FC2ブログ

鈴鹿 かずら谷 沢登り 2020.03.29

20200329かずら谷01
桜の花に見送られてスタート



<メンバー>
たろー、なお、なべちゃん、いさお、こうじ、おりえ、ふみふみ

<コース>
宮妻峡(10:00)~入渓(10:20)~カズラ谷遡行~10m滝(13:00)~S字スラブ滝(14:00)~かずら谷道(15:45)~宮妻峡(16:25)




今年は雪が少ない事もあり、早々に沢登り始動です。

この日は寒波の影響で東京では降雪もあった肌寒い日。そして前日からずっと降り続ける雨・・。
集合場所では「今日ホンマに行くの・・?」と、あまり気分が乗らない雰囲気も漂う中、行く気満々で淡々と沢装備を身に着けるなべちゃんの姿が(笑)

しばらくしたら雨が上がって晴れるという予報なので、気を取り直して宮妻峡を出発しました。
ほどなくして晴れてきたけどやっぱり水は冷たい・・。久しぶりの沢靴の感触、濡れた岩でフリクションが効くのか信じきれなくてちょっと腰が引けてしまいます。

でもちょっとづつ慣れてきて、また天気も快晴になって日が差し込む明るい沢の雰囲気のおかげでだんだん楽しくなってきました!
そして、久しぶりという事でロープを積極的に出してもらい、ロープワークも復習できました。

日が傾いてくるとさすがに寒くて最後の15mの滝ではブルブル震えながら順番待ちしてたけど、なんとか無事に登り切ってカズラ谷の登山道に合流。

快適な登山道を駆け降りて、無事に登山口まで戻ってきました。
ひさしぶりの沢登りはやっぱり楽しかったです!今年はたくさん沢に行きたいな~♪

記)おりえ

20200329かずら谷03
すぐに滝が出て来る

20200329かずら谷04
左から直登します

20200329かずら谷05
久しぶりに緊張

20200329かずら谷07
小滝をどんどん超える

20200329かずら谷08
2段8mは無難に越える組

20200329かずら谷09
水線攻める組

20200329かずら谷10
ロープワークの復習もします

20200329かずら谷12
核心10mはノーマルルート

20200329かずら谷13
右から攻める組

20200329かずら谷15
S字スラブ滝

20200329かずら谷16
体重移動で登る

20200329かずら谷19
ハイライトの15m滝へ

20200329かずら谷20
15m滝を登る(順番待ちは寒い)

20200329かずら谷22
水が涸れた

20200329かずら谷23
登山道を目指す

20200329かずら谷24
無事、下山

スポンサーサイト



テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR