初冬の綿向山~竜王山山行 2016.12.18

20161218綿向山01
綿向山山頂にて


メンバー:まる、こうじ、もっちゃん、シズ、つよっさん、さなっち(途中合流)

コース :御幸橋駐車場(8:10)~五合目小屋(9:20)
~綿向山(10:30)~竜王山(13.10)~御幸橋駐車場(14:10)


 初リーダーつよっさん企画の初級雪山“綿向山そうだ樹氷を見に行こうー”に参加してきました。
実は私、本日雪山デビュー!ワクワクドキドキです。

 雪山企画なのに、登山口は雪の気配ナシ。
 12月にしては暖かい朝、前日までの寒波の足跡を期待しつつ、8時に登山開始です。
 ルートは綿向山からの縦走して竜王山の6時間行程。

 まず目指すは綿向山山頂(1110m)。5合目まで休むことなくサクサク進みます。
 そろそろ雪も足元に現れ始めたので、5合目の赤い屋根の小屋で軽アイゼンを装着しました。

20161218綿向山02
五合目小屋の鐘

 夏ルートが閉鎖され冬ルートの方へ進むと7合目行者コバあたりで、あれ?前方から呼び声が・・・なんと個人山行中のサナッチ登場!! 
 サナッチチームも合流して進みます。辺りはすっかり雪景色。
 くるぶし位の積雪ですが、雪山っぽく?なってきたぞ。
 真っ白でふかふかな雪はテンションが上がります。

20161218綿向山03
サナッチ合流

20161218綿向山04

くるぶし位の積雪

20161218綿向山05
雪を楽しんでます

 そしてそして、ありました。見上げると、たくさんのブナの木々には風で吹き固まった雪が何層も重なりアートの様な樹氷に。
青い空に樹氷が一層引き立ちます。
 程なくして10時ごろ綿向山山頂に到着。快晴無風。
 標高1000メートル程ですが、鈴鹿の山々がよく見渡せます。

20161218綿向山06
綿向山山頂

20161218綿向山07
青空と樹氷

 お昼にはまだ早く、次のポイントの竜王山頂(826m)へ向け尾根ルートをすすみます。
 途中、幸せになる木?をくぐり抜け、かなりの斜度がある下りが長く続き、滑落多発の看板を横目に、泥と雪のドロドロの悪路を注意深くすすみます。
 雪山デビューにはイイ練習になるなぁ~。

20161218綿向山08
幸せを願いくぐります

 すぐ到着すると思った竜王山頂が案外遠く、すでに日当たりのよい斜面側の積雪はなく、落ち葉の中を進みます。
 途中の鉄塔下の見晴らしのよい高台で昼食。まるちゃんからの中華風スイーツドリンクの差し入れで温まった後、しばらく歩き竜王山頂に到着しました。

20161218綿向山09
竜王山山頂

 そこそこの展望を楽しみ、1時間ほどで下山して14時過ぎに駐車場へ到着しました。
 今日の雪山山行、快晴無風で言うことなし、素敵な雪山デビューになってよかったな。
 つよっさんリーダーありがとうございました。
(*'▽'*)
記)シズ
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ