赤岳から硫黄岳 冬の八ヶ岳縦走 2日目 2014.02.23 
20140222赤岳30
雲海に浮かぶ富士山をバックに



メンバー:なお、ふみふみ、にょろ、たけやん、たろー

コース :赤岳展望荘(7:30)~横岳(8:40)~硫黄岳(10:20)~赤岳鉱泉(12:05~13:00)
~北沢~美濃戸(14:20)




二日目は、展望荘から横岳、硫黄岳の稜線歩きを楽しみ美濃戸まで戻る。

引き続き朝から快晴!
朝焼けの赤岳の上に浮かぶ半月と雲海の先に顔を出す富士山の組み合わせは最高。
ご来光もばっちり拝みました。

稜線上は前週の大雪にもかかわらず着雪が少なく歩きやすい。

横岳は富士山に見守られながら岩稜を歩きます。
ハシゴや鎖場の連続でしたが、この日のために準備をしてきたメンバーには物足りないくらい。

強風の硫黄岳山荘を抜けてケルンをたどれば硫黄岳。
ここの爆裂火口はいつみても大地の神秘を感じる。

少し下って赤岩の頭から赤岳鉱泉までは樹林帯の下り。
深い新雪がついていて重量級2名はとにかく雪にはまりなかなか前に進めない。
登りでなくてよかったとつくづく思いました。

赤岳鉱泉でゆっくりお湯を沸かして温かいお昼を食べたら、白い樹林帯を抜けて二本の轍が延々と続く林道を下るなだらかな帰り道。

本当に天気に恵まれ充実した二日間でした。

なお

20140222赤岳19
朝から豪華

20140222赤岳20
日の出

20140222赤岳21
朝焼けに染まる横岳

20140222赤岳22
赤岳と富士山と月

20140222赤岳23
出発前の記念撮影

20140222赤岳24
さあ、横岳への登り

20140222赤岳25
良く見るとしっかりとトレースが

20140222赤岳26
余裕だね

20140222赤岳27
赤岳と阿弥陀岳をバックに

20140222赤岳28
記念撮影

20140222赤岳29
岩稜帯

20140222赤岳30
富士山をバックに

20140222赤岳31
この梯子はちょっぴり怖い

20140222赤岳32
見た目ほど怖くない

20140222赤岳33
硫黄岳が見えた

20140222赤岳34
風が強い・・

20140222赤岳35
歩いてきたルートを振り替える

20140222赤岳38
パノラマ(クリックで拡大)

20140222赤岳39
帰りの林道で一休み

20140222赤岳40
美濃戸に到着

終わり
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ