涸沢から北穂高岳 2日目 2014.05.04
20140503涸沢29
全員で北穂高岳



メンバー:ふみふみ、やっさん、シャモニー、にょろ、なお、たろー

コース :涸沢(6:00)~北穂高岳(9:15)~北穂小屋~北穂高岳(9:40)
    ~涸沢・昼食(11:40~13:30)~本谷橋(14:40)~横尾(15:50)~徳沢(16:30)

1日目に戻る




 前夜、本当にこれで5人寝られるのか?と少し騒動になったが、ちゃんと配置すれば十分問題無い事が分かった。一つのテントに5人の人間がいればそれだけで暖かく、快適な夜を過ごす事ができた。

 朝は明るくなるのを待ってゴソゴソと動き出す。行動食をお腹に詰め込み、テルモスにお湯を詰めていざ出発。すでにたくさんのパーティーが出発していて北穂沢には蟻のように行列が出来ている。

20140503涸沢17
モルゲンロート

20140503涸沢18
北穂沢

 涸沢小屋の手前で山岳警備隊の装備チェック。ヘルメットを被るように指導されるが今日は持ってきていないので仕方が無い。次回からは持参するようにしよう。

20140503涸沢19
涸沢小屋前で検問

 最初は気温が低いのでアイゼンもよく利き、たくさんの人が歩いた後はまるで階段のようだ。気持ちよく高度を稼ぐ・・といきたいが、あまりにもたくさんの人なので、行列を一歩一歩進んでいくような感じ。まあ、早くも息が上がっているメンバーもいるので最後尾でのんびり登る事にする。振り返るとテン場がとても小さくなり、前穂のギザギザ尾根の向こうには富士山が見える。

20140503涸沢20
行列のできる山

20140503涸沢21
前穂高と吊り尾根

20140503涸沢22
奥穂高とザイテングラート

20140503涸沢23
スゴイ急斜面

20140503涸沢24
前穂高とギザギザの尾根

 そのうち直射日光に炙られるようになると暑くてたまらない。水分はテルモスのお湯だけにしたのをちょっと後悔。急斜面とそれを登る登山者の行列はいつ果てるともなく続き、いい加減うんざりしてきた。

 予想通りシャモニーさんがばててきたので昨日と同じく、励ましたり、なだめたり、脅かしたりしながら少しずつ登って行く。他のメンバーは遥か上を歩いている。

20140503涸沢25
いつまで続くの・・・

 気がつけば東稜を登っているクライマーが眼下にいる。ずいぶんと下山の人とすれ違うようになったなと思ったら頂上直下の鞍部に出た。もうすっかりバテバテのシャモニーさんはここで待っていると言いだした。頂上はすぐそこだと言っても信用してもらえない。ほんとのほんとに其処が頂上だと言って斜面を上がるとそこには素晴らしい景色が広がっていた。シャモニーさん、本当に良く頑張りました。

20140503涸沢26
東稜を登るクライマー

20140503涸沢27
北穂高から槍ヶ岳

 反対側の斜面に付けられた雪の階段を降りると北穂高小屋。先着しているメンバーと合流し、しばしの休憩。目の前に広がる絶景を眺めながら至福の一時を過ごす。

20140503涸沢28
北穂小屋

20140503涸沢29
北穂頂上

 登るのに少々時間がかかったので早々に下山にかかる。怖いくらいの急斜面をステップを崩さないように慎重に下って行く。気温が上がり、雪がグサグサになってくる更に不安定になる。すっかり腰が引けてしまったシャモニーさんをふみふみさんと二人でサポートしながら何とか涸沢まで下ろす。ふ~疲れた。見上げるとザイテングラートや北穂沢はまだ蟻の行列のように人の姿が見える。

20140503涸沢30
さあ、下山

20140503涸沢31
怖い位の急斜面

20140503涸沢32
まだまだ登ってくる

20140503涸沢34
まだ沢山の人が歩いている

 テントに戻って昼食にする。昼食はまたもやシャモニーシェフ特製の煮込みハンバーグ。冷えた体にアツアツのハンバーグがしみわたる。シェフ、またしてもありがとう!

20140503涸沢33
煮込みハンバーグ

 テントを撤収し、涸沢を後にする。見上げると太陽に傘がかかっており、天気は確実に下り坂のようだ。雪の下りは快調で登りの約半分の時間で横尾まで。最初はここで泊まろうかと思ったが、明日はどうやら朝から雨っぽいので頑張って徳沢まで歩く事に。

20140503涸沢35
さらば涸沢

20140503涸沢36
下りは楽ちん

20140503涸沢37
傘がかかっている

20140503涸沢38
横尾

 徳沢は芝生の広がる優しいキャンプ地。ここはもう寒く無いのでシートを広げて野外で夕食。今日の夕食はジャーマンポテトにパスタ(これも超豪華)。少しのアルコールも手伝って、またまた楽しい夜が更けて行く。皆さん本当に良く頑張りました。

20140503涸沢39
徳沢

20140503涸沢40
今日も豪華メニュー

たろー 記

3日目に続く
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ