国見岳から御在所、鎌ヶ岳 2014.04.27

20140427御在所鎌06
石門の上で記念撮影



メンバー
 テントから引き続き組:やっさん、たけやん、たろー
 日帰り組      :ふみふみ、てる、ガビ、シャモニー、キャシー

コース(日帰り組)
 朝明P(7:10)~ブナ清水分岐・合流(8:10)~ブナ清水(8:55)~キノコ岩(9:45)
 ~国見岳(10:25)~石門(10:30)~御在所スキー場ゲレンデ・昼食(11:10~12:45)
 ~御在所(12:55)~武平峠(13:40)~鎌ヶ岳(14:45)~長石尾根~三つ口谷
 ~旧料金所跡P(17:00)




 二日目の朝にテント泊組に合流したのは、ふみふみさん、てるちゃん、ガビ、シャモニー、キャシーの鈴ハイ美人ビッグ・ファイブ(痛い)!約束の合流時間にほぼ間に合いました!

 ここで前日から参加していたなおちゃんは用事があるそうで下山し、八人に。
 しかし御在所岳と鎌ヶ岳の二つの山を上り下りするだけと思っていたところ、実はその前に国見岳もあると知り、心が折れそうになりました。

 前日のテント泊組は重い荷物を背負っての登山ですが、日帰り組は荷物が軽いのが救いです。

 ブナ清水から国見岳を目指しましたが、きのこ岩や石門など、この辺りは巨石奇岩が多くて面白いです。

 きのこ岩は傘の一部が崩れ落ちていました。いつまでもあると思うな親ときのこ岩、ってこと? 

 天気が良かったせいか、石門は記念撮影で順番待ち状態でした。もちろん私たちも石門の上に登って記念撮影しました。

20140427御在所鎌01
まずはブナ清水で休憩

20140427御在所鎌02
尾根に上がるとキャンプ場が小さく見える

20140427御在所鎌03
稜線のアカヤシオはまだ蕾

20140427御在所鎌04
キノコ岩

20140427御在所鎌06
石門、記念撮影も順番待ち


 国見岳から御在所岳を目指す道すがら、イワカガミ、バイカオウレンなど春らしく様々な花が咲いていましたが、個人的に春リンドウが可愛くてお気に入りです。紫と青の中間くらいの色合いで、背丈が10センチもないぐらいの花です。

アカヤシオは残念ながらもう少し後が見ごろのようで、蕾が多かったです。

20140427御在所鎌07
国見岳から御在所見る


 御在所岳に到着するとロープウェーがあるおかげで山頂は人であふれかえっていました。

 ここでシャモニーシェフ特製のフレンチトーストをメインにしたカフェ風ランチを食べましたが、チョーうまい!!

 前日にガビ宅にて夜仕込みをしたのですが、わたくしキャシーも皿洗い、布団の整理をして貢献しました。
え、皿洗い等はランチの味に関係ない?

20140427御在所鎌08
御在所のスキー場

20140427御在所鎌09
シャモニーシェフのフレンチトースト

20140427御在所鎌10
ちょっと斜めだけどいいランチ場です

20140427御在所鎌11
山でこんなのが食べられるなんて!


 ガッツリ食べた後、いよいよ最後の鎌ヶ岳を目指して歩き出しましたが、たけやんさんが足の不調で車へ引き返すことに。
 この時、ガビとわたくしキャシーが「私も一緒に棄権・・・」と申し出ようとしたところ、鬼軍曹・・・間違えた、たろーリーダーに「あかん!」と却下され、鎌の頂上を目指しました。

20140427御在所鎌12
御在所の三角点を経由して

20140427御在所鎌13
鎌ヶ岳を目指す

20140427御在所鎌14
アカヤシオが美しい

 武平峠という、わたしにとっては初のルートで鎌の頂上に向かいましたが、だんだんとアカヤシオが満開状態に。
国見岳や御在所岳と違って、鎌ヶ岳は今が見頃だったのです。ピンクの半纏をまとっているようで可愛い!

 たろーリーダーに「急な坂道と穏やかな坂道どちらがいい?」と聞かれ、急な坂道のほうが最短ルートで頂上に着けるだろうと安易に選んだのですが、まさかの超急登!下手したら死ぬ、と思いました。

 岩場にヤモリのように無様に這いつくばり、鎖にしがみつきながらなんとか頂上に。アカヤシオに彩られた景色は本当に綺麗でした! 鎌に来て良かった! たろーリーダー、叱咤激励してくれて感謝です!

20140427御在所鎌15
荒々しい山肌とアカヤシオ

20140427御在所鎌16
今年のアカヤシオは本当にきれいだ

20140427御在所鎌18
鈴ハイ美人ビックファイブ

20140427御在所鎌19
ガンバレガビちゃん

20140427御在所鎌20
鎌ヶ岳山頂


 ところで、帰途にわたくし生まれて初めてクライマーズ・ハイになりました。登山終盤なんていつもは生ける屍状態になっているのに、体が軽い軽い。駐車場についた後も、疲労感がまったくなく、今からジョギングできる!と思いました。
もちろんエンドルフィンがドバドバ出ていたせいなので、翌日しっかり筋肉痛になりましたが。

楽しい山行に参加できて良かったです!
皆さま、またよろしくお願いいたします。

記 キャシー
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR