FC2ブログ

鈴鹿 矢原川本谷 沢登り 2020.04.04

20200404矢原川12
上不動滝



<メンバー>
たろー、なお、なべちゃん、おりえ

<コース>
坂本棚田P(8:30)~矢原川(9:20)~下不動滝下(10:45)~上不動滝下(11:30)~Ca720二俣(12:50)~鷹ノ巣尾根~仙鶏尾根(13:20)~坂本棚田P(15:40)




ちょうどミツマタの開花時期だったので駐車場は朝から登山者でいっぱい!
でも沢登りの人は他にいなかったので、今回も貸し切りで満喫できました。

20200404矢原川01
棚田Pは満車

20200404矢原川02
坂本の桜

この日はかなり暖かくて、歩いていると暑いくらいだったけど、水はやっぱり冷たくて長い間水に手をつけていられない・・。なのでこの日は、いかに水に濡れずに行くか、をテーマにした沢登りです。

20200404矢原川04
小滝が現れた

20200404矢原川05
水流を上手くかわすのがテーマ

20200404矢原川06
そんな事、お構いなしの人


でもこの日の核心部の不動下滝前衛の20m滝に着いたら・・なべちゃんが我慢できなかったみたいでシャワーを浴びながら滝に突入してしまいました(笑)

20200404矢原川07
シャワーかよ

でも、どんなところもひょいひょいと行ってしまうなべちゃんでもちょっと苦戦している様子で、苦戦している間にもどんどんシャワーを浴びて、見てるだけで寒そう・・。

20200404矢原川08
苦戦中

20200404矢原川09
フォローする身にもなってよ

その姿をみて、私は速攻で巻道を選択。でもその巻道も設置されているトラロープを使わないと到底登れないような危うい直登でなかなかスリル満点でした。

その後の、不動下滝はみんなで巻道を選択したけどこれもまたかなりのスリル満点の難易度・・。沢の巻道は、結構危険な事がよくあるので注意が必要です。

20200404矢原川10
不動下滝

20200404矢原川11
不動上滝前の連瀑帯

20200404矢原川12
不動上滝

先ほどの不動下滝の前衛で巻道を選択した私は結局一度もロープを使わないまま遡行終了。
でも、不動滝の迫力のある景色や水のきれいな沢を楽しみながら登る、素敵な遡行でした。

20200404矢原川13
石仏

20200404矢原川15
つっこむなべちゃん

20200404矢原川16
水を避ける

20200404矢原川18
水を避ける

その後は、かなりしんどい劇登りを四苦八苦しながら登って、やっとの事で仙鶏尾根の登山道に合流。最後は、ミツマタが咲き乱れるメルヘンな登山道が現れてかなり癒されました。

20200404矢原川19
登山道を目指す

20200404矢原川20
仙鶏尾根から坂本へ

20200404矢原川21
ミツマタ

20200404矢原川22
メルヘンロード

坂本の集落でおじいさんに声をかけられたり、駐車場で警察からたろーさんに職務質問?みたいな事があったり(笑)、そして突然自転車で現れたつよっさんに驚いたりと、遡行後も盛りだくさんの出来事があって楽しい一日になりました!

つよっさんは、リハビリ中とは思えないような元気な姿でとても安心しました。また山でご一緒できるのを楽しみにしてますね!

20200404矢原川23
ほんとにリハビリ中?

記)おりえ
スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR