阿木川 沢登り 2017.09.03

20170903 阿木川19
修行の谷?



<メンバー>
たばっち、たろー、michi君(一般)

<コース>
マス釣り場(8:15)~風神神社下(11:40~12:15)~林道下(12:25)~Ca885二俣(13:45)
~Ca1005二俣(14:40)~林道(14:45)~風神神社(15:50)~マス釣り場(16:25)




 9月の第1週目、達人メンバーは槍奥穂ジャンダルム縦走に行くようです。まさかの二週連続槍ヶ岳!

 天気予報はこんな日に山に行かないなのでどうかしてるぜと言わんばかりの好天。私もどこかアルプス行きたいなぁと思いつつ行き先決まらぬまま週末を迎えて家でダラダラしていると、風邪引きで山行欠席のたろーさんから沢登りの募集がかかった。

 風邪引きでアルプスに行けなかったのに沢登り?どれだけクレイジーなんだ!と思いつつ、聞けば楽しそうな初級沢なので参加申込して、たろーさんの沢仲間のmichiさんと3人となった。

 記録を見ると風神神社から3時間くらいの簡単な沢らしいが、集合場所はマス釣り場。どうやら簡単すぎて物足りないのでもっと下から登るそうだ。michiさんは歩いたことかあるらしい。

 駐車場で準備をしていると隣に停めたおじさんが話しかけてきた。釣師が「縄張りを荒らすな」と警告してくるのかと思いきや、林業の方で沢登りというものが珍しかったようで根掘り葉掘り聞いてきた。川を歩くの?へー!と。

 マス釣り場と書いてあるところから入渓したけど、釣り堀は見当たらず魚もいないようだ。今日はネオプレーンのソックスを忘れてきて普通の登山ソックスなので、浸かった足首から下が一段と冷たく感じる。つめた〜!

20170903 阿木川01
林道からスタート

20170903 阿木川02
まずまずの渓相

 砂利の河原をバシャバシャ歩いて行くとすぐに堰堤が現れた。この川は堰堤が多い模様。林業のため整備されちゃったらしいが、堰堤のあった場所には昔は立派な滝があったのだろう。横の巻道は自然のままで、ゴツゴツした岩が両側にそびえ立っている。

20170903 阿木川03
この谷は堰堤が多い

20170903 阿木川04
凄い迫力(これが滝だったらなあ)

 しばらく登れる滝が出てこないのでひたすら堰堤を巻いて登る。途中でジャングルジムかホワイトサイクロンのような巨大な人工物がでてきた。土砂が流れるのを防ぐようで、大きな流木もここで引っかかっていた。やっさん達はジャンダルム。私たちはジャングルジム。

20170903 阿木川05
ジャングルジム?

 しばらく歩いて行くとゴルジュが出てきた。レインウェアを着て思い切って水に入り泳いでみるが、最初に思ったほど冷たくない。泳いでへつって、よじ登る。

20170903 阿木川06
泳いでも大丈夫

 難所にチャレンジしたくてもがいていたら、たろーさんが足を下から支えて登らせてくれた!この時ザックを置いて空身で登り、ほかのメンバーをロープで引き上げる雰囲気になったのだが、支点とって折り返しなー、と言われて確保の準備にもたつき引っ掛けた岩からスリングが外れたりしてワタワタしていたら、いつの間にか下に誰もいなくなってしまった。

20170903 阿木川07
難所が現れた

20170903 阿木川08
どうする?

20170903 阿木川09
とりあえずたばっち行っとけ!

あれ?たろーさん?michiさん?

 違うところから登ってくるのかな?とのぞきに行くがいない。たろーさんのザックだけが置いてある。私のザックは何でないのだろう?と思っていたらmichiさんが戻ってきて、「たばっちのザック流されて滝の下まで行っちゃったよ。」と衝撃の事実が告げられた。
たろーさんは探しに行ってくれているらしい。申し訳ない!!!

 とりあえずmichiさんに登ってきてもらうためロープを引っ張る。この時支点を取ろうとした岩からスリングが外れてしまったので力任せに引っ張ることに。michiさんはヒヤヒヤだったと思う。

 次に新しいしっかりした支点を見つけてスリングに2つカラビナをかけて、一つは自己確保用のクローブヒッチ、もう一つは折り返して下の人を引っ張るようにした。すると私のザックを見つけてくれたたろーさんが戻ってきてmichiさんが引っ張るロープで登ってきてくれた。

 自分ではうまいこと出来なかったけど、原理は分かった(ような気がする)。二つ目のカラビナは折り返しただけで引っ張っていたけど、前にロープワークで教えてもらった時にはATCを使ったり結び目がグリグリ動くムンター?だっけ???とか力で引っ張ってなくても下に落ちない仕組みにするべきだったと思う。

 ザックも戻ってきて一安心。中間点の風神神社を過ぎたあたりでお昼ゴハン休憩して、再び遡行開始。滝の下を潜る場所では溺れるのじゃないかと不安で中々勇気が出ず、ロープで引っ張りあげてもらった(^_^;)ありがとうございます。

20170903 阿木川10
堰堤をガンガン超える

20170903 阿木川11
ショルダー

20170903 阿木川12
直登

20170903 阿木川13
厳しい堰堤の巻き

20170903 阿木川14
車が・・

20170903 阿木川15
滝が出て来た

20170903 阿木川17
シャワーで越えなきゃね

20170903 阿木川18
泳ぎも

 後半は堰堤より滝が多くトントン進むと終了地点の橋に到着。短い区間だけど水も綺麗で楽しい沢登り

20170903 阿木川19
修行

20170903 阿木川20
まだ泳ぐ?

 帰りは林道を歩いて途中神社に寄り道して下山となった。道すがら観音様など石仏が沢山あり信仰の歴史を感じる。

20170903 阿木川21
ここで遡行終了

20170903 阿木川22
風神神社

 今回は初級沢ということもあって、たろーさんがどんどん先に進んで行くので頑張ってついて行った。頑張った。

 ロープの結び方は勉強してまたやってみたいと思う。今度は確保している相手が落ちたらどうなるのか実験させてもらいたいなぁ。(もちろん安全な水のあるところで)。今後もご指導よろしくお願いします(^O^)

記たばっち
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR