沢合宿パート2 台高 白倉又谷 2016.07.17

20160717白倉又谷16
これぞ秘境!ゴールの大滝



メンバー:えだこ、もっちゃん、CUB、なお、たばっち、たろー
コース :筏場P(8:50)~馬の鞍谷出合~30m滝(15:00)~林道~筏場P(16:40)


 沢合宿二日目は昨年えだちゃんの負傷事故で敗退した白倉又谷。事故現場の再検証を踏まえ6人で再トライしてみる。

 筏場から林道を歩き、林道終点から入渓。いきなりのゴルジュで少し緊張する。最初の難所のリッジではロープを出してしっかり確保しながら登る。前回同様小難しかった。

20160717白倉又谷01
入渓ポイント

20160717白倉又谷02
いきなり腰まで入る

20160717白倉又谷03
このリッジが小難しい

 その後、滝壺を泳いで越え、前回のルート取りを忠実にトレースしていく。二つ目の難所はリッジ上になった滝の淵を歩いていく所。左に落ちればドボンで済むが、右へ落ちれば滝の下に。ここもしっかりロープを出す。えだちゃんが少し軽率な歩きをしたので叱る。

20160717白倉又谷04
滝壺を泳いで右側へ上陸

20160717白倉又谷05
ロープでフォロー

20160717白倉又谷06
ゴルジュが続く

20160717白倉又谷07
落ちたらこっちへ

20160717白倉又谷08
慎重に滝の淵を渡る

20160717白倉又谷09
リッジを登って巻く

 ゴルジュを巻き、側壁をトラバースすると去年の事故現場に到着。みんな事故の状況を説明する。えだちゃんの足に乗っかった岩はまだ現場に残っていた。(本当に骨が折れてなくて良かった)

20160717白倉又谷10
トラバース

20160717白倉又谷11
事故状況説明(足元が問題の岩)

20160717白倉又谷12
脱出

 この後は前回撤退して見られなかった箇所、飯場跡を超え湧き水の滝を過ぎると馬の鞍谷出合の滝。初めて来た時は登ったけど、今回は大事をとって巻く。滝の上には更に大きな圧巻の30m滝でゴール。あとは昨年はえだちゃんを背負って歩いた道を歩いて林道に戻る。

20160717白倉又谷13
湧き水の滝

20160717白倉又谷14
どんどん遡る

20160717白倉又谷15
集合写真

20160717白倉又谷16
ゴールの大滝

20160717白倉又谷17
すごい迫力

20160717白倉又谷18
みんな泳ぐ

 白倉又谷はゴルジュが続く厳しい谷でしっかりと技術的なポイントを確認しながら遡行出来たのは良かった。しっかりと意識をもって正しく技術を使えば危険はかなり減らせるという事が判って貰えたならこの合宿は成功だったかもしれない。参加の皆さんありがとうございました。

たろー
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR