御在所 大黒尾根 2018.01.20

20180120御在所大黒尾根14
大黒岩のテラスで集合写真(のはず)



<メンバー>
たろー、なお、もっちゃん、やっさん、くろ

<コース>
スカイラインP(8:15)~本谷~不動滝(9:00)~大黒滝(9:40)~大黒尾根
~大黒岩(13:40)~アゼリア昼食(13:50~14:30)~中道~スカイラインP(16:20)




 総会の前日、軽く体を動かしたい、位の気持ちで近場のショートコースに行こうと御在所本谷をチョイスしました。でも、気温は春の様に暖かく雪も解けてしまったかも。

 そこでもし雪が無ければ大黒尾根に取り付いてみようと、メンバーにハーネス、ロープをもって来るようにお願いします。

 雪の無いスカイラインを少し歩いて御在所山の家の横から本谷に入ります。御在所山の家は住む人がいなくなって少し傷んできたような感じです。

20180120御在所大黒尾根01
御在所山の家

 本谷にも雪は全く無く、ぽかぽか陽気の中、飛び石で高度を上げていくとなんだか沢登りをしているようでテンションが上がってきました。何だか楽しいなあ。

20180120御在所大黒尾根02
本谷を行く、春みたい

20180120御在所大黒尾根03
沢登りみたい、テンション↑

 不動滝、大黒滝を巻き上がり、いよいよRW直下の谷に入ります。予想通りここまで高度を上げても雪はほんの少し。コースを変更し大黒尾根に取り付きます。

 取り付きは三角岩の上から。我々が準備をしていると軽装の単独ハイカーがささっと大黒尾根を登って行ったので、これ幸いとばかりに後を追います。

20180120御在所大黒尾根04
不動滝

20180120御在所大黒尾根05
大黒滝

イメージ 620180120御在所大黒尾根07
大黒滝上でこんな感じ

20180120御在所大黒尾根06
三角岩の上から大黒尾根に

 ヤブっぽい尾根を急登していくとRWの鉄塔がいつもと違う角度で見えて来るので面白い。岩登り的な所が出て来ますが、今日は登れるメンバーばかりなのでフリーで行きます。ただ上から見ると結構な高度感です。

20180120御在所大黒尾根08
ロープウェイの角度がいつもと違う

20180120御在所大黒尾根09
岩登り

20180120御在所大黒尾根10
高度感あるねえ

 ハングした岩に行く手を阻まれました。やっさんが偵察いきますが左側には残置スリングがあるけどちょっと登れそうに無いみたい。クロさんが一段下がった所にトラバース用にトラロープを見つけたので(ネットで見た事ある)ので右側にルートを取ります。

20180120御在所大黒尾根11
ここは右から

 トラロープ沿いにトラバースしたのはいいですが、そこからのルートが良く分かりません。クロさんが左のガケをトラバースし何とか尾根芯へ出ます。後から登りましたがよくこんな所行ったなあという感じ。

 尾根の上もそこからのルートが良く分かりません。一瞬、ここから降りるの大変だなあと思いましたが、気を取り直して先に進む方法を考えます。

 良く見ると先行者の足跡(最初は動物と思った)が右側をトラバースしていました。残置のペツルがあったのでそこを支点にロープを出してトラバース。ほんの数歩の距離でしたが空中に体を投げ出す感じでヒヤっとしました。

20180120御在所大黒尾根12
やっさん、トラバース中

 足場が安定したところまで来ると後は安心、ロープをフィックスして後続を呼びます。後は少し岩をよじ登ったら大黒岩のテラスに出て本当に安心。ロープを出してモタモタしていたのであたりはガスに包まれ雪が降って来ました。

20180120御在所大黒尾根13
大黒岩に到着

20180120御在所大黒尾根14
集合写真(ガスガス・・・)

 大黒岩から山上公園に出たらもうすっかり正午を過ぎていたので昼食はアゼリアで食べる事になりました。私はカレーうどん。これまで数えきれない位御在所に登りましたがアゼリアでご飯を食べたのは初めてかもしれません。美味しかった。

20180120御在所大黒尾根15
お昼は御在所カレーうどん

20180120御在所大黒尾根16
ここにもロープウェイが

 ガスガスの中、そり遊びに興じている子供たちを横目に見ながら中道で下山します。雪の無い登山道をサクサク歩いて駐車場に戻ります。何とか明るい内に戻れました。

20180120御在所大黒尾根17
そり遊びする子供たち

20180120御在所大黒尾根18
地蔵岩

20180120御在所大黒尾根19
おばれ岩

 今回、初めて歩いた大黒尾根はちょっとしたバリエーションルートで中々面白いコースでした。次回来る事があればもう少しスムーズに抜けたいです。

20180120御在所大黒尾根20
こんな感じで歩いたみたい(別の日の写真)

 参加の皆さんありがとうございました。

記)たろー
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

雪の伊吹山 2018.01.14

20180118伊吹山15
大所帯チーズ



<メンバー>
たろー、えだこ、こうじ、とー、めぐち、もっちゃん、ちー、ふみふみ、りこ、なおと、あべちゃん、
たばっち、ちっぷる、次郎、体験Hさん

<コース>
登山口(8:40)~3合目(10:25)~6合目(11:20)~伊吹山(13:10~13:55)~6合目(14:55)~3合目(15:15)
~登山口(16:30)




 鈴ハイに入会してから初めての山行です。冬の伊吹山も初めてでこれから雪山をたくさん行きたい私にとってはちょっとドキドキなでもワクワク楽しみにしていました。お天気は最高の晴れ間に風もなく下から見上げる伊吹山と青い空に心がはやります。

 汗っかきな私は2合目あたりまでですでに汗が噴き出す始末。9合目あたりからの急登は降りてくる人の何人かは滑落してくる人もいたので、それに注意(避けながら)登っていきました。

20180118伊吹山01
登山口

20180118伊吹山02
1合目

20180118伊吹山03
琵琶湖がきれい

20180118伊吹山04
もう汗だく

20180118伊吹山05
伊吹山

20180118伊吹山06
行列・・

20180118伊吹山07
もう少し(と思ってからが長い)

20180118伊吹山08
結構急だね

20180118伊吹山09
樹氷~

20180118伊吹山10
やっと着いたかな

20180118伊吹山11
やれやれ

20180118伊吹山12
到着~

 無事山頂に着くと遥か彼方に御嶽や南アルプス、中央アルプス、白山、岐阜の山々などが見え登った疲れも吹き飛ぶ景色に感激!昨シーズンから雪山を少しずつ行きだした私ですが、どれもこれも荒れた日ばかり。でも鈴ハイの雪山山行は当たりばかり!鈴ハイの晴れ男晴れ女さん、どうもありがとうございます♡

20180118伊吹山14
最高の景色

 山頂の休憩時にはたばっちさんが差し入れに赤福をもってきてくださったので、きれいな雪と一緒に赤福氷に(^^♪ トッピングも生クリームやマンゴージャムを用意されておりなんとも豪華なデザートになりました。とってもおいしかった★ありがとうございます。

20180118伊吹山13
豪華デザート

 さて下山ですが、実は2~3メートル滑落してしまいました。トラバース気味に降りていた時にアイゼンを引っかけてしまったのです。雪がフワフワだったのもあり、なんとかすぐに止められたのと前に先行者が居なかったのが幸いでした。よくアイゼンをひっかけて滑落するというのを聞いていましたが、こういう時になるんだとかなり反省しました。

20180118伊吹山16
さあ、下山です

20180118伊吹山17
大混乱・・・

20180118伊吹山18
下から見上げる

 傾斜がゆるくなってきたところで、今年初のヒップソリの出番!(*^▽^*) 「わ~気持ちいい~!!! バキッ★(; ・`д・´) 」 なんと1回で割れてしまいました・・・・(=_=)うわさには聞いていましたが100均のものはすぐに壊れるとか・・・でも1回で壊れるなんて!! そんな可哀そうな私にたろーさんがヒップソリを貸してくださいました。が、もしここでまた割ってしまったら!と恐怖の思いに囚われましたが、有難く滑らせていただくことに。無事割れることもなく下山できました。ほっ。

20180118伊吹山19
シリセード

20180118伊吹山20
一日中晴れてました

 初めての伊吹山は楽しいことも反省することも多く雪山初心者の私にはいい山行になりました。また、途中サングラスを落としてしまい、皆さんに余計な時間を取らせてしまったこともお詫び申し上げます。見つけてくださった次郎さんありがとうございました。

記)ちー

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

御在所 後尾根 2018.01.13

20180113御在所後尾根07
中俣を登るクライマー(私たちではありません)



<メンバー>
たろー、なお

<コース >
スカイラインゲート(8:10)~藤内小屋(9:00)~藤内沢出合(9:50)~後尾根~富士見岩(13:00)~3ルンゼ下降~藤内沢出合(14:00)~藤内小屋(14:30)~スカイラインゲート(15:20)




 今年から雪山バリエーションにも挑戦していきたいなトレーニング企画の一環で御在所後尾根に行ってきました。

20180113御在所後尾根01
まずは裏道へ

20180113御在所後尾根02
藤内小屋

20180113御在所後尾根03
快晴の北谷

 藤内沢出合でアイゼンを装着してまずは一壁を目指します。結構な斜度のトラバースに緊張感が走ります。一壁下に到着したところで少し乱れたメンタルを整えるため休憩。

20180113御在所後尾根04
藤内沢出合

20180113御在所後尾根05
氷柱が見事

20180113御在所後尾根06
一壁へ向かう

 快晴無風。とっても心地がいい。しばしまったり。

 ここから一壁を左から回り込んで…たろーさんはすいすいっと。少しあけて登りだしたら、「やばっ、こわっっ、動けやん」てな感じになってしまい思わず「ロープーーー」。

 たろーさんがロープを用意してくれている間につま先立ちで待っているもんだからふくらはぎがぷるぷるしだした。「大丈夫ーっ?」ってたろーさん。「もう限界ーーー」って私。

 焦らせてしまいすみません。しかもビレイループにカラビナがついてないというあり得ないミスも…いや、ホント反省しています。当然の事ですが、いけるんちゃう?ってノリで登りはじめてはだめなんです…。

 そして私、最近やっと大人になったようです。人並みに恐怖心を感じることのできる仕様に変更になりました。お取り扱いの際はお間違え無いよう十分お気を付けください。

 ※ドタバタしていたのでこの間の写真はありません・・

 登りきったところでかなり乱れまくったメンタルを整えるため休憩。目の前の中俣にはアイスクライミングをしているパーティが。氷が脆そうで見ているだけで怖いレベルですがとってもかっこいい。

20180113御在所後尾根07
中俣アイスクライミング

 その後は適度なヒリヒリ感を楽しみつつ岩登り。「しんどー」を連発しつつ中道に詰め上がります。下山は久しぶりの藤内沢をチョイス。ここには何度か来たなぁ。ノスタルジーすら感じながら下りました。

20180113御在所後尾根08
CSのルンゼを登る

20180113御在所後尾根09
岩を潜ったり

20180113御在所後尾根10
ガリガリ登ったり

20180113御在所後尾根11
これくらいの乗越は余裕かな

20180113御在所後尾根12
山上公園からイブネ

20180113御在所後尾根13
3ルンゼを下降

20180113御在所後尾根14
雪、すくないなあ

 反省点はいっぱいありますが、最近高度感から離れていた私にはとてもいいトレーニングになりました。今回は雪が付いていなかったので雪付いたらまたリベンジってことで。こんな感じで徐々にステップアップしてまだ見ぬ世界に行く予定です。

なお

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

入道が岳 2018年初詣山行 2018.1.3

20180103入道が岳15_640
山頂の鳥居で強風に耐える!!


≪メンバー≫
ふみふみ、ナオト、バルス、つよっさん、めぐち、さっこ、みゆ、りこ、あこ、たばっち、体験Kさん

≪コース≫
椿大神社(9:00)-愛宕社(9:20)-北尾根避難小屋(10:25)-北の頭(11:40)-奥宮(12:00~12:30)-入道が岳(12:40)-二本松避難小屋(13:30)-椿大神社(14:30)



 入会後初山行で入道ヶ岳へ。
 ペーパードライバーの私を気にかけてくださったたろーさんとたばっちのお気遣いで近くの駅でピックアップしてもらい椿大神社へ。
 微妙なお天気の中、初詣の人に混ざって登山準備です。
 そこで手袋を忘れた事をたばっちに相談すると、インナー手袋とテムレスを貸し出してくれました。
 ダメダメな私をフォローしてくれるリーダー。頼りになります。

 一通り準備を終えて集合場所へ。
 全員が集合したところで、たろーさんが体調不良で挨拶だけで帰られるとのこと。お大事に・・・。
 体験山行の方と私の為に全員で自己紹介をしてから先ずは初詣へと向かいます。
 思い思いにお参りを済ませていざ出発。

20180103入道が岳01_640
まずはお参り

20180103入道が岳02_640
愛宕社へ

20180103入道が岳03_640
ここから雪がちらほら

 愛宕社へ続く階段で体が温まったところで衣服調整をして山道に入っていきます。
 最初は雪はあるものの、うっすらと積もっているので見えないけれど足を置くと木の根っこだったりして、歩きにくいところも結構ありましたが、みんな楽しいお喋りをしながらだったり、慣れないメンバーにはすぐ後ろにベテランがついてアドバイスしたりと、理想的な登山パーティが形成されていました。

20180103入道が岳04_640
急登

20180103入道が岳05_640
雪深くなってきた

20180103入道が岳06_640
みんなで力を合わせて

 しばらく登り続けるとしっかりとした雪道になり、避難小屋を越え、アセビのトンネルへ。
 ずっと先行されてた方々と交代し、強いメンバーにノートレースの道を切り開いてもらい稜線へ。
 天気予報通りの強風がみんなを襲います。あまりの強風に笑いだす人もちらほら。
 ここからもノートレース、吹雪、視界不良の為、力のあるメンバーが先頭を行き、パーティーがバラバラにならないようベテランメンバーが目を光らせながらのアタックです。

20180103入道が岳07_640
避難小屋(今回はスルー)

20180103入道が岳08_640
少し日差しが

20180103入道が岳09_640
馬酔木のトンネル

20180103入道が岳10_640
ついに晴れてきた

20180103入道が岳11_640
と思いきや…爆風に襲われる

20180103入道が岳12_640
地吹雪が凄い!

20180103入道が岳13_640
お腹もすいてきたよう…

 先ずは奥の院にお参りを済ませて、ここで大休止。バケツを掘ってランチタイムとなりました。
 お腹が満たされたところで、ピークハントへ。
 頂上滞在時間は1分程度だったでしょうか?記念撮影の為に目をあけることすら危ぶまれるほどの強風でした。
写真を撮ったら即下山。二本松コースを降りていきます。
 標高が下がり、強風から逃れた一行はまた和気藹々とお喋りしながらの楽しい下山でした。

20180103入道が岳14_640
今年も一年無事に登れますように!

20180103入道が岳15_640
撮影の瞬間だけ耐えて~


20180103入道が岳16_640
速攻下山!

20180103入道が岳17_640
無事に帰ってきました

 椿大神社で集合写真を撮ってもらい、おみくじを引き、出店でお土産を購入してから、山頂でできなかったぜんざいと凧揚げをしに場所を移動します。

20180103入道が岳18_640
神社も大吹雪だけど、私達がんばった♪

 某所自転車置き場にて温かくてあまーい善哉をいただき、凧揚げをして無事終了となりました。
 まったく景色は見えませんでしたが、雪と強風を堪能し、色んな方とお話ししながらの初詣山行はとても楽しかったです。

20180103入道が岳19_640
平和な駐車場にてぜんざい

20180103入道が岳20_640
青空に七連凧もよく上がる

記:みゆ

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

御在所氷雪訓練 その2 αルンゼ

20170102藤内沢氷雪訓練00001
新雪を踏みしめて




【メンバー】 ita ふみふみ toyo

【コース】  湯の山温泉 6:00~6:50藤内小屋~裏道~8:30αルンゼ出合~12:00前尾根P1~12:30アゼリア13:30
        ~藤内沢下降~15:00藤内小屋15:30~16:00湯の山温泉



雪の御在所藤内沢めぐりの企画に参加しました。
itaさん友人夫妻も参加予定でしたが、骨折リバビリ中との事で別行動、スズハイメンバー3人での山行となりました。
コースは裏道から入り、αルンゼ藤内沢を経て、再度、裏道に戻るというものです。

20170102藤内沢氷雪訓練00002
αルンゼ全景とルート

自分のアイゼンですが、10本だと思い込んでいたものが、なんと8本。itaさんにはぜったい重荷になったはず。すみませんでした。
でも、「ロープ張るから大丈夫!やれるとこまでやってみようよ」と嬉しい言葉を頂き、安全に楽しくトライする事ができました。

藤内沢出合に有るいかにも「達人しか入ってはならぬ」的な看板。その場所に進めるのだと思うと、ワクワクしました。小さな徒渉をし、ゴロつく岩の間を縫って行きます。しっかりとした踏み跡も見当たらず、当然、トラバースです。また、急な斜面もあり、ロープにて確保を取りながら一人づつ慎重に登っていきます。

20170102藤内沢氷雪訓練00003
αルンゼへのキツイ登り

途中、単独の方に先を譲りつつも、最初の難関F1 30ⅿ氷瀑に到着します。
itaさんリード、フミさんビレイにて登っていきます。傾斜は緩め、私とふみふみさんの同時登攀で時間稼ぎます。

20170102藤内沢氷雪訓練00004
F3 まだ氷は薄い

itaさんは、実際に登って手本を見せてくれます。さらに、理論的な部分でも説明がなされ、とっても勉強になりました。難しい事を簡単に説明するのは、きちんと解っていないとできない事。そして、実際に個人レッスンで、ダメ出しをしてくれます。

次の氷瀑F2 25m ロープ張って練習です。傾斜も随分ときつくなってきます。

20170102藤内沢氷雪訓練00005
準備万端!

20170102藤内沢氷雪訓練00006
ふみふみさんスタート

バイルは力任せに打ち付けてはいけない等、実践をしていくなかで学びます。
アイゼンについても、前爪の4本でバランスを取るとの事です。低い場所では出来ても、高度が増すにつれ、心の迷いが如実に行動に現れます。ふみさんは、小柄ながらも、テクニックで踏破。自分は焦って案の定、宙ぶらりんになりました。アイゼンのせいにしたくはないけれど爪が効かない!

20170102藤内沢氷雪訓練00007
toyoちゃんスタート!

20170102藤内沢氷雪訓練00008
toyoちゃんねばる!

 途中で撤退。下りはローダウン。ザイルは力を入れずに持ち、バランスを取りながら。いつぶりかしら?でも、itaさんを信じて、「えい!」やればできました。
ちらついていた雪がこの頃には、吹雪いています。ただ、待ちの時間は寒かったですが、やっている方は、集中している為か、以外に気になりませんでした。

20170102藤内沢氷雪訓練00012
お尻に刺さるよ・・・

更に上り詰め、F3 15Mに。しかし、先ほどよりレベルが高く、出だしの3Mがツララ状になってます。
ここは難しいとの事でitaさんリード、ふみふみさん続いて、私は巻き道より上がりました。
itaさん抜けた後ふみさんトライ。氷の柱が抜け落ちたりして、足の置き場に苦戦します。しかし、粘り強く諦めずにしっかり決めてきます。楽しそうでした。

20170102藤内沢氷雪訓練00009
ふみふみさんファイト!

20170102藤内沢氷雪訓練00010
氷に支点取ります。

岩場の上から見る景色は、御在所とは思えない(失礼)自分の知らない御在所でした。
山頂までは、樹氷の中を潜り、雪のトンネルを抜けていく様。吹雪いてる中、時折青空もみえました。
20170102藤内沢氷雪訓練00013
樹氷のトンネル

20170102藤内沢氷雪訓練00014
もう一息!最後まで気を抜かないで!


岩々したルンゼを上がって、前尾根終了点のP1に到着します。 藤内壁を一望出来るビューポイントを堪能、胸ラッセル?を交えながら裏道に抜けました。

20170102藤内沢氷雪訓練00011
おつかれさん!

昼はアゼリアにて休憩。温かいものをとりながら、まったりした時間を過ごせました。
さて、次は藤内沢の下り。しっかり雪が積もっていた為、シリセードにて激下りをしました。3人が連なって下る様は、雪の池でカヌーをしている感じで、とても面白かったです。危険な箇所はフォローしてもらいつつ行きます。近いのに、こんな魅力あふれる場所だったんですね。だんだんと黄昏時が近づき、この山行も終わりだと思うと、少し寂しい感じもしました。

20170102藤内沢氷雪訓練00015
P2ヤグラをバックに・・・夏はここを登ろう。

藤内沢小屋に立ち寄ると、友人夫妻の姿が。特に奥さんの方は、「肋骨を骨折した」と笑って話される豪快で素敵な方でした。
また、戌年にふさわしく白と黒の2匹の犬が(藤内小屋の犬らしい)出迎えてくれ、とても癒されました。「今年もよろしく」と挨拶を交わし、最後はヘッテンにて下り、無事に下山。かなり充実した一日となりました。
企画して頂いたitaさん、一緒に参加して頂いたふみさんに感謝です。ありがとうございました。
記(toyo

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR