御池岳 2015.01.18

20150118御池岳16
OIKE! (最後がなんか変)



メンバー:やっさん、ふみふみ、えだこ、次郎、いっちー、たろー

コース :藤原簡易P(8:10)~木和田尾~白船峠(10:50)~カタクリ峠(12:10)
    ~御池岳(14:10)~カタクリ峠(15:15)~コグルミ谷右岸尾根
    ~国道306(16:20)~藤原簡易P(17:55)




 テント泊体験、鍋山行と参加しましたが、鈴ハイでは初の本格的な登山。雪山歩行時間8時間、大丈夫かなーと思いましたが、迷うぐらいなら行ってみようと参加を表明。いつも1人で黙々と山に登っていたので、皆との山行が楽しみでした^^

 藤原パーキングに集合して、準備を整えて出発です^^。

 道路上に雪が積もっており、登山道はどれだけの雪なのだろう?と不安&楽しみに歩いて行きます♪この日は、天気も良く、寒さに弱い自分にはちょうどいい気温でした。

 歩き初めて30分程、徐々に雪も多くなりスットクを使用します。初のストック、なんとなくの感じで使いましたが結構楽かもと思いました。ザックを極力軽くして来たお陰で、スイスイと登れます。

20150118御池岳01
最初はスイスイ

20150118御池岳02
影が美しい

20150118御池岳03
青空

20150118御池岳04
街ははるか下に

 登り始めて、2時間?体力は余裕がありますが、雪道で足に疲労がきています。たろーさんから、ここから登りだから頑張っての声でなんとか登りきりました。

20150118御池岳05
ここから急だよ

20150118御池岳06
トラバース気を付けて

 雪が深くなりズボズボするのでワカン装着の指令。付け方が分からず、ウロウロしていると、やっさんが声をかけて下さり、装着方法を教えてくれました。また聞くと思います。ワカンは慣れないと転びやすいとの助言を頂き、慎重に歩きます。

20150118御池岳07
白船峠 ここでワカンを装着

 辺りを見渡すと人が踏み入れていない雪、風で出来た模様、春夏秋とは違った景色、冬にしか見られない姿に感動しました。

20150118御池岳08
サクサク進む

 途中慣れないワカンと雪道で、足がつり、前との間隔が開いてしまいましたが、やっさんのタブレットにたろーさんとふみふみさん声をかけて頂いて進む事ができました。本当にありがとうございます。

 途中昼休憩を取り、出発です。

 昼を食べ、疲労も少し回復し、足も動くようになってきました。海老の尻尾なる、木に付いた雪?氷?普段はただの木が、雪によって綺麗に装飾された姿はとても美しかったです。

20150118御池岳09
青空に樹氷

20150118御池岳10
テーブルランドが見えた

20150118御池岳11
もう少し

 たろーさんから、残り10mで御池岳の声。あともう少しです。

 なんとか足も持ちこたえ、無事山頂に到着、残念ながら少し天気が曇っていました。1人ではなく、皆と一緒に登れた事に感謝と嬉しさが大きかったです。一面の雪、曇空(青空なら一体どれほどの景色なのだろう)と、参加して本当に良かったと思った時間です。

20150118御池岳12
曇ってきたけど・・別世界

20150118御池岳13
毎度おなじみ

20150118御池岳14
一面の雪

20150118御池岳16
御池岳頂上で O I K E !

 美味しい雪を食べたり、写真を取り、下山の開始です。下山は登りより遥かに楽で、滑るように降りて行きます。これまた初のシリセードをしました。これは…、楽しい!雪まみれになりながら滑る楽しさ、大人になって経験出来た事は忘れません。スピード狂のメンバーもおり、心配になりましたが事故も無く、楽しく降りて行きます。早い早い^^

20150118御池岳17
雪を食べる?

20150118御池岳18
モデルさん?

20150118御池岳19
スピード違反だ

 途中でワカンを外し、山のお兄さん方達から、ザックの外側にワカンを付ける方法を聞きます、見事に皆バラバラです(笑)ここはやはりリーダーの意見に従いました。

 雪は足に掛かる負担が少ないとの事で、疲労した足には優しい道でした。

 途中何度か転びながらも、無事に国道に出る事が出来ました。初めての雪山も終わりかと思いましたが、ここかからが長かった…。アスファルトの道を2時間ほど歩き、最初の藤原パーキングに到着しました。

20150118御池岳20
長い国道歩き

 怪我も無く、無事に下山出来たのも、リーダーとメンバーの皆のお陰です。こんな素敵な人がいる鈴鹿ハイキングクラブの一員になれたことに感謝しています!

記 いっちー
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR