四阿山&荒船山 2016.05.21~22


メンバー:toriya、ジョコティン、次郎、なお、ちゅう太

【1日目:四阿山】

20160521四阿山15
四阿山山頂にて

コース: 09:00菅平牧場P ~ 11:00根小岳 ~ 鞍部・昼食(12:00~12:30) ~
      四阿山山頂(13:30~14:15) ~ 16:30菅平牧場P



 toriyaさん企画の軽井沢泊山行に初参加させていただきました。独特の地形でいつもとは違う景色も見られるとの事で楽しみにしていました。
朝3時半に桑名を出発し、toriyaさんの計画書通り、次郎さんが長野まで爆走してくれました。山行地近くの駅で東京からやって来てくれたちゅう太さんと合流し、登山口まで向かいます。
登山口は高原、牧場、白樺の木という景色で、別世界でした。

20160521四阿山01


20160521四阿山02
牧場の風景

 今日は根子岳(ねこだけ)と四阿山を(あずまやさん)を巡るコースを歩きます。事前に四阿山の5月の気候について調べたところによると、ニット帽必須で、ハーフパンツは×バツと書いてあったので、3月の鈴鹿を歩けるような服装で挑みました。

 が、実際の気候は5月の伊吹山のような感じでした。。。
被ってきたものは仕方ないので、涼しそうなメンバーと歩き出したけど、時間経過と共に私の服装は崩れていきます。
服装の引き算は難しいです。

20160521四阿山03
見晴らし台より(霞んでいるのがちょっと残念)

20160521四阿山04
新緑の白樺林

20160521四阿山06
山桜が見ごろ

20160521四阿山07
淡いピンクが綺麗です

 根子岳の山頂で、ちゅうちゃんからの、芋羊羹の差し入れをいただきました。めちゃくちゃおいしい!
続いて四阿山を目指します。なだらかで開けた地形、植物の種類、やっぱり鈴鹿とは違うなぁと改めて感じました。

20160521四阿山08
四阿山を目指します(まだ遠い)

20160521四阿山09
四阿山バックに

20160521四阿山12
案外岩場も

 下ってきた根子岳とこれから登る四阿山の中間のところでお昼ごはんにします。
最近のマイブームの塩むすびイン唐揚げ、初めて目にしたなおさんお気に入りの金ちゃんヌードルを少し戴き(美味しかった!)、エネルギー補給しました。

20160521四阿山13
根子岳方面を振り返れば

20160521四阿山14
もうじき四阿山山頂

 その後暑さで少しバテたけど、マイペースを貫き四阿山の山頂に到着。空気が霞んでいたけど、心の目で見ると浅間山も見えていました。

20160521四阿山16
山頂にミヤマキンバイ

 山頂でのんびりしてから下山します。
速筋タイプのなおさんとじろーさんは素早く下山し、toriyaさんとちゅうちゃんと私でのんびり歩かせてもらいました。
なだらかな長い下りで、いつもの事ながら膝が痛くなってきていたところに「休憩しよっか」とtoriyaさんからのナイス提案( ´▽`)
午前中に登った根子岳の側面を眺めながら、残っていたパンを食べて癒やされました。
こういう山行好きだな〜と実感。

20160521四阿山18
のんびり休憩

20160521四阿山19
ヒメイチゲ

20160521四阿山20
フデリンドウ

 速い人、のんびりがいい人、それぞれのマイペースで歩けると、ハイキングはもっと楽しくなるのかなと思います。
その為には、自分に合ったコースタイムの把握、ルートの理解をして、リーダーの心労を減らせたら良いなと思いました。toriyaさんとちゅうちゃんはもっとサクサク歩けたと思いますが、のんびりに付き合ってもらってありがとうございました。

 下山後は温泉に入ってから、スーパーへ買い出し。軽井沢の地ビールを飲み比べて楽しみました。 
宴会が盛り上がっていましたが、私は次の日の為に早めに就寝しました。

~2日目 荒船山へ続く~




【2日目:荒船山】

20160522荒船岳00
荒船山のトモ岩展望台(下は絶壁!)

8:45 荒船不動 ~ 10:00経塚山 ~ トモ岩展望台(10:45~11:15)~
12:15 荒船不動



 6時半に起床し、使った部屋を原状回復します。3回目?のちゅうちゃんは手慣れたものです。
立つ鳥跡を濁さず。いろんな場所で心掛けたいと思います。

 今日の山行はちゅうちゃんリクエストの荒船山です。過去に滑落されたこともある危険な山のようなので、警戒して歩き出しました。

 昨日より標高が低いから暑いだろうなと覚悟していましたが、終始明るい緑の優しい木陰に守られ、傾斜もそれほどきくつない。
体の鈍っている私とアルコールの残るなおさんには「めっちゃいい山!!」と大絶賛でした。

20160522荒船岳01
目にも眩しい新緑

 1時間ほどで平らな頂上にたどり着きます。
この山は岩山全体が軍艦のような不思議な形をしていて、山頂は南北に渡って2キロの平らな道になっています。ジュース飲みながら歩こうかなと思うくらい快適な道を歩けました。

20160522荒船岳02
経塚山ピーク

20160522荒船岳03
ハルゼミ(脱皮したて)

20160522荒船岳04
なだらかな山頂台地

20160522荒船岳05
30分も歩けば絶壁

 端から端まで歩いて絶景ポイントにたどり着き、休憩してから来た道を戻って下山しました。

20160522荒船岳06
絶景ポイント(写真では高度感が伝わらないのが残念です)

20160522荒船岳07
おそるおそる(一応木の枝をつかんでいるが、あまり意味は無い)

20160522荒船岳08
下から見るとこのあたりにいます

20160522荒船岳09
切り立った壁

 ご近所にあったら行きつけにしたい山です。満足でした。

20160522荒船岳11
クリンソウ
20160522荒船岳13
ラショウモンカズラ(だったと思う)

 下山後は初谷温泉という旅館で日帰り入浴して、長野のそばを食べ、東京に帰るちゅうちゃんをお見送りして、無事に帰宅。

 健脚組に混ぜて頂いて、2日間ハイキングを楽しめました。企画、宿泊のお世話をして頂いたリーダーtoriyaさん、集合場所も遠いのに長距離運転してくれたじろーさん、芋羊羹を準備してくれたちゅうちゃん、いつも付き合って頂いているなおさん、ありがとうございました☆

 何だか最近は山行に対する予習も足りずに、ついていく感じになっちゃっていましたが、今後は楽しめて感動もできる山行を目指したいなと思いました。

記:ジョコティン

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ