雨乞岳 紅葉ハイキング 2014.10.26

20141026雨乞岳21
雨乞岳



メンバー:クロ、やっさん、やまさん、えだこ、CUB、ちっぷる、ふみふみ、
      なお、たろー、体験Hiさん、体験Haさん

コース:大台ヶ原P(7:35)~シオカラ谷吊橋(7:50)~滝見尾根~東ノ川(9:10)
    ~シオカラ谷遡行~高倉滝(11:15)~昼食~東ノ滝(12:20)
    ~シオカラ谷吊橋(12:50)~シオカラ谷遡行~遊歩道(13:40)
    ~大台ヶ原P(14:00)




 今回の山行は鈴ハイらしく、鈴鹿の紅葉狩りで雨乞岳へ行ってきました。コースは朝明キャンプ場~根の平峠~コクイ谷出合~杉峠~雨乞岳~七人山~コクイ谷出合~根の平峠~朝明へ戻るちょっと長めのバリエーション付きの行程です。

 出発前はやや曇り空でしたが雨は降らず、無事出発。根の平峠までは林道歩きと平坦な道を歩きウォーミングアップです。この辺りはまだ紅葉は少なめです。

20141026雨乞岳01
根の平峠手前

 根の平峠から先は紅葉が真っ盛りで、赤い落ち葉の絨毯を歩きが気持ちいいです。途中、巨大な杉の木がありみんな抱きついてパワーを?得ました。樹齢400年?位(タローさん談。詳細は不明)。来週の鈴鹿セブンマウンテン縦走組はこの辺りでテント設営場所の下見をしました。

20141026雨乞岳03
紅葉真っ盛り

20141026雨乞岳02
根の代の神杉

20141026雨乞岳04
千草街道の巨木

20141026雨乞岳05
コクイ谷出合

 コクイ谷出合から先は何度か渡渉を繰り返し、やだて鉱山跡がありプチ遺跡めぐりです。昔は集落があり学校もあったそうで、旧神社の石段前で休憩。杉峠までは紅葉を見ながらなだらかな斜面を歩きます。

20141026雨乞岳06
スリリングな渡渉

20141026雨乞岳07
大規模な崩壊地

20141026雨乞岳08
コクイ谷の紅葉

20141026雨乞岳09
ゆるゆると登っていく

20141026雨乞岳10
御池鉱山跡

20141026雨乞岳12
もうすぐ杉峠

 杉峠には巨大な杉の木が2本ありますが、涸れています。途中すれ違った方から「杉峠に蜂がいる」と言われ気をつけていましたが、杉峠では高校のワンゲル部でしょかカップラーメンを食べおり、蜂はいません(笑)。

20141026雨乞岳13
生きていた枝が折れてしまった杉峠の杉

杉峠から先の雨乞岳は急登になり、笹原が歩きです。雨乞岳山頂でお昼休憩後、七人岳へ。

20141026雨乞岳14
雨乞岳への登り

20141026雨乞岳16
大峠の沢

20141026雨乞岳17
雨乞岳で記念撮影

20141026雨乞岳19
東雨乞岳への笹原

20141026雨乞岳20
稲ヶ谷の紅葉

20141026雨乞岳21
雨乞岳をバックに

 七人岳が今回の一番綺麗な紅葉で、みなさん写真をパシャパシャ撮ります。七人岳山頂から尾根を下りコクイ谷へ、バリルートで下山です。

20141026雨乞岳22
七人山の紅葉

20141026雨乞岳23
七人山の紅葉

20141026雨乞岳24
七人山

 コクイ谷から先は来た道を戻ります。根の平峠から先で暗くなりヘッドライトを点けて無事下山となりました。

 今回の山行は途中、地図を読みながらタローさんにいろいろ教えて頂き「珍回答」もあり、バリコースも歩き、体験のHiさんとHaさんも参加していただき大変楽しい山行となりました。

(記)やまさん

終わり
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR