木曽 樽ヶ沢 2017.07.09

20170709樽ヶ沢08
夏はシャワーで楽しもう



<メンバー>
こうじ、aya、めぐち、たろー

<コース>
林道ゲート(8:45)~樽ヶ沢橋・入渓(9:05)~樽ヶ沢~遡行終了Ca1080m(14:30)
~林道(15:40)~林道ゲート(17:20)




 当初鈴鹿界隈の沢の予定でしたが、梅雨明け前の雨天に見舞われそうだったので行き先変更し、天気良さげな長野の木曽川水系の樽ヶ沢へ(╹◡╹)

 今回のメンバーはたろーさん、ayaさん、めぐちさん、こうじの4人(^∇^)少人数制マンツーマン制!

 林道ゲートと前に駐車🚙 先客は釣り師2台で沢屋さんいない様子。釣り人から我々の行き先を詳しく聞かれました。興味を持って聞いているわけでなく釣り場を荒らされないか心配していたみたい。林道ゲートを越えてちょっと進んだところからの橋から入渓❗️

20170709樽ヶ沢01
ゲートを越えてスタート

20170709樽ヶ沢02
すぐに滝から始まる

20170709樽ヶ沢03
入渓~

 巨岩ゾーンでは助け合い練習。足がかりがないところで踏み台になったり、上の人がスリング垂らしたり、連携チームワーク技を堪能しながら登りました。(╹◡╹)

20170709樽ヶ沢04
沢は助け合い

 どこから登るのだろうか、という滝もたろーさんお手本を見せてくれる。滝の水流の中の隠れた足がかり手がかりがあったりして見つかると嬉しい。楽しげな滝がいくつも登場😄ロープも何度か出してもらい、滝のしぶきを浴びながらアドベンチャー、楽しすぎる‼︎

20170709樽ヶ沢05
水量多いか

20170709樽ヶ沢06
シャワー全開

20170709樽ヶ沢07
めぐちも突っ込む

20170709樽ヶ沢08
幅広20mは左から

20170709樽ヶ沢09
ナメ~

20170709樽ヶ沢10
どうやって登る?

20170709樽ヶ沢11
足はここでいいの?

20170709樽ヶ沢12
角度おかしくない?

20170709樽ヶ沢13
集合写真

20170709樽ヶ沢14
これは右から

20170709樽ヶ沢15
シャワー楽しい

20170709樽ヶ沢16
また滑~

20170709樽ヶ沢17
泳いで取りつくめぐち

 楽しい沢遡行のその後はザレ場の急傾斜を登って急林道へ合流。当初予定の岩倉川本流下降は時間の都合でカット。

20170709樽ヶ沢18
遡行終了

20170709樽ヶ沢19
ザレを登って

20170709樽ヶ沢20
林道到着

 日常生活は猛暑で汗だくの今日この頃、森林、こけ、谷筋のひんやりした空気、冷たい川の水、滝のマイナスイオンで癒され、ストレスや毒が抜けた感じ(╹◡╹)

 おいらは沢登り2年生、8回目の沢登りも大満足でした。だいぶんこなれてきたのでステップアップしたいなあ(^∇^)ロープワークとか、泊まり沢とか(休みが取れずハードル高いが)!!

記 こうじ
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR