笛吹川釜ノ沢 2016.6.25-26
20160624笛吹川釜ノ沢23
笛吹川 東沢釜ノ沢



メンバー:ふみふみ、ずみ、えだこ、もっちゃん、たばっち、toyoちゃん、つよっさん
     次郎、やっさん、たろー

<1日目>
コース :西沢渓谷P 11:20~鶏冠谷出合(12:15)~ほら貝のゴルジュ(13:25)
~魚留めの滝(16:25)~泊地(17:20)



昨年は、ほとんど沢に参加していなかったので今年こそは、沢に力を注ごうと思って沢シーズンのスタートをきりました。そして、ついに今回沢泊を初体験してきました!

「焚き火があるから、服濡れても大丈夫だよ!」と言っているけれど本当に大丈夫かな?とかテント泊装備で沢に登れるのかな?とか、次から次へと不安要素は募り、おまけに食担をたばっちと任せられるし、どうしたらいいものか…と思っていましたが、私が数年前に行って感動した西沢渓谷という素晴らしく綺麗なエメラルドグリーンの沢の近くの笛吹川東沢釜の沢を遡行して最終、百名山である甲武信ヶ岳に登頂するという沢のクラッシックルートへの期待の気持ちの方が、いつしか大きく膨らんでいました。

天気は、梅雨の時期ということもあり、当初は雨予報でしたが、ギリギリまで粘って、回復傾向にあるとのことで決行に!結局、二日間とも雨に降られることなく快適に過ごせました。

いつも、みんなより軽いザックですが、今回は沢泊ということで更に軽量化を試みました。ということで夕食当番の私は豚汁の具材の野菜がかさばるので、コンパクトにしようと考えて、野菜を全て炒めてしまいました。粗熱はちゃんととって冷凍したものの、山に向かう道中、食担プロのふみふみさんから、味つけもなく炒めて冷凍したものが、解凍すると腐りやすいと言われちゃいました。えっ~どうしようと悩み、取り敢えず保冷剤と凍った肉で炒めた野菜を解凍させないようにしました。

みんなのお腹を壊してはいけないと思うのと同時に無駄に不安を煽るのもいけないなあと思い、この話は車が一緒だったふみふみさん、たばっちの3人の秘密事項でした(笑)

本題の沢の感想ですが、がっつりした沢登りではなく、渓流沿いを歩くといった穏やかな沢登りで、特に滝にうたれたりはしないので激しく濡れることはなかったです。ただし、水の中に入りたがるつよっさんは別としてですが…つよっさんは果敢に水の中に飛びこんでいました。

という私もホラノ貝のゴルジュでは、水の中へ…泳げない私をやっさんが救出してくれたのですが、私が激しく暴れ過ぎたせいで、やっさんの体力と、体温を消耗させてしまったらしく、体調を崩してしまいました。本当に辛そうに登っていました…(この度は本当にご迷惑おかけしました。すみませんでした(-_-;))

順調に沢を登り、テントが張れそうなところが今宵の宿となりました。タープ、テントをはったり、焚き火のための薪を集めたり、食事の準備をしたりとみんな役割分担して、沢泊の準備をしました。

たろーさんご指導のもと、たばっちが作ってくれた美味しいご飯、具材を腐らすことなくできた豚汁を、焚き火を囲んでみんなで楽しく談笑しながら食べて楽しい夜は更けていきました。

私が想像していたよりも、沢泊はとても快適でした。とてもいい経験ができました。次回は渓流で釣った魚を焚き火で焼いて食したいなぁと思いました。リーダーをはじめ、参加メンバーの皆様ありがとうございました。

20160624笛吹川釜ノ沢01
西沢渓谷から入る

20160624笛吹川釜ノ沢02
新緑がきれい

20160624笛吹川釜ノ沢03
ほら貝のゴルジュで泳ぐ

20160624笛吹川釜ノ沢04
ほら貝のゴルジュ

20160624笛吹川釜ノ沢05
乙女の滝と乙女たち

20160624笛吹川釜ノ沢06
東のナメ沢

20160624笛吹川釜ノ沢07
滑らないでね

20160624笛吹川釜ノ沢08
西のナメ沢

20160624笛吹川釜ノ沢09
渡渉はチームプレイで

20160624笛吹川釜ノ沢10
水が大好きつよっさん

20160624笛吹川釜ノ沢11
魚留滝

20160624笛吹川釜ノ沢12
ナメとえだちゃん

20160624笛吹川釜ノ沢13
千丈のナメ

20160624笛吹川釜ノ沢14
千丈のナメ2

20160624笛吹川釜ノ沢15
テント設営中

20160624笛吹川釜ノ沢16
男性陣はタープで

20160624笛吹川釜ノ沢17
焚火の準備

20160624笛吹川釜ノ沢18
火を囲めば暖かい

20160624笛吹川釜ノ沢19
お尻も乾かそう
続きを表示する
スポンサーサイト
矢原川 2016.06.18 
20160618矢原川10



メンバー:やっさん、次郎、ふみふみ、なお、もっちゃん、えだこ、ずみ、たばっち、
たろー、シュークリームさん(一般)

コース :坂本棚田P(7:20)~入渓(8:10)~下不動滝下(11:30)
~上不動滝下・昼食(12:20~13:10)~仙鶏尾根(14:25)
~P778(15:00)~坂本棚田(16:40)



 この沢は、沢登りを始めて2回目に訪れた思い出のある場所。思い出の1つに、山ヒルがあります。前回は、下山後の確認では数匹いましたが、今回は何匹いるやら(^_^;)

 コース序盤は、林道歩きと激下り。沢に入るなり、既にチンチンに熱くなっている次郎さんは、体を冷やすために沢水でクールダウンです。

 しかし、ここは滝が多かった。次から次へとでてき、しかも巻かなくてすむので楽しい~^^。本日の核心部?下不動前衛滝がお出迎え。いつものように、たろーさんリードで登っている最中、ヌメヌメの滝で上から滑り台を滑るように降りて(落ちて)きました。驚き と 大丈夫かな、と心配しましたが、ケガもなかったようでよかったです。

 流石に、その光景を見た後の登攀は緊張しましたが、水しぶきにあたりながらの滝登りは楽しいです。 他のメンバーも緊張しながらも笑顔が絶えません^^


 その後も滝登りは続き、尾根にでます。下山は、登山道を降り、今回も無事下山できました。

 下山後は、いつものヒルチェック。ワクワクしながら、スパッツを取ると。いました奴らが。 今年は、吸われる前に撃退でき、本日の沢登りも無事終了です^^。

 今回の山行も楽しく遊べました。リーダ たろーさんありがとうございました^^。また、ご一緒して頂いたメンバーの皆さんも楽しい話題の提供ありがとうございました^^

記).やっさん

20160618矢原川01
まずはウォーミングアップ

20160618矢原川02
こいつが核心

20160618矢原川03
やっさん奮闘中

20160618矢原川04
えだちゃんがんばる

20160618矢原川05
もっちゃん余裕?

20160618矢原川06
ずみさん、にっこり

20160618矢原川07
ふみふみさんスマイル

20160618矢原川08
たばっち、眼鏡が曇ってるよ

20160618矢原川09
下不動滝

20160618矢原川10
記念撮影

20160618矢原川11
滝登りは続く

20160618矢原川12
まだまだ続く

20160618矢原川13
やったー

20160618矢原川14
軽いね

20160618矢原川15
ニマッ

20160618矢原川16
サクっと登れました

20160618矢原川17
上不動滝とシュークリームさん

20160618矢原川18
帰ってきました

沢上谷 2016.06.12
0120160612沢上谷09


メンバー:ふみふみ、えだこ、まっちゃん、サブロー、つよっさん、こうじ、ナオト、
      もっちゃん、たばっち、たろー、体験Oさん

コース:県道89(10:10)~五郎七郎谷(11:00)~岩洞谷(12:00)
     ~箕谷大滝・昼食(12:50~14:00)~林道(15:20)



 岐阜高山の沢上谷(そうれだに)で、生まれて初の沢登りを体験してきました。これからの暑い時期は涼しそうだし、以前から沢登りには興味津々だったし、鈴ハイでは頻繁に沢イベントが開催されているし、これは間違いなくはまるなあと思い、沢靴も新調して臨みました。わくわく。

 車3台で、一台はゴール地点にデポしていざ出発。11人中、沢初体験は2人、フレッシュマンな気持ちで先輩方にお世話になります。

 スタート30秒後、おニューの靴が沢に入る前にどろんこでチョコレートフォンデュのようになりましたが、沢に入るあーら不思議、元通りきれいに!沢靴のグリップ性能は未知の世界なのでまずはどういうところで滑るのかグリップがどの程度効くのかを確かめながら進みます。滑りそうなところは滑るので注意は必要ですが、普通の登山靴とはグリップ力が違います!あたりまえか!?

0120160612沢上谷01
早くも水遊び

 スタートして分岐らしいところで滑りそうな沢岩を見ています。まさかこんなところを上るのかなと、見ているとそちらに進ではないか。あれれ。滑り台のような水がうっすら流れる岩肌をだんだん傾斜が急になりながらどんどん上ります。どんどん上ります。前の人が上るのを見て靴がグリップするのを観察しながら付いていきました。五郎七郎滝到着!

0120160612沢上谷02
こんなところを登ります

0120160612沢上谷03
五郎七郎滝

 記念写真を撮って、上ってきた滑りそうな急登を下ります。ここが今日最大のドキドキポイントでした。先輩方の靴がちゃんとグリップしているのを確認しながら付いてきます。つるっとなったら人を巻き込みながら下まで行ってしまいそうでしたが無事もとの分岐に到着。

0120160612沢上谷04
下りが怖い

 それからは平和なナメ沢歩きです。岩洞滝、ここで滝ノ下や裏に回ってマイナスイオンや水しぶきを受け気持ちいい~。

0120160612沢上谷05
平和なナメ

0120160612沢上谷06
平和な所で転ぶえだちゃん

0120160612沢上谷07
癒される

0120160612沢上谷08
岩洞滝に打たれるつよっさん

0120160612沢上谷09
空から降り注ぐ滝

 蓑谷大滝、30mも高さがあるそうです。ここでランチタイム、ほっとな出汁でそうめんとおかずでワイワイランチ。

0120160612沢上谷10
またまたナメ

0120160612沢上谷11
箕谷大滝

0120160612沢上谷12
ワイワイランチは暖かい麺

0120160612沢上谷13
なんだこの記念撮影

 おなかいっぱいのそのあとは杣道で滝を迂回して滝の上に降り立ちます。そこからがナメ天国。

0120160612沢上谷14
.箕谷大滝の巻き

0120160612沢上谷15
ナメ天国

 途中、女子らが滑り台を開始、ちょっと高いなあと眺めているとみんなやるべき~となっておいらも滑り台参加。鼻に水がはいってつんとしたけど気持ちよかった、やってよかった、楽しかった。後押しって大事だね。ナメ天国をたっぷりあるいてデポ車地点にゴール!ああ楽しかった。

0120160612沢上谷16
滑り台

0120160612沢上谷17
滑ったらだめだよ

0120160612沢上谷18
ゴール
 
 水が冷たくて、沢用スパッツもなく、ふくらはぎが冷えて攣ったらどうしようかと心配しましたがセーフ。でも今度は新調しておこうかな。

 仕事のストレスで火照った心身を沢のマイナスイオンと沢仲間がが癒してくれました。企画してくれたリーダー、ご一緒してくれたメンバーに感謝です。また近いうちにご一緒しましょう。

記)こうじ
白草山・箱岩山 2016.6.11
20160611白草山11
 白草山で御嶽山をバックに記念撮影 (生憎御嶽山の山頂は雲の中)


メンバー:ふみふみさん、まるさん、もっちゃん、えだちゃん、Tさん(体験)、Iさん(体験)、Hさん(一般)、Wさん(一般)、やっさん

コース:8:23 黒谷林道ゲート~ 8:59 登山道入口~ 10:35 箱岩山分岐~ 10:46 箱岩山~
   11:23-12:26 白草山~ 13:50 登山道入口~ 14:17 黒谷林道ゲート




6月は夏に入って、天気がだんだん暑くなってくる。そして夏の暑さまだまだ慣れてないので。晴れの日はいいですが、暑くて眩しいし、アウトドアは逆にやりにくい。
前の日、リーダーから、山行決行とメールありました。よかった。曇りの日に雨が降らない様に祈りました。

登山口まで最後となるコンビニで集合場所に、9人のメンバーが集まった。お久しぶりの顔に会って、体験参加2人、一般2人の方がいます。特別なのは、9人のメンバー中にリーダー以外、8人女性だった。その時、リーダーやっさんは恥ずかしい顔をしていると読みました。
やっさん、女性ばかりなのが申し訳ないです。よろしくね?♪

皆さん笑いながら出発。曇りの空の下、晴れの私たちが山へ向かいます。

登山口Pから数分歩くと、白草山入山案内の看板がありました。皆さんよく読んだそうで、白草山の矢印通りに黒谷林道の入口に入りました。「黒谷林道」っですごい名前ですが、何かむかしの武士や忍者に出会えそうな気分になります。気持ちがようく歩き易い普通の林道です。
緑がいっぱい空をかぶってトンネルみたい。お喋りしながら山道を歩いてる皆さんの姿。私達常連が山中に存在するのは当たり前のようです。

20160611白草山01
登山口、白草山看板がありました。もう一度装備を整理して、入山へ~

20160611白草山02
黑谷林道へ。静な山ですが私たちがいると賑やかになります。女性の笑い声が山中に飛んでいる~♪

20160611白草山03
木の橋に渡ります。左側からお水が流るときの音♪

20160611白草山04
少し暑くなった、たまに風が吹くと快適ですね~


やっさんリーダーがずっと前にいますが、常に皆の調子を伺っています。本当にリラックスできる山ハイキングですね。

20160611白草山05
巨大‘野菜’? サラダにしたら栄養タップリですかね?

20160611白草山06
大きな笹の葉をいっぱい採りました。後日、チマキ作りで使います。

20160611白草山07
箱岩山に到着です。今回はいつもとは違い美女軍団での記念撮影です。

箱岩山には木の看板が掛かっています。青いのは箱岩山の模型です。誰の作品?

20160611白草山08
箱岩山から白草山へ向かいます。こんな景色が目に入ると、もっと前に進みたくなります^^

20160611白草山09
白草山の山頂に到着、お昼です。食事の後、Iさんからスモアと焼マシュマロを作ってもらいました。

20160611白草山10
スモアです。甘くて美味しかった。Iさん、ありがとう~♪

20160611白草山11
白草山でも記念撮影です。今後は全員(髭おやじも追加です(^_^;))

20160611白草山12
帰りも同じルートけど、三ツ岩は登りでは気づきませんでした。(^_^;)


ゆっくり歩き、ゆっくり話し、ゆっくり温泉に入り、ゆっくり食事を取りました。この一日リラックスできました。
山の仲間も増えてきました。

やっさんリーダー、山行企画をありがとうございます!又よろしくお願いします!

記).まる
カニクチ谷~天狗谷 2016.06.05 
20160605カニクチ谷11
緊張の懸垂下降


メンバー:やっさん、ふみふみ、もっちゃん、なお、つよっさん、たろー、体験Iさん
コース :R421ゲート(10:50)~カニクチ橋(11:20~カニクチ谷
~中間尾根Ca875(15:40)~天狗谷下降~雲間ノ滝の碑(18:50)
~R421ゲート(19:20)


 今回は、2年前にたろーさん、ふみさんの3人で訪れたこの場所。前回も小雨が降っていたが、今回も小雨が... 何かあるのか?(^_^;)
 ただ、今回は前回と違い大人数(7人)。この活気で天気も回復するはず。


 2年前に来たとはいえ、最初はあまり記憶に残っていなかったのですが、滝を登り、水に浸かりたくなくへつり(寒がりなので(^_^;))を繰り返し、徐々に記憶が蘇り、「あ~、確かこんな所あった」などと心の中で思い出して進んでいました。

20160605カニクチ谷01
とは言いながらシャワーを楽しむやっさん

20160605カニクチ谷02
ステミングを駆使

 でも、何度きても沢登りは緊張の連続、場所によっては足が震えます。ただ、回数を重ねるごとにロープワークや登攀技術は少しずつ成長しているかな?と自問自答しています。
(今年始めた方達は、皆さん凄いのでいい刺激になります)
 
20160605カニクチ谷03
カニクチ谷の大滝
 
20160605カニクチ谷04
直登中のやっさん

20160605カニクチ谷05
これも直登

20160605カニクチ谷06
もっちゃん、セカンドを確保中

20160605カニクチ谷07
やっさんも確保中

20160605カニクチ谷08
これはフリーで

20160605カニクチ谷09
中間尾根を乗っこす

 途中食事をとり、下山に取り掛かります。下山は、懸垂下降が幾度となく現れます。ここでの思い出は、ふみさんとのATCセットのやり取りです。前回は悪戦苦闘しながらATCセットされていたふみさんも経験をつまれた今回は、かなり要領よくできるようになった?、ようです(^▽^)

20160605カニクチ谷10
天狗谷の隠れた大滝

20160605カニクチ谷11
懸垂下降 やっさん

20160605カニクチ谷12
懸垂下降 もっちゃん

 このコースで意外と核心部なのは、最後に林道へでるときの下降です。落ち葉で滑るだけでなく、急な下りなので滑る滑る(^_^;)。木に捕まりながら何とか林道へ降り、本日の山行も無事終了です。

 今回は、2年前よりは幾分成長できた自分を感じることができた沢登りでした。
 いつも安全に沢登りを楽しませてくれる、たろーさんありがとうございました。
 今年も何回沢登りに参加できるかな~^^

記).やっさん
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ