唐松岳 2014.09.27
20140927唐松岳02
紅葉と雲海と白馬三山



メンバー:とりや、やっさん、ふみふみ、えだこ、ガビ

コース :黒菱平(7:20)~リフト八方池山荘(7:45)~八方山(8:30~8:50)
    ~八方池(9::05)~丸山ケルン(9:45)~唐松岳(11:30~12:05)
     ~唐松山荘・昼食(12:20~13:20)~丸山ケルン(13:55)
     八方池(14:50~15:05)~八方池山荘(15:50)~リフト~黒菱平(16:10)

下山後のおまけ: 温泉&蕎麦     




 雨が多かった今年の夏、なかなか山に行けず悶々とした人は多かったのではないでしょうか? 山に行けず、筋力が衰え、加齢も加わり、歩けるかどうか・・・。今回とりやリーダーの企画に集結したメンバーは、ほぼ毎週末山に行ってるステキな山キチさんたち。だから、ちょっと心配。 ついていけるかなぁ。。

 今回の集合は金曜の夜。メンバーの中には残業を切り上げてきた人もいたようです。私はというと、久々にフリーの週末で、余裕あり。パッキングした荷物を車にのせ、気合を入れて一番のりです。

 合流後はまず、メンバー最年少のえだこの山行き具合をチェックします。 え~!! そんなに山行ってんの・・・!? やばいかも。。 後のメンバーの様子は省略します。

 高速を降り、山に入ると辺り一帯は深い霧で先がまったく見えません。ハンドルを握るやっさんは静かに緊張し、ふみふみは寝ていたので静かでしたが、えだこと私は興奮しました。本当に怖かったです。でもこのスリル満点のドライブでそれまでの不安はどこかへ行きました。駐車場につき、ライトで確認できる視界2メートルの中、なんとかテントを張ります。後は朝まで4時間ほど仮眠です。

 朝は予定通り起床し、テント撤収、リフトに並びます。思ったより寒くなく、いい感じです。リフトを乗り継いで、八方池山荘へ。ここからスタートです。

 しばらく歩くと八方池に到着。八方池周辺は紅葉真っ盛り。風も心地よく最高です。しばらく景色を楽しんだ後、再び頂上を目指します。後方を行くふみふみは、とりやさんと次の山行の話で盛り上がっていて、ところどころツッコミを入れたくなったけど、こちらは息が続かなくなりそうなので、聞くのみです。(というか、聞こえてくる。)とりやさんは、草花にも詳しい人、というイメージでしたが、今回、登りの途中で口にした木の実にあたってずっとお腹が痛かったそうです。

 頂上には雷鳥ファミリーもいて、しばらく撮影会を楽しみました。リーダーから大福のご褒美が振る舞われ、360度のパノラマを楽しみ、山頂の空気を十分味わった後、唐松山荘に戻ってひさしの下でお昼ご飯を食べました。日向ぼっこしながら、やっぱり山はいいなぁ、と思いました。

 帰りは来た道を戻るので楽チンです。途中休憩をとりながら、ほぼ予定通りに下山。日程的には強行軍だったけど、雰囲気的にはのんびりまったりの山行でした。そして私は、今回無事歩くことができた上に、紅葉を楽しみながら去年歩いた白馬三山や五竜を眺めることができ、大満足!!でした。

 企画をあげてくださったとりやさん、往復ドライブのやっさん、いつも元気をくれるふみふみ、涼しい風をくれるえだっち、楽しい休日をありがとうございました。 またぜひ山でご一緒したいです。

(同じ日に御嶽山の噴火がありました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします)

記 Gabi (ガビ)

<写真>

20140927唐松岳01
第1ケルン付近から、これから登る八方尾根

20140927唐松岳02
紅葉と雲海と白馬三山と・・・

20140927唐松岳03
反対側には五竜と鹿島槍

20140927唐松岳04
真正面に不帰キレット

20140927唐松岳05
八方池にて

20140927唐松岳06
八方池にて2

20140927唐松岳07
安全祈願

20140927唐松岳08
歩きやすい道

20140927唐松岳09
快調に登る。特にひさびさのガビちゃん絶好調

20140927唐松岳10
錦織なす・・・

20140927唐松岳11
イチョウ幼鳥1,2,3・・・5羽も!

20140927唐松岳12
ライチョウどあっぷ

20140927唐松岳13
ライチョウどあっぷ2

20140927唐松岳14
唐松岳ピークにて

終わり
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ