中央アルプス 中御所谷(中退) 2016.09.03 
20160903中御所谷21
緊張が続きましたが頑張りました!



メンバー:次郎、なお、たばっち、えだこ、やっさん、たろー
コース :しらび平駅(7:35)~日暮の滝(7:55)~宝剣滝下(10:25)~CS7m(12:20)
     ~Ca2700m(13:40)~旧中御所道(14:10)~しらび平駅(15:40)




 今回の沢は中級ということで、最近 しびれるような沢登りに参加していなかった私は、不安がある状態での参加となりました。ただ、あまり表に出すと周りに伝染するとまずいと思い緊張を隠しながら参加しました。

20160903中御所谷01
しらび平駅、ここからスタート

 最初の滝は、いきなり首が痛くなるほど見上げる高さと急斜面。「登れるかな」と思いながらも、リードのなおさんや次郎さん、たろーさんのルーファイを確認します。でも、同じく見つめる2人(たばっち、えだちゃん)は、もっと険しい表情をしています。どうやら同じ心境のようだ、と思うとなぜか安心しました(^_^;)

20160903中御所谷02
最初の難関、日暮しの滝

20160903中御所谷03
リードのなおちゃん

20160903中御所谷04
セカンド次郎さん

 最初の核心部はロープで固定されていたこともあり、何とか登ることができました。その後も高巻き、懸垂下降、そして滝登りと進んでいくと、なぜか最初程の緊張感は薄れていきました。「少し慣れたかな?」と思いながらも、2つ目の核心部に到着です。

20160903中御所谷05
懸垂下降

20160903中御所谷06
遡行再開

20160903中御所谷07
ナメー

20160903中御所谷08
宝剣滝

20160903中御所谷09
なかなかの高度感

20160903中御所谷10
フリクションを頼りに

20160903中御所谷11
これは簡単

20160903中御所谷12
まだあるの?

20160903中御所谷13
ヌメヌメに気をつけて

20160903中御所谷14
緊張のあまりお昼寝

 ここは、滝の右側を登った後にそのままトラバースするルート。急斜面のトラバースなのでまたもや緊張します。ここは次郎さんがリードで登り、ロープを出してくれます。このロープが安心をもたらしてくれ、安全に登れます。

20160903中御所谷15
第2の核心

20160903中御所谷16
CS7m滝

20160903中御所谷17
登った後にトラバース

 その後、傾斜の緩い滝を登ろうとした時、足のフリクションが利きかず滑ります。焦って手足を素早く動かし、繋いでいたロープに若干テンションが掛かる程度に下に滑るも、何とか踏ん張り滑り落ちることは回避できました。(今回は新品の沢靴だったのでフリクションが利きにくかったのかな?^_^;)

20160903中御所谷18
まだまだ滝が

20160903中御所谷19
滝ばっかり

 ヒヤッとする場面もありましたが、今回の主な滝の登りは終了です。と同時に予め決めていた時刻となったので、ここでタイムアウトです。 目的地まで行くことはできませんでしたが、ハラハラ、ドキドキでこれはこれで楽しかったです^^

20160903中御所谷20
もうお腹いっぱい

20160903中御所谷21
今日はここで時間切れ

 下山は登山道を探すのに一苦労しましたが、誰も歩いていない登山道を皆で探りながら下ります。下山途中で次郎さんが蜂に刺されるハプニングはありましたが、ポイズンリムーバで毒&針抜きをし、虫さされの薬を塗って処置完了です。 沢登りは滝登りや落石だけでなく、虫にも注意が必要です(-_-;)

20160903中御所谷22
登山道目指して

20160903中御所谷23
中御所道

20160903中御所谷24
まだまだ立派に歩けます

 今回の沢登りも安全・安心に配慮して頂き、ありがとうございました。

記).やっさん
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ