釈迦ヶ岳 2015.06.07
20150607釈迦ヶ岳13
ガスの中で集合写真


メンバー:まゆ、シロー、まる、体験Tさん、体験Uさん、体験Mさん、やまさん

コース:水無P(8:00)~松尾尾根登山口(8:09)~釈迦ヶ岳(11:15)~猫岳(12:12)~
     ハト峰(13:13)~朝明駐車場(14:16)~水無P(14:47)



 計画当初は奥飛騨の籾糠山へ行く予定でしたが、林道が崩落し通れないことが分かり鈴鹿の釈迦ヶ岳に変更しました。なぜ釈迦ヶ岳になったかと言うと、釈迦ヶ岳は厳冬期に登ったことがなく行く前に積雪期でよく通っている松尾尾根を事前に下見しておきたかった訳です。自分は庵座谷からしか登ったことがありません。

水無のトイレ付き駐車スペースに駐車。天気は今にも降り出しそうな雲がある。
駐車場から朝明方面へ舗装道を登ったところに松尾尾根登山口があります。
木々に覆われ薄暗く不気味な登山口でした。

20150607釈迦ヶ岳01
松尾尾根登山口で集合写真

尾根道は落葉が多く、踏み跡も分かりにくい途中道を外れてしまい、尾根へ戻り再び道を歩き出す。テープマークもほとんどなく「ここが雪道でトレースがなかったら怖いな」と思いながら登っていました。木々は新緑のピークは過ぎていましたが、ガスに覆われた神秘的な緑に輝いていました。
全く眺望はありませんが、雲の巣が雨露で濡れアートになっており,普段と違う物が見れました。他にも雨露のベニドウダンが綺麗でした。

20150607釈迦ヶ岳02
新緑はいいですねー

20150607釈迦ヶ岳03
尾根の途中にある岩

20150607釈迦ヶ岳04
薄暗い尾根道を登る

20150607釈迦ヶ岳05
雨に濡れたクモの巣は芸術品!

20150607釈迦ヶ岳06
緑のトンネル

20150607釈迦ヶ岳07
ガスが出てきました

20150607釈迦ヶ岳09
ガスで眺望はないが楽しいね

20150607釈迦ヶ岳10
何も見えん!!!

20150607釈迦ヶ岳11
雫とベニドウダン

薄暗い尾根道を登りつめると大蔭(おおかげ)で見晴らしが良くなるはずですが、ガスで眺望なしでした。
釈迦ヶ岳最高点に到着すると、ようやく他の登山者にあえまして、ここで集合写真を撮影し、三角点へ移動。三角点ではもっと多くの方が居たので少し戻り、昼食としました。

20150607釈迦ヶ岳12
大蔭ですが見えません

20150607釈迦ヶ岳13
釈迦ヶ岳最高点で集合写真

下山ルートは猫岳経由です。
依然とガスの中を歩き続け、眺望のない猫岳に到着。
猫岳で小休止後、再びガスの中を歩きハト峰へ。
高度が下がるにつれやや景色も見えてきました。

20150607釈迦ヶ岳15
幽玄な森

20150607釈迦ヶ岳16
ガスが薄くなってきた。シャッターチャンス!

ハト峰から下山し登山道から林道歩きです。途中、朝明茶屋を見つけ例会・BBQは此処でやるんだーと今から楽しみになりました。

20150607釈迦ヶ岳17
ハト峰到着、やっと景色が見えたよ

20150607釈迦ヶ岳18
下りは慎重に

朝明の駐車場を過ぎると普段は歩いたことがなく意外と建物が多くあることに気づきました。

記 やまさん
スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ