FC2ブログ

赤岳 主稜偵察編 2018.12.16

20181216赤岳主稜偵察12
雪の八ヶ岳 いいなあ



<メンバー>
◎主稜偵察:たろー、なお
  赤岳登頂:こうじ、くろ、めぐち、もっちゃん、ふみふみ

<コース>
美濃戸(6:00)~行者小屋(8:50~9:25)~文三郎尾根~主稜分岐(10:35)~主稜取り付き点~主稜分岐(11:20)~阿弥陀岳分岐(12:00)~行者小屋(12:45~13:20)~美濃戸(15:25)




 冬季バリ2シーズン目。先シーズンの阿弥陀北陵に続き南八ヶ岳のルートを2個ほどクリア出来たらいいなぁ。って事で赤岳主稜(偵察)に行ってきました。

 秋から前尾根に通い前週にはアイトレ、ロープワーク確認もした。でも決行日が近づく程、段々不安が増してくる。「アックス1本に賭け…」なーんてレコなんか見ちゃったら、もう怖っ!しかなくなり前日にはナーバス度がMAXに。食べやなあかんのに食べられへん…みたいな状態に。メンタル弱すぎ…。とっても反省…。

 行者小屋までもペース上がらず、もう持病なのかっ?!とも思える手の痛み。あかん。そして森林限界超えて見えた主稜。…めっちゃ立って見えるーーー。

20181216赤岳主稜偵察01
久しぶりの雪

20181216赤岳主稜偵察02
稜線が見えた

20181216赤岳主稜偵察03
行者小屋

20181216赤岳主稜偵察04
テント村と赤岳

20181216赤岳主稜偵察05
阿弥陀岳

20181216赤岳主稜偵察06
集合~

20181216赤岳主稜偵察07
去年登った阿弥陀岳北稜(向こう側の山の手前の尾根)

20181216赤岳主稜偵察09
横岳、硫黄岳(また縦走したいなあ)

20181216赤岳主稜偵察10
ヒイヒイ言ってたらあかんよ

20181216赤岳主稜偵察11
こっちのチームは元気

20181216赤岳主稜偵察12
高度が上がってきた

 もうこの時点で登るにはタイムオーバー。なにげに嫌な感じのトラバースを越え取付き支点まで。そこで先行パーティの見学。

20181216赤岳主稜偵察13
先行パーティーが取りついている

 1ピッチ目のチョックストーン越えがこのルートの核心。先行パーティリードの女性が少し登ったところでセミ状態に。「怖い」「ここどうしたらいいの?」って声が聞こえる。そうだよね。私もそれが知りたいよ。

20181216赤岳主稜偵察14
核心部のチョックストーン

 そして寒さに震えながらの小一時間待ち。とりあえず一般道まで戻り稜線まで登ってから下山しようと言う事に。下山しつつ対岸からそのパーティをずーっと観察。最初のもたつきが嘘のように割にスムーズに上がってく。なるほどなるほど…。

20181216赤岳主稜偵察15
登攀中のパーティー(赤線が1ピッチ目) クリックで拡大

20181216赤岳主稜偵察16
登攀中のパーティー(赤線が2ピッチ目) クリックで拡大

20181216赤岳主稜偵察17
とりあえず少し登る

20181216赤岳主稜偵察18
正面に阿弥陀岳

20181216赤岳主稜偵察19
どこまで行ったかな?

 不安度急降下。やっぱり見に来て良かった!次回本番に向けては体調もメンタルも万全で挑みたいと思います。

 リーダーたろーさん、参加の皆さんご心配ご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。

 懲りずにまたよろしくお願いします。

20181216赤岳主稜偵察20
行者小屋(天気は崩れませんでした)



 記)なお
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR