立山弾丸日帰りツアー 2016.10.10
20161010立山弾丸07
24時間耐久?弾丸ツアー☆



メンバー:ちっぷる、ゴッチ、たばっち
コース:室堂(08:30)・・・一ノ超(09:30)・・・御山(10:30)・・・大汝山(11:20)・・・
富士ノ折立(12:15)・・・雷鳥沢キャンプ場(14:30)・・・みくりが池温泉(15:00)・・・室堂(16:00)



 お盆を最後にスッキリしない天気が続く2016年の夏。アルプスシーズンラストチャンスの三連休もまた雨で遠征中止になってしまいました。
 この夏私は結局3000メートル峰に登っていない。このまま冬を迎えるわけにはいきません>_<

 三連休の内の唯一の晴れ予報の月曜日に望みを託します。たばっち脳内コンピュータをフル回転させて天気予報、一緒に行ってくれそうなメンバー、行きたそうな場所を組み合わせて、関係各所に交渉を重ね、ゴッチとちっぷるちゃんが一緒に行ってくれることになりました。

 夜中の1時半に家を出発、2人と合流して東海北陸道をひたすら走り立山駅へ。駐車場に着いた時には曇り空。ガスガスです。あれ~?晴れるとふんで来たんだけどなぁ??少しテンションダウンで、濡れるといけないので一眼は置いてくことにしました。
 紅葉時期のアルペンルートの混み具合はいかほどかと心配していましたが、増便がどんどん出ていてそれほど待つことなくケーブルカー、バスに乗ることができました。
 車中では外がガスっている為、景色も見ずにひたすら睡眠を確保です。「紅葉が素晴らしいところだから」と、ちっぷるちゃんを騙して連れてきてしまったのでかえってガスっていて良かったかも。ネットで見た素晴らしい紅葉の写真は一週間前のものだったので、もう盛りはすぎてるはず…。これはもうピークハントに的を絞って頑張るしかありません!

 室堂に着いたらゴッチ先輩の提案で高度順応の時間を設け、30分間停滞することにしました。いつもみんなのペースに着いて行けず途中でバテてしまうので、今回は初めから高山病対策。ゆっくりさせてもらいます。
 歩き始めもゆっくり。途中の山小屋を見学しながら歩いているとガスが晴れてきました。想定通り!途中水たまりが凍っているところがあり、改めて立山の標高の高さを思い知ります。
 スタート地点から2430なので、焼岳の山頂と同じくらい…そう、今回の山行の目的は、高いところで正常に歩けるのかどうかを確かめることでもあるのです。
 立山三山の最高峰である大汝山は3015なので500ちょっと登るだけ。たった500。御在所中道と同じくらいです。登れる登れる!(自己暗示)

20161010立山弾丸01
さあゆっくり出発

20161010立山弾丸02
凍ってる~

20161010立山弾丸03
一の越山荘が見えたよ

20161010立山弾丸04
あ!あのシルエットは!!?

 ちょこっと登ったところで一の越山荘で一休み。ライチョウの缶バッジを購入してしばしマッタリした後、再び登り始めます。ここからは少し急登になりますが、人気コースなので辺りには同じくらいのペースで登る人たちがいて、ガレ場の登り道を抜きつ抜かれつ。 私は遅いので後ろの二人は物足りないのではないかと思うけど、バテてはいけないのでゆっくりゆっくり。
 頑張って歩き続けたら何とかなるものですね。。最初のピーク、雄山に辿りつきました。風が強いので、神社の建物の横で少し休憩してから祠が祀ってあるところを見学に行きます。祠はよくテレビでも出てくるところですが、頑丈な石積みで固められていて、よく作ったなあ。昔の人は凄いなぁと思います。夏山シーズン中にきたら御朱印をもらえたのだろうけど、今回は神社がしまっているので残念。

20161010立山弾丸05
一歩ずつ、ゆっくりゆっくり・・・

20161010立山弾丸06
着いた(^^♪

20161010立山弾丸07
イエーイ☆

20161010立山弾丸08
記念撮影は風をよけて(ヤンキー?)

 次の目的地は大汝山。少しのアップダウンはあるけど標高差も少なく快適な尾根歩きです。よく見たら左に室堂を一望、右手には黒部湖が見られる絶景尾根です。もう高山病の心配は大丈夫そう(^^)♪凄い景色~、何でこんな良いとこみんな来なかったんだろね~と3人で盛り上がります。(遠いから)

20161010立山弾丸09
黒江湖をバックに記念撮影

20161010立山弾丸10
絵になる女?

 大汝山でお昼を食べますが、寒いー!!!小屋の横の風をしのげる場所で休憩しましたが、食べてるカップラーメンが、カップから口に入るまでのわずかな間に冷たい風に吹かれて冷麺に早変わりです。急いで食べて次のピーク、富士ノ折立を目指します。「雄山」「大汝山」ときて、次は「富士ノ折立」。山でも岳でもないのは何故かしら?

20161010立山弾丸11
ゴッチの愛する室堂一望

20161010立山弾丸12
折立入りま~す!!

20161010立山弾丸13
ホントよう見えるわぁ

 富士の折立では室堂を見下ろしながら絶景記念撮影。どこを撮っても絵になります。ゴッチは来年のスライドショーの絵になる男を狙っているようです。
 真砂岳との分岐を左に進むと少し急ね下り坂。この辺りから私の鼻水が止まらなくなってきたので頻繁に鼻拭き休憩(10秒程)を織り交ぜつつ下って行くと、賽の河原に到着。ここがまた素晴らしい草紅葉!!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

20161010立山弾丸14
ウキウキちっぷる

20161010立山弾丸15
賽の河原で振り返ってみる

20161010立山弾丸16
山と渓谷10月号?

20161010立山弾丸17
初めてのアルプス特集??

 紅葉というのは紅葉とかイチョウとか、葉っぱが綺麗なものだと思っていましたが、草がカラフルなのがこんなに美しいとはびっくりです。撮る写真すべてヤマケイから切り取ったかのような壮大な絶景!カメラを置いて来たことを激しく後悔します。
 室堂、なんて良いところなの~♪なんでみんな来なかったんだろね~(2回目)
 雷鳥沢を越えてみくりが池温泉に着く頃にはガスがかかってきて、ちょうど良い時に帰って来れました。本当は温泉に入りたかったけど、帰りの時間が遅くなるので早めにバスターミナルへ。温泉はまた次に来るときにとっておこう!

20161010立山弾丸18
はー(*^^*)ええとこやった♪

20161010立山弾丸19
ガスがかかってきた

20161010立山弾丸20
みくりが池

 室堂からバス、ケーブルカーを乗り継いで立山駅へ戻り、速攻高速に乗り、三重県へ向けて4時間半。家に着いたのは12時少し前で何とか24時間以内に帰ってくることができました(^_^;)
 弾丸ツアーにお付き合い頂いたゴッチ、ちっぷるちゃん、ありがとうございました。また行きたいね~、今度は泊まりで(^^)☆

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ