御在所前尾根クライミング 2016.04.20

20160420御在所クライミング04
スリル満点


メンバー:ita、みにょ、Iさん(一般)

コース:
7:00蒼滝駐車場~8:00前尾根取付8:30~P2ヤグラ13:40~
前壁ルンゼ下降~15:30ウサギの耳(みにょ先行下山)~17:00終了



 週末は混み合う前尾根。平日に都合付けれた3人でがっつりと登ってきました。
メンバーは私、みにょさん、一般Iさん。

 最近岩も頑張ってる様子のみにょさん。どうせならということで、初心者は敬遠するP7、P2ルートを繋いでの全ルート、なおかつP4とP3はちょっと難しい課題を選びました。

 まずはP7。3人パーティー特有のザイル操作の手順を打ち合わせして離陸。ノーマルルートだが、出だしももちょっと厳し目、中間部も難しいが何とかみにょさんクリア!

20160420御在所クライミング02

 一般のIさんは更に難易度高いクラックルートをソツなくこなす。

20160420御在所クライミング01

P6はノーマルルート、高度感少し出てくるが展望楽しんで登ります。

20160420御在所クライミング03

 P5は藤内沢側に面白いルート有るけれど今回は大人しくⅢ級ルート。これも難なく登ります。

 P4は名物滑り台ルートを選択。足元すっぱり切れ落ちた谷側を数センチのシワ?伝いにトラバースしたり、20センチ程のクラック伝いに直上したりのスリル溢れる好ルート。

20160420御在所クライミング04
20160420御在所クライミング05

 麓は良く晴れて暖かいが、御在所は黒雲に覆われ、寒風吹きすさんできます。
みにょさん、縦のワイドな岩溝をどの様に攻略するのか悩んでる様子。
怖いよ~が出るが、クライミングでは容赦有りません。
終了点で寒風に吹かれて辛抱強くビレイしてるIさんの為にも、スピーディーに上がるようスパルタ指導入ります。
3人共、体が冷えたので、次のP3基部にて大休止。

 P3へのルートはまたちょっとグレード上げて5.9のクラック沿いに登ります。
途中のバンドでルート変えますのでロープの流れが悪い。
やや難しいクラックを登りながらロープの流れを見なければなりません。

20160420御在所クライミング06

 2段目のワイドクラックまで到達するも割れ目に挟まって電池切れのみにょさん。

20160420御在所クライミング07

 いよいよ最終のP2ヤグラです。ここは今まで以上の傾斜で煙突状のワイドクラックを攻略します。
すっぽりと入ってしまえる岩の割れ目。中に入りすぎても身動き取れないし、外伝いだと怖い。
その両方のルートを駆使して上がらなければなりません。
中間部には挟まった石を越えるハング。

 みにょさん、自分で考えた攻略法で何とか突破。
頂上で祝福の握手です。

20160420御在所クライミング08

 下山は前壁ルンゼ下降~裏道下山です。アカヤシオが祝福してくれます。

20160420御在所クライミング09

 用事の有るみにょさんを北谷で見送り、今日一日、フォローしてくれたIさん接待で北谷に有るウサギの耳にて練習します。
itaリードで突破を試みるが、薄かぶりのハングは結構難しかったです。

 最近、スズハイもクライミングやるメンバーが増えて来ました。今後も機会を作って練習をしたいと思います。

記:ita
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR