゃん、私、たろーさんと続きました。 
歩き出し僅か数歩で原因が判明!雪が締まっていないのでワカンをつけていても一歩一歩沈み込んで進めません、軽量な女性人のラッセルは無いに等しく全然ついて行けません。
鈍った体と相まって稜線に出る頃には汗だくのヘロヘロに(ToT)

野伏ヶ岳03_420
この辺でもうバテバテ

野伏ヶ岳04_420
ふみふみさんは軽快

しかし、天気が回復しだし青空が見え始めると疲れを忘れその絶景に酔いしれました。 四季折々、どの季節にもその季節の良さがありますが、冬山の景色は格別ですね。

野伏ヶ岳05_420
青空が見えて来た

休憩後気合を入れなおし、頂上を目指し登り始めます、 とても初めてのワカンとは思えない体験Fさん、ちっぷるちゃんでしたが、先頭のふみふみさんは急登になってもそのペースは衰える事無く、そして疲れていたはずのたろーさんもいつの間にか前に、そして二人はあっという間に視界から消えました。 さすが鈴ハイ四天王、いや達人と呼ぶのが今のトレンドか? まだまだその領域には辿り着けそうにありません。

野伏ヶ岳06_420
和田牧場跡が眼下に

野伏ヶ岳07_420
ガンガン登る

野伏ヶ岳08_420
雪山はいいなあ

野伏ヶ岳09_420
あれはどこの山かな

野伏ヶ岳10_420
ふみふみさんは相変わらず強い

野伏ヶ岳11_420
奥美濃の山々

野伏ヶ岳12_420
体験Fさん、ちっぷるちゃんも頑張る

野伏ヶ岳13_420
もうすぐ頂上

へばりながら辿り着いた頂上では残念ながら青空は見れず強風がお出迎え、白山は霞んでよく見えませんでしたが、久しぶりの達成感を感じることが出来ました。 でも次回は晴れて頂上からの景色を見せて欲しいです・・・

野伏ヶ岳14_420
着いた~

下山時に少しヒップソリ、 疲れていたためその快適さを改めて感じました。そして体験Fさんを中心に雪ダルマを作りと久しぶりの雪山を満喫させて頂きました。来年は是非ここでスノーキャンプ、かまくら作りしたいですね。

野伏ヶ岳16_420
でもガスガス

野伏ヶ岳17_420
いつものやつ

野伏ヶ岳18_420
雪ダルマ

リーダーたろーさん、いつも素晴らしい山行を企画して頂きありがとうございます。 また、今回参加のみなさん、楽しい時間をありがとうございました。 体験Fさんも是非また来てくださいね(^o^)/~~

次郎
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ