幽玄の富士見台
20150308富士見台04
幽玄の富士見台



メンバー:
とりや、たろー、にっさん、イッチー、なお、ジョコティン、
zenkou、たばっち、ふみふみ、くろ、まゆ、やっさん

コース:
神坂神社7:45 − ブナ林コース分岐9:40  − 神坂山肩11:00 – 
神坂小屋11:45〜12:45(昼食) − 富士見台13:00〜13:10 −
萬岳荘13:40〜13:55 − ブナ林コース分岐15:10 − 林道16:10 –
神坂神社17:00




 昨年の暮れから企画があった萬岳荘泊の富士見台。悪天候の為、日帰りに変更になりました。日帰り山行になったので美ヶ原のメンバーも合流することになり総勢12人。
 スノーボーダーのにっさんに鹿の毛皮を腰に纏ったくろさん。
個性豊かで出発前から盛り上がります。

 前日の雨は上がったけど怪しいお天気。

20150308富士見台01
最後尾からは先頭も見えないガス

20150308富士見台02
ガスガスの中シリセード、滑って行く先が見えない

 お昼は神坂山避難小屋、ギリギリ12名入れる広さ。登山靴を脱いで、あったかいもの食べてマッタリできました。
 とりやさんがじゃがりこにお湯を注いでポテトサラダを作っておられました。試食させてもらうとすごくおいしかったです。山では色んな食べ方があるんですね。

 休憩も終わり、富士見台頂上へ。

 一瞬だけ霧が消えてアルプスがみえました。ほんの一瞬。富士見台はすごく景色がいいんだよってふみふみさんが言っていましたが今日は残念な日でした。

20150308富士見台03
ガスの中一瞬の晴れ間

 それから萬岳荘へ。お部屋を覗くと大きな暖炉があり木のいい香りがしました。暖かそう!

20150308富士見台04
ガスの中から萬岳荘が現れた!

 萬岳荘から神坂神社まですごく遠く感じました。林道に出てほっとしていたところで、今日の最大の難関にさしかかりました。
 一歩進むと埋もれる、埋もれる。それも腰あたりまで。 大きな穴が開いて抜け出すのにかなり消耗する体力。
 どうしたら埋もれずに前に進めるか試してみたけど何をやっても埋もれる。雪山って大変って実感しました。

 今回も楽しい雪山山行に参加できてよかったです。企画して下さったとりやさん、ご一緒していただいた皆さん有難うございました。
 是非、萬岳荘泊再々リベンジお願いします!

20150308富士見台05
ガスから脱出して休憩中

20150308富士見台06
ちなみに晴れると南アルプスがこんな風に見えます

記:まゆ

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ