沢登り講座ステップ1 東多古知谷 2014.06.08
20140608東多古地谷07
百間滝下で



メンバー:なお、ふみふみ、シャモニー、やっさん、ジョコティン、ジョコ姉さん(体験)、たろー

コース :鈴鹿スカイライン(8:20)~東多古知谷~百間滝下(9:30)~百間滝上(10:40)
~表道(12:45)~御在所山頂公園・昼食(12:55~13:50)~表道~鈴鹿スカイライン(15:20)




こんにちは。
沢初心者のジョコティンです。
同じく沢初心者のお姉ちゃんを誘って、姉妹参加させてもらいました。

当初、初級向けの美渓の元越谷で実施される予定でしたが、諸事情により変更に変更を重ね、御在所の東古知谷というところに決定しました!

会のヘルメットとハーネスを借りたものを装着して、準備します。
知らなかったのですが、沢登りは身に付けているものがボロボロになりやすく、どうでもいい格好で挑んだほうがいいと聞きました。
たろーさんは、ホームセンターのカッパを着て沢登りをすることもあるそうです。

駐車地からすぐ近くの谷に入り、沢のプロたろーさんから、沢登りの注意点の説明を受けてスタートしました。

早速沢靴で水の中をチャボチャボ入ってみて、気持ち良かったです。

20140608東多古地谷01
入渓点で記念撮影、まだみんなの表情は明るい

今回のコースは、、、
私は怖かったです。

「シャワー・クライミング」という言葉の通り、滝のシャワーを浴びながら、クライミングしていく感じでした。

なおさんは、クライミングが得意で、滝の中の岩場をヒョイヒョイ登っている姿は後ろから見ていると、映画の主人公のようで格好良かったです(*´ω`*)

ふみふみさんもなおさんをお手本にして順調に登っていきます。

シャモニーさんは「怖い~」と言いながらも、着実に上に進んでいってました。涸沢で鍛えられたんだなぁと思いました!

やっさんは、苦戦している箇所もあったようですが、たろーさんのアドバイスを聞き、補助ロープに頼ることなく自力で登ってました。自分でルートを見つけるのも上手です。

20140608東多古地谷02
まずはこんなところから

20140608東多古地谷03
ちょっとしたゴルジュ

20140608東多古地谷04
カッコイイ~

20140608東多古地谷05
シャワークライミング

20140608東多古地谷06
ガンバルシャモニー

20140608東多古地谷07
百間滝下で

私は、
風折滝の時で懲りることなく、ほぼ引っ張り上げてもらい、たろーさんとなおさんのおかげでみんなと一緒に進んで行けました(^_^;)
自然の岩を登るってすごく難しいです。
これが登れるようになると、達成感を味わえてそれがまた楽しくなるそうです。
(2009年7月の山行記録で、ワタリさんが沢登りの苦戦した感想を書いておられますが、私も同じ感想です)

同じく初心者の姉も心配されていましたが、アドバイスを理解して順調に登っていき、沢の出来杉君でした。

少しでも危険なところはたろーさんが察知して補助してもらえました。
私にはハーネスが必需品です(´・ω・`;)

途中、渓流越しに鎌ケ岳を見ることができて、癒やされました。

20140608東多古地谷08
百間滝上から鎌ヶ岳

20140608東多古地谷09
後半戦スタート

20140608東多古地谷10
見た目ほど怖くないよ

20140608東多古地谷11
さあどんどん登ろう

20140608東多古地谷12
このトラバースがチョイ怖い

20140608東多古地谷13
姉妹で仲良く

いくつかの難所を越え、やっと頂上付近の登山道と合流。
沢のあとの登山道は、ほっとするのと同時に、足どりが少し重たく感じます。

頂上のベンチで沢装備を片付けて、お昼ごはんを食べました!
ふみふみさんとシャモニーさんから、オシャレで美味しい山ごはんの差し入れを頂き、幸せでした(-´∀`-)
自分ではこんなメニュー思いつかないので、山でこんな豪華なもの食べれて感激しました☆

20140608東多古地谷14
おしゃれな山ゴハン

食後、なおさんは夕方から用事があるそうで、「お先に失礼します!」と颯爽と立ち去られ、走って下山されました。
最初から最後までカッコいいなおさんでした☆
用事のある日なのに、みんな(私)のために参加して、たろーさんとの連携プレーでみんな(私)を助けてくれて、感謝感謝です。

下山は御在所の最短コースの表道から、たくさんのハイカーに混ざって下山しました。
登山道を降りていると、午前中は頑張って沢を登っていたなぁと懐かしくなりました。

20140608東多古地谷15
百間滝 表道から

無事に駐車地まで辿り着き、帰りは初のアクアイグニスのお風呂でさっぱりしました。

怖い思いもしましたが、お姉ちゃんと良い思い出もできて、楽しい1日になりました☆
自力で岩場を登れない私ですが、また沢に行ってみたいのでよろしくお願いします(*^_^*)


最後になりましたが、今回のコースを決定するにあたって、前日に違う沢に偵察しに行ってくれたたろーさんとなおさん。ヒルが多いそうで、今回のコースになりましたが、おかげで違う怖い思いはしなくてすみました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m☆

記 ジョコティン
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ