平日の藤原岳 2016.02.18
20160218藤原00
FUJIWARAのF?


メンバー:みにょ、やまさん

コース:孫太尾根登山口8:15~丸山10:00~草木10:58~多志田山11:49~
     藤原岳12:52~13:04藤原山荘13:31~15:03大貝戸登山口


 暖冬で節分草・福寿草がもう見られると期待して計画。入道ヶ岳ではもう福寿草が見られるとブログにあったが、前日に雪が降ったもようで積雪になり、藤原岳は遠くからも白くなっていた。
平日とあって通勤渋滞にはまりながらも集合場所の大貝戸登山口に到着。7:30時点ですでに他の登山者が数名準備していた。
今回は孫太尾根から登りここの大貝戸登山口へ下山計画。みにょ号を大貝戸に駐車し、自分の車で孫太尾根に向かう。時間にして車で30分、これから歩く距離がなんとなくわかる。孫太尾根登山口は大貝戸と違い誰もいない・・・。
やはりわれわれだけだ。

廻りは薄っすら霜がある。登山口までのアスファルトは凍結していた。

20160218藤原01
登山口

20160218藤原02
霜の芸術

薄暗い植林の中をあるくが赤い椿が色鮮やかだった。
でも道はドロドロで滑って登りにくい。

20160218藤原03
椿

花を探すがなかなかない。

丸山に到着、先ほどまでのドロドロ道と違い雪景色となり、土も見えない。
岩の廻りだけ少し土が見えるが、覗き込んでもなかなか花はない。
探し廻ってようやく春らしいのを発見できた。

20160218藤原04
笑顔で歩く

20160218藤原06
オニシバリ

丸山から先は積雪があるが、誰の踏み跡もない。あるのは動物の足跡のみ。何か鳥の大きく不気味な足跡。

20160218藤原05
ヤマドリの足跡

尾根を歩くが雪道、踏み跡はないが藤原岳の斜面を登るダンプカーの音が響き渡る(セメントの掘削)


20160218藤原07
雪がでてきた

20160218藤原08
雪で花は見えないなー

急坂を登り福寿草の群生ポイントに着くも、雪・・・
福寿草はあきらめた。

20160218藤原09
もう少しで山頂

藤原岳山頂に到着すると人の足跡が・・・こらはれしい!
孫太尾根では私たち以外に誰にも会わなかったので感動してしまった。

20160218藤原10
山頂の樹氷

20160218藤原11
晴天の山頂でテンションMAX!

20160218藤原12
山荘へ向かう

藤原山荘で休憩し大貝戸道で下山する。
9合目から8合目は冬道で下山(滑りやすい)。夏道はロープが張られていたが、こちらから通る方もみえた。
8合目から下は積雪なしで、泥で滑りやすい。
そして今回の目標一つフクジュソウを発見。まだ蕾だけど感動の発見です。

20160218藤原13
福寿草の蕾

20160218藤原14
土の上を下山中

20160218藤原15
下山口は大貝戸

春の花はまだ少し早いようだ。(厳冬期だから当たり前か~)

今回は晴天の平日登山。人が少ない静かな山歩きもいいです。

(記)やまさん
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ