小秀山 2016.04.09 
20160409小秀山09
リーダー念願の小秀山山頂です^^


メンバー:ふみふみさん、ずみさん、つよっさん、もっちゃん、やっさん

コース:
7:30林道終点 ~ 7:53 三の谷登山口 ~ 8:00山の神 ~ 9:37 鶏岩 ~ 
9:56二の谷分岐 ~ 10:20 兜岩 〜 10:56 第2高原 ~
11:42 山頂避難小屋 〜 11:44-12:34 小秀山〜 12:36 山頂避難小屋 〜
13:44 兜岩 〜 15:31 三の谷登山口 ~ 15:54 林道終点



 事情などで笈ヶ岳から急遽小秀山に変更。はあるのかな?という穏やかな朝だった。

20160409小秀山01
林道終わり、ここからスタートです。

 一応、ワカン、軽アイゼンを装備し等高線の混んだ斜面を登り始めたが、しばらくはジグザグと少しずつ高度をあげていく道だったので、息が切れることもなく気持ち良く見晴し台の手前!に到着した。

20160409小秀山02
下から見上げるとかなりの急登です。

20160409小秀山03
鶏岩が見えます。 どこが鶏なの?(鶏冠?)

 穏やかな陽射しを浴びながらさらに進むと登山道にが見え始めたが、が凍って滑り、ストックがないと怖い。足の置き場を選び、足底をしっかり踏み込みながらと土と岩をガシガシと上った。
途中で、前から歓声が聞こえ追っかけて登ると御嶽山がくっきり!もう少し先の岩場で展望を楽しんだあと小ピークへ登りきればなだらかな道が山頂まで続いた。

20160409小秀山04
が姿を現します。所々、凍っているので注意して歩きます。

20160409小秀山05
御嶽山の山頂が姿を現しました。噴煙も見えます。

20160409小秀山06
兜岩で御嶽山をバックに記念撮影です^^

20160409小秀山07
兜岩の上は高度感あります(^_^;)

 飛行機雲がいたずら書きした青空に見とれて歩いていると、山笹に覆われたふか雪に騙されてずっぽりと足をとられてしまう。

20160409小秀山08
稜線の山頂直下に避難小屋が見えます。

前の人の踏みしめた足跡をおったり、穴を避けたりして歩くのがゲームのよう♪

だけど時々はまった。
後ろでつよっさんが何度も崩れ込んで苦労している様子。

 冬の雪山で新雪とはまったく違う感触をしばらく楽しんでいたら、雪のない頂上にたどり着き、目の前に「御嶽山!」雪を冠った御嶽山がさっきよりずーと近く大きくなって堂々と居座っていた。

御嶽山かっこいいなぁ♡

 山頂近くはうっすらと噴煙をあげており、まだしばらくは登れそうにないかな。

20160409小秀山09
リーダー念願の小秀山山頂です^^

20160409小秀山10
御嶽山が噴煙を上げています。あの惨劇から1年半。まだまだ登れそうにはありません。

 山頂にはまだ木の香りがしそうな綺麗な小屋があったが、あまりにも頂上の景色がすばらしく天気も穏やかなので、外で昼食をとった。

20160409小秀山11
避難小屋の中は、綺麗です。今度は宿泊したいな^^

 そして何度も御嶽山を拝んでから下山。ゆっくりのはずが、脚の達者なメンバーについて行けば思ったより早い時間に下山。「おんぽいの湯」でのんびりし、「一休」でお土産を物色し、ふみふみさんお薦めの「追分茶屋」で美味しい冷やしうどんを食べ今日も満腹、満足な一日。

20160409小秀山12
ふみふみさん、オススメのうどん屋さん。美味しかった^^

記)ずみ
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ