福地山 2017.2.4
20170204福地山08_420
快晴・無風・絶景!!!


○メンバー
CL:toriya SL:ふみふみ
やっさん、toyoちゃん、もっちゃん、しろー、シズ、さなっち、はる

○コースタイム
8:25 福地温泉
10:45 1381ピーク
12:35~13:35 福地山昼食
15:10 福地温泉3


 「福地山」ってドコッ。???
 山と高原地図の槍ヶ岳・穂高岳の奥飛騨温泉郷の福地温泉辺りを探したが福地温泉が枠外。
 そんなベタなトコないかとググってみると、福地温泉西側にあった。
 標高1672m・標高差721mとあり、2月上旬。
 自分標準では決死の覚悟で挑む油断の出来ない真剣勝負なのですが、世間様では体力・技術共に初級なんですね。

 toriyaR様に頂いたコースタイム:
福地温泉登山者駐車場8:30-無然平10:50-福地山12:50~13:35
-無然平14:15-福地温泉登山者駐車場15:10

 登山者駐車場へ9名が2台に分乗して到着し、本日初の雪を踏みしめながら靴を履き替える。
 朝市前で出発前の時間調整。

麗らかな春の到来を彷彿させる日差し。

快晴。

無風。

 きっと、尾根に出たら風が強く寒いんだろうなと思いながらサングラスを準備した。
 ふみふみさんを先頭に出発。
 登山口脇の「青だる」を正面から眺めた後、その裏を通る登山道へ入ると、沢の水を木に噴霧していて、それが自然凍結して出来るだって事が分かる。

 最初は植林された杉林をしばらく歩く。
 すでに上半身はカットソー1枚になってはいたが暑い。
 サングラスが曇るどころか、汗がレンズにポトポト落ちる。
 先頭でペースメイクして頂いてるふみふみさんは、「汗ばまない程度」と言っておられた様な気がするが、デブとはこんなに違う事を痛感する。

 杉林を抜けると所々から、僕にも分かる、尖った積雪の無いお姿の槍様が見える。
 雲ひとつ無い。
 麗らかとか悠長な表現は間違いだった。

 とにかく暑い。

 早朝の車移動で登山口までの途中、高山市街を過ぎた辺りの路肩気温表示の最低はマイナス12度だったのに、風が無いと体感はこうも違うものか。

 途中、尾根コースへの分岐がありそこにはトレースが無く、通常コースをチョイスした。
 案内看板が雪に埋もれて明確な表示は確認出来ないが、無然平付近で休憩して、その辺りでワカンを装着した。
 唯一、獣出没注意の案内が印象に残った。

 無然平を過ぎてもうひとつ尾根コース分岐があり、こちらもトレースなさげで通常コースをチョイス。
汗だくで、もがき苦しみながら山頂に到着。
 ふみふみさんはじめ、先人方が踏み固めて頂いた足跡をたどり、何とか福地山に僕の足跡も残す事が出来た。

 ゴーグル・バラクラバ・10分じっとしてると危険な状態を想像してたが、登山口同様の快晴無風。
 おまけに、眺望は前述の槍様と左に雪化粧の笠ヶ岳(達人方のお話しでは、見る角度によって形が違うらしい)、槍様の左側の山々は何だろう。分からないので、ここは雪化粧した穂高レンポウで逃げておこう。眼下には、この辺りに端を発する蒲田川。

 山頂からこの風景を視界に入れた時、現実である事を理解するのに時間を費やした。
 やがて、事実・現実として受け入れた時、49才と11ヵ月での人生初の経験で強い衝撃を受けてしまった。不覚にもその美しさに魅了されてしまったって事なのでしょうか。認めたくないですが・・・。

「絶景」‼

 この言葉を発するのは、この時に使う事が最も相応しく、今まで容易く使っていたことを深く反省致します。
 画像をスマホに残した後に、記憶にも残そうと深く脳裏に焼き付ける為にしばらく目を閉じた。
 特筆に値せず、参加メンバーの誰もが昼食後この場を離れる事に後ろ髪引かれる思いではなかったかと。

 下山は、登って来た登山道を少し外れ、トレースなしの部分をワカン・ストックで膝まではまりながら歩き、トッテモ楽しい。
 そこから暴走が始まった。

 雪面に、ふわりふわりと浮かんでる様な感覚で、膝関節にかかる負担が少なく、ステップ動作に両手の動きを複合したトレーニン グジムのクロストレーナーってマシンに似てて、大幅に下山に所要する時間を短縮した。

 シリセードとか、グリセードとかは聞いた事はあるが、これもひとつの下山方法で、細分化すれば、新たな歩行技術か。?
 「トレース無きは踏み入らず」を頑なに守てたが、大きく覆された。
 これからは、ソロの時だけにしようかなー。

 今回の山行だけでは無くほぼ何時もソーなのですが、楽しく幸せな時間を過ごす中で新たな経験を積む事が出来ました。
 企画して頂きましたtoriyaRをはじめ、参加されました皆様、クラブメンバー様に深く感謝致します。

記:しろー

20170204福地山01_420

20170204福地山02_420

20170204福地山03_420

20170204福地山04_420

20170204福地山05_420

20170204福地山06_420

20170204福地山07_420

20170204福地山08_420

20170204福地山09_420

20170204福地山10_420

20170204福地山11_420

20170204福地山12_420

20170204福地山13_420

20170204福地山14_420

20170204福地山15_420

20170204福地山16_420

20170204福地山17_420

20170204福地山18_420

20170204福地山19_420

20170204福地山20_420
スポンサーサイト
燕岳 2016.11.26
20161126燕岳15
冬のアルプスを体験!


メンバー:つよっさん、もっちゃん、えだこ、ずみ、ふみふみ、たろー

コース :中房温泉駐車場(7:30)~登山口(7:35)~合戦小屋(10:10~10:30)
~燕山荘(11:30)~燕岳(12:20~12:30)~燕山荘(13:00~13:30)
~合戦小屋(14:05)~登山口(16:10)~中房温泉駐車場(16:20)




 雪を求めて燕岳へ行ってきました。雪があるのか心配でしたが向かう道中の路肩に白いものが見えてくると期待度上がってにやけてきました。

20161126燕岳01
中房温泉登山口

 駐車場は雪がありませんでしたが少し登ると白くなってきました。ある程度登って雪がまとまってきたところで雪の上に寝ます。

20161126燕岳02
第1ベンチでクールダウン

 やっとこの季節がやってきたと実感できます。やっぱりいいですね。さらに高度を上げていくと槍ヶ岳が左手に見えてきました。
 なんて存在感があるんでしょ♪

20161126燕岳03
雲海

20161126燕岳04
合戦小屋

20161126燕岳05
どんどん登ります

20161126燕岳06
槍ヶ岳が見えた

 更に登ると燕山荘がで~んと見えてきました。これも存在感がありますねぇ。
 でも、一番「おぉ!」と思ったのは山荘の向こう側に広がる景色。

20161126燕岳07
燕山荘

20161126燕岳08
槍ヶ岳

20161126燕岳09
燕岳

 遠いような近いような距離で頂が白い山々が迫ってきます。テンションあげマックスです。

20161126燕岳10
アルプスの山々

 そして山頂に向かうといるか岩がお出迎え♪目の位置に雪が乗っていて更にリアルです。
 山頂に着くとこれもまた吸い込まれそうな景色が広がります。初めて来ましたが、人気の山の理由が肌で感じられます^^

20161126燕岳11
イルカ岩

20161126燕岳12
燕岳に向かう

20161126燕岳13
眼鏡岩

20161126燕岳14
頂上

20161126燕岳15
頂上で記念撮影

20161126燕岳16
燕山荘へ戻る

 下りも久々の雪山を感じながら楽しく下りてきました。今シーズンは昨シーズンより雪山で遊びたいですね。

記)つよっさん
赤谷山 2016.10.15~10.16
20161015赤谷山19
赤谷山頂にて


メンバー:toriya(CL)、やっさん(SL)

コースタイム
10/15:馬場島(10:00)-大ブナクラ谷出合(10:50)-猫又谷出合(12:30)
-ブナクラ峠(13:45)-赤谷山(16:30)山頂テント泊

10/16:赤谷山(6:30)-ブナクラ峠(8:55)-猫又谷出合(10:30)-
大ブナクラ谷出合(11:45)-馬場島(12:25)


 赤谷山(あかたんやま)は剱岳から毛勝三山の主稜線上にある標高2300m足らずの無名の山。これが裏剣の絶好の展望台で、地元有志の手で登山道が整備され、無雪期でも登れるようになったと聞いてから必ず行きたいと願っていた山であります。

【10月15日】
 この玄人好み?の山行にエントリーしたのはとりやのほか、ちゅーた、やっさんの3名。
ところが山行の前日、事実上の山行企画者ちゅーたが突然の発熱により痛恨のリタイヤ。このため残ったメンバーは鈴ハイではきわめてレアケースな、長い鈴ハイ生活の中でも余り記憶にないおっさん二人での山行となった。

 未明星川集合、人数も少ないので経済的に行こう!ということでやっさん号(ダイハツムーブ)にて一路馬場島へ、馬場島は標高780m、剱岳早月尾根の登山基地として有名だが、我々は早月尾根には目もくれず、ブナクラ谷を詰めて赤谷山を目指すのだ。

20161015赤谷山10
登山開始

 オオブナクラ谷出合までは道も歩きやすく快調、猫又谷出合では珍しいヒダサンショウウオをつかまえたりしながら、このあたりはまだ余裕があったなぁ。

20161015赤谷山11
ヒダサンショウウオ

 徐々に高度を上げながら峠直下のゴーロの急登も何とかクリアして標高1756mブナクラ峠着。

20161015赤谷山12
直下ゴーロ

20161015赤谷山13
ようやくブナクラ峠

 ブナクラ峠ではちゅーたの山仲間「富山のおっちゃん」が手ぐすねを引いて待ち構えていた。さっそくちゅーたへのお悔やみを述べ合い、山の世界では無駄に顔の広いやっさんとはすでにお知り合いのようだ。
ブナクラ峠からは五竜や白馬はじめ後立山の眺望すばらしく、富山のおっちゃんより山座同定指南、さらにこれからのルートのレクチャーを頂き感謝。ありがたくブナクラ峠を後にする。

20161015赤谷山14
赤谷山に向かって

20161015赤谷山15
後立山連邦

20161015赤谷山16
悪路が続く

 峠からピークまではまだ標高差は500m近くあり、道も余りよろしくない。テント泊装備に足取り重く、先の中央アルプスでの絶不調の悪夢を思い出す。これはやばいのではないか、もうだめだ、たばっちがいたらなぁ、などとワケの分からぬ思考に支配されかかったとき、赤谷山ピークに飛び出す。そしてここで突然に裏剣がその全貌をさらけ出し、そのドラマチックな展開とあまりの絶景に言葉を失い立ち尽くすおっさん二人。

20161015赤谷山01
赤谷山から裏剣

 テント設営後、アーベンロートに染まりゆく裏剣を堪能、五竜のピークからは満月が昇り、いやー長生きはするもんですなー。夜中にテントから這い出したら、富山のおっちゃん推奨の富山平野の夜景もなかなかのものでした。

20161015赤谷山17
本日のテン場

20161015赤谷山02
アーベンロートの裏剣

20161015赤谷山18
夕焼け

20161015赤谷山03
五竜の上に月が出た

20161015赤谷山04
富山のおっちゃんオススメの富山平野夜景

~2日目に続く~


続きを表示する
立山弾丸日帰りツアー 2016.10.10
20161010立山弾丸07
24時間耐久?弾丸ツアー☆



メンバー:ちっぷる、ゴッチ、たばっち
コース:室堂(08:30)・・・一ノ超(09:30)・・・御山(10:30)・・・大汝山(11:20)・・・
富士ノ折立(12:15)・・・雷鳥沢キャンプ場(14:30)・・・みくりが池温泉(15:00)・・・室堂(16:00)



 お盆を最後にスッキリしない天気が続く2016年の夏。アルプスシーズンラストチャンスの三連休もまた雨で遠征中止になってしまいました。
 この夏私は結局3000メートル峰に登っていない。このまま冬を迎えるわけにはいきません>_<

 三連休の内の唯一の晴れ予報の月曜日に望みを託します。たばっち脳内コンピュータをフル回転させて天気予報、一緒に行ってくれそうなメンバー、行きたそうな場所を組み合わせて、関係各所に交渉を重ね、ゴッチとちっぷるちゃんが一緒に行ってくれることになりました。

 夜中の1時半に家を出発、2人と合流して東海北陸道をひたすら走り立山駅へ。駐車場に着いた時には曇り空。ガスガスです。あれ~?晴れるとふんで来たんだけどなぁ??少しテンションダウンで、濡れるといけないので一眼は置いてくことにしました。
 紅葉時期のアルペンルートの混み具合はいかほどかと心配していましたが、増便がどんどん出ていてそれほど待つことなくケーブルカー、バスに乗ることができました。
 車中では外がガスっている為、景色も見ずにひたすら睡眠を確保です。「紅葉が素晴らしいところだから」と、ちっぷるちゃんを騙して連れてきてしまったのでかえってガスっていて良かったかも。ネットで見た素晴らしい紅葉の写真は一週間前のものだったので、もう盛りはすぎてるはず…。これはもうピークハントに的を絞って頑張るしかありません!

 室堂に着いたらゴッチ先輩の提案で高度順応の時間を設け、30分間停滞することにしました。いつもみんなのペースに着いて行けず途中でバテてしまうので、今回は初めから高山病対策。ゆっくりさせてもらいます。
 歩き始めもゆっくり。途中の山小屋を見学しながら歩いているとガスが晴れてきました。想定通り!途中水たまりが凍っているところがあり、改めて立山の標高の高さを思い知ります。
 スタート地点から2430なので、焼岳の山頂と同じくらい…そう、今回の山行の目的は、高いところで正常に歩けるのかどうかを確かめることでもあるのです。
 立山三山の最高峰である大汝山は3015なので500ちょっと登るだけ。たった500。御在所中道と同じくらいです。登れる登れる!(自己暗示)

20161010立山弾丸01
さあゆっくり出発

20161010立山弾丸02
凍ってる~

20161010立山弾丸03
一の越山荘が見えたよ

20161010立山弾丸04
あ!あのシルエットは!!?

 ちょこっと登ったところで一の越山荘で一休み。ライチョウの缶バッジを購入してしばしマッタリした後、再び登り始めます。ここからは少し急登になりますが、人気コースなので辺りには同じくらいのペースで登る人たちがいて、ガレ場の登り道を抜きつ抜かれつ。 私は遅いので後ろの二人は物足りないのではないかと思うけど、バテてはいけないのでゆっくりゆっくり。
 頑張って歩き続けたら何とかなるものですね。。最初のピーク、雄山に辿りつきました。風が強いので、神社の建物の横で少し休憩してから祠が祀ってあるところを見学に行きます。祠はよくテレビでも出てくるところですが、頑丈な石積みで固められていて、よく作ったなあ。昔の人は凄いなぁと思います。夏山シーズン中にきたら御朱印をもらえたのだろうけど、今回は神社がしまっているので残念。

20161010立山弾丸05
一歩ずつ、ゆっくりゆっくり・・・

20161010立山弾丸06
着いた(^^♪

20161010立山弾丸07
イエーイ☆

20161010立山弾丸08
記念撮影は風をよけて(ヤンキー?)

 次の目的地は大汝山。少しのアップダウンはあるけど標高差も少なく快適な尾根歩きです。よく見たら左に室堂を一望、右手には黒部湖が見られる絶景尾根です。もう高山病の心配は大丈夫そう(^^)♪凄い景色~、何でこんな良いとこみんな来なかったんだろね~と3人で盛り上がります。(遠いから)

20161010立山弾丸09
黒江湖をバックに記念撮影

20161010立山弾丸10
絵になる女?

 大汝山でお昼を食べますが、寒いー!!!小屋の横の風をしのげる場所で休憩しましたが、食べてるカップラーメンが、カップから口に入るまでのわずかな間に冷たい風に吹かれて冷麺に早変わりです。急いで食べて次のピーク、富士ノ折立を目指します。「雄山」「大汝山」ときて、次は「富士ノ折立」。山でも岳でもないのは何故かしら?

20161010立山弾丸11
ゴッチの愛する室堂一望

20161010立山弾丸12
折立入りま~す!!

20161010立山弾丸13
ホントよう見えるわぁ

 富士の折立では室堂を見下ろしながら絶景記念撮影。どこを撮っても絵になります。ゴッチは来年のスライドショーの絵になる男を狙っているようです。
 真砂岳との分岐を左に進むと少し急ね下り坂。この辺りから私の鼻水が止まらなくなってきたので頻繁に鼻拭き休憩(10秒程)を織り交ぜつつ下って行くと、賽の河原に到着。ここがまた素晴らしい草紅葉!!!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

20161010立山弾丸14
ウキウキちっぷる

20161010立山弾丸15
賽の河原で振り返ってみる

20161010立山弾丸16
山と渓谷10月号?

20161010立山弾丸17
初めてのアルプス特集??

 紅葉というのは紅葉とかイチョウとか、葉っぱが綺麗なものだと思っていましたが、草がカラフルなのがこんなに美しいとはびっくりです。撮る写真すべてヤマケイから切り取ったかのような壮大な絶景!カメラを置いて来たことを激しく後悔します。
 室堂、なんて良いところなの~♪なんでみんな来なかったんだろね~(2回目)
 雷鳥沢を越えてみくりが池温泉に着く頃にはガスがかかってきて、ちょうど良い時に帰って来れました。本当は温泉に入りたかったけど、帰りの時間が遅くなるので早めにバスターミナルへ。温泉はまた次に来るときにとっておこう!

20161010立山弾丸18
はー(*^^*)ええとこやった♪

20161010立山弾丸19
ガスがかかってきた

20161010立山弾丸20
みくりが池

 室堂からバス、ケーブルカーを乗り継いで立山駅へ戻り、速攻高速に乗り、三重県へ向けて4時間半。家に着いたのは12時少し前で何とか24時間以内に帰ってくることができました(^_^;)
 弾丸ツアーにお付き合い頂いたゴッチ、ちっぷるちゃん、ありがとうございました。また行きたいね~、今度は泊まりで(^^)☆

槍ヶ岳おんな二人
20160910槍ヶ岳18
女子ふたりだけど頑張ったよ~(^^♪


《メンバー》
ちっぷる(リーダー)、まゆ(サブリーダー)

《コースタイム》
9/10(土)
上高地バスターミナル(06:05)・・・明神(06:45)・・・徳沢(07:20)・・・横尾(08:15)・・・一の俣(09:10)・・・
槍沢ロッジ(09:40-10:10 休憩30分)・・・ババ平(10:40)・・・水俣乗越分岐(11:00)・・・天狗原分岐(12:00)・・・
グリーンバンド(12:55)・・・ヒュッテ大槍(13:35-14:00 休憩30分)・・・槍ヶ岳山荘(15:00)・・・槍ヶ岳(15:30)・・・
槍ヶ岳山荘(16:15-16:30 休憩15分)・・・ヒュッテ大槍(17:10)

9/11(日)
ヒュッテ大槍(06:50)・・・グリーンバンド(07:20)・・・天狗原分岐(08:00)・・・水俣乗越分岐(08:45)・・・
ババ平(09:10)・・・槍沢ロッジ(09:35)・・・横尾(11:10)・・・徳沢(12:20 休憩40分)・・・河童橋(15:10)・・・
上高地バスターミナル(15:15)



 念願の北アルプス槍ヶ岳へ行ってきました!!
 昨年の山行はスケジュールが合わなかったので参加できなかったから槍ヶ岳に行ってみたいと1年間ずーっと思い続けていました。今年も夢叶わずかなって思っていた時にちっぷるちゃんからお誘いがあって企画が上がる事になった。しかし、最終的に女二人の山行となり、今までとは違う感覚だったのでより一層気持ちも高ぶりました。
 1泊2日なので綿密な計画をリーダーが立て、スーパーアドバイザーたばっちから色々とアドバイスをもらいました。

20160910槍ヶ岳01

20160910槍ヶ岳02

20160910槍ヶ岳03

20160910槍ヶ岳04

 絶好の青空のもと上高地を出発。14時までにヒュッテ大槍にチェックインして、山小屋に荷物をデポして槍ヶ岳に登るのが目標だったので自然と急ぎ足になります。気がつけば、30分も早く横尾に到着していました。
 槍沢までは沢に水音が気持ちよく透き通った水が格別にきれいでした。
 槍沢で早めの昼食。暖かいスープとおにぎりでエネルギー補充。槍沢ロッジの外に望遠鏡が三脚につられていて、迫力満点の槍ヶ岳が見えました。真っ青な空に白い槍ヶ岳が美しかった。

20160910槍ヶ岳05

20160910槍ヶ岳06

20160910槍ヶ岳07

 ババ平までは順調歩いていたけど、日差しもだんだん厳しくなり、槍沢大曲りから天狗原分岐まで、思うように進みませんでした。 この時点で30分の貯金がなくなってしましました。天狗原分岐からは傾斜もきつくなりごろごろした石の上を歩いてると足取りも悪くなかなか前に進みません。
 息も上がってくるし、疲労も出てきていたけど「今日、絶対頂上へ行こね!」と二人で励まし合い登っていくと突然、騒音が聞こえてきて見上げると山小屋が見えました。「やったー!ヒュッテ大槍に着いた!」二人で大喜び。予定より10分早く着いたのでホッとしました。

20160910槍ヶ岳08

20160910槍ヶ岳09

20160910槍ヶ岳10

20160910槍ヶ岳11

20160910槍ヶ岳12

20160910槍ヶ岳13

 いざ槍ヶ岳を目の前にするとあの山頂に登れるのかなあ?怖いな~恐怖感でドキドキしてました。
 頂上まではカラフルなありんこの大渋滞。岩をよじ登り、梯子を上がり、高度感いっぱいで前を見ることしかできず、振り返ることができなかった。
 最高の緊張感の中、山頂到着。すばらしいに景色に興奮しました。昨年登った蝶ヶ岳や常念岳もはっきりに見えます。ちっぷるちゃんと二人で喜びを噛みしめて撮影大会。

20160910槍ヶ岳14

20160910槍ヶ岳15

20160910槍ヶ岳16

20160910槍ヶ岳17

20160910槍ヶ岳18

20160910槍ヶ岳19

20160910槍ヶ岳20

 ヒュッテ大槍はおいしい食事がいただけると噂で聞いていました、前から泊まってみたい山小屋でしたのでとっても楽しみでした。
 食前酒にワインそしてパスタと山小屋にはないこじゃれたお食事でした。

20160910槍ヶ岳21

20160910槍ヶ岳22

20160910槍ヶ岳23

20160910槍ヶ岳24

 振り返っては槍を見て、名残惜しく下山していきました。
 穂高へ行っていた達人立ちと、ばったり会わないかな~会いたいなって横尾あたりから気になっていました。そしたら思いが通じたのか徳澤園でばったり遭遇しました。久しぶりに皆さんに会えてうれしかったです。

20160910槍ヶ岳25

20160910槍ヶ岳26

20160910槍ヶ岳27

20160910槍ヶ岳28

20160910槍ヶ岳29


 一緒に昼食をとって明神池に立ち寄り、ふみふみさんお勧めの素敵な温泉に入って帰宅しました。
 今回の山行は今までとは違う達成感がありました。ちっぷるちゃん、この企画を上げてくれて本当にありがとう。ちょっと成長できた気がします。

記:まゆ

Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ