比良 ヘク谷 沢登り

20170604ヘク谷05
シャワークライミング!!!



<メンバー> 
もっちゃん、めぐち、バルス、こうじ、たろー

<コース>
ヘク谷出合(8:30)~ヘク谷~小女郎ヶ池(15:50)~坂下集落(17:50)~ヘク谷出合(18:00)




 沢に挑戦したくて参加表明した一度目は、雨で残念ながら参加することが出来ませんでした。しかし、二度目の沢企画(初級)まで、たろーさんに色々とアドバイスを頂き、ハーネスからヘルメット、カラビナ等々最低限の沢準備完了…( *´艸`)

 山行前日は、ザックの防水に不安×②で3重にも防水し完璧(^_-)-☆と、思いきや当日朝の事・・・サーモスやら昼食を入れる前にパッキングしたら駄目な事に気が付いた|д゚)

 今回は5名の参加なので私の車の出番…荷物を乗せ換え、ヘク谷へ出発。初沢に向けて順調に事が運んでいるかと思いきや、道中に大事件勃発|д゚)

(山行とは無関係なので…詳細は伏せておきます)

つくづく、仲間って素晴らしいなぁと痛感( *´艸`)

 ヘク谷に着き、準備を行い山行開始。いつもながら二番手をトコトコ歩いて?飛んで?登って?岩場に足を取られバランスを崩しながら…滑りながら…必死にたろーさんを追いかけます。

20170604ヘク谷01
さあ、遡行開始

 沢がある所では何故か、沢に入らず濡れないように歩く鈴ハイメンバー。せっかく沢に来たのになぜ入らない?(。´・ω・)?
(たろーさん曰く、今はまだ寒いとの事ですが、歩いていると暑くって飛び込みたい気分です。)

20170604ヘク谷02
水に入ってなんぼだよねえ

 初級沢と言っていたヘク谷ですが、かなりの高さの滝が何度も何度も立ちはだかり、ロープを下して貰いよじ登り、ロープがなければ落ちていたな…体験もし、膝を使って注意され…けど、楽し過ぎです。

20170604ヘク谷03
滝登り、楽し~

20170604ヘク谷04
もっちゃんに続け

20170604ヘク谷05
これで初級?

20170604ヘク谷06
シャワー全開

20170604ヘク谷07
本日の核心部1

20170604ヘク谷08
もっちゃん、トップで

20170604ヘク谷09
確保ももっちゃん

 滝をよじ登れば水に浸かれて…ってめっちゃ冷たいし、寒すぎ…(たろーさんの言う通りでした( ゚Д゚))。沢は素直に沢を登るだけでなく、道なき道の急登をよじ登ったり、いきなりの懸垂下降など色んな体験が出来ました。

20170604ヘク谷10
核心部その2

20170604ヘク谷11
滝の左から

20170604ヘク谷12
めぐち初懸垂

20170604ヘク谷13
これは巻き

20170604ヘク谷14
無駄に泳ぐこうじさん

20170604ヘク谷15
うれしそうなバルス君

20170604ヘク谷16
巨岩帯を行く

 今回は、山頂は踏みませんでしたが綺麗なため池(小女郎ヶ池)が最終目的地だったので、皆で記念写真。

20170604ヘク谷17
ヤング?チーム

20170604ヘク谷18
沢ガール?

20170604ヘク谷19
全員で

 後は、下山ですが、7時間以上かけて登った山を1時間半で下山って早すぎでしょ( ゚Д゚)

20170604ヘク谷20
坂下集落に下山

 ずっと、後ろには誰かがいてくれる、そんな私のおもり山行だったのではないかと思いますが、企画して頂いたたろーさん、メンバーの皆さん本当にありがとうございました。もっと×②経験を積みたいなぁって思う山行でした。

 P.S:私の膝が大変な事になっていました(´◉◞౪◟◉)  →膝を使わない努力をします。

記 めぐち
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR