継子岳 2015.10.03
20151003継子岳13
継子岳山頂にて

メンバー: ふみふみさん、ずみさん、イッチー、ひでさん、やっさん

コース : 濁河温泉駐車場(6:22)~八合目(8:39)~五の池小屋(9:48-11:00)
       ~三の池(11:24)~昼食(12:19-12:47)~継子岳山頂(13:00)
       ~河温泉駐車場(15:40)

天気   : 晴天


 やっさん企画のフレーズ「視覚だけでなく味覚も堪能できる山」に釣られて継子岳へ行ってきました。

 集合はいつもの場所、早朝に登りはじめるために深夜2時の出発です。殆ど眠っていない中、運転ありがとうございました>やっさん

 予定通りの6:30に登山口へ到着。秋晴れの中、気持ちよくスタートです。よく整備されている登山道は沢のバリルートとは雲泥の差らしく、ふみふみさんが「快適」を連呼されてました。

 登り始めてすぐのところにある仙人滝は意外と大きく高く、マイナスイオンに癒されつつ歩を進めます。
吊り橋に差し掛かると「立ち入り禁止区域」の警告があります。御嶽山の火口周辺警報レベルに応じて、立ち入り禁止区画が設定されているようです。

20151003継子岳01
七福神が11体!?

20151003継子岳02
マイナスイオンたっぷりの仙人滝

 しばらく進むと等間隔に数字のプラカードが掲げられてます。どうやら100m置きに設置されているらしく、頂上の42まで続くようです。工程の目安がわかるのはいいのですが、常に残りの距離を意識してしまうのが難点ですね。

20151003継子岳03
山なのにジョーズに襲われるふみふみさん!?

20151003継子岳04
今度は 巨大 蛙!?(登りでは気付かず、下山で気付きました(^_^;))

 42分の32辺りで森林限界を越えるとイッキに展望が開けます!気温も下がり、10月頭にも関わらず大きなツララが出来てます。皆で美味しく頂きました!

20151003継子岳05
皆で今年初モノの氷をかぶり^^

 登り始めて3時間、五の池小屋へ到着です。中はとてもキレイで温かく、本日お目当てのシフォンケーキとホットココアを堪能しながら薪ストーブで暖を取ります。あまりの快適さに気が付けば1時間以上滞在してました。

20151003継子岳06
外から見た五の池小屋は綺麗です。

20151003継子岳07
名物の暖炉(これ欲しいです~~)

20151003継子岳08
寝床も綺麗です。是非、今後は泊まりたい^^

20151003継子岳09
お目当てのシフォンケーキとココア。美味しかった~^^

 胃袋が満たされたところで継子岳山頂を目指します。小屋のすぐ裏にある三の池が素晴らしく、色が絵に描いたようなエメラルドグリーン!景色を楽しみつつ池の周りを一回りして山頂へ。山頂は人も疎らで景観も良かったのですが、風が強くて寒いので、景色はソコソコに退散しました。

20151003継子岳10
エメラルドグリーンの三の池

20151003継子岳11
三の池と御嶽山

20151003継子岳12
三の池の祠でお祈り

20151003継子岳13
山頂での記念撮影

 下りに入ってからは睡眠不足から皆さん終始無口となり、淡々と歩き続けましたが、ココで前述のプラカード(1/42といった表示)が地味に作業感を醸し出してました…

 山頂の五の池小屋は本当にキレイ&美味しい、素敵な小屋でした。今年の営業は終わってしまいましたが、今度は是非泊まりで行きたいです。

記)ひで
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ