藤内沢、氷瀑探訪と氷雪訓練 2017.2.4

20170204藤内沢08_420
魅惑の?氷壁めぐりツアー



メンバー:ita、えだこ、たばっち、体験ayaさん

コース:スカイラインゲート7:00~8:10藤内小屋8:30~9:00藤内沢~9:30一ルンゼ中又の滝11:20~11:40マイナスの滝~12:20奥又の滝~15:00三ルンゼ~16:20藤内小屋~17:40ゲート前


<ルート図>
20170204藤内沢21_420


 昨年暮れから予定するも、暖冬の為伸び伸びになっていた、藤内沢での雪訓。
 年明けたら今度は大雪!でなかなか近づけない日が続いてモヤモヤ。
 2月に入りようやく実現する事が出来ました。

 先週程ではないですが、かなりの積雪の中、藤内小屋へ。快晴で青空がキレイ。

20170204藤内沢01_420
朝日を浴びて

 しかし陽が射すのはウサギの耳までで、藤内沢に入ると、寒風と深雪、氷の障壁に囲まれたアイスワールドが広がります。

20170204藤内沢02_420
激斜面の登り

 最初に右岸、1ルンゼの雪壁を駆け上がる。中又まで雪が繋がってるとの情報はガセで、1壁側にルートを取る。一壁基部を回りこみ、中又に出ると、ドドーン!と中又120mの氷瀑が現れる。中間部に知り合いのパーティ4人が奮闘中。

20170204藤内沢03_420
中又の氷壁

 応援のエールしつつ、アイスギア落し物3品、目ざといえだちゃんが全て回収する。
(探し物あったらこれからお願いします!)

 我々も隣の15m程の氷と岩のmixルートにロープ張る。セットしてる間、たばっちとえだちゃんはツエルト内で井戸端会議?

20170204藤内沢04_420
氷岩mixルートの登攀

 時々、大滝、遙か上部からガーンバラバラと落氷にさらされる為、油断ならない。
 エキサイティングな環境の中、要点をレクチャーし順番に登攀。リーシュの長さ、手首の返し、体の引付、アイゼン前爪4本の蹴り込み等、雪では誤魔化せた事も、氷ではしくじると直ぐに落ちる事を体感してもらいました。

20170204藤内沢05_420
どう差すんだっけ?

20170204藤内沢06_420
アイスドール!

 3人登り終えた頃には体も冷え切り、トレースの無い雪原をラッセルしながら藤内滝上部に進路を取る。

20170204藤内沢07_420
下りもコンテで

 40度近い斜面は新雪といえど、落ちると止まらない。ロープでコンティニアンス(アンザイレンして)して後方より確保しながら降りる。
 他にアシスト者が居ないのでえだちゃんに先頭頼み、落ちた時の事を考慮したルート取り、(立木の上部を巻いて通過)を指示。的確なルートを取るも時々スリップ。
 ロープの有難味を感じてもらえたかな?

 山カンルートなれど、ドンピシャに藤内滝上部に降り立ち、次のマイナス滝を目指す。
 踏み跡を再び右岸に逸れ、一段上がった所がマイナス滝20m。見栄えはしないが、途中ネジレていて、クライマー泣かせの滝だ。

20170204藤内沢08_420
マイナスの滝

20170204藤内沢09_420
雪壁慣れて笑顔も・・・

 この滝の左岸雪壁を這い上がり、ぶち当たった岩壁を左にトラバースすると忽然と奥又大滝50mのが出現する。ここもクライマーが何人か、ツララの間に挟まっています。

20170204藤内沢10_420
高度感満点の奥又の氷壁

20170204藤内沢11_420
のどかな2人

 苦しんでるクライマーをバックに各自にこやかに記念撮影。ここまで登ると下界の街並みも遥か眼下となり、自分たちもアルパインクライミングしてる気分になれる。

20170204藤内沢12_420
何思う?

 そのまま、大滝上のバンドを横断して、100m以上続く氷のナメ滝をカモシカルンゼに抜けたかったのですが、先客ガイドバーティもおり、今回は断念。
 久しぶりに隣上の沢、シークレットβルンゼに入る事にする。

20170204藤内沢13_420
βルンゼ

 雪に埋まる事も無く、垂直からナメ滝まで小粒ながら色々選べる初心者向きのエリア。
 今回も貸切なので、ここは一発、全員で20mナメ滝を上り詰める事とする。

 私がリードした後は、残った3人で確実なロープ処理をしてもらい、登るしかないので綿密に打合せ。
 アイススクリューというボルトで支点を取りながらitaリード。2番手は器用なえだちゃんにボルト回収してもらいながら。バイル渡すの忘れて、アッパレ自分のピッケル1本で登ってくる。

20170204藤内沢14_420
えだちゃんピッケル1本でトライ

20170204藤内沢17_420
支点にするアイススクリュー

 3番手は疲れ気味ながらも上手にバイルを振るうたばっち。途中落ちながらも辛抱強く登ってくれた。

20170204藤内沢15_420
Wアックス楽しい!たばっち

 ラストは体験ayaさん。クライミング経験者ということで、ビレイとしんがりを頼み、私が落とした大福まで口に咥えて登ってくれました。スミマセン・・・。

20170204藤内沢16_420
体験ayaさんはおみやげ咥えて・・・

 全員揃ったところでルート会議。普通は尾根を左に逃げてカモシカルンゼの雪壁150mを駆け上がり中道に抜けるのだが、ノントレースでかなり厳しそう。
 えだちゃんが反対の右方向にルートらしき跡が有るとの事で行きたがってる。

 今日のえだちゃんは(私との山行はいつもだけど)猟犬のごとく勘が冴えわたってるので、あわよくば3ルンゼに抜けれるかも・・・と斜面をトラバース始める。
 方角だけを頼りにトラバースし続けると、下部より藤内沢がせり上がってきて、人の歓声が聞こえたと同時に3ルンゼに到着。えだちゃんありがとう!

 折角なので、今日の復習とばかり、ロープ張って再度講習。コツ掴めたかな?
 ロープウェイの終電が近づいて他のパーティは次々撤収してる。
 裏道だと更に2時間以上かかりそうなので、訓練兼ねて藤内沢の雪壁を下る事に。

 元気なえだちゃんは付いてくる(時々スリップするが・・)が、残りの2人はへっぴり腰。
 おいおい、日が暮れちゃうよと、足の使い方レクチャー。
 一旦コツを覚えると早い早い!ワザと新雪を選び、各自思い思いのルートで走るように降りてくる。

20170204藤内沢18_420
雪壁下山も慣れたもの♪

20170204藤内沢19_420
えだちゃんの華麗な?滑落

藤内滝で緩んだ手綱を引き締め、ロープ伝って難所終了。

20170204藤内沢20_420
お疲れ様でした

 小屋まであっという間。遅い昼食を各自取りながら、本日初の休憩タイム。何だかんだで長い行動時間となりましたが、皆さん集中力切らさず行動してもらえ感謝です。小屋に泊まる人達を恨めしく眺めながら、黄昏の裏道、帰途に付きました。

記:ita
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR