鈴鹿テントの夕べ2014 2014.11..22-23

20141123鈴鹿テント泊18
焚火の夜



メンバー:ちっぷる、キャシー、ちゅうた、まゆ、なお、ジョコティン、次郎、やっさん、
     たろー、体験Mさん、えだこ(二日目のみ)

コース :1日目 朝明キャンプ場(11:25)~根の平峠(12:35)~キャンプ地(13:30)泊
     :2日目 キャンプ地(8:55)~小峠(9:15)~イブネ(10:20)~佐目峠(10:30)
         ~御池鉱山跡(11:05)~キャンプ地(12:10~13:10)~根の平峠(13:50)
         ~朝明キャンプ場(15:00)




 初めてのテント泊にぴったりの企画“テントの夕べ”に参加しました。

 まずは道具の準備から、たろーさんにシュラフのアドバイスを頂いてシュラフ3点セットを購入。ドキドキ感一杯でその日を迎えました。集合場所に着いた時からすでに日差しが強く、テント泊には最高のお天気?今日は凍える事は無いかとひと安心。

 朝明に着き、いよいよスタート。今まで担いだことのないザックの重さに汗が異常に噴き出して風が心地よく感じられました。

20141123鈴鹿テント泊01
ザック重い?

20141123鈴鹿テント泊02
根ノ代の神杉

20141123鈴鹿テント泊03
晩秋の千草街道を歩く

20141123鈴鹿テント泊04
すっかり落葉している

 上り始めて2時間ほどで鈴鹿の上高地に到着。近くに川も流れていて水場にも不便ない所でした。まずは、焚火の薪の準備です。みんなの段取りよさには驚きです。あっという間に山ほどの薪を集めました。その後休憩組と散歩組に分かれて周辺を散策。

20141123鈴鹿テント泊05
テン場に到着

20141123鈴鹿テント泊06
薪集め

20141123鈴鹿テント泊07
あっという間にこれだけ

20141123鈴鹿テント泊08
みんなが働いているのに寝ているキャシー

20141123鈴鹿テント泊09
テント設営中

20141123鈴鹿テント泊10
晩秋の愛知川

20141123鈴鹿テント泊11
落ち葉のミルフィーユ

20141123鈴鹿テント泊12
桂の大木

20141123鈴鹿テント泊13
鈴鹿の上高地

 今日の夕食は白菜鍋。皆で持ち寄った食材でたろーさんが作ってくれました。自然の中で焚火を囲んでアツアツのお鍋を頂いて身体も心も温まります。

20141123鈴鹿テント泊14
食事の準備

20141123鈴鹿テント泊15
さあ食べましょ

 皆、お酒も入って宴会も盛り上がっていたけれど、急遽仕事で一緒に来れなかったやっさんの事が気になって仕方ありません。日も落ちて暗闇の中、単独で来られるので心配でした。

 出発メールが入って根の平までたろーさんとちゅう太さんが迎えに行き1時間程経つと、遠くから声が聞こえヘッドライトの明かりが見えたときは、みんなでほっとしました。暗闇の中、私達が寝る5テンとビールを担いで持って来て頂いた労力には感謝の思いで一杯です。メンバーも10人揃って宴会も一から仕切り直しで盛り時が過ぎました。

20141123鈴鹿テント泊16
焚火は暖かい

20141123鈴鹿テント泊17
やっさん到着

20141123鈴鹿テント泊18
宴は続く

不安だった消灯。テントに入ると暖かく、シュラフに入るとさらに暖かいく、5人で寝るとすごく暖かく寒い思いはなく、川の音だけが聞こえる静かな夜でした。

******************************

朝食は焼き豚と玉ねぎの卵とじ丼でした。ご飯もうまく炊けていて美味しかったです。
これもまたたろーさんが作ってくれました。ごちそうさまでした。

20141123鈴鹿テント泊19
焼き豚丼

20141123鈴鹿テント泊20
朝の風景

 2日目から参加するエダちゃんと合流して11人で山行へ出掛けました。いきなり急登。脚だけでは登れないでもこんなコースは、とっても楽しい。

20141123鈴鹿テント泊21
小峠への登り

 イブネに登ったときはお天気が悪く、鈴鹿山脈が一望できませんでした。これだけが残念でした。

20141123鈴鹿テント泊23
イブネ・クラシ台地はガスの中

20141123鈴鹿テント泊22
風も強い・・

20141123鈴鹿テント泊24
イブネ

20141123鈴鹿テント泊25
佐目峠の岩

20141123鈴鹿テント泊26
ナメコ

20141123鈴鹿テント泊27
下りると晴れてきた

20141123鈴鹿テント泊28
御池谷上流の崩壊地

20141123鈴鹿テント泊29
テン場で記念撮影

 テント泊をするなら自分でテントも食材も運ばないといけないのに、たろーさん、なおさん、ちゅう太さん、次郎さん、やっさん、分担して重い荷物を運んで頂いてありがとうございました。快適で楽しい時間を過ごせてとってもいい思い出ができました♪

記 まゆ

やっさんの夜間ハイク顛末記↓
<番外編(夜間歩行)>

今回、急遽仕事となり、メンバーとは別行動となりました。
当初、明るいうちに移動を予定していたのですが、
見る見るうちに暗くなり、とうとう夜中の真っ暗な中移動。

先日の養老縦走で夜中のヘッデン移動は経験済みですが、
やはり一人での移動は、ちょっと心細かったです。

移動始めは、暗闇の中から動物らしき足音が至る所で
しており、「こんな夜中に、物好きな訪問者がいるな」
とでも思われていたのかもしれません(^_^;)

この道は昼間に何度か歩いている道ではありますが、
やはり夜中となると勝手が違います。
いくら知っていても、「あれ、ここはどっちだ?」と
道に迷いかけた所が数箇所ありました。

「踏み後」や「先にマークがあるか」なければ
「戻ってマークの再確認」などを繰り返し確実に
前に進んでいきます。

何とか、根の平峠まで到着しましたが、難関の鈴鹿の
上高地までの移動が待ってます。
心配していた通り、過去昼間に間違えたことのある
ルートで迷いかけていた時、天の声(闇の声?)が
聞こえます。
「これは、幻聴?」と疑ういもしましたが、遠くに
ライトが見え、「幻聴でない」と確信し、返答。
私のことを心配し、わざわざ迎えに来てくれたたろーさん
の声でした。 合流した時には、ちゅうたさんも出迎えて
くれ、人の温かみを感じた嬉しい瞬間でした。

その後、和やかに道中を歩き、メンバーの居る鈴鹿の
上高地に到着。 笑顔で出迎えて頂いたメンばーにも
感謝の一言です。 間っていてくれる人達がいるって
嬉しいですね^^

今回、一人での貴重な夜間歩行体験をすることに
なりましたが、やはり
 「慣れない道ではやるべきではないな」と感じました。
メンバーの皆さんも、夜間歩行は注意しましょうね^^

記 やっさん
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR