金木戸川打込谷から笠ヶ岳 2014.09.13~15

20140915打込谷46
2.5日かけてたどり着いた笠ヶ岳山頂で記念撮影、



メンバー :なお、ふみふみ、やっさん、たろー

コース

9月13日 :双六ダム(7:05)~第2ゲート(8:10)~中俣川出合(9:20)
     ~取水施設(10:40)~小倉谷出合(11:10)
     ~壊れた吊り橋・大休止(13:05~14:05)~打込谷出合(14:35)
     ~Ca1500m・泊(17:45)

9月14日 :泊地(7:10)~仙ノ淵(10:00)~二股Ca2030(15:40)
      ~右股Ca2100・泊(16:30)

9月15日 :泊地(7:00)~稜線(10:15)~笠ヶ岳山荘(10:35)~笠ヶ岳(11:10)
      ~笠ヶ岳山荘~笠新道~登山口(16:20)~新穂高温泉(17:10)





<1日目>

 今回はたろーリーダーが4年温めた企画、北アルプス笠ヶ岳に突き上げる打込谷遡行2泊3日。リーダー以外は皆、初アルプス沢です。

 前日夜、東海市に集合して出発、道の駅で仮眠。朝、金木戸林道ゲート前に移動。ここから長いアプローチが始まります。

 最初は林道で途中から軌道跡を歩きます。道はそれ程悪くなく久しぶりの晴天、快適です。そして第一の難関と思われた金木戸川本流の渡渉も膝上くらいで余裕。やっと打込谷に入ります。

 日差しがあるせいかとても明るい印象の谷です。二時間程遡行したところで今日のテン場探し。三テンが一つ張れるスペースを見つけテント設営。

 薪を集め焚き火をおこして、ふみふみさんが作ってきてくれた豚汁を頂きます。今日は上半身濡れるコトなく遡行できたので寒くありません。星空を眺めながらちょっとまったり。

 明日が本番なので早めに就寝にします。荷物は外で三テンに四人で寝ましたが、窮屈さもなくぐっすり眠れました。

記 なお

<1日目写真>

20140915打込谷01
林道歩きからスタート

20140915打込谷02
発電所

20140915打込谷03
中俣川

20140915打込谷04
神社があった

20140915打込谷05
まだこの辺は元気

20140915打込谷06
取水施設

20140915打込谷07
林道は終わり、昔の森林鉄道跡を歩く

20140915打込谷08
けっこう荒れている

20140915打込谷09
やっと入渓ポイント、ここまで6時間

20140915打込谷10
遡行開始

20140915打込谷11
思ったより苦労する

20140915打込谷12
F1 この滝を越えた所でキャンプする事に

20140915打込谷15
何とか3テンが張れました

20140915打込谷13
焚火は楽しい

20140915打込谷14
ふみふみさん特製のトン汁


<2日目>

 テン場の関係で3テンに4人で寝る事になったが、窮屈さも無く、逆に暖かさもあって翌朝は快適な目覚め。しかし今日は標高差1200mを登らなくてはいけない。前日の林道歩きで体のあちこちがギシギシ言っているが大丈夫だろうか。

 歩き初めて直ぐに泳ぎが必要なゴルジュが現れる。夏なら正面突破も考えたが今はもう秋。考える間も無く巻く事にする。ちょうど先行していた京都雪稜倶楽部がロープを出して巻き道に取り付いていたので見学休憩。

20140915打込谷16
いきなりゴルジュ

20140915打込谷17
大人しく巻く

20140915打込谷18
念の為ロープを出す

 ゴルジュを越えると谷は一旦平凡になるが、なかなか一筋縄では行かない。厳しい滝こそ無いものの、飛び石や膝ぐらいの渡渉を幾度も強いられる。水温が高く、荷物も重くなければ何て事は無いんだけど、慣れないメンバーは苦戦している。ただ、谷は明るい雰囲気で日差しも届くので気分はいい。

20140915打込谷19
飛び石が苦手なふみふみさん

20140915打込谷20
京都雪稜倶楽部も苦戦中

20140915打込谷21
草をつかんで巻き下る

20140915打込谷22
谷は明るい

 出発から3時間ほどで仙ノ淵に到着。この谷には珍しい見栄えのする滝だ。ここは右岸に踏み跡から素直に巻く。雪稜倶楽部のI君は釜で泳いでいた。とても真似出来ない。(したく無い)その上の10m滝はシャワーで直登。

20140915打込谷23
仙ノ淵

20140915打込谷24
泳いでる人がいる!?

20140915打込谷25
ここはサクっと直登

 仙ノ淵から上も基本ゴーロの渓相が続く。傾斜が緩いのでなかなか高度が稼げず少し焦ってくる。雲の隙間から稜線が見え初めたが余りにも遠い。本当にあそこまで行けるのだろうか。

20140915打込谷26
支流をいくつか分けて

20140915打込谷27
稜線は雲の中(遠いなあ)

 支流を幾つか分けて登っていくと傾斜も徐々に立ってきて滑滝が現れ始める。標高はまだ2000mに届いておらず、今日中に稜線にたどり着くのは厳しくなって来た。

20140915打込谷28
途中で集合写真

20140915打込谷29
斜滝が出てきた

20140915打込谷30
滑滝地帯に入る
 
 滝を巻いたり、水流横を登ったりして進んで行くと標高2000m付近の二股に到着。時間は15時を回っている。過去の記録を見るとここから稜線までは3時間は見て置いた方が堅い。無理して稜線に上がるより今日も谷中で泊まった方が焚き火も出来るし良いだろう。二股を右に入り少し進んだ所で二日目の泊地を決める。雪稜倶楽部は二股付近にキャンプを張ったようだ。

20140915打込谷31
標高2000m付近の二股

20140915打込谷32
右に入って少し登った所でキャンプ

 既に森林限界に近い為か焚き木が乏しく節約モードでの焚き火になったが、服を乾かし、暖を取るには十分だった。今日の献立はホワイトシチューにパスタ。山の中とは思えない程の豪華な食事(ふみふみさんありがとう)に癒されながら、静かな北アルプスの夜を楽しんだ。

20140915打込谷33
何とか焚火が出来ました。

記 たろー





<3日目>

 疲れも筋肉痛も蓄積された3日目、残りの体力と気力を振り絞り、残りの沢登りと笠ヶ岳登頂&下山を行いました^_^ 3日間とも天候にも恵まれ、素晴らしい景観の中 楽しめ凄く良かったです^_^

 3日目も5時起床。身支度を済ませ朝食。朝食は、雑煮と今までにないメニュー。これからの登りを予期したかのようです。美味しいだけでなくパワーも付きます^_^

 7時出発。稜線までの残り標高差 約600m は朝一のシャワーから始まり、ナメ滝登りなどアルプス沢らしい迫力のある工程ばかり。最終日といえど まだまだ私たちを飽きさせません^_^。

20140915打込谷34
さあ、出発。寝ぼけてる人はいませんか?

20140915打込谷35
草付の巻

20140915打込谷36
稜線から流れ落ちる滑滝

20140915打込谷37
的確にルーファイ

 登る途中、背後には黒部五郎岳や薬師岳(?)が見え、『これぞアルプス沢登り、景観も最高』と気分最高です^_^
約2時間半の沢登りも終わり最後のガレ場を登り、ようやく稜線に到着。嬉しさで『着いた~』と思わず一言。 稜線からは、今まで苦労し登ってきた3日間の沢筋が一望でき、達成感は半端なく得られ疲れも一気に吹き飛びます^_^。

 見る箇所どこも思い出だらけです。(あそこでテント&焚き火し串や食事は暖かく美味しかった、シャワー&泳ぎは流石に冷たかったなどなど^_^) そりゃ声も出ますわ\(^o^)/

20140915打込谷38
水が細る

20140915打込谷39
最後はガレガレ

20140915打込谷40
やっと稜線

20140915打込谷41
打込谷が一望

 その後、笠ヶ岳山荘に向かい、荷物を下ろした後のふみさんの格好。そうしたくなる気持ち分かります^_^
荷物はデポして山頂を目指し、15分ほどで到着。

 山頂からは、360°のアルプス 大パノラマ。槍ヶ岳~大キレット~北穂高~奥穂高~西穂高と穂高連峰一連の縦走路、黒部五郎岳、立山連峰など素晴らしい絶景が広がっており、疲れた体と心も癒されました^_^

20140915打込谷42
槍穂の稜線

20140915打込谷43
笠ヶ岳山荘へ

20140915打込谷44
ついた~!!!

20140915打込谷45
安全で何より、ありがとうございました

20140915打込谷46
4人で集合写真

20140915打込谷47
美女二人で

 癒された後は、時間の関係もあり即下山開始。山荘にデポした荷物を担ぎます。しかし重い^_^;
1時間ほどの稜線歩きでは、ずっと穂高連峰が見える贅沢山行。次はあの何処かの山かな~?

20140915打込谷48
槍穂を見ながら下山

20140915打込谷49
笠ヶ岳をバックに

20140915打込谷50
笠ヶ岳

 稜線からの分技 2750mに着き、ここから登山口の1350mまで標高差1400m・約4時間ひたすら下山。ひざが笑う状態でも、笑い声もあり、何とか登山口に到着。でも急斜面もあり下山するのも一苦労でした^_^;

20140915打込谷51
杓子平

 登山口にある天然水で口を潤し、ここから1時間かけ新穂高駅に到着。更に40分タクシーで移動し車が駐車してある金木戸ゲートに向かいようやく下山完了。帰りは、平湯温泉に寄って3日間の疲れを癒し家路につきました。

20140915打込谷52
やっと登山口

20140915打込谷53
お疲れ様でした

 今回の沢登りは、私自身 初の沢泊、初の沢アルプス、初の笠ヶ岳、初の3日間9時間移動と初づくしの思い出深い沢登りとなりました。 最初は寒さや荷物の重量、沢アルプスなど不安要素満載でした。しかし、タローさん、ふみさん、なおさん達のアドバイスや熱烈(?)なお誘いを頂いたお陰で、大変貴重な経験をすることができました^_^

今回メンバーには予め役割分担がありました。

私は歩荷担当。しかし、不安症の私はあれもこれもと自身の荷物が多くなり過ぎ、共用装備の食事やテントなども一部しか持つことができず、皆さんへの負担が減らせず、すみません^_^; 私のこれからの課題は軽量化です^_^;

食担のふみふみさんは、3日間、軽量化や皆を飽きさせない 色々な食事バリエーションを考えてくれ感謝です^_^ 流石、我が会メンバーの胃袋を熟知してます。

コースリーダー兼サブリーダーのなおさんは、先頭を最短距離でルートファインティングし、お助けロープやスリングを出してくれてとても心強かったです。いつも以上に逞しく(?)感じました。

そして今回の企画立案から当日の全体進行までして頂き、長年の思いを達成させたリーダー タローさん、今年の沢登り集大成として申し分なかったです^_^

沢登り5回目の私でもアルプス沢登りできたのは現地で的確なアドバイス や 荷物配分など皆さんのサポートのお陰です。本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした^_^

来年も、暖かい時期での沢登りよろしくお願いします^_^

記 やっさん

終わり
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR