松山尾根から鎌ヶ岳 2014.09.28 
20140928鎌ヶ岳06
恐怖の松山尾根キレット



メンバー:次郎、ふみふみ、なお、にっさん、やっさん、やまさん、まゆ、サク、
      たろー、体験Tさん

コース :稲ヶ谷登山口(8:40)~野洲川~松山尾根取り付き(9:35)
   ~キレット(11:30~12:10)~鎌ヶ岳(12:35~13:15)~岳峠
   ~ニゴリ谷~稲ヶ谷登山口(15:10)



 今回は秋例会前の山行として、鈴ハイらしく鈴鹿のバリエーションルートを歩いてみました。通常であれば御在所に次ぐ人気コースの鎌ヶ岳ですが、滋賀県側からのアプローチは静かな山歩きが楽しめます。

 メンバーもいつもの常連さんから久しぶりの方、最近入会したばかりのニューフェイス、そして体験参加の方も見え、とても賑やかです。

 ルートに選んだ松山尾根は基本、樹林の中の展望のあまり良くないコースですが、頂上付近のキレットはその幅十数センチ、足の幅よりも狭く少し歩きとザラザラと崩れていきます。

 たぶん恐怖心を感じないなおちゃんはルート工作をすべくひょいひょいと渡っていきますが、その他のメンバーは若干顔が引きつり気味。特にサクちゃんには相当怖い思いをさせてしまったかもしれません(ごめんなさい)。

 キレットを全員無事通過した後は鎌ヶ岳山頂でお昼ご飯と記念撮影、下山もチョイバリルートのニゴリ谷を歩きました。
ちょっと地味で怖い所もあったかもしれませんが、地図に載っていないコースを歩く楽しみを少しは分かって貰えたと思います。

 これに懲りずにまたどしどし参加してください。

たろー

<写真>
20140928鎌ヶ岳01
まずはこの標識のある所から沢に降りる

20140928鎌ヶ岳02
御在所が見える

20140928鎌ヶ岳03
基本、樹林に覆われた尾根を行く

20140928鎌ヶ岳04
問題のキレット なおちゃんはスタスタ

20140928鎌ヶ岳05
慎重に慎重に

20140928鎌ヶ岳06
にっさん、腰が引けてるよ!

20140928鎌ヶ岳07
ちょっぴり紅葉が始まっている

20140928鎌ヶ岳08
綿向山、雨乞岳

20140928鎌ヶ岳09
鎌尾根

20140928鎌ヶ岳10
頂上から雨乞岳を眺める

20140928鎌ヶ岳11
イブネ、クラシの台地

20140928鎌ヶ岳12
記念撮影

20140928鎌ヶ岳13
ニゴリ谷はこの標識の裏から

20140928鎌ヶ岳14
大岩ゴロゴロの斜面を下る

20140928鎌ヶ岳15
青空が気持ちいい

終わり
スポンサーサイト
唐松岳 2014.09.27
20140927唐松岳02
紅葉と雲海と白馬三山



メンバー:とりや、やっさん、ふみふみ、えだこ、ガビ

コース :黒菱平(7:20)~リフト八方池山荘(7:45)~八方山(8:30~8:50)
    ~八方池(9::05)~丸山ケルン(9:45)~唐松岳(11:30~12:05)
     ~唐松山荘・昼食(12:20~13:20)~丸山ケルン(13:55)
     八方池(14:50~15:05)~八方池山荘(15:50)~リフト~黒菱平(16:10)

下山後のおまけ: 温泉&蕎麦     




 雨が多かった今年の夏、なかなか山に行けず悶々とした人は多かったのではないでしょうか? 山に行けず、筋力が衰え、加齢も加わり、歩けるかどうか・・・。今回とりやリーダーの企画に集結したメンバーは、ほぼ毎週末山に行ってるステキな山キチさんたち。だから、ちょっと心配。 ついていけるかなぁ。。

 今回の集合は金曜の夜。メンバーの中には残業を切り上げてきた人もいたようです。私はというと、久々にフリーの週末で、余裕あり。パッキングした荷物を車にのせ、気合を入れて一番のりです。

 合流後はまず、メンバー最年少のえだこの山行き具合をチェックします。 え~!! そんなに山行ってんの・・・!? やばいかも。。 後のメンバーの様子は省略します。

 高速を降り、山に入ると辺り一帯は深い霧で先がまったく見えません。ハンドルを握るやっさんは静かに緊張し、ふみふみは寝ていたので静かでしたが、えだこと私は興奮しました。本当に怖かったです。でもこのスリル満点のドライブでそれまでの不安はどこかへ行きました。駐車場につき、ライトで確認できる視界2メートルの中、なんとかテントを張ります。後は朝まで4時間ほど仮眠です。

 朝は予定通り起床し、テント撤収、リフトに並びます。思ったより寒くなく、いい感じです。リフトを乗り継いで、八方池山荘へ。ここからスタートです。

 しばらく歩くと八方池に到着。八方池周辺は紅葉真っ盛り。風も心地よく最高です。しばらく景色を楽しんだ後、再び頂上を目指します。後方を行くふみふみは、とりやさんと次の山行の話で盛り上がっていて、ところどころツッコミを入れたくなったけど、こちらは息が続かなくなりそうなので、聞くのみです。(というか、聞こえてくる。)とりやさんは、草花にも詳しい人、というイメージでしたが、今回、登りの途中で口にした木の実にあたってずっとお腹が痛かったそうです。

 頂上には雷鳥ファミリーもいて、しばらく撮影会を楽しみました。リーダーから大福のご褒美が振る舞われ、360度のパノラマを楽しみ、山頂の空気を十分味わった後、唐松山荘に戻ってひさしの下でお昼ご飯を食べました。日向ぼっこしながら、やっぱり山はいいなぁ、と思いました。

 帰りは来た道を戻るので楽チンです。途中休憩をとりながら、ほぼ予定通りに下山。日程的には強行軍だったけど、雰囲気的にはのんびりまったりの山行でした。そして私は、今回無事歩くことができた上に、紅葉を楽しみながら去年歩いた白馬三山や五竜を眺めることができ、大満足!!でした。

 企画をあげてくださったとりやさん、往復ドライブのやっさん、いつも元気をくれるふみふみ、涼しい風をくれるえだっち、楽しい休日をありがとうございました。 またぜひ山でご一緒したいです。

(同じ日に御嶽山の噴火がありました。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします)

記 Gabi (ガビ)

<写真>

20140927唐松岳01
第1ケルン付近から、これから登る八方尾根

20140927唐松岳02
紅葉と雲海と白馬三山と・・・

20140927唐松岳03
反対側には五竜と鹿島槍

20140927唐松岳04
真正面に不帰キレット

20140927唐松岳05
八方池にて

20140927唐松岳06
八方池にて2

20140927唐松岳07
安全祈願

20140927唐松岳08
歩きやすい道

20140927唐松岳09
快調に登る。特にひさびさのガビちゃん絶好調

20140927唐松岳10
錦織なす・・・

20140927唐松岳11
イチョウ幼鳥1,2,3・・・5羽も!

20140927唐松岳12
ライチョウどあっぷ

20140927唐松岳13
ライチョウどあっぷ2

20140927唐松岳14
唐松岳ピークにて

終わり
奥穂高岳から西穂高岳 2014.09.20~21
20140921奥穂西穂21
朝焼けのジャンダルム



メンバー :なお、ふみふみ、次郎、たろー

コース

20日
新穂高温泉(6:15)~右股林道~白出小屋跡(7:40)
~白出沢~穂高岳山荘(12:25)

21日
穂高岳山荘(4:45)~奥穂高岳(5:25)~ジャンダルム(6:20)
~天狗の頭(8:20)~間ノ岳(9:00)~西穂高岳(10:35)~西穂独標(11:45)
~西穂山荘(12:45~13:15)~新穂高RW(14:10)




 今回の山行は少し予定変更になり「奥穂-西穂 縦走」です。

 そこは素人が簡単に足を踏み入れてはいけない領域だとみなさんご存知の事でしょう。 参加に躊躇している私の背中をふみふみさんに優しく押して頂き、鈴ハイ四天王?の3人に同行させて頂きました。


【1日目】

 新穂高温泉から白出沢(しらだしさわと読むらしい)ルートを通り穂高岳山荘まで約2000mを登ります。
天気は快晴、新穂高温泉を6時過ぎに出発し、絶景の笠ヶ岳を背にひたすら登りました。

 稜線が見えてから登っても登っても全然近付いて来ない穂高岳山荘に心を折られそうになりながら、そして一気に2000m登るため高山病への不安を抱きながら、何とか穂高岳山荘に辿り着きました。みなさんは先週の打込谷沢登りが相当きつかったらしく疲れが残っているそうでしたが後半ぐんぐん離されて、「どこがやねん!!」って心の中で叫んでましたw。

 山小屋での夕食(意外に豪華でした)後、ガスっていたため、夕陽は見ることが出来ませんでしたが、寒さに震えながら見たジャンダルムは壮観でした。

 星空は綺麗でしたが寒すぎて早々に退散、冷えた体をふみふみさんの玄米茶で温めてもらいました。温かい玄米茶最高でした! そして、今日西穂から来たと言う二人の男性に不安を煽るような話とお酒を頂きながら宴を楽しみました。

 消灯前、明日の準備をしていると“あれっサイフが無い!?”あちこち探し回って、ザックの中を見直していると、たろーさんが「これ?」と外まで探しに行って見つけてくれました。なおさんも「サイフあった?」って部屋まで心配して来てくれました。みなさんの優しさに、夜な夜な枕を涙で濡らしたのは言うまでもありません。(ふみふみさんはサイフを失くした事を知りません、念のため)


<1日目写真:クリックすると大きくなります>

20140921奥穂西穂01
新穂高ロープウェイ ここからスタートです

20140921奥穂西穂02
白出沢は急傾斜のガレ沢

20140921奥穂西穂03
巻道もスリリング

20140921奥穂西穂04
笠ヶ岳(先週歩いたよな~)

20140921奥穂西穂05
稜線が見えた(見えてからが長い・・)

20140921奥穂西穂06
もうきついのなんの・・・

20140921奥穂西穂07
穂高岳山荘到着

20140921奥穂西穂08
少し早く着いたのでのんびり

20140921奥穂西穂09
今日はテントもチラホラ

20140921奥穂西穂10
奥穂の登り口、明るいうちに確認

20140921奥穂西穂11
夕食は思ったより豪華

20140921奥穂西穂12
雲海に浮かぶジャンダルム

2日目へ続く

続きを表示する
金木戸川打込谷から笠ヶ岳 2014.09.13~15
20140915打込谷46
2.5日かけてたどり着いた笠ヶ岳山頂で記念撮影、



メンバー :なお、ふみふみ、やっさん、たろー

コース

9月13日 :双六ダム(7:05)~第2ゲート(8:10)~中俣川出合(9:20)
     ~取水施設(10:40)~小倉谷出合(11:10)
     ~壊れた吊り橋・大休止(13:05~14:05)~打込谷出合(14:35)
     ~Ca1500m・泊(17:45)

9月14日 :泊地(7:10)~仙ノ淵(10:00)~二股Ca2030(15:40)
      ~右股Ca2100・泊(16:30)

9月15日 :泊地(7:00)~稜線(10:15)~笠ヶ岳山荘(10:35)~笠ヶ岳(11:10)
      ~笠ヶ岳山荘~笠新道~登山口(16:20)~新穂高温泉(17:10)





<1日目>

 今回はたろーリーダーが4年温めた企画、北アルプス笠ヶ岳に突き上げる打込谷遡行2泊3日。リーダー以外は皆、初アルプス沢です。

 前日夜、東海市に集合して出発、道の駅で仮眠。朝、金木戸林道ゲート前に移動。ここから長いアプローチが始まります。

 最初は林道で途中から軌道跡を歩きます。道はそれ程悪くなく久しぶりの晴天、快適です。そして第一の難関と思われた金木戸川本流の渡渉も膝上くらいで余裕。やっと打込谷に入ります。

 日差しがあるせいかとても明るい印象の谷です。二時間程遡行したところで今日のテン場探し。三テンが一つ張れるスペースを見つけテント設営。

 薪を集め焚き火をおこして、ふみふみさんが作ってきてくれた豚汁を頂きます。今日は上半身濡れるコトなく遡行できたので寒くありません。星空を眺めながらちょっとまったり。

 明日が本番なので早めに就寝にします。荷物は外で三テンに四人で寝ましたが、窮屈さもなくぐっすり眠れました。

記 なお

<1日目写真>

20140915打込谷01
林道歩きからスタート

20140915打込谷02
発電所

20140915打込谷03
中俣川

20140915打込谷04
神社があった

20140915打込谷05
まだこの辺は元気

20140915打込谷06
取水施設

20140915打込谷07
林道は終わり、昔の森林鉄道跡を歩く

20140915打込谷08
けっこう荒れている

20140915打込谷09
やっと入渓ポイント、ここまで6時間

20140915打込谷10
遡行開始

20140915打込谷11
思ったより苦労する

20140915打込谷12
F1 この滝を越えた所でキャンプする事に

20140915打込谷15
何とか3テンが張れました

20140915打込谷13
焚火は楽しい

20140915打込谷14
ふみふみさん特製のトン汁


<2日目>

 テン場の関係で3テンに4人で寝る事になったが、窮屈さも無く、逆に暖かさもあって翌朝は快適な目覚め。しかし今日は標高差1200mを登らなくてはいけない。前日の林道歩きで体のあちこちがギシギシ言っているが大丈夫だろうか。

 歩き初めて直ぐに泳ぎが必要なゴルジュが現れる。夏なら正面突破も考えたが今はもう秋。考える間も無く巻く事にする。ちょうど先行していた京都雪稜倶楽部がロープを出して巻き道に取り付いていたので見学休憩。

20140915打込谷16
いきなりゴルジュ

20140915打込谷17
大人しく巻く

20140915打込谷18
念の為ロープを出す

 ゴルジュを越えると谷は一旦平凡になるが、なかなか一筋縄では行かない。厳しい滝こそ無いものの、飛び石や膝ぐらいの渡渉を幾度も強いられる。水温が高く、荷物も重くなければ何て事は無いんだけど、慣れないメンバーは苦戦している。ただ、谷は明るい雰囲気で日差しも届くので気分はいい。

20140915打込谷19
飛び石が苦手なふみふみさん

20140915打込谷20
京都雪稜倶楽部も苦戦中

20140915打込谷21
草をつかんで巻き下る

20140915打込谷22
谷は明るい

 出発から3時間ほどで仙ノ淵に到着。この谷には珍しい見栄えのする滝だ。ここは右岸に踏み跡から素直に巻く。雪稜倶楽部のI君は釜で泳いでいた。とても真似出来ない。(したく無い)その上の10m滝はシャワーで直登。

20140915打込谷23
仙ノ淵

20140915打込谷24
泳いでる人がいる!?

20140915打込谷25
ここはサクっと直登

 仙ノ淵から上も基本ゴーロの渓相が続く。傾斜が緩いのでなかなか高度が稼げず少し焦ってくる。雲の隙間から稜線が見え初めたが余りにも遠い。本当にあそこまで行けるのだろうか。

20140915打込谷26
支流をいくつか分けて

20140915打込谷27
稜線は雲の中(遠いなあ)

 支流を幾つか分けて登っていくと傾斜も徐々に立ってきて滑滝が現れ始める。標高はまだ2000mに届いておらず、今日中に稜線にたどり着くのは厳しくなって来た。

20140915打込谷28
途中で集合写真

20140915打込谷29
斜滝が出てきた

20140915打込谷30
滑滝地帯に入る
 
 滝を巻いたり、水流横を登ったりして進んで行くと標高2000m付近の二股に到着。時間は15時を回っている。過去の記録を見るとここから稜線までは3時間は見て置いた方が堅い。無理して稜線に上がるより今日も谷中で泊まった方が焚き火も出来るし良いだろう。二股を右に入り少し進んだ所で二日目の泊地を決める。雪稜倶楽部は二股付近にキャンプを張ったようだ。

20140915打込谷31
標高2000m付近の二股

20140915打込谷32
右に入って少し登った所でキャンプ

 既に森林限界に近い為か焚き木が乏しく節約モードでの焚き火になったが、服を乾かし、暖を取るには十分だった。今日の献立はホワイトシチューにパスタ。山の中とは思えない程の豪華な食事(ふみふみさんありがとう)に癒されながら、静かな北アルプスの夜を楽しんだ。

20140915打込谷33
何とか焚火が出来ました。

記 たろー





続きを表示する
剣岳 part2 2014.09.06-07
20140906剣岳25
何回見てもカッコイイ 剣岳



メンバー :ちゅうた 次郎 チョケ

コース
1日目  :室堂ターミナル(09:50)~雷鳥沢(10:35)~新室堂乗越(11:15)
      ~別山乗越(12:15~13:00)~剱沢テン場(13:30)~剣山荘(14:15)

2日目  :剣山荘(04:55)~前剱(06:00)~カニのたてばい(07:05)
     ~剱岳(07:40~08:05)~前剱(09:15)~一服剱(10:10)
     ~剣山荘(10:30~11:15)~別山乗越(12:20)~雷鳥沢(13:20)
     ~室堂ターミナル(14:10)




<1日目>

 さぁ、今年3度目の立山です。新宿からの夜行バスにも、慣れたものになってきました。一応デング熱を心配し、虫よけスプレー吹きかけ新宿へ。夜行バスに揺られながら一路富山へ。

 翌日、立山駅でチョケさん、次郎さんと合流します。お互いあまり寝ていないので、限りなくテンションは低いです。あぁ眠い。そしてここで、北陸の登山仲間と思わぬ再会。「遠路はるばるやってきて、また剱に行くの!?」と半ば呆れられつつ、ケーブルカーに乗り込みます。

 室堂では、立山フェスティバルが開催中。色んなメーカーのブース・クイズラリーやテントの展示会がありましたが、朝が早くて客足は少なく、ちょっとさびしい感じ・・・。とりあえず、マムートブースで「荷物を背負って重さを当てようクイズ」にチャレンジし、残念賞のステッカーをゲット。

 さて、いよいよ本日の目的地に出発です。お天気良く、9月とはいえ暑いくらい。

 雷鳥沢に降り、えっちらおっちら別山尾根を登ります。登っているときは暑かったのですが、別山尾根でご飯を食べている時は、寒い寒い。やっぱり風は9月の風です。あ、次郎さんがカレーを食べている。いいなぁ、暖まりそう。(作っている最中は非常に寒そうでしたが)

 そこからさらに下り、剱沢へ到着です。ちょっと薄曇りですが、剱はばっちり見えます。パチリと記念撮影。

 さて、本日のお宿は「剣山荘」。お布団は3人で2つ、そこそこ混んでいましたが、設備は綺麗でシャワー付き。色々泊まった中でも、相当快適な山小屋でした。晩御飯は景色を見ながら、外で寄せ鍋。食後のコーヒーも飲んで、あぁ幸せ。

 ここで、とりやさんから一通のメールが。

「ヤマテン天気予報によると、朝のうちまで雨が降りやすい。日中は晴れ」
えぇっ!肝心の明け方に雨ですか!?うわぁ、どうしよう。さて、困った。内心相当動揺しながらも、とりあえず「1時間予定をずらして5時出発」ということにして、7時過ぎにはやばや就寝。夜中に起きると外は雨。「今回はテントじゃなくて良かった・・・」と小屋の中にいることに心底安堵しつつ、再度眠りに。明日、晴れへんかなぁ・・・。

記:ちゅうた

<1日目写真>

20140906剣岳01
立山フェスティバル

20140906剣岳02
室堂ターミナルにて

20140906剣岳03
室堂乗越しより立山三山

20140906剣岳04
ミヤマリンドウ

20140906剣岳05
チングルマ

20140906剣岳06
剣沢から剣岳をバックに

20140906剣岳07
本日のお宿 剣山荘

20140906剣岳08
楽しく晩御飯

20140906剣岳09
夕食後の散歩



続きを表示する
東多古知谷 part2 2014.09.06
20140906 東多古知谷07
百閒滝



メンバー:なお、ふみふみ、やっさん、えだこ、体験Yさん、一般Iさん

コース :表道登山口(8:15)~東多古知谷~アゼリア前(11:30)~1時間休憩
    ~表道登山口(13:30)




 今回の山行きは、中央アルプスの西横川沢登りから、御在所岳の東多古知谷沢登りに変更となりました。中央アルプスもきっと素敵な沢行きになったかもしれませんが、私にとって人生初の沢登りの山が、自分の生まれ育った菰野町の御在所岳になったのは良かったのかな?!と思います(*^_^*)

 リーダーのなおさんをはじめ、経験者の方々のサポートのおかげで、不安や恐怖感なく、安心して沢登りを経験できました。滝のシャワーを浴びることなど今まで考えたことがなかったのですが、今回体験して水の勢いに負けないくらいおもしろかったです。2回ぐらいは水の勢いに負けて滑って尻餅をつきましたが^_^;・・・でも楽しかったです。

 今後、安全を心掛けて皆様と沢登りにチャレンジしたいと思います。

 なおさん、ふみふみさん、やっさん、Iさん、Yさん、ありがとうございました。

 記 えだこ


<写真>

20140906 東多古知谷01
表道登山道から

20140906 東多古知谷02
いきなりゴルジュ

20140906 東多古知谷03
腰までつかるのは当たり前

20140906 東多古知谷04
颯爽とロープを引いて登る

20140906 東多古知谷05
なぜか泊装備のやっさん

20140906 東多古知谷06
百閒滝前で

20140906 東多古知谷07
百閒滝

20140906 東多古知谷08
百閒滝の上はまず滑から

20140906 東多古知谷09
そして連瀑

20140906 東多古知谷10
いつも笑顔のふみふみさん

20140906 東多古知谷11
ガンガン登ります

20140906 東多古知谷12
滝、また滝

20140906 東多古知谷13
まだあるの?

20140906 東多古知谷14
初リーダーのなおちゃん

20140906 東多古知谷15
お世話になりました

20140906 東多古知谷16
下山の途中から百閒滝

終わり
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ