FC2ブログ

釈迦ヶ岳から御在所縦走 2020.3.15

20200315釈迦御在所19_640
御在所岳にのぼりました


≪メンバー≫
たばっち、こうじ、はる、シズ、あこ、りなこっぷ、おすぎ、パロ、おりえ、ショーコ、あゆ、ニコエミ

≪コース≫
朝明駐車場(5:30)―釈迦の白毫(7:18)―釈迦ヶ岳(7:39)―猫岳(8:09)―羽鳥峰(9:00)―金山(9:38)―中峠(9:50)―水晶岳(10:12)―根の平峠(10:38)―国見岳(12:10)―石門(12:15)―国見峠(12:34)―御在所山上公園駅(13:05)―御在所山一等三角点(13:20)―国見峠(13:38)―きのこ岩(14:18)―腰越峠(15:07)―ハライド(15:24)―朝明駐車場(16:35)




 セブンマウンテン縦走のトレーニングとして、釈迦ヶ岳から御在所に行ってきました。
 エスケープがしやすいということで、くろさんの助言をもとに朝明からの周回コースを歩くことにしました。

 薄暗いなか、釈迦ヶ岳への登山口を出発。庵座の滝も見たかったのですが、暗いなか谷コースを登るのはしょっぱなから渡渉失敗でえらいことになるといけないので、中尾根コースを選択しました。
 私は三重県側から釈迦ヶ岳に登るのは初めてです。登っていくうちに、朝日が昇って辺りの木々が赤く染まりました。綺麗やー。


20200315釈迦御在所01_640
赤く焼ける森


20200315釈迦御在所02_640
青空とはいかず


20200315釈迦御在所03_640
ガスがかかってきました


20200315釈迦御在所04_640
稜線は霧氷


 明るくなっても青空とはいかず、ガスで先が見渡せないなか岩のよじ登り急登が始まります。もう少しのはず!やがて霧氷の稜線に乗り、釈迦ヶ岳最高点に。最高点が山頂とは別なのはちょっとよく分からないけど、山頂に行って記念撮影しました。

20200315釈迦御在所05_640
一座目、釈迦が岳


20200315釈迦御在所06_640
霧氷が薄っすら


 一座目クリアで、次は県境稜線を歩いて御在所に向かいます。県境稜線はアップダウンはありますが、概ね歩きやすい道が整備されていて猫岳、ハト峰、国見岳を経て御在所への登り返し。自分は何度も通った道なので見た目ほどきつくないと思ってるのですが、間近にそびえる登り道に疲労の濃くなってきたメンバーは足取りが重くなってきました。
 はるさんの待ってる発言は聞き流します。

20200315釈迦御在所07_640
つらら


20200315釈迦御在所08_640
青空が


20200315釈迦御在所09_640
みんなでぞろぞろ


20200315釈迦御在所10_640
縦走路はつづくよどこまでも


 おすぎさんはとても元気で時折追い越してダッシュで先回りしては離れた場所からメンバーの写真を撮ってくれます。
 途中個人山行で同じコースを歩くと言われていたくろさんが特急で追い越して行きました。

20200315釈迦御在所11_640
あえて離れたところから

20200315釈迦御在所12_640
時には先回りして


20200315釈迦御在所13_640
心に響いた一瞬を切り取る・・・


20200315釈迦御在所14_640
特急通過しまーす


20200315釈迦御在所15_640
羽鳥峰のハート


20200315釈迦御在所16_640
石門にて足を攣りかけるたばっち


 もうちょっとでコーラやで〜トイレもあるで〜と、進んで行くと四日市方面が見渡せる展望スポットが。そこでちょっと休憩したいところですが、すぐなのは分かってるのでひと登りして、程なく舗装路に出ました。
 まずはトイレを求めてロープウェイ駅へ。一部のメンバーのコーラ補給も美味しさがはじけて元気復活。スキー場を通って御在所岳山頂に向かいました。最後の広い登り坂がしんどい?
 パロちゃんは元気に走り回ってます。

20200315釈迦御在所17_640
御在所がちかづいてきました


20200315釈迦御在所18_640
舗装路へ上陸


20200315釈迦御在所20_640
スキー場を通って(リフトに乗りたがるメンバーもいましたが)


20200315釈迦御在所19_640
三角点にて記念写真


 寒い日で天候もイマイチでしたが、御在所山頂はまあまあ賑わっています。二座目の記念撮影を済ませて、山上公園に戻らずに踏み跡の少ない県境尾根を下りて国見峠へ。
 国見岳への登り返しからきのこ岩を経てハライドへ。

20200315釈迦御在所21_963
キノコ3人衆


20200315釈迦御在所23_640
ハライドへの登り返し


20200315釈迦御在所24_640
がんばれー


 こちら思ったより激しい激下りで、みんなに疲労の色が。小休止してから今度はハライドへ登る急登です。これまたかなりのよじ登り!ここに来てのアップダウンは…(笑)
 ハライドは展望良くて、登ってきた方向を見ると意外にも何人か別パーティーが見えました。見慣れたヘルメットを発見して良く目を擦って見ると、くろさんです。追い越して行ったはずなのになぜ?

20200315釈迦御在所22_640
ハライド山頂(手袋の忘れ物は警察へ・・・)


20200315釈迦御在所25_640
足が・・・膝が・・・


 藤内小屋に寄り道していたくろさんにハライドでまたまた追い越されて、下山途中には私のお目当てのバイカオウレンも発見!
 お天気崩れて吹雪になってきましたが、自分のテンションはどんどん上がってきました。(みんなのテンションは寒さと疲労で下がってる?)

20200315釈迦御在所26_640
後は下りるだけ~


20200315釈迦御在所27_640
足元に小さく咲くバイカオウレン


20200315釈迦御在所28_640
登山口の椿に癒されます


 駐車場に着いたところで反省会をして解散となりました。今日も良く歩きました。みんなセブンマウンテンに向けて気合い入ったかな〜?

あれ?
参加辞退が続出!!?
なんでだ〜?

記:たばっち


スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR