カニクチ谷から天狗谷 鈴鹿の秘沢探訪2 2014.08.15
20140815カニクチ谷07
沢は楽しいね



メンバー:やっさん、ふみふみ、たろー

コース :
旧R421ゲート前(8:15)~旧R421~カニクチ谷入渓(8:40)~Y字滝(9:35)~稜線(11:55)~天狗谷右股左岸尾根~天狗谷~旧R421(15:30)~旧R421ゲート前(16:00)




 どうも今年の夏は天候がおかしい・・。三重県に大雨をもたらした台風11号が過ぎたと思ったら早すぎる秋雨前線が日本列島の上に停滞。しっかりとお盆休みを取っていたのに予定していた山行はことごとく中止。

 そんなメンバーは他にもいたようで、小雨でも大丈夫な鈴鹿の沢登りを急きょ企画するといつものメンバーが名乗りを上げてくれた(ひとり足りなかったけど)。まあ、家でゴロゴロしているよりも何倍もマシなので出かける事にする。

 旧国道のゲート前に車を止め、最初は道路をテクテク歩く。カニクチ谷と天狗谷が出会うあたりで入渓する。

 カニクチ谷は白い花崗岩の明るい谷、フリクションも快適で出てくる滝は簡単に登ることができる。道路を越えて最初の大きな滝はロープワークの練習を兼ねて紐を引いて登る。

20140815カニクチ谷01
最初の滝、まずはウォーミングアップ

20140815カニクチ谷02
ここは前回懸垂で降りたところ

20140815カニクチ谷03
神秘的な雰囲気

20140815カニクチ谷04
エンジンかかってきたかな

 Y字滝を左股に進むとここから先は未知のエリア。きれいなナメ滝の先には10~15mクラスの滝が4つ程現れる。どれも簡単に直登できるので滝登りのいい練習になった(ただ岩質がもろいので注意が必要)。最後はガレを詰めて稜線に飛び出す。

20140815カニクチ谷05
Y字滝

20140815カニクチ谷06
立派な滝が立ちはだかる

20140815カニクチ谷07
余裕の笑顔

20140815カニクチ谷08
右から直登

20140815カニクチ谷09
左から上でバンドをトラバース

20140815カニクチ谷10
まだあるの?

20140815カニクチ谷11
これは右から登ったかな

20140815カニクチ谷12
すっかり安定してきました

20140815カニクチ谷13
水が乏しくなってきた

 稜線では雲が晴れて予想外の青空。来られなかった仲間をうらやましがらせようと記念に空の写真を撮影。

20140815カニクチ谷14
県境の小ピークに飛び出す

20140815カニクチ谷15
青空~

 下山は天狗谷を下る。ただ、天狗谷本流の上流部はゴーロ主体なので途中までは右股の左岸尾根を下っていく。下るにつれ傾斜が急になってきたので河原が見えたあたりから懸垂下降。降り立った支谷には初めて見る大滝が隠れていた。

20140815カニクチ谷16
天狗谷 支谷の幻の大滝(大げさか・・)

 少し下るとそこは天狗谷F4(旧国道から数えて)の上。4つの滝は練習を兼ねて懸垂下降で下る。今回、懸垂が初めてのやっさんはすぐに慣れたが、何回もやったことのあるふみふみさんは中々ロープのセットが覚えられない・・(しっかり復習お願いします)。後は旧国をテクテク歩いて車に戻る。

20140815カニクチ谷17
まずはF4

20140815カニクチ谷18
F3

20140815カニクチ谷19
F2

20140815カニクチ谷20
F1

 途中ふみふみさんのヘルメットに赤とんぼがとまっていた。もうすぐ秋だなあ。

20140815カニクチ谷21
ヘルメットに赤とんぼ(わかりにくいかな)

 急きょの山行にもかかわらず参加してくれたメンバーのみなさん、ありがとうございました。お盆のくやしさは9月にリベンジしましょう。

たろー

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ