谷尻谷からイブネ 2015.11.07

20151107イブネ18



メンバー:次郎、たばっち、やっさん、えだこ。まっちゃん、いっちー、やまさん、ちっぷる、なお
     ふみふみ、ずみ、たろー

コース :朝明P(7:35)~中峠(8:45)~大瀞(9:10)~お金明神(10:00)~上谷尻谷(10:35)~上谷尻大滝(11:40)~
      昼食(12:20~12:50)~イブネ(13:40)~佐目峠(14:05)~千草街道(御池鉱山)(14:40)~コクイ谷出合(15:20)
      ~根の平峠(16:10)~朝明P(17:00)


予定していた明神平が、天気が怪しいとのことで、急遽日帰りでたろーさん企画のイブネ日帰り企画に参加しました。イブネは僕が去年、初めて鈴ハイにテント泊体験の時に寄った場所です^^
懐かしい、思い出の場所です。

集合は久しぶりの菰野町役場集合、朝もゆっくり出来るし、よく知っている道なので安心感が違います^^。たろーさんは、夏の間ず――っと沢企画(沢が多いとは聞いていましたが、こんなに多いのね^^;))でお会い出来なかったので久しぶりの一緒の山行でドキドキ&ワクワクです。

今回の参加者は12名と、実に沢山の方々が集まりました。えだちゃんは事前の山行概要メールに名前が無かったので、不参加かと思っていましたが、ちゃっかりと来ていました(^o^)。やまさん号、たろーさん号、次郎さん号の3台に別れて、お馴染みの朝明駐車場まで向かいます。

「今日は歩けるメンバー達が揃ってる」

たろーさんのこの言葉…、もしや今日のコースは厳しいのでは…。若干の不安はありましたが、イブネなら楽勝だろうと気楽に出発です♪

適当にバラけながら、皆と談笑しながら歩いて行きます。ちっぷるちゃんとたばっちの大杉谷の話や(カレー美味しそう、小屋良さそう)近況報告をしながら楽しく進んで行きます^^。
20151107イブネ01
中峠への急登

20151107イブネ02
ガスの中峠

ふんふん気分で進んでいきます。久しぶりの近場の山、アルプスの景色もいいけど、手軽にいける山々も楽しいです。あれこれと話ていると、お馴染み?の沢渡りがやって来ました。

20151107イブネ03
大瀞鉄橋(渡れません)

岩が滑って危なそうだな−、と考えていると、たろーさん、次郎さん、なおさん、ふみふみさん、さすが達人たちはスイスイと何事も無く渡って行きます。僕も見習い、慎重に足場を選びながら滑らないようにヘッピリ腰で進んで行きます。次郎さんの「こっちは滑らないよ」との言葉を頂き、無事に渡り切る事が出来ました!

たろーさんのロープ、やっさんと次郎さんのサポートもあり、ずみさんは、少し水に浸かってしまいましたが、問題なく渡り切り、たばっちも流石の安定さで順調に進みます。

さて、まだ沢を渡っていない残されたメンバーの中で不安が多いのは、えだちゃん、ちっぷるちゃん…、やっさんは安心感があります^^無事に渡れるか…ドキドキしながらおにぎりをパクパク食べていました(うん、美味しい♪)

なんとか沢を渡りきったえだこちゃん^^;相変わらずのヒヤヒヤです。しんがりのやっさんを除き、最後のちっぷるちゃん、一歩が中々踏み出せません。ちっぷるちゃんの心の声が聞こえて来そうです。

※ ここからは、僕の想像です
「えーなんて所通らせるんだよ!」
「こんなの行けるわけないじゃん!」
「達人達と私はちがうんだよ!」
などなど、表情からこのような声が聞こてきました^^;

それでも、みんなの応援、やっさんと次郎さんのロープの支え、足の置き場の声に少しずつ進み、足を滑らせる事もなく見事に渡り切りました!おめでとう!

20151107イブネ04
ヒヤヒヤえだちゃん

最後はやっさん、あっさりと突破です^^流石です。難関ポイントを見事に乗り切り、成長を感じながら順調に進んで行きます。

サクサク、サクサク

20151107イブネ05
炭焼き釜跡

20151107イブネ06
お金明神

流石に皆さんペースが早い!順調に進んでいくと、お金峠の表示が!お金大好きな僕にとっては夢のような峠です♪金運アップの山行になりそうです。

20151107イブネ07
ここは神域

20151107イブネ08
お金明神

所々に紅葉を見ることが出来て、修行の山行に潤いをもたらしてくれます^^。トロッコ?なるものがあったり、線路?のようなものがあったりと、当時の歴史を感じる道を進んで行きます。

20151107イブネ09
トロッコの写真

20151107イブネ10
落ち葉の絨毯

20151107イブネ11
上谷尻谷の紅葉

ここで、この山行で1番気を使った場所に到着です。見るからに急な登り、これを登るの?というぐらいの斜度です^^;


20151107イブネ12
上谷尻谷の大滝

たろーさんが先頭で行き、ロープを括ります。ただ登るだけならそれほどでもないのですが、恐怖は「落石」でした(;_;。
たろーさんからも「丁寧に歩いてな~!」との言葉を頂き、慎重に歩きます…。が、少し油断するとゴロゴロと石が落ちてしまいます…。「おーい!石を落とすな!」すみません、すみませんと再度気を使いなんとか登り切りました!

ペットボトル落をしたり、石を落としたりと、危険な行為に大いに反省です…。

危険な登りでしたが、たろーさんが驚くほど皆さんあっさりと登り、ここでも成長を実感です♪

20151107イブネ13
ロープを使って登る

山場を一つ登り、談笑しながら進んで行きます。ここで上の方に不思議な穴?洞窟?(鉱物を取る穴?)を発見。少々危険な場所にあるため、僕は下で見学です。

好奇心旺盛な、たろーさん、次郎さん、ずみさん、やっさん、えだこちゃん、ふみふみさん、やまさん、たばっち達は穴に夢中です。なんかキャーキャー言ったりと、楽しんでます。(穴の何が楽しいのかな〜)

下ではなおさんが呆れながら皆の姿を見ていました^^。一通り穴を見て、満足した一行は更にサクサクと進んでいきます。

20151107イブネ14
きのこ発見

20151107イブネ15
鉱口

不思議な場所があるもんですね!満足した一行は、順調にサクサク進み、あ、なんか開けてきたかな?いよいよイブネに到着です♪

あー、凄い良い気持ちです。周りの山々も見え、満足です。突然何かに取り憑かれたかのように走るえだこちゃん(ついに山の神にやられたか…)と心配になりましたが、どうやら寒いので走ったらしく安心です^^

さ~後は下山だ!と、いけない、集合写真を撮り忘れていました^^;写真も撮り終え、今度こそ下山です。

20151107イブネ16
イブネの台地

20151107イブネ17
雨乞岳も見える

20151107イブネ18
集合写真

さてさて、下山は登りと違い、かなり早いペースです。ここから僕の携帯には写真がありません(泣)先頭を行くなおさんに離されて、えだこちゃんと二人になる場面があり、遭難一歩手前か…の迷子状態になってしまいました。

えだこちゃんの判断で道を戻ると、やっさん達の姿があるではありませんか!なんとか、無事に皆と合流が出来て本当に安心しました。読図をしっかりとやっていれば…と、反省…。今日の山行は反省点が多いな、と思いながら下山して行きます。


20151107イブネ19
千草街道を下る

20151107イブネ20
根の代の神杉

ここからは、なおさん先頭に、まっちゃん、次郎さん、僕、少し離れて、たろーさん達です。なおさんと山行が一緒になることはあまりありませんが、噂通り、下山が超速い!こんな一言を言っていたのに…。

なおさん「少しペース落とすわ」

落としてこれですか!後ろのたろーさん達見えないじゃないですか!
恐るべしなおさんの下山…。

あっという間に、下山完了です。
駐車場に到着して、残りのメンバーを待っていると、次郎さんは1人靴を履き替え、快適な格好に!「イエーイ♪」
そんな次郎さんになおさんは「あいつムカつく〜」と一言^^仲がいいですね。

暫く談笑していると、後続メンバーも無事に駐車場に到着です。靴を脱いだりとしていると、おや?1人増えてる?黒さん参加していたっけか?。そう、別のイベントに参加していた黒さんと遭遇です。
偶然なのか、狭い世界なのか^^;

今回の山行は、バリエーションルートの修行たっぷりで難所も多々ありましたが、鈴ハイの皆と一緒に登ることがとても楽しい事だと、強く感じることが出来た山行でした。

久しぶりのたろーさんにいつものメンバーの皆様、無事に、楽しい時間をありがとうございました!またいつか、どこかの山にみんなと一緒に登れたら嬉しいです♪

いっちー
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR