焼岳? 2015.02.28
20150228焼岳11_420
焼岳をバックに記念撮影



メンバー:やっさん、ふみふみ、ひで、えだこ、ずみ、たろー

コース :中尾温泉登山口(7:20)~P2229(13:45)~中尾温泉登山口(17:50)




 例によって今週末も雨予報・・。麦先週順延した草岳岳の泊まり山行は今回も無理。仕方が無いので日帰りで高所雪山の練習が出来る所を探す・・・、悩みに悩んだ末、北アルプスの焼岳を狙う事にする。

 早朝に名古屋を出発し奥飛騨温泉郷に向かう。最もコースタイムの短い中ノ湯からのコースは宿泊客しか駐車できないと言う情報があったため、中尾温泉からの取り付きになる。こちらからだとコースタイムが長くなってしまうが、トレーニングを兼ねているので丁度いいだろう。

 さて、今回のメンバー、6人中2人しかワカンを持っていない。会のワカンが3個しかないので私はスノーシューで行く事にした(みんなそろそろ買いましょうね)。

 駐車場から林道を歩き登山口まで、谷を渡渉して小尾根に取り付く。先行者のトレースは単独行、既にアイゼンを着けている。

20150228焼岳01_420
中尾高原からスタート

20150228焼岳02_420
焼岳登山

降ったばかりの雪は沈み込みが激しく直ぐにワカンを装着。最初は登山道沿いに緩やかな斜面を進んで行くが白水の滝の展望台を越えた辺りから傾斜がきつくなってくる。

20150228焼岳03_420
白水の滝

 登山道は焼岳小屋のある鞍部に向かってトラバースしていくはずだが積雪量が多く、道型が判別出来ない。先行者のトレースは登山道を外れどんどん直上している。「きっとこんな所に単独で来るのはベテランに違いない。きっといいルートを知っているのだろう。」と勝手に思い込み、我々もそれに従う。

 しかし登れば登るほど傾斜はきつく、尾根は細ってくる。スノーシューでの先頭は辛くなって来たので”やっさん”、”ふみふみさん”コンビに譲り、最後尾で楽をさせてもらう。しかしこれも大誤算。みんながせっかく作ったステップを”ずみ”さんが尽く崩していくのだ。

20150228焼岳04_420
白く輝く稜線(あそこまで行けるかな?)

20150228焼岳05_420
ラッセル開始

 歩き初めて3時間ほどで先行者に追いついたが、どうやら登山道を歩いていると思っていたようで、完全にコースを誤っている事が判明した。
 既に辺りはかなりの急傾斜。トラバースは不可能なのでとりあえずこのまま稜線を目指す・・。修行のようなラッセルが続き、心が折れそうになった頃、ようやく稜線に到着。目指したはずの焼岳は鞍部の反対側はるか向こうだった。

20150228焼岳06_420
なぜかキラキラのふみふみさん

20150228焼岳07_420
笠ヶ岳

20150228焼岳08_420
焼岳(鞍部の向こう・・

 それでも青空の雪の稜線からの眺めはすばらしく、しばらく時間を忘れて景色を楽しむ。噴煙を上げる焼岳、静寂の上高地、モンスターのような雪庇、北に目をやれば2週間後に狙っている西穂高が見える。やっぱりアルプスはええなあ。

20150228焼岳09_420="
稜線に到着

20150228焼岳10_420
モンスター

20150228焼岳12_420
YAKE(来年は行くぞ!)

20150228焼岳13_420
噴煙を上げる焼岳

20150228焼岳14_420
いつものやつ

20150228焼岳15_420
すごい雪庇

 時間もそろそろ押してきたので登って来た尾根を下る。

20150228焼岳16_420
さあ下山

 とてもスノーシューで下れる傾斜ではないのでザックの雨蓋に挟み坪足で下る事にする。しかしこれが大失敗。沈みこみは膝どころか足の付け根まで。何回もつんのめっているうちに背中に付けていたはずのスノーシューが無い事に気づく。谷を探したり登り返したりしたが、結局、我々の後から下ってきた単独行の方が回収してくれていた(ありがとうございます)。何とか日没までに登山口にたどり着く事ができた。

20150228焼岳17_420
青空と笠ヶ岳

20150228焼岳18_420
細尾根を急降下

 後は奥飛騨温泉郷の立派な温泉につかり、高山の王将で夕食をとって何とか日付が変わる前には帰宅。苦労したけどいいトレーニングになったかな。参加の皆さん、特に長距離運転&ラッセル役のやっさん、お疲れ様でした。

記 たろー
スポンサーサイト
御在所(藤内沢) 2015.2.21
20150221藤内沢07_420
集合写真


メンバー:ふみふみ、やっさん、たばっち、CUB、なお、えだこ、やまさん、たろー

コース :蒼滝P(8:20)~鈴鹿スカイライン(8:50)~藤内沢出合(10:10)
    ~藤内沢3ルンゼ~御在所山上公園(12:45~13:25)~藤内沢3ルンゼ
    ~藤内沢出合(14:50)~鈴鹿スカイライン(15:40)~蒼滝P(16:10)



 天候判断により麦草岳から藤内沢に変更になった今回の山行。

 私は雪山の非難小屋泊が心配で参加に躊躇しましたが、ステップアップのためにエントリーしていました。しかし、私のその決意も虚しく変更に…でも、本当に自信がなかったので「ほっと」した気分を感じたのも事実です(笑)

(悪天にしてしまったのは私の影響かな??麦草楽しみにしていたメンバーの皆様すみません(笑))

 麦草岳エントリーメンバーに、やまさんと最近成長著しいたばっちが加わり藤内沢に挑みました。天気は晴天で鈴鹿山脈に雲ひとつかかることのない青空が広がってました。最高の山日和でした!今回は蒼滝公共駐車場からスタートです。

 初めて裏道1合目をみました。今まで途中から裏道の登山口から登り始めているので、下から登り始めるのがとても新鮮でした。

20150221藤内沢01_420
ポカポカの藤内小屋


20150221藤内沢02_420
雲一つない青空


20150221藤内沢03_420
藤内沢出合

 何回か登ったことのある裏道ですが、まさか自分が藤内壁出合でロッククライミング用のルートの方に行く日がくるなんて思いもしませんでした。いつもこの場所で、すごい所だなぁと思って通り過ごしていたのに!自分でもビックリです。

 テスト岩でアイゼン、ピッケル、ハーネス、ヘルメットと完全冬山装備を装着して、本格的な雪山登山がスタート!

20150221藤内沢04_420
藤内滝の前でハイポーズ

 数センチ下は崖というトラバース箇所には、怖気付きましたが信頼できるメンバーがいるから「大丈夫」だと自分に言い聞かせて乗り越えられました。信頼できるメンバーがいることは本当に心強いです。いつも甘えてばかりで頭が下がる思いです。

20150221藤内沢05_420
危険なトラバース

 今回、トレースのない雪深いところを登るのはすごく大変だということを再確認できたこと、杖がわりで使うことが多かったピッケルを初めてアイスに突き刺し、そしてアイゼンの前歯2本をきかせて氷の斜面を登って行く事にチャレンジできたこと等、いろいろと収獲のある山行きになりました。

20150221藤内沢06_420
フランケ下の氷柱


20150221藤内沢08_420
雪が多いなあ


20150221藤内沢09_420
氷を見に寄り道


20150221藤内沢10_420
急斜面


20150221藤内沢11_420
4本脚のえだちゃん

 さくさくと軽快にそして楽しそうにラッセルして登るメンバー、何にも恐れることなく、華麗なピッケル、アイゼン捌きで、斜面を登るメンバー、危険ルートを回避してルートファインディングするリーダー、鈴ハイにはたくさんの達人がいることを再確認できました。私も、少しずつ達人から学んでいきたいなぁと思います。

20150221藤内沢12_420
登ってきたなあ


20150221藤内沢13_420
3ルンゼの樹氷


20150221藤内沢14_420
アイスクライミング準備中


20150221藤内沢15_420
なぜか主役のたばっち


20150221藤内沢16_420
氷を登ってみる


20150221藤内沢17_420
山上公園はもうすぐ


20150221藤内沢18_420
全部青空


20150221藤内沢19_420
アイスクライマー


20150221藤内沢20_420
藤内沢を下降

 リーダーのたろーさんをはじめ今回参加されたメンバーの皆さん、いろいろなご指導と安全確保ありがとうございました。これからも、いろいろな山行きをお供させて下さい。

えだこ
松尾池~百々ヶ峰 2015.02.15
20150215松尾池09
手乗りヤマガラ



メンバー:
toriya、シャモニー、にょろ、こじろう、こじろうさんの旦那さま
たばっち、ちゅうた、体験Fさん、
きこり、きこりさんの奥さま・お子さま、すみすみ、すみすみさんのお子さま

コースタイム:
松尾池(9:30~11:05) ~ 松尾池11:10  ~岩場通過11:35 ~ 百々ヶ峰12:20
~ 展望台でランチ(12:50~13:25) ~ 松尾池14:00



 鳥エサ山行に昨年に続き2回目参加のシャモニーです。
なぜ参加するのか?それは鳥が好きだからです!

 岐阜駅から30分ほどのところにある松尾池では野生のヤマガラちゃんたちが
手からピーナッツなどをついばんでくれます。
手にとまったときの足の感触、間近に見るヤマガラちゃんの独特の顔バランス、
一生懸命にピーナッツを殻から取り出す姿、、、ほんとにかわいい!です!

 遠巻きにシジュウカラ、カヤクグリ、クロジ、アオジなどもいますが、
手にとまるのはヤマガラちゃんだけです。

20150215松尾池01
手乗りヤマガラ1

20150215松尾池02
手乗りヤマガラ2

20150215松尾池03
手乗りヤマガラ3

20150215松尾池05
手乗りヤマガラ4

20150215松尾池11
まだ来ないかな

20150215松尾池12
きこりさんのお子さまがヤマガラに大人気。

20150215松尾池14
誰が置いたか、ピーナッツバイキング

 他にもセキレイ、ジョウビタキ、オシドリ、カモなどがいたし、
カワセミのオス、メスのペアがいました。

20150215松尾池04
夏は高山にいるカヤクグリ

20150215松尾池06
エサ台のシジュウカラ

20150215松尾池07
エサ台のクロジ

20150215松尾池08
カワセミペア1

20150215松尾池13
カワセミペア2

20150215松尾池10
オシドリ

 鳥エサの後は山歩きです。1時間ほどですが途中には急な登りや岩場もありアドベンチャー気分も味わえる楽しい山歩きです。

 今回は子供さんの参加が5人、ショイコで負われてるお子ちゃま以外の4人は元気いっぱい頼もしく先頭を歩いて行きました。

20150215松尾池15
明るい山道

20150215松尾池16
元気いっぱい

 頂上について展望台からは金華山、長良川などが見れましたが遠くの山々は見えませんでした。

 昼休憩のあとは登りとは違う道、“はっきりしない小径”(整備された 道だったよ~)から下り、30分ほどで松尾池にもどってきました。

20150215松尾池17
道中設置してある看板

20150215松尾池18
何だか、表現が細かい・・・ 

 今回は総勢16人、うちお子様5人、体験さん1人、ご家族3組の参加でした。
(体験Fさんは余裕の足どりでしたね!また参加下さいね。)

 リーダーとりやさん、参加の皆様お世話になりました。
自然の中で過ごす素敵な休日をありがとうございました!

記:シャモニー


御在所 中道
20150214御在所岳11
樹氷いっぱいの御在所山頂で



メンバー:やっさん、ちゅうた、ずみ、たばっち、やまさん、ふみふみ、toriya

コース :鈴鹿スカイライン(10:00) ~中道~キレット(11:30)~
      御在所山上公園(12:45~13:40)~中道~キレット(14:30)~
      鈴鹿スカイライン(15:25)~蔵之助駐車場(15:40)



 2月に入って暖かい陽射しと雪雲がめまぐるしく入れ替わっていたが、藤内沢登山に合わせて前日から雪が降り、菰野町役場から見上げる御在所が白い♪しかし、凍結した登山口への移動でアクシデント発生。

 スタート時間が遅れたが気を取り直してリーダー交代し、急遽中道で行けるところまで行こうとスケジュール変更。

20150214御在所岳01
御在所スカイライン駐車場

 登山道に入ると思った以上の積雪だがトレースもしっかりあり歩きやすい。早目にアイゼンを装着して深い新雪をどんどん進めば、負ばれ岩についたころには空も気持ちも晴れてきて、寒がりの私もインナーを一枚脱ぐ。

20150214御在所岳02
おばれ石

20150214御在所岳03
今日のおやつ~たばっち自作!!鈴ハイ写真つきのバレンタインチョコ♪

 まずは3合目で雪チェックのひとくち目、火照った身体と喉に心地よい。急坂では踏み後のない雪の中を腰まで雪に埋もれ笑いながら降りてくる女性あり、雪と戯れてめちゃ楽しそう!

 我々も時には巻道行かず敢えて岩の間をよじ上ったりして一歩一歩を楽しんで進む。尾根道の両側には雪と風がいたずら書きした雪紋。白一色が織りなす光輝く陰影。振り向けば麓がかすんで下界が近いようで遠い。

20150214御在所岳04
ロープウェイを望む

20150214御在所岳05
キレット通過

20150214御在所岳06
下を見れば、四日市の町並み

 高度が上がるにつれ風も冷たく気付けば8合目の見晴台あたりから樹氷が咲きはじめる。雪チェック2 凍てた粉雪が一段と美味しい。

 鎖場も慎重に、でも難なく通り、最後の急坂を登りきって山頂に到着♪山頂の樹氷も今日はまだ真新しく一段と美しい。
半透明に光る樹氷のトンネルを通りぬければハラハラと枝から氷が舞う。

 山頂の雪チェック3、ついで樹氷も味わってGood!

20150214御在所岳07
登ってきたぞー!

20150214御在所岳08
展望台

20150214御在所岳09
もうじき山頂

20150214御在所岳10
ハートの前にて

20150214御在所岳11
一人はみんなのために、みんなは一人のために(・・・的な!)

20150214御在所岳12
山頂にて

20150214御在所岳13
樹氷

 ロープウェイ展望台の暖かい室内で暖かいカップヌードルで食べてたらのんびり…し過ぎ、アイゼンつけながら脚に気合いを入れ直して下山開始。

20150214御在所岳14
御在所をあとに下山開始

20150214御在所岳15
ふたたびキレット

 重くなった足も下りになれば雪道はさらに楽しい♪雪斜面でのステップに心が弾み、朝のへこんだ気持ちは一掃され山、楽し!の気持ちいっぱいで登山口にみんな笑顔で戻ることができた。


 アクシデントはあったけど、そういうことに備えて常日頃最前を尽くし、対処し、多くの方が心配りしていただいている事を痛いほど感じました。

 そしてだからこそ迷惑は絶対かけないようにというメンバーの言葉に共感。下り道で小さなビニールゴミを拾ってためらう事なくポケットに入れる姿もみました。みんな山が好きなんだなぁ♡

 メンバー一人一人が魅力的な鈴ハイにお仲間入りさせていただき今回も感動をいっぱいいただいた事に感謝して、お粗末ですが初レポートでした。

記)ずみ

雪の鎌ヶ岳 2015.02.11
20150211鎌ヶ岳07
積雪の多い鎌ヶ岳山頂にて




メンバー:えだこ、ふみふみ、たばっち、ちっぷる、やっさん、まゆ、なお、たろー、
      体験Oさん、体験Mさん、やまさん                           

コースタイム:長石谷登山口(8:19)~弥一ヶ岳(9:55)~鎌ヶ岳(11:39~12:36)~
         弥一ヶ岳(13:52)~長石谷登山口(14:52)    

   
鈴ハイ一疲れやすい女たばっちです。
                                                  
今回はやまちゃん企画の鎌ヶ岳。
募集要項に『雪のセブンマウンテン制覇を目指そう!』とある。
シリーズ企画なのか?
でも私は初詣入道ヶ岳、御在所御来光企画に参加済だから、コレも行っとくべきだわと思い、やまちゃんに参加連絡。

すると、必要装備にアイゼン、ピッケルとのこと。

ピッケルは持ってないのでやまちゃん始め達人メンバーに相談して購入。たまたまセール中だったので、今後必要なモノは今のうちに買っておこうと思いお師匠様に相談すると、あれやこれやという間にガッツリ冬装備が揃ってしまった。ボーナスは雪山へと消えていった。。。

さあ、後は登るだけ。

参加を迷っているチップルちゃんを巻き込み、いざ出陣‼︎
メンバーは当初リーダーやまちゃんと皆勤賞狙いのふみふみさん、達人の仲間入りを果たしたえだこちゃんと素人代表の私の4人だったが、直前にバタバタと増えてアスリートに山岳ガイド、四天王までもが揃ってしまった。ほのぼの女子会の予定が強者勢揃い!

集合場所から車を3台に集約して鈴鹿スカイラインの駐車場に停め、長石谷登山口より登り始めた。                                                 
20150211鎌ヶ岳01
長石谷登山口

まずは沢を渡る。足がかりの石も雪がかぶっていたり凍っていたりと滑りやすいので注意が必要だ。結構みんな滑っていた。もちろん私も。

渡りきった所から登りの道が始まる。
リーダーやまちゃん、超人なおさん、アスリートまゆちゃん、山ガールちっぷるちゃんの次に私たばっちだったが、5分と経たないうちに早くも遅れ始める。

おかしいなあ。
御在所御来光のときはまあまあついていけたのに。

20150211鎌ヶ岳02
尾根を登る超人なおさん

アタマから湯気を立てながら歩き続けるがどんどんノロくなる。後ろに付いてくれたたろーさんから『たばっち姿勢が悪いよ。前かがみになるから余計疲れるよ』とアドバイスが入った。

た…確かに!

一歩登るごとに真っ直ぐ立ち上がり、また一歩、真っ直ぐ…を繰り返す。もう無心で登るしかない。
途中でアイゼンを付けたり、上着を脱いだりしたのだが…あまり記憶がない。隠し持っていたおやつをたろーさんに渡してさばいてもらう。

重くてもう持てません( ̄◇ ̄;)

20150211鎌ヶ岳03
弥一ヶ岳から御在所岳

私の後ろに渋滞が発生する中、えだこちゃんたちが雪の中についている動物の足跡当てゲームを始めていた。たろーさんが『ネズミはしっぽがするから縦に線ができるんだ』とかトリビアを披露している。

今のうちだ!
みんなが動物ゲームに沸いているすきに、ちょっとでも前に進まないと。。。
しかし遅い。

あまりにも私のスピードが遅いので、ふみふみさんが飴をくれた。
イチゴ味♪
あー。がんばる!

20150211鎌ヶ岳04
ふみふみさんからパワー飴いただきました!

しばらく経つとまた遅くなってきたので、後ろから鬼監督…いえ、優しいお師匠様が時速1キロをきったら罰ゲームだぞ〜と脅かしてきた。
うぎゃー、頑張ります!

20150211鎌ヶ岳05
急登をかんばる!

またしばらくすると遅い…今度はやっさんがサイダーの飴をくれた。
ふぉー、刺激的!
がんばる!

20150211鎌ヶ岳06
カマキリポーズ!!


と、アメとムチを交互に受けながらいつの間にか山頂に着いていた。先に着いた仲間が出迎えてくれる。
ありがとうーみなさん!
何とか登れました!
遅れちゃってすみません!!

山頂は雪が深く、秋に登った時とは別世界だった。お社や鳥居もすっかり雪の下。

そしてついに!お楽しみのご飯タイム♪♪
各自用意したお昼を食べる。
私のごはんはカップラーメンのちゃんぽん麺。山専ボトルからお湯を注いで3分。冷めないうちに急いで食べる。汁も飲み干して満腹!満足!!
元気出てきたー┌|≧∇≦|┘

山頂で記念撮影をして下山にかかる。

20150211鎌ヶ岳07
雪が多いので山頂のプレートが低いです

下りるのは楽だわ〜と深い雪をズブズブと滑り下る。楽しい〜(^^)
アイゼンを付けているので岩場は引っかけないように慎重に。

20150211鎌ヶ岳08
アイゼンを岩場に引っ掛けないよーに

登りが辛かったことはすっかり忘れてもう楽しい楽しい♪
あっと言う間の時間でした。
雪山最高〜!
今回ご一緒できた皆さん、ありがとうございました(^O^)

下山後に駐車場に戻り解散すると、たろーさんより体力増強の特訓メニューを言い渡される。

毎日スクワット100回!?
ええええ〜

(記)たばっち
御池岳テント泊 2015.02.07~08
20150207御池岳11
青空のテーブルランド



メンバー:やっさん、ふみふみ、たろー、ひで

コース1日目(2月7日):
国道306(9:00)~犬返し谷左岸尾根~カタクリ峠(10:50)
~丸山(12:15)~昼食~ボタンブチ(13:00)~テン場(13:10) 泊



 登山を始めたころからの目標だった「テント泊」「冬山」。その両方を一度に楽しめる御池岳テント泊に行ってきました。
メンバーは鈴ハイの中でも2014年山行が最も多いお三方と私の4人。

 藤原パーキングにて、たろーさんの車に乗りあって出発です。先月の御池岳は雪が多く、麓から2時間近く歩いたそうですが、今回は車が通れるとは思えないけもの道?を通り、登山口まで乗りつけることが出来ました。

 まず共同装備を4人で分担します。ザックが今まで経験したことのない重さになりますが、たろーさん、やっさんのザックは私より更に二回りほどデカい!一体、何kg担いでいるのか・・・

20150207御池岳01
1テント装備が重い

 登山口から雪は積もってますが、雪が締まっているのとトレースがはっきりついているのでとても歩きやすいです。
皆さんのペースにも十分ついていける!と、この時までは思ってました。

20150207御池岳02
気持ちのいい青空

20150207御池岳03
あえて踏み跡の無いところを登る

20150207御池岳04
思わず笑顔

20150207御池岳05
頂上に続く足跡

20150207御池岳06
やっと丸山へ

20150207御池岳07
ボタンブチを眺めながら昼食

 途中から雪が深くなり、足取りが急に重くなり、あっという間に差が開いていきます。
足取り重く、心が折れそうになった矢先、目の前には一面のテーブルランド!

 一気にテンションが上がり、疲れも忘れてトレースの無いところを走ります。

 気持ちいい!楽しすぎます!!

20150207御池岳08
いよいよテーブルランドへ

20150207御池岳09
ボタンブチへ続く足跡

20150207御池岳10
真っ白い雪原

20150207御池岳11
楽しすぎる~

 そこからもう少し進んでから、比較的地面が平らで夕日の展望が望めそうな場所を今日の幕営地として陣取ります。

20150207御池岳12
テンバはどこにしようかな

20150207御池岳13
ボタンブチを後に

 この時点で13時。時間もあるのでカマクラを作ります。ひたすらスコップを振り回し、作成から2.5時間。腕と腰が悲鳴をあげながらも、4人が座ってご飯が食べられる立派なカマクラが完成しました!

20150207御池岳14
カマクラ作りその1

20150207御池岳15
カマクラ作りその2

20150207御池岳16
カマクラ作りその3

20150207御池岳17
カマクラ作りその4

20150207御池岳18
完成!

20150207御池岳19
夕日

20150207御池岳20
だれもいないテーブルランド

 そこからは雪を溶かして水を作りつつ、本日のメインイベント鍋大会の開始でしたが、
あれ・・・鍋がない・・・どうやら車の中に鍋を忘れてきたようです(T_T)。

 仕方がないのでコッヘル&バーナーで賄いますが、意外となんとかなるもんです。
ふみふみさん調理のお陰で、とても美味しいお鍋を頂きました。

20150207御池岳21
おつまみ

20150207御池岳22
なべもの

 その後は、オレンジ入りホットワインを頂きながら、昔の過酷な山行話で盛り上がります。
 あっという間に時間は過ぎ、山の夜としては夜更かしの21時頃にテントへ入りました。

 心配していた寒さは、たろーさんアドバイス通りにマット二重作戦で全く問題なく、朝まで熟睡出来ました。

20150207御池岳23
ろうそくの灯りがあったかい

20150207御池岳24
カマクラの夜は更けていく・・

2日目に続く



続きを表示する
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ