天狗谷からカニクチ谷 沢登り 2017.05.05

20170505天狗谷カニクチ谷09
ドボン・・・これもまた楽し



<メンバー>
たろー、ふみふみ、もっちゃん、つよっさん、aya、なお

<コース>
R422ゲート(8:45)~天狗谷入り口(9:20)~天狗谷遡行~県境稜線(14:00)~カニクチ谷下降点(14:30)
~カニクチ谷下降~R422カニクチ橋(17:45)~R422ゲート(18:10)




 天気予報が悪かったので、北アルプスのテント泊から急遽、日帰りの沢に変更になりました。行先は宇賀川水系の天狗谷~カニクチ谷の周回、旧R421にある雲向橋まで道路を歩きました。橋から谷を覗き込むと堰堤が、今回は、ここから入渓です☆

 堰堤を巻いて少し行くと直ぐにF1、水量も少ないようなので、直登に挑戦してみる事に!まず、たろーさんリード。途中、支点を取る為にハーケンをハンマーで岩に打ち込んでいました。ハーケンを打ち込んだ後に、軽く引っ張り(大丈夫かな~??)って感じで何度か首をかしげてる。・・(ドキドキ)

20170505天狗谷カニクチ谷01
天狗谷F1

20170505天狗谷カニクチ谷02
直登してみるが・・

 水飛沫を浴びながら登っていきます。すると・・「ボチャンッ!!」っと、滝つぼに何かが落ちる大きな音が滝の岩が一部、ゴソッと大きく外れて落ちて行ったらしい・・(; '∀')

 続いてなおさんが挑戦しますがなかなか難しそう。今回はF1の直登は諦めて右から巻くことになりました。

20170505天狗谷カニクチ谷03
難しい・・

20170505天狗谷カニクチ谷04
懸垂下降出谷へ復帰

 続いてF2は、つよっさんがリード。左側から登ります。順調に登って行ったけど、最後の最後でヒヤヒヤ場面も確保なしだから落ちたら大変です。下から見てる私まで力が入りました。

20170505天狗谷カニクチ谷05
天狗谷F2

20170505天狗谷カニクチ谷06
意外と難しい

 続くF3は傾斜が急な斜瀑。なおさんリードでスイスイ直登。続いて、もっちゃんが綺麗にへつってこれまた爽やかに登って行きました。

20170505天狗谷カニクチ谷07
久しぶりでもすいすいっと

20170505天狗谷カニクチ谷08
ビレイはもっちゃん

 さて・・次は私の番です。「寒いし、濡れたくないから滝つぼに絶対落ちないぞ~!!」って気合入れて踏み出した瞬間に速攻ドボン・・( ̄▽ ̄;)(笑)
 ジャブジャブ水の中を移動してなんとか頑張って登りました。

20170505天狗谷カニクチ谷09
ドボン

 ふみふみさんも、へつり失敗でドボン。(ドボン仲間が1人でもいてくれて良かった~(笑))

20170505天狗谷カニクチ谷10
ドボン

20170505天狗谷カニクチ谷11
成功してどや顔のつよっさん

 F4は白い花崗岩のスラブを流れる綺麗な斜瀑、ここは右から登って、途中で滝を左に渡っります。傾斜緩いから、パッと見簡単そうに見えるけどヌメヌメ滑るので気が抜けません。

20170505天狗谷カニクチ谷12
F4

 F4の上は開けた明るいゴーロが続きます。それにしても、凄い崩壊っぷり。雲間の滝の近くの尾根から稜線に出る為にひたすら上へ上へ、直ぐに稜線に出ると思ってたら、けっこうな急登が続くx2・・。木や根っこにつかまりながら必死に登って、やっと稜線に到着です。!

20170505天狗谷カニクチ谷13
ゴーロ

20170505天狗谷カニクチ谷14
雲間の滝?

20170505天狗谷カニクチ谷15
必死で登って

 下りのナビ役(先頭)は、もっちゃんです。ここからの降りは写真写す余裕が全くない程のかなりワイルドな道が続く続く・・

 「ロープ出す~??」のリーダーの問いかけに

 「大丈夫です」

 と、先頭を行くもっちゃんからの爽やか返答、それに続くメンバー

 ・・・・

 キワドイ道が続きます。

 ・・・・・・・
 ・・・・。

※キワド過ぎて写真がありません・・

 後々の会話で、たろーさんが今回の山行の最大の核心部はもっちゃんの「大丈夫」って言葉だな!って冗談話で盛り上がりました(笑)。

 途中、ロープワーク講習を盛り込みながら進みます。皆、真剣!!

20170505天狗谷カニクチ谷16
やっと一息

 懸垂下降&クライムダウンを繰り返しながら降ります。

20170505天狗谷カニクチ谷17
懸垂もっちゃん

20170505天狗谷カニクチ谷18
懸垂つよっさん

20170505天狗谷カニクチ谷19
懸垂ふみさん

20170505天狗谷カニクチ谷20
懸垂ayaちゃん

 楽しくて、あっという間に終わってしまいました。楽しい山歩きは、時間が経過するのが早いです。

20170505天狗谷カニクチ谷21
最後に思い出したように集合写真

 危ない場所では、常に気にしててくれるし、安全に行けるようにアドバイスしながら見守ってくれてるし皆の温かさを感じる事ができる山行でした。

 沢登りは本当面白い( *´艸`)!!

 これからも、安全に楽しく登れるように日々努力しようと思います☆

記 aya
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR