明神岳~冬の北アルプスバリエーション 2017.4.29

20170429明神岳01_420
明神池からの明神岳


<メンバー> 
ita、とー、aya、Yさん(一般)

<コース>
4/29 晴れ後雪、雷
土岐IC6:30~9:00沢渡駐車場~10:00上高地 小梨平キャンプ場 泊
4/30 晴れ
出発5:15→岳沢登山道→6:22.7合看板→8:30ナイフリッジ→10:15.2500台地10:40
→11:10Ⅴ峰山頂11:35→2500台地→13:00前明神沢降り口→14:40岳沢登山道合流→15:30上高地


 突然の黒雲と降雪、ミゾレと雷鳴に襲われた上高地のキャンプ場。
 しかし早々に停滞を決め込んでいた我々はテントの中でまったりと夕餉を楽しんでました。

 昨年から、企画上がっていたバリエーションルート、明神岳~前穂高岳を叶えるべく日程調整してましたが、連休初日の土曜日 寒気が南下してた事も有り、数日前にの積雪に合わせて穂高は真冬の様相。
 多くのパーティが山行中止する中、尾根沿いに最短ルートで登れ、標高もやや低い明神Ⅴ峰を狙う事にします。

 木曽からのアプローチ、立派になった沢渡中駐車場にてタクシーに乗替え。
 4人+大荷物のザックにもにこやかに対応してくれる運ちゃんに好感を持ちました。

 連休初日で、どれほどの客が入ってるか心配でしたが、事前の悪天予報が効いてるのか、観光客も登山客も疎らで拍子抜け。
 午前中に小梨平でテントを張った後はもうヒマ暇で、ビジターセンター寄ったり、明日の登山口の下見したりと完全に観光客風情で過ごしました。

 テントに戻った後、まだ歩き足りないayaさんを明神池に見送り、残った3人でテントでグダグダと日頃の疲れを癒します。
 2時を過ぎた頃、予報通りの突風とミゾレが吹き荒れ、外を覗き見ると周りは真っ白に。

 カミナリも鳴ってきた頃、急いで戻ってきたayaさんを向かい入れ宴会モードに。と言ってもお酒は自分だけでしたが。
 手際の良いayaさん。今後の食当も期待です。
 一般参加の元会員Yさんは在籍中、バリエーションルートに興味持つも、私の都合が合わず心残りでしたが、今回ようやく御一緒出来、互いの近況報告で話が盛り上がりました。

 翌朝は快晴。
 テントは張ったままでの、出発。とーさんはサングラス忘れて心配しましたが、半日ぐらい何とかなるとの事。
 全員確認しましたが忘れ物見当たらず、ホッとしました。

 岳沢は登山口からチラホラ積雪有り。 尾根にどれほど積雪有るのか心配になる。
 他のパーティと抜きつ抜かれつし、尾根分岐の7号看板に1時間程で到着。

20170429明神岳02_420
一般道からの分岐

20170429明神岳03_420
いよいよバリエーションルート!

 ここからまず800mの標高差を激上りします。
 最初の1時間程は雪が出たりでなかったりで、アイゼン無しで。
 途中から樹林帯ながらかなりの急傾斜の雪壁となる。まだ雪は固くアイゼンピッケルが良く効く為、登るには快適。

20170429明神岳04_420
急傾斜の雪壁

 ayaさん、アイゼンがガタつくとぼやいてる。岩尾根やアイスバーンでは致命傷になるので踵のアジャスターを締め上げる。
 私は残雪期用に少しキツメサイズ、軽量の冬靴を投入しましたが、非常に快適に登れました。
 分岐から2時間程で主尾根に合流、それと共に両側切立ち、岩+氷結部も出て、メンバーに緊張走ります。

 ナイフリッジ帯に入りました。
 ここからはとーさん絶好調、小さい体を上手に使ってズンズン登って行きます。

20170429明神岳05_420
痩せ尾根のはじまり

 樹林のおかげで高度感はあまり感じませんが、結構長い距離続きます。300m程有ったかな?
 傾斜も増して、fixロープも出てきますが、足やザックに絡みつきかえって邪魔かも?
 ここで途中抜かれた4人パーティに追いつきます。
 大事を取って初心者にロープを出してるので、一声掛けて抜いていきました。

 その直後、事件が・・・

 ayaさん リッジ通過中にスマホで撮影始めたので、危ないから、片づけてと指示。
 ところが20m程進んだ所で、「落としたらしく見当たらない!」との事。
 リッジ上には見当たらず、前明神沢側に落ちて行ったらしい。
 諦めると言いつつ諦めきれない表情に探索続行。

 遠目に沢上を探ると、微かに雪上に転がった跡が・・・その先に小枝の様なシルエットも見える。
 尾根の切れ目より雪渓に降り立ち、近付くと見事有りました。

20170429明神岳05B_420
無事発見!

20170429明神岳06_420
6雪岩mixルート

 喜んだのもつかの間、今度は荷物を降ろし始めた彼女に、「後にして!」と叫んだ瞬間、カメラの入ったポシェットごと今度は明神南沢側に転がっていきます。リッジの縁ギリギリで運よく止まり何とか回収。
 貴重な体験を繰り返す新人さん。今後に必ず活かしてほしいと・・・今だから心穏やかに言えます。

20170429明神岳07_420
ナイフリッジ

 残りのリッジ帯はますます傾斜が上がり、途中の雪稜では足の幅分程の所も出てきますが、みなさん怖がる様子も無く楽しむ余裕も。

20170429明神岳08_420
穂高まだ真っ白

 リッジ帯が終わると、また雪壁登りが始まります。
 森林限界も抜けて、向かいには西穂高、北側には穂高、後方には霞沢、乗鞍、焼岳に囲われてます。そして眼下にはスタートした上高地が股の間から終始見える様になってきました。

 元気なずみさん先頭、荷物重過ぎのYさんややお疲れモード?若いayaさんは疲れが見えません。
 急登も終息点が見えてくると、いよいよ今回唯一の癒しポイント、2500m台地です。
 雪たっぷりの雪原が広がり、縁にはかつて泊まったテント適地が点在してます。強くなった西風もここは防がれ、5時間ぶりにようやくの休憩です。

20170429明神岳09_420
ようやく2500m台地へ

20170429明神岳10_420
大休止!

 正面には、威圧感の有るⅤ峰が我々に覆いかぶさってきます。
 ここまでの行程は順調とはいえ、引き返しリミットまであと30分程。
 帰路を思うと余裕は有りません。

20170429明神岳11_420
Ⅴ峰、最後の登り

 記憶を辿りながら最短、最速ルートを探りながらルート指示。雪の付き具合が少ないのと、だいぶ緩んでる事も有り、岩重視でアイゼンは外してのトライ。とーさん、上手にピッケル使っての岩登り。いつの間に覚えたのかな?

20170429明神岳12_420
上高地を眼下に

 中央部の岩稜帯は避け、左側のハイマツ帯、弱点を狙いますが、所々3級の岩場が出てきて楽しめます。
 強くなった西風に煽られながら、何とか山頂に到達。
 思わず歓声が上がります。

20170429明神岳13_420
Ⅴ峰登頂!

20170429明神岳14_420
明神主峰

 主稜線の先には、明神岳Ⅳ峰~Ⅰ峰までが見渡せ、思わず足を進めたくなりますが、それは次回のお楽しみとして、とりあえずの撮影会。
 山頂に刺さってる色褪せたピッケルが良い味出してます。

20170429明神岳15_420
絶景広がります

 なごり惜しくも、眼下にゴールの上高地を見据えながらの下降に移ります。
 山頂直下の下りは、苦手そうなayaさんにロープ出し、場慣れしてるとーさんとYさんは先行でずんずん行きます。

20170429明神岳16_420
下山はロープを出して

 2500台地で再び大展望を満喫した後、問題のナイフリッジ岩稜へ。
 先ほど、スマホ拾いに降りた前明神沢、弱層も無さそうだし立木も多い。
 雪崩れに一応用心して、左岸際を下降する事とした。
 アイゼンの効きは悪いので、傾斜緩むまでは2人2組のスタカットで。
 とーさん、ayaさんまず降ろして、立木を周ってビレー体勢をとってもらう。

20170429明神岳17_420
前明神沢からの下降

20170429明神岳18_420
立木を使ってのビレイ

 荷物重いYさん、いきなりド派手にスリップ!回転しながら落ちてくる。
 ビレーしてたとーさんに声掛けて確保体勢。見事止めてもらえました。
 立木が無くなったらアックスビレイかなあ~と5~6ピッチも降りたら傾斜が緩くなり、快適に歩けるように。
 ayaさん、氷雪訓練で慣れたのか実に安定した足取り、私もスリップも止めてもらいました。

20170429明神岳19_420
岳沢への下降

 下降初めて1時間ちょっとで岳沢道が見えてきました。やはり雪渓下降は早い!
 あっけなく現れた一般道との合流点にて記念写真。ホッと一息です。
 温度は急上昇して、シャツ一枚での下山となり、山頂付近での強風による寒さが嘘みたいでした。

20170429明神岳20_420
お疲れ様でした

 今回は、メンバーの理解も有り、たった一日の晴天を捉えて、高峰にチャレンジする事が出来ました。
 また、登頂したとはいえ、個々の課題も多く見つかり、実りある山行だったと思います。
 ほとんど休憩無し、10時間を越える山行を共にしてくれたメンバーに感謝です。
 次の機会には、是非前穂まで縦走したいと思いました。

ita
スポンサーサイト
八方尾根から唐松(敗退) 2017.3.18~19
20170318八方尾根11_420
絶景の写真山行♪♪のはずが・・・まさかあんなことになろうとは(*_*;


<メンバー>
toriya、次郎、たばっち、ひで、キヨ

<3月18日>
八方第?駐車場 10:40
ゴンドラアダム乗り場 11:05
ゴンドラアダム乗車 11:20
リフト下車 11:45
八方池山荘 11:50
八方山(昼食) 12:25~12:55
八方池 13:15
下の樺 13:35

<3月19日>
下の樺 8:25
八方山 8:55
八方池 9:20
リフト乗車 9:40
ゴンドラアダム乗り場 10:05~10:25
八方第?駐車場 10:50



 北アルプスの八方尾根から唐松岳を目指して行ってきました。
 暦は春とはいえ残雪の八方、雲ひとつ無い晴天となればスキー客でごった返してます。
 駐車場を探してかなり奥まで進み、スタート予定時間から遅れること1時間、ようやく出発です。

 ゴンドラは15kg以上の手荷物は別料金となるため、各自のザックを軽量します。
 とりやさん18kg、私19kg、きよさん21kg、たばっち22kg、じろーさん24kg!!(だったかな?)
 皆さん、今晩の星撮り機材で重量多めです。

20170318八方尾根01_420

20170318八方尾根02_420

 ゴンドラ、リストを乗り継いで八方池山荘(1834m)に降り立つと、絶好の晴天!
 白馬三山に見とれながら、ザックの重量も忘れてガシガシ登ります。

20170318八方尾根03_420

20170318八方尾根04_420

20170318八方尾根05_420

20170318八方尾根06_420

20170318八方尾根07_420

20170318八方尾根08_420

20170318八方尾根09_420

20170318八方尾根10_420

20170318八方尾根11_420

20170318八方尾根12_420

20170318八方尾根13_420

 14:00、適度に風を避けれそうな場所を確保して幕営開始です。
 新雪を切り出してブロック塀を作り、雪を溶かして水を作り、16:00早々にはテント内で夕飯です。
 たばっち鍋で体の底から温まり、ホットワインや焼酎やらでほろ酔いになり、あっという間に辺りは真っ暗です。星を撮るには早いので、18:30には一旦早めの就寝です。

 その直後から風が強まり、幕は激しくはためき、テントはフレームが折れるんじゃないかという位に歪みます。
 ブロック塀は早々に吹き飛び、周囲に雪が積もってテント内部が狭くなり足を延ばして横になるスペースも無くなっていきます。
 この暴風ではトイレに出る気すら起きず、後はひたすら朝を待つ我慢のみでした。。

 6:30に起床しますが、展望は望めないため登頂は諦めて撤収開始です。
 下山するにつれて天候が好転するのはお約束ですが、殆ど使うことの無かったカメラ機材の重量を悔やみつつ、後ろ髪を引かれながら下山しました。

20170318八方尾根14_420

20170318八方尾根15_420

20170318八方尾根16_420

20170318八方尾根17_420

 防風中のテント泊など中々出来ない経験でしたので、ある意味価値のある山雪でした。
 星撮りリベンジしたいです!

記:ひで
福地山 2017.2.4
20170204福地山08_420
快晴・無風・絶景!!!


○メンバー
CL:toriya SL:ふみふみ
やっさん、toyoちゃん、もっちゃん、しろー、シズ、さなっち、はる

○コースタイム
8:25 福地温泉
10:45 1381ピーク
12:35~13:35 福地山昼食
15:10 福地温泉3


 「福地山」ってドコッ。???
 山と高原地図の槍ヶ岳・穂高岳の奥飛騨温泉郷の福地温泉辺りを探したが福地温泉が枠外。
 そんなベタなトコないかとググってみると、福地温泉西側にあった。
 標高1672m・標高差721mとあり、2月上旬。
 自分標準では決死の覚悟で挑む油断の出来ない真剣勝負なのですが、世間様では体力・技術共に初級なんですね。

 toriyaR様に頂いたコースタイム:
福地温泉登山者駐車場8:30-無然平10:50-福地山12:50~13:35
-無然平14:15-福地温泉登山者駐車場15:10

 登山者駐車場へ9名が2台に分乗して到着し、本日初の雪を踏みしめながら靴を履き替える。
 朝市前で出発前の時間調整。

麗らかな春の到来を彷彿させる日差し。

快晴。

無風。

 きっと、尾根に出たら風が強く寒いんだろうなと思いながらサングラスを準備した。
 ふみふみさんを先頭に出発。
 登山口脇の「青だる」を正面から眺めた後、その裏を通る登山道へ入ると、沢の水を木に噴霧していて、それが自然凍結して出来るだって事が分かる。

 最初は植林された杉林をしばらく歩く。
 すでに上半身はカットソー1枚になってはいたが暑い。
 サングラスが曇るどころか、汗がレンズにポトポト落ちる。
 先頭でペースメイクして頂いてるふみふみさんは、「汗ばまない程度」と言っておられた様な気がするが、デブとはこんなに違う事を痛感する。

 杉林を抜けると所々から、僕にも分かる、尖った積雪の無いお姿の槍様が見える。
 雲ひとつ無い。
 麗らかとか悠長な表現は間違いだった。

 とにかく暑い。

 早朝の車移動で登山口までの途中、高山市街を過ぎた辺りの路肩気温表示の最低はマイナス12度だったのに、風が無いと体感はこうも違うものか。

 途中、尾根コースへの分岐がありそこにはトレースが無く、通常コースをチョイスした。
 案内看板が雪に埋もれて明確な表示は確認出来ないが、無然平付近で休憩して、その辺りでワカンを装着した。
 唯一、獣出没注意の案内が印象に残った。

 無然平を過ぎてもうひとつ尾根コース分岐があり、こちらもトレースなさげで通常コースをチョイス。
汗だくで、もがき苦しみながら山頂に到着。
 ふみふみさんはじめ、先人方が踏み固めて頂いた足跡をたどり、何とか福地山に僕の足跡も残す事が出来た。

 ゴーグル・バラクラバ・10分じっとしてると危険な状態を想像してたが、登山口同様の快晴無風。
 おまけに、眺望は前述の槍様と左に雪化粧の笠ヶ岳(達人方のお話しでは、見る角度によって形が違うらしい)、槍様の左側の山々は何だろう。分からないので、ここは雪化粧した穂高レンポウで逃げておこう。眼下には、この辺りに端を発する蒲田川。

 山頂からこの風景を視界に入れた時、現実である事を理解するのに時間を費やした。
 やがて、事実・現実として受け入れた時、49才と11ヵ月での人生初の経験で強い衝撃を受けてしまった。不覚にもその美しさに魅了されてしまったって事なのでしょうか。認めたくないですが・・・。

「絶景」‼

 この言葉を発するのは、この時に使う事が最も相応しく、今まで容易く使っていたことを深く反省致します。
 画像をスマホに残した後に、記憶にも残そうと深く脳裏に焼き付ける為にしばらく目を閉じた。
 特筆に値せず、参加メンバーの誰もが昼食後この場を離れる事に後ろ髪引かれる思いではなかったかと。

 下山は、登って来た登山道を少し外れ、トレースなしの部分をワカン・ストックで膝まではまりながら歩き、トッテモ楽しい。
 そこから暴走が始まった。

 雪面に、ふわりふわりと浮かんでる様な感覚で、膝関節にかかる負担が少なく、ステップ動作に両手の動きを複合したトレーニン グジムのクロストレーナーってマシンに似てて、大幅に下山に所要する時間を短縮した。

 シリセードとか、グリセードとかは聞いた事はあるが、これもひとつの下山方法で、細分化すれば、新たな歩行技術か。?
 「トレース無きは踏み入らず」を頑なに守てたが、大きく覆された。
 これからは、ソロの時だけにしようかなー。

 今回の山行だけでは無くほぼ何時もソーなのですが、楽しく幸せな時間を過ごす中で新たな経験を積む事が出来ました。
 企画して頂きましたtoriyaRをはじめ、参加されました皆様、クラブメンバー様に深く感謝致します。

記:しろー

20170204福地山01_420

20170204福地山02_420

20170204福地山03_420

20170204福地山04_420

20170204福地山05_420

20170204福地山06_420

20170204福地山07_420

20170204福地山08_420

20170204福地山09_420

20170204福地山10_420

20170204福地山11_420

20170204福地山12_420

20170204福地山13_420

20170204福地山14_420

20170204福地山15_420

20170204福地山16_420

20170204福地山17_420

20170204福地山18_420

20170204福地山19_420

20170204福地山20_420
燕岳 2016.11.26
20161126燕岳15
冬のアルプスを体験!


メンバー:つよっさん、もっちゃん、えだこ、ずみ、ふみふみ、たろー

コース :中房温泉駐車場(7:30)~登山口(7:35)~合戦小屋(10:10~10:30)
~燕山荘(11:30)~燕岳(12:20~12:30)~燕山荘(13:00~13:30)
~合戦小屋(14:05)~登山口(16:10)~中房温泉駐車場(16:20)




 雪を求めて燕岳へ行ってきました。雪があるのか心配でしたが向かう道中の路肩に白いものが見えてくると期待度上がってにやけてきました。

20161126燕岳01
中房温泉登山口

 駐車場は雪がありませんでしたが少し登ると白くなってきました。ある程度登って雪がまとまってきたところで雪の上に寝ます。

20161126燕岳02
第1ベンチでクールダウン

 やっとこの季節がやってきたと実感できます。やっぱりいいですね。さらに高度を上げていくと槍ヶ岳が左手に見えてきました。
 なんて存在感があるんでしょ♪

20161126燕岳03
雲海

20161126燕岳04
合戦小屋

20161126燕岳05
どんどん登ります

20161126燕岳06
槍ヶ岳が見えた

 更に登ると燕山荘がで~んと見えてきました。これも存在感がありますねぇ。
 でも、一番「おぉ!」と思ったのは山荘の向こう側に広がる景色。

20161126燕岳07
燕山荘

20161126燕岳08
槍ヶ岳

20161126燕岳09
燕岳

 遠いような近いような距離で頂が白い山々が迫ってきます。テンションあげマックスです。

20161126燕岳10
アルプスの山々

 そして山頂に向かうといるか岩がお出迎え♪目の位置に雪が乗っていて更にリアルです。
 山頂に着くとこれもまた吸い込まれそうな景色が広がります。初めて来ましたが、人気の山の理由が肌で感じられます^^

20161126燕岳11
イルカ岩

20161126燕岳12
燕岳に向かう

20161126燕岳13
眼鏡岩

20161126燕岳14
頂上

20161126燕岳15
頂上で記念撮影

20161126燕岳16
燕山荘へ戻る

 下りも久々の雪山を感じながら楽しく下りてきました。今シーズンは昨シーズンより雪山で遊びたいですね。

記)つよっさん
赤谷山 2016.10.15~10.16
20161015赤谷山19
赤谷山頂にて


メンバー:toriya(CL)、やっさん(SL)

コースタイム
10/15:馬場島(10:00)-大ブナクラ谷出合(10:50)-猫又谷出合(12:30)
-ブナクラ峠(13:45)-赤谷山(16:30)山頂テント泊

10/16:赤谷山(6:30)-ブナクラ峠(8:55)-猫又谷出合(10:30)-
大ブナクラ谷出合(11:45)-馬場島(12:25)


 赤谷山(あかたんやま)は剱岳から毛勝三山の主稜線上にある標高2300m足らずの無名の山。これが裏剣の絶好の展望台で、地元有志の手で登山道が整備され、無雪期でも登れるようになったと聞いてから必ず行きたいと願っていた山であります。

【10月15日】
 この玄人好み?の山行にエントリーしたのはとりやのほか、ちゅーた、やっさんの3名。
ところが山行の前日、事実上の山行企画者ちゅーたが突然の発熱により痛恨のリタイヤ。このため残ったメンバーは鈴ハイではきわめてレアケースな、長い鈴ハイ生活の中でも余り記憶にないおっさん二人での山行となった。

 未明星川集合、人数も少ないので経済的に行こう!ということでやっさん号(ダイハツムーブ)にて一路馬場島へ、馬場島は標高780m、剱岳早月尾根の登山基地として有名だが、我々は早月尾根には目もくれず、ブナクラ谷を詰めて赤谷山を目指すのだ。

20161015赤谷山10
登山開始

 オオブナクラ谷出合までは道も歩きやすく快調、猫又谷出合では珍しいヒダサンショウウオをつかまえたりしながら、このあたりはまだ余裕があったなぁ。

20161015赤谷山11
ヒダサンショウウオ

 徐々に高度を上げながら峠直下のゴーロの急登も何とかクリアして標高1756mブナクラ峠着。

20161015赤谷山12
直下ゴーロ

20161015赤谷山13
ようやくブナクラ峠

 ブナクラ峠ではちゅーたの山仲間「富山のおっちゃん」が手ぐすねを引いて待ち構えていた。さっそくちゅーたへのお悔やみを述べ合い、山の世界では無駄に顔の広いやっさんとはすでにお知り合いのようだ。
ブナクラ峠からは五竜や白馬はじめ後立山の眺望すばらしく、富山のおっちゃんより山座同定指南、さらにこれからのルートのレクチャーを頂き感謝。ありがたくブナクラ峠を後にする。

20161015赤谷山14
赤谷山に向かって

20161015赤谷山15
後立山連邦

20161015赤谷山16
悪路が続く

 峠からピークまではまだ標高差は500m近くあり、道も余りよろしくない。テント泊装備に足取り重く、先の中央アルプスでの絶不調の悪夢を思い出す。これはやばいのではないか、もうだめだ、たばっちがいたらなぁ、などとワケの分からぬ思考に支配されかかったとき、赤谷山ピークに飛び出す。そしてここで突然に裏剣がその全貌をさらけ出し、そのドラマチックな展開とあまりの絶景に言葉を失い立ち尽くすおっさん二人。

20161015赤谷山01
赤谷山から裏剣

 テント設営後、アーベンロートに染まりゆく裏剣を堪能、五竜のピークからは満月が昇り、いやー長生きはするもんですなー。夜中にテントから這い出したら、富山のおっちゃん推奨の富山平野の夜景もなかなかのものでした。

20161015赤谷山17
本日のテン場

20161015赤谷山02
アーベンロートの裏剣

20161015赤谷山18
夕焼け

20161015赤谷山03
五竜の上に月が出た

20161015赤谷山04
富山のおっちゃんオススメの富山平野夜景

~2日目に続く~


続きを表示する
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ