藤内沢 2017.02.12

20170212藤内沢06
今年も来ましたよ



<メンバー>
こうじ、ふみふみ、toriya、やっさん、もっちゃん、とー、たろー

<コースタイム>
スカイラインゲート(8:55)~裏道入り口(9:25)~藤内沢出合(10:55)~藤内沢
~山上公園(13:15~13:45)~中道~裏道分岐(15:00)~裏道(15:15)
~スカイライン(15:40)~スカイラインゲート(16:05)




 この日も豪雪の中の登山となりました。前日からの雪がまだちらほらするなか、車で鈴鹿スカイラインもゲートにまでたどり着けず、何とかゲートから数百メートル手前の路肩に止めて出発。

20170212藤内沢01
スカイラインゲート前もこの雪

 登山者は多く裏道は順調、但し、雪の積もった梯子の橋の通過はこわかった。藤内沢分岐でアイゼン、ハーネス、ヘルメット装着していよいよ藤内沢へ入る。

20170212藤内沢02
裏道もすごい雪

20170212藤内沢03
緊張・・

20170212藤内沢04
まるで豪雪地帯

20170212藤内沢05
藤内沢入り口

20170212藤内沢06
完全装備に

 谷はふかふかの雪のラッセル、雪ふかふかすぎてラッセルも楽しく、また急登もあまり恐怖感なく核心の蝙蝠滝も歩いて?通過。

20170212藤内沢08
藤内滝を巻く

20170212藤内沢07
埋まってる・・

20170212藤内沢09
急登ラッセル

20170212藤内沢10
氷瀑を見に寄り道

20170212藤内沢11
トレース辿りは楽ちん

 こんな藤内沢も第3ルンゼはいつものアイスのゲレンデ風景。お昼の時間は過ぎているが落ち着ける場所を求めて頂上広場の一角まで上がって昼食。

 ここでとーさんのテルモスの蓋が忽然と消え自宅の机の上に現れる。時空を操る超能力者のとーさん、物質瞬間移動(テレポーテーション)もマスターしていたようだ。これからテント泊装備のデポなどにその能力をいかんなく発揮してほしいものだ。

20170212藤内沢12
大賑わいの3ルンゼ

20170212藤内沢13
アイスクライマー

20170212藤内沢14
山上公園へ

 昼食後は中道に入って裏道へ一気に下山しました。一冬に一回は入りたい藤内沢、毎年企画を上げてくれるリーダーのたろーさん、一緒に歩いてくれたメンバーのみんな、どうもありがとう!

20170212藤内沢15
本谷を覗き込む

20170212藤内沢16
ロープウエイの下を潜って裏道へ

記 toriya
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR