奥穂高岳から西穂高岳 2014.09.20~21
20140921奥穂西穂21
朝焼けのジャンダルム



メンバー :なお、ふみふみ、次郎、たろー

コース

20日
新穂高温泉(6:15)~右股林道~白出小屋跡(7:40)
~白出沢~穂高岳山荘(12:25)

21日
穂高岳山荘(4:45)~奥穂高岳(5:25)~ジャンダルム(6:20)
~天狗の頭(8:20)~間ノ岳(9:00)~西穂高岳(10:35)~西穂独標(11:45)
~西穂山荘(12:45~13:15)~新穂高RW(14:10)




 今回の山行は少し予定変更になり「奥穂-西穂 縦走」です。

 そこは素人が簡単に足を踏み入れてはいけない領域だとみなさんご存知の事でしょう。 参加に躊躇している私の背中をふみふみさんに優しく押して頂き、鈴ハイ四天王?の3人に同行させて頂きました。


【1日目】

 新穂高温泉から白出沢(しらだしさわと読むらしい)ルートを通り穂高岳山荘まで約2000mを登ります。
天気は快晴、新穂高温泉を6時過ぎに出発し、絶景の笠ヶ岳を背にひたすら登りました。

 稜線が見えてから登っても登っても全然近付いて来ない穂高岳山荘に心を折られそうになりながら、そして一気に2000m登るため高山病への不安を抱きながら、何とか穂高岳山荘に辿り着きました。みなさんは先週の打込谷沢登りが相当きつかったらしく疲れが残っているそうでしたが後半ぐんぐん離されて、「どこがやねん!!」って心の中で叫んでましたw。

 山小屋での夕食(意外に豪華でした)後、ガスっていたため、夕陽は見ることが出来ませんでしたが、寒さに震えながら見たジャンダルムは壮観でした。

 星空は綺麗でしたが寒すぎて早々に退散、冷えた体をふみふみさんの玄米茶で温めてもらいました。温かい玄米茶最高でした! そして、今日西穂から来たと言う二人の男性に不安を煽るような話とお酒を頂きながら宴を楽しみました。

 消灯前、明日の準備をしていると“あれっサイフが無い!?”あちこち探し回って、ザックの中を見直していると、たろーさんが「これ?」と外まで探しに行って見つけてくれました。なおさんも「サイフあった?」って部屋まで心配して来てくれました。みなさんの優しさに、夜な夜な枕を涙で濡らしたのは言うまでもありません。(ふみふみさんはサイフを失くした事を知りません、念のため)


<1日目写真:クリックすると大きくなります>

20140921奥穂西穂01
新穂高ロープウェイ ここからスタートです

20140921奥穂西穂02
白出沢は急傾斜のガレ沢

20140921奥穂西穂03
巻道もスリリング

20140921奥穂西穂04
笠ヶ岳(先週歩いたよな~)

20140921奥穂西穂05
稜線が見えた(見えてからが長い・・)

20140921奥穂西穂06
もうきついのなんの・・・

20140921奥穂西穂07
穂高岳山荘到着

20140921奥穂西穂08
少し早く着いたのでのんびり

20140921奥穂西穂09
今日はテントもチラホラ

20140921奥穂西穂10
奥穂の登り口、明るいうちに確認

20140921奥穂西穂11
夕食は思ったより豪華

20140921奥穂西穂12
雲海に浮かぶジャンダルム

2日目へ続く

【2日目】

 奥穂からジャンダルム、西穂、新穂高ロープーウェイまで行きます。

 4:30に山小屋出発、ヘッデンで奥穂山頂を目指しました。ヘッデンで岩場、梯子を登るのは結構なスリルがありましたが、コースリーダーなおさんの目論見通り?山頂でご来光を見ることが出来ました。天気は私の北アルプス山行歴代ナンバー1の快晴です。360度大パノラマ、もうホントに最高でした。

 最初の難関“馬の背”を下り、ロバの耳を登り、ジャンダルムへ! 先行するパーティーが「背が低いと難しいかも」と言う奥穂側の岩場を登り、ついに憧れのジャンダルムに登頂!! 先客と喜びを分かち合いました。ですが西穂側のルートは緩い坂、「何だよジャンダルム歩いて誰でも登れんのかよ!?」と少しガッカリでした。

 その後、天狗ノ頭、間ノ岳を超え、ついに西穂高岳山頂へ到着。西穂山頂からは日帰り登山者も多く混みあっており、別の世界から現実世界に戻って来たそんな感覚でした。

 危険なルートが終わった後の気の緩みで事故が起こりやすいと言うたろーさんの言葉に気を引き締め直し、独標へ向かいました。

 独標への道中で、たろーさんは雪山を想定してルートを見定めていました。視線の先はもっと先を見据えていました。流石リーダーは違います!

 独標を超え、ようやく西穂山荘に辿り着いた私たちは割引セール中のソフトクリームを食べながら、達成感に浸りました。

 奥穂~西穂縦走ルート制覇、ジャンダルム登頂が出来るとは1年前の自分からはとても想像出来なかったです。これも鈴ハイに出合い、入会させて頂けたからだと思っています。

 そして北アルプスの中でも屈指と言われる難ルートに対し、それほど難しいとも怖いとも思えなかったのは沢登りを経験させてもらったからで、未経験であったなら印象は違っていたかもしれません。 因みに、なおさんは物足りなそうでした(笑)

 今回は天候にも恵まれ、常に絶景の中を歩ける贅沢な2日間、最高の山行となりました。おかげで一生の思い出と小さな自信を得ることが出来ました。

 今回こんなすばらしい山行を経験出来たのは、たろーさん、ふみふみさん、なおさんのおかげです。ありがとうございました。本当に参加して良かったです。

 最後に、いつもみんなの信頼と共に重い荷物を背負っているたろーさんですが、今回は山小屋泊と言うことでザックの重量は軽かったかも知れませんが、道中一瞬ヒヤリとする場面もあり、心労はかなりのものであったと思います。お疲れ様でした、そしてこれからも宜しくお願いします。

次郎


<2日目写真:クリックすると大きくなります>

20140921奥穂西穂13
AM4:30出発準備完了

20140921奥穂西穂14
まだ月が輝いている

20140921奥穂西穂15
奥穂高岳登頂

20140921奥穂西穂16
奥穂頂上で御来光

20140921奥穂西穂17
槍ヶ岳も朝を迎える

20140921奥穂西穂18
ジャンダルムをバックに余裕の笑顔?

20140921奥穂西穂19
なんだか一人だけかっこいいね

20140921奥穂西穂20
さあ、いよいよ出発です

20140921奥穂西穂21
朝焼けの馬の背

20140921奥穂西穂22
ジャダルムの威容

20140921奥穂西穂23
近づいてみるとルートはしっかりしている

20140921奥穂西穂24
次郎さんは高いところが大好き

20140921奥穂西穂25
ジャンダルム(先行パーティーが取りついている)

20140921奥穂西穂26
我々も奥穂側から直登(先頭はもちろんなおちゃん)

20140921奥穂西穂27
ジャンダルム登頂!

20140921奥穂西穂28
西穂が見えた

20140921奥穂西穂29
笠ヶ岳に山の影が映る

20140921奥穂西穂30
ジャンダルム、西穂側から(簡単に登れる)

20140921奥穂西穂31
スリリング!

20140921奥穂西穂32
下ってきた尾根を振り返る

20140921奥穂西穂33
突然現れる対向者

20140921奥穂西穂34
西穂、だいぶ大きくなった

20140921奥穂西穂35
逆相スラブ、下りは大したことない

20140921奥穂西穂36
いつも元気いっぱいふみふみさん

20140921奥穂西穂37
青空が似合う

20140921奥穂西穂38
集合写真

20140921奥穂西穂39
西穂がだんだん近づいてきた

20140921奥穂西穂40
西穂とふみふみさん

20140921奥穂西穂41
さあ、いよいよ

20140921奥穂西穂42
西穂高岳到着

20140921奥穂西穂43
まだ気を抜いちゃダメだよ

20140921奥穂西穂44
ピラミッドピークから西穂を振り返る

20140921奥穂西穂45
もうすぐ独標

20140921奥穂西穂46
西穂高岳

20140921奥穂西穂47
西穂山荘はまるで下界のように賑わっていた

終わり





スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ