能郷白山 2014.08.31

20140831能郷白山03
能郷白山からの展望




メンバー:toriya、ふみふみ、やっさん

コース :林道ゲート(6:35)~能郷谷登山口(7:40)~前山(9:45)~能郷白山(10:50~12:25)
    ~前山(13:40)~能郷谷登山口(15:10)~林道ゲート(16:00)




 今年の8月は梅雨明けしていなかったような週末が続いていた最終の土曜日、とりやさんの機転で雨が降らなさそうな地域を探して能郷白山へ行ってきました!

 能郷谷登山口からのコースでブナやミズナラの林を歩き久しぶりに気持ちの良い汗をかきました♪

 青空も見えたお天気も上々の登りから下山時には黒雲&土砂降りに天気は移り変わりましたが、そこは水をタップリ含んだイキイキとしたブナの木々達を見れたので同じくみずみずしい気分になって降りてきました。

 雨が降っても木々の潤いが感じられる山って良いですね♪

 色んな季節、色んなお天気、色んな仲間とその時にしか感じられないその瞬間を、大切にしたいと思います。

 雨天中止を選ばず、お天気良さそうな地域を探して決行する山仲間の「同じ想い」をこれからも大切にしていきたいです。

 帰りに立ち寄ったうすずみ温泉も良かった~♪広々とした湯船にまったり温泉質の良いお湯。温泉だけにでも来て1日過ごしたいくらいの良い温泉施設でした♪♪

 とりやさん、やっさん、8月の「山に行きたい!」ウップンにおつき合い頂いて本当にありがとうございました!しっかり潤いましたよ~(*⌒▽⌒*)

記 ふみふみ

<写真>

20140831能郷白山01


20140831能郷白山02


20140831能郷白山03


終わり
スポンサーサイト

北八ヶ岳 天狗岳 2014.08.23-24

20140823天狗岳10
夏の大三角形 星空とランプの宿 高見石小屋にて(ほとんどの方は寝ていていましたが・・)



メンバー:ふみふみ、なお、えだこ、ちっぷる、次郎、たろー、体験Sさん

コース
1日目 :渋ノ湯(13:30)~高見石小屋(15:30) 
2日目 :高見石小屋(7:00)~中山展望台(8:00)~中山(8:20)~中山峠(8:50)
    ~東天狗岳(10:00~10:50)~西天狗岳(11:15)
    ~P2416・昼食(12:20~12:45)~唐沢鉱泉(14:15)~渋ノ湯(15:10)




<1日目>

 今回の行き先は、北八ヶ岳最高峰の天狗岳です。

 天候は、今年は週末が雨になる日が多く、予報も雨。 当日はビックリするぐらいの予想以上の大雨。 本当にこんな雨の中登るのか不安に思いながらの出発でした。

 硫黄臭がする登山口の渋ノ湯に着いたときは、太陽も出て良い天気。 1日目は2時間程度の予定なので、雨が降る前に小屋に着けるかもとテンションがあがり、簡単な昼食をすませて、登山スタート。

20140823天狗岳01
渋ノ湯 青空も

 今回のメンバーは、鈴ハイ重鎮3名と、今年鈴ハイ加入した新人3名と、初参加にして山泊参加という強者体験者(女性)の中堅さんがいない計7名です。

 はじめは森の中の平坦な道が、だんだん大きな石がごろごろした道になり、大きな岩場をひたすら登って行くと、次第に苔の森のなかに。 登山口から2時間ほどで、今回の宿の高見石小屋へ到着。 森のなかにこじんまりとした、小さな山小屋でした。

20140823天狗岳02
大きな岩が・・

20140823天狗岳03
賽の河原

20140823天狗岳04
慣れない大岩に苦戦

20140823天狗岳05
高見石小屋に到着

20140823天狗岳06
白駒池

20140823天狗岳07
高見石で記念撮影

 6時から晩ごはんの準備を始めました。 メニューはポトフとパスタと、おつまみにピザもち。 ふみふみシェフに指示されながら、お酒を飲みつつ、まったりモードで調理。 お酒も入ってるので、ちょっとディープな話も出たりして、女子が5人もいるからか、女子会ぽい宴会となりました。

 夜はランプが灯る、ムーディーな小屋で、8:30に消灯。 小さな小屋のため、まさかの雑魚寝! となりの人がめっちゃ近くで寝ることに。そして意外と暑かったです。 私は全く寝られなかったではないですが、時々寝たり、起きたりで、あまり熟睡はできませんでした。

20140823天狗岳08
ムーディーな小屋(写真は別のパーティー)

20140823天狗岳09
雑魚寝

20140823天狗岳10
みんなが寝ている間、空には星が出ていました(次郎さん撮影)


続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

カニクチ谷から天狗谷 鈴鹿の秘沢探訪2 2014.08.15

20140815カニクチ谷07
沢は楽しいね



メンバー:やっさん、ふみふみ、たろー

コース :
旧R421ゲート前(8:15)~旧R421~カニクチ谷入渓(8:40)~Y字滝(9:35)~稜線(11:55)~天狗谷右股左岸尾根~天狗谷~旧R421(15:30)~旧R421ゲート前(16:00)




 どうも今年の夏は天候がおかしい・・。三重県に大雨をもたらした台風11号が過ぎたと思ったら早すぎる秋雨前線が日本列島の上に停滞。しっかりとお盆休みを取っていたのに予定していた山行はことごとく中止。

 そんなメンバーは他にもいたようで、小雨でも大丈夫な鈴鹿の沢登りを急きょ企画するといつものメンバーが名乗りを上げてくれた(ひとり足りなかったけど)。まあ、家でゴロゴロしているよりも何倍もマシなので出かける事にする。

 旧国道のゲート前に車を止め、最初は道路をテクテク歩く。カニクチ谷と天狗谷が出会うあたりで入渓する。

 カニクチ谷は白い花崗岩の明るい谷、フリクションも快適で出てくる滝は簡単に登ることができる。道路を越えて最初の大きな滝はロープワークの練習を兼ねて紐を引いて登る。

20140815カニクチ谷01
最初の滝、まずはウォーミングアップ

20140815カニクチ谷02
ここは前回懸垂で降りたところ

20140815カニクチ谷03
神秘的な雰囲気

20140815カニクチ谷04
エンジンかかってきたかな

 Y字滝を左股に進むとここから先は未知のエリア。きれいなナメ滝の先には10~15mクラスの滝が4つ程現れる。どれも簡単に直登できるので滝登りのいい練習になった(ただ岩質がもろいので注意が必要)。最後はガレを詰めて稜線に飛び出す。

20140815カニクチ谷05
Y字滝

20140815カニクチ谷06
立派な滝が立ちはだかる

20140815カニクチ谷07
余裕の笑顔

20140815カニクチ谷08
右から直登

20140815カニクチ谷09
左から上でバンドをトラバース

20140815カニクチ谷10
まだあるの?

20140815カニクチ谷11
これは右から登ったかな

20140815カニクチ谷12
すっかり安定してきました

20140815カニクチ谷13
水が乏しくなってきた

 稜線では雲が晴れて予想外の青空。来られなかった仲間をうらやましがらせようと記念に空の写真を撮影。

20140815カニクチ谷14
県境の小ピークに飛び出す

20140815カニクチ谷15
青空~

 下山は天狗谷を下る。ただ、天狗谷本流の上流部はゴーロ主体なので途中までは右股の左岸尾根を下っていく。下るにつれ傾斜が急になってきたので河原が見えたあたりから懸垂下降。降り立った支谷には初めて見る大滝が隠れていた。

20140815カニクチ谷16
天狗谷 支谷の幻の大滝(大げさか・・)

 少し下るとそこは天狗谷F4(旧国道から数えて)の上。4つの滝は練習を兼ねて懸垂下降で下る。今回、懸垂が初めてのやっさんはすぐに慣れたが、何回もやったことのあるふみふみさんは中々ロープのセットが覚えられない・・(しっかり復習お願いします)。後は旧国をテクテク歩いて車に戻る。

20140815カニクチ谷17
まずはF4

20140815カニクチ谷18
F3

20140815カニクチ谷19
F2

20140815カニクチ谷20
F1

 途中ふみふみさんのヘルメットに赤とんぼがとまっていた。もうすぐ秋だなあ。

20140815カニクチ谷21
ヘルメットに赤とんぼ(わかりにくいかな)

 急きょの山行にもかかわらず参加してくれたメンバーのみなさん、ありがとうございました。お盆のくやしさは9月にリベンジしましょう。

たろー

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

針の木岳 2014.08.02-03

20140803針ノ木岳01
大雪渓は涼しい~



メンバー:ゴッチ、やっさん、ふみふみ、えだこ、てる、チョケ、DON

コース 
1日目 :扇沢(7:00)~大沢小屋(8:00)~ 針ノ木小屋(11:00~12:30)
    ~針ノ木岳(13:30~14:00)~針ノ木小屋(14:40)

2日目 :針ノ木小屋(4:00)~蓮華岳(5:00~5:45)~針ノ木小屋(6:30~8:30)
    ~扇沢(11:30)




<1日目>

 今回の山行きは、私にとって人生初の北アルプス登頂であり、初のテント泊でもありました。

 初の北アルプスは、針の木岳と蓮華岳と私は聞いた事のない山でしたが、日本三大雪渓である針の木雪渓があり、槍・穂高・立山・剱・白馬などのメジャーな山々の景観が360度楽しめたり、とても充実した山行きプランで、天候にも恵まれ思い出深いものとなりました。

 金曜日の夜目的地の長野に向けて出発をして、深夜には登山口近くの駐車場に到着、そこで仮眠をとり、翌日は清々しい朝を迎えました。

 5人テント、3人テント、自炊の材料と荷物は多かったのですが、私は30ℓのザックしかなく、自分の荷物だけで精一杯で何一つ持って登れず、重い荷物を持って頂いたメンバーの方々には頭が下がります。荷物の軽い私でも、初めてアイゼンを装着して登った雪渓はけっこうきつかったです。

 しかし、木々の緑と空の青と雪渓の白のコントラストはやはり絵になる景色で心が癒されました。そして、雪渓はとても涼しくて地上の灼熱地獄が信じられなかったです♪

20140803針ノ木岳01
針の木大雪渓

 雪渓の半ばから、テント場確保のために、やっさんと、ゴッチさんに先に行って頂き頑張ってもらいました。最後の急登が追い討ちをかけるかのように辛かったのですが、テント場に着いた時には、槍、穂高連峰が目の前に見えるベストポジションに5テン、3テンと2つのテントを既に張って下さっていて、一瞬にして疲れが吹きとぶくらい有り難かったです☆ありがとうございました!

 そんな素敵なテント場で、いつか登ってみたい憧れの槍を見ながらお昼を摂り、身軽にして針の木岳を目指して再び登りました。テント場から30分ぐらいの距離で登りやすく、可愛い高山植物に迎えられ、なんと言っても雷鳥の親子を見られたのが良かったです。子供の雷鳥がちょこちょこ動きまわる後ろ姿がとっても愛おしかったです。

20140803針ノ木岳02
身軽になって針の木岳

20140803針ノ木岳03
針の木岳山頂

20140803針ノ木岳04
雷鳥の親子

 針の木岳の頂上からは、立山や剱、黒部湖などの山が楽しめて、ずっと見ていても飽きなくてすごく寛げました。テント場に戻る時に雨に打たれたものの、今まで天気がもってくれた事に感謝です。

 夜ご飯は、みんなで野菜とお肉たっぷりのおいしい鍋を食べて素敵な1日目の山行きは終りました。

 リーダーを筆頭に、メンバーの皆さんのおかげで私の北アルプス&テント泊デビューは、最高のものとなり、本当に感謝と感激でいっぱいです。持ちつ持たれつがベストなところ、今の私は周りに頼ってばかりなので、もう少し自分が背負えるものを増やしていきたいなぁと思います。今後も皆さん宜しくお願いします。

 まだまだ、綴りたい気持ちはいっぱいあるけれど、2日目の山行記はゴッチさんに引き継いでもらいます☆

記、えだこ

続きを読む

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR