本沢温泉から硫黄岳、天狗岳  2017.01.07-08

20170107八ヶ岳09
硫黄岳にて


<メンバー>
テント組 もっちゃん、ふみふみ、つよっさん、たろー
小屋組  えだこ、きよ、次郎

<コース>
1日目
稲子湯(8:05)~しらび小屋(9:45)~本沢温泉(11:20~12:30)~夏沢峠(13:30)
~硫黄岳(14:55)~夏沢峠(14:40)~本沢温泉(16:45)
2日目
本沢温泉(7:20)~夏沢峠(8:40)~根石岳(9:50)~東天狗岳(10:45)~中山峠(11:30)
~しらびそ小屋(12:45)~稲子湯(14:15)




<1日目>

【もっちゃん編】

 今回は小屋泊とテント泊に分かれての山行となり、私は人生初の雪山テント泊体験をしてきました。

 登り始めから雪が少なく、さくさく歩いてしらびそ小屋に到着。ここから見える雪をかぶった天狗岳が青い空に映え、とてもきれいでしばし見とれてしまいました。みどり池は凍っていて、ほんとは池の上を歩いてみたかったのですが、割れるかもと心配でできませんでした。

 しらびそ小屋のまわりにはリスがいます。数秒でしたが運よくかわいいリスさんを見ることができてラッキーでした。

20170107八ヶ岳01
雪少ない

20170107八ヶ岳02
.しらびそ小屋

20170107八ヶ岳03
リスがあっちに!

 本沢温泉まではほとんど標高を上げずにゆるゆるとしていて苦労なく行け、温泉だけの目的のハイカーが多いのも納得です。

 本日はここからが本番。雪山ではテントを設営する前に地面を整地するのですが、この日は雪が少なすぎて整地なしで、夏山のようにふつうにあっという間にテント設営できちゃいました。

20170107八ヶ岳04
すぐに張れちゃいました

20170107八ヶ岳05
とりあえず記念撮影

 一休憩したあと、硫黄岳に向けて出発です。夏沢峠でアイゼン、ピッケルに持ち替えました。ここから頂上までさえぎるものが何もなく、風がかなり通るのですが、この日は風も穏やかでとても登りやすく、天気もよく青空が広がっていたので、山頂では360°のパノラマを満喫しました。

20170107八ヶ岳06
硫黄岳へ

20170107八ヶ岳07
バックは天狗岳

20170107八ヶ岳08
赤岳、阿弥陀岳

20170107八ヶ岳09
硫黄岳頂上で記念撮影

 本沢温泉に戻る途中、行きに気になっていた「日本最高所野天風呂雲上の湯」をのぞきに行きました。ここは沢沿いに作られていて、登山道からのぞきこむと丸見えなのです。脱衣場も囲いもなく、さすがに明るい時間にはいるのは勇気がいります。しかも冬に真っ裸になるなんて… 足湯と手湯だけ楽しみました。暖かくなってからのお楽しみですね!

 20170107八ヶ岳10
雲上の湯

20170107八ヶ岳11
湯加減は?

20170107八ヶ岳12
足だけでも・・

 本沢温泉には、冬期限定の「石楠花風呂」があり、男女1時間交替制でした。冷えた体を芯から温め、1時間ゆっくり温泉を堪能しました。

20170107八ヶ岳13
こっちには入りました

 雪山テント泊では下からの底冷えを防止するため、通常マットを2枚使用するのですが、この日は1枚で寝ることができ、-25℃まで対応のシュラフがオーバースペックで、翌日テントはまったく結露していないし、雪山の感じはみじんもありませんでした(^^;)

【えだちゃん編】
 今年で3度目の冬山八ヶ岳。2年連続で、赤岳に行きましたが、今回は、本沢温泉を起点に硫黄岳と天狗岳を目指しました。

 今年、冬用シュラフを購入したこともあって、テント泊にしようかどうか、すごく迷ったあげくに、小屋泊を選びました。当日は暖かく天気も穏やかだったので、テント泊でもいけたかなと思ったけれど風邪をひいてしまった私にとっては、結果的には小屋泊のチョイスで良かったなぁと思いました。

20170107八ヶ岳14
本沢温泉、旅館みたい

 今年も、昨年と同様に雪が少なくわかんの必要性もなく、ふかふかの雪を楽しみにしていたのに実に残念でした。しかし、しらびそ小屋で、可愛らしいリスに出会えたことや、硫黄岳をバックにカチコチに凍った緑池に立って遊べたことなど楽しみもありました♪

 でも、一番の楽しみは本沢温泉!山で温泉に入れるなんて、至福のひとときです!ちょっと熱めのお湯だけど、冷えた体にはちょうどいい感じでした。露天にも入りたかったけれど、恥ずかしさもあり、次回に水着持参でまた来たいなぁと思います!

 本沢温泉の部屋は、すでに個室しかあいておらず、その個室もこたつ付きの部屋は先着にとられてました!アクセスも良い本沢温泉は、冬でも大人気みたいです。我等の泊まった部屋は、なんとも薄暗く、狭い部屋でした。しかし、ゆたんぽをもらえ、おふとんもたくさんあり、寒さを一切感じず快適に寝られたので贅沢は言えません(>_<)

 今回は、テント組と夕食を一緒にしたので小屋食がどうだったかは分かりませんが、とてもいい香りがしていました。次回はゆっくり温泉につかって、小屋食でも食べてみたいなぁとも思いました。2年連続泊まった赤岳展望荘も好きだけど、本沢温泉もいい感じです。やはり、冬は暖かい小屋がほっとします。本当に八ヶ岳は小屋が充実しているなぁとつくづく思いますね☆

 暖かい部屋で、小屋組メンバーでトランプをしました。ババ抜き、7並べ、ジジ抜き、大富豪とまぁ、消灯時間を過ぎてから、いろいろやって盛り上がりました。(いや、盛り上がってはないかな?(笑)単に負け続けた私が騒いでいただけかもしれないです…)

 トランプで負けた私が山行記を書くことになったわけで…本来なら鈴鹿ハイ、初めての高山雪山に参加したきよさんが、書くはずだったのに、調子にのった私が、「私がトランプで負けたら山行記、書いてあげてもいいよ!」なんて言っちゃったもんだから…

 あ~、本当にそんな事を言わなきゃ良かったよ!後で大変後悔しました…でも、楽しかったです!トランプつきあってくれた、小屋メンバーの皆様ありがとうございました。また、テントでもトランプ大会しましょう!!


<2日目>

【もっちゃん編】
 本沢温泉からは白砂新道で天狗岳に向かうのが一般的ですが、冬期は積雪で通行止めになっているので、夏沢峠から天狗岳に向かいました。

20170107八ヶ岳15
二日目、出発の朝

 天狗岳は雪が少なかったですが、さすが人気の山、山頂はにぎわっていました。この日は昨日と違い曇り空で眺望もあまりよくなかったので、西天狗岳には寄らずに下山。


20170107八ヶ岳16
雪少ない

20170107八ヶ岳17
天狗岳

20170107八ヶ岳18
背後に硫黄岳

20170107八ヶ岳19
東天狗で記念撮影

 中山峠からもトレースがしっかりありましたが、凍っているところも多くこわごわ。途中から雪がちらつき始め、天候が崩れる前に下山することができました。


 今回1番の目的だった冬山テント泊でしたが、予想外の暖かさで厳しい冬山泊を体験することができなかったのが残念でした。でも気持ちの良い温泉に癒され、次回野天風呂にはいる楽しみもできました。


【えだちゃん編】

 今回は、風邪をひいて体調も良くなかったので、硫黄岳も天狗岳もなんとか登れた感じでした。体調が良い時に、もっと雪が積もっているときにもう一度天狗岳はリベンジしたいです(今度は西も東も両方行きたいですね♪)

おわり
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR