セルフレスキュー訓練 2017.4.9
20170409セルフレスキュー講習11_420
いろんな搬送方法を実践してみました!


<メンバー>
たろー、やっさん、えだこ、はる、めぐち、もっちゃん、zenkou、とー、次郎、シズ、CUB、ちっぷる、たばっち

<コース>
朝明駐車場-中峠-朝明駐車場


 鈴ハイ恒例!春の登山講習会が鈴鹿で開催されました。
 菜種梅雨のさなか、なんとか天気も持ち堪え、リーダータバッチを筆頭に総勢で12名で8時半に朝明駐車場を出発しました。朝明渓谷沿いに中峠ルートを地図とコンパスで現在地を確認しながら荒れた沢沿いを進みます。
 入山90分程で中峠に到着しいよいよ講習会開始。今回のテーマは負傷者救助です。

20170409セルフレスキュー講習01_420
荒れた沢沿いを進む

20170409セルフレスキュー講習02_420
中峠へ到着、電波状況を確認します

 まずは通信状況の確認。キャリアによって通信状況はまちまち。各々が携帯の電波を確認しました。
 次に現在地の確認。救助要請を警察にする場合、的確な位置情報の把握が必要で(N北緯とE東経)の伝達が一番との事。

えー!どうやってーー‼︎

 それが簡単にわかるんです。携帯にはGPSという立派な機能があるんです。圏外でもグーグルやコンパスアプリで位置情報を知る事が出来るんです!目から鱗~^o^。
 救助要請が済んだら、次は負傷者の安全な場所への搬送です。もし大柄な人を運搬する場合どうすればいいのか?またもや難問…。

大丈夫あるんです!解決法‼︎

 まず空のザックを用意し逆さに、運搬する人がしゃがみ背中で背負います。運搬される人が両足をザックの紐に通し運搬する人が立ち上がります。ちょうど赤ちゃんの抱っこ紐の要領です。
 ザックを逆さにせずに、そのままストックで腰掛けを作るバージョンもタローさんから披露され、歓声があがります。また人足がいる場合、必殺ザック三連結の技も繰り広げられました。

20170409セルフレスキュー講習03_420
空のザックをさかさまに背負い、間に負傷者を挟んで・・・

20170409セルフレスキュー講習05_420
よいしょ!

20170409セルフレスキュー講習06_420
周りの人は立つときに補助します

20170409セルフレスキュー講習07_420
大人一人背負えました!

20170409セルフレスキュー講習12_420
次はシートの周りにカラビナとスリングを巻き付けて・・・

20170409セルフレスキュー講習13_420
大人数で運ぶ方法。乗り心地良さそうです(^^)

 連結したザックが担架になり皆で運搬します。
 どんな大男もこの技にかかれば問答無用。まるで揺りかごの中の赤ちゃん👶です。

20170409セルフレスキュー講習10_420
さらに、ザックを連結させて

20170409セルフレスキュー講習11_420
美女軍団に運ばれる大男??

 ここで講習会は終了、13時に下山しました。

20170409セルフレスキュー講習14_420
下山後に集合写真

 先ずは負傷し無い事が一番ですが、備えあれば憂いなし。物資の無い山で、ある物だけを活用し救助活動‼︎とても勉強になった講習会でした。

シズ
スポンサーサイト
ロープワーク講習 2017.04.08
03_LI.jpg
知っておこう!色々なロープワーク



<メンバー>
たろー、たばっち、えだこ、次郎、もっちゃん、と-、ita、toyo

<コース>
三重県民の森(8:00~15:00)




 今回は、事前の課題もあり、とても内容の濃い講習になりました。
 当日は、降りそうだったけど、案外、合羽いらずの天気でした。
 曇り空と桜の淡い色合いが妙に艶っぽかったな。
 場所は県民の森、8時に集合しました。

 講習は、2人1組となり、丁寧なマンツーマン指導でした。
 的確なチェックが入り、やや緊張しましたが、少しずつ覚えてできるようになるとやっぱり嬉しいものです。

 さて、先ずは予習の確認から。エイトノットやプルージック等の結び方をおさらいします。
 又、ロープの扱いも教えてもらいました。
 ロープの束ね方は簡単そうにみえて、実際にやってみると、「ん?」と最初は戸惑いました。
 皆、何度も練習を重ね、初回、バラバラだったロープの長さが徐々に揃ってくる様に。
 肩にロープを掛けると、ちょっとやってる人感が出て、良い感じ。

20170408 ロープワーク訓練01
うまく束ねられるかな

 自分のやり方はこうだけど、こうする方法もある…とか、こうすれば、スムーズに次の行動に移せるだとか…、とても細やかな事まで出し惜しみなく教えてもらいました。
 わかっていたつもりでも、しっかり分かっていなかったり、全くわからずオロオロしていた部分に少し自信が持てたりと気持ちも変わっていきました。

 次にトップとセカンドの連携、合図の確認、中間支点の取り方、確保の仕方等を学びます。
 笛を吹いて合図をするのですが、どのタイミングで吹くのか、鈴ハイでのルールを決めておいた方がわかり易いのでは?等の意見が出ていました。

 実際の沢では、音が聞こえにくく、姿が見えない場合もあります。
 笛を吹く際も、声出しの際も思った以上に「大きく」が必要となる様です。
 また、確保では、しっかり足を踏ん張って、不意なテンションに耐えられる様にしておかねばなりません。
 また、ロープの送り出しでは、たるみがあってはいけないので相手の歩調に合わせます。
 セルフビレイから始まり何度も手順を繰り返します。

20170408 ロープワーク訓練02
手すりを使ってトップとセカンドの連携手順

 さて、そろそろランチタイム!と思いきや、脱出の技術も身につけましょうとの事。
 講習なので、平地での訓練ですが、実際は崖の上。
 トップを安全に確保したまま、自分は脱出して、助けを求めに行くという想定です。
 幸いにも鈴ハイでこの様な状況になった事はないとの事でしたが、考えただけでパニックになりそうです。
 実際にタローさんがやってみてくれました。
 (※やり方はうまく説明できず、省略します。詳しくはタローさんまで)

03_LI.jpg
ビレイからの自己脱出
うまく荷重を移してと・・

20170408 ロープワーク訓練05
フリクションノットはこう巻くねんで

20170408 ロープワーク訓練06
な、止まるやろ?

 で、ランチタイム。カップ麺率が高かったです。
 外で食べるカップ麺はなぜ美味しいのだろう。

20170408 ロープワーク訓練07
ロープ登りえだちゃん

20170408 ロープワーク訓練08
ロープ登りえだちゃん

20170408 ロープワーク訓練09
ロープ登りえだちゃん

20170408 ロープワーク訓練10
ロープ登りえだちゃん

20170408 ロープワーク訓練11
登ったら降りなあかんで

 午後からは、懸垂下降の練習を行いました。
 階段の段差を利用して行ったのですが、それでも怖い。
 (スルスル〜ッと下に落ちていかないか。大丈夫と言われても。ねぇ)

 ハーネスにスリングで距離を取り、プルージック等でバックアップ機能を設けます。
 その際、体重が掛かった重みで、プルージッックが締まってしまわない様に、ATCの下にバックアップ機能を作るのが良いと学びました。
 エイト環の使い方も初めて学びました。購入していたものの、使う機会がなかった代物。
 落としてしまわない様に、ハーネスにエイト環を付けたままロープを装着し、カラビナにつけます。
 又、懸垂下降の際、エイト環の近くに手を持っていくと、エイト環とロープの間に手を挟む事もあると注意を受けました。

12_LI.jpg

懸垂下降中のたばっち、何を思う

13_LI.jpg
不思議な光景

 ロープの太さによっては相性もあるのだということもよくわかりました。
 ただ、今回、ヘルメットを持って行ったのに、被らずじまいだったので、そこは反省します。
 練習でも怪我をしないとは限りません。

 最後に実際に斜面での懸垂下降を実施しました。
 怖くて下を見れませんでしたが、途中、「木に引っかかるよ〜」と声が掛かり、下も見て確認しながら降りないといけない事がわかりました。
 えだちゃんが、上手い具合に下降と思いきや。ちょっと滑ったのは愛嬌ですね。
 教える人も教わる人もそれぞれに新しい発見や課題が見つかった講習であったと思います。

20170408 ロープワーク訓練14
最後は実際の斜面で

 解散直後にポツポツの雨からザ〜ッと横殴りの雨に変わりました。
 タローさん、予定を1時間早めての開催、正解でした。
 本当に講習が終わるのを待ってくれていた様な雨でした。
 きっと今回のロープワークを知っているのと知らないのとでは、楽しさも違ってくるはず。
 タローさん、itaさん、ジローさん、ご指導ありがとうございました。

記)toyo
藤原岳~孫太尾根から大貝戸~ 2017.3.25
20170325藤原岳04_420
山頂に到着。笑顔で記念撮影^^


参加メンバー:めぐち、はるさん、ちっぷるちゃん、やっさん

コース:7:00 孫太尾根~ 11:05 藤原岳山頂 ~ 12:20 藤原岳山荘 ~ 13:56 大貝戸


 Spring has come♪
 3月になり、鈴鹿の山にも春が来た!
 3月といえば福寿草! 福寿草といえば藤原岳!
 福寿草を求めて、藤原岳に行ってきました!

 コースは、孫太尾根~藤原岳~大貝戸。
 前半の孫太尾根は知らないルートだったので、山と高原地図で事前予習すると、コースタイムが載っていない破線ルート。
 破線ルートなのでとんでもない登山道なのでは?と不安でしたが、想像とは違い、道はしっかりしていて、迷うことがない普通の登山道でした。

 登山中いくつかのかわいらしい春の花々が咲いていて、鈴鹿の山にも春の訪れを感じました。
 3月末なのに途中から残雪ゾーンになりましたが、アイゼンの必要はありませんでした。
 孫太尾根の最後がかなり急な岩場でちょっと危なくてヒヤリとしましたが、がんばって登りきると藤原岳の山頂に着きました。

20170325藤原岳01_420
途中で休憩。ここまでは残雪なし。

20170325藤原岳02_420
福寿草が所々咲いていて、綺麗です^^

20170325藤原岳03_420
山頂に近づくにつれ、残雪のお出迎え。

20170325藤原岳04_420
山頂に到着。笑顔で記念撮影^^

 藤原岳の山頂は、3月末なのに一面雪で、まだまだしっかりした雪山でした。
 やっさんに教えてもらったのは、藤原岳は昔、スキー場だったというトリビア情報!
 天気のよい登山日和だったので、登山者で賑わう雪山の藤原岳はさながらスキー場のゲレンデみたいでした。

※藤原スキー場は、昭和6年に藤原岳山頂部にオープン、山荘は食事付で100人ほどが宿泊可(現在山荘は無い)、多いときは1000人ほどのスキーヤーで賑わったという(Wikpediaより)

 無風でお天気が良かったので、山頂の展望地で鈴鹿の山々を望みながらお昼ごはんを食べました。
 帰りは表登山道から下山しましたが、さすが花の百名山の藤原岳、まだまだぞくぞくと登山者が登ってきました。
 登りが表登山道だとかなり込み合ってたかもですが、今回の登りの孫太尾根は、自分たちのペースでのんびり登れたのでよかったです。

 下りは腐った雪に悪戦苦闘しながら、無事下山。
 みなさん、お疲れさまでした。

20170325藤原岳05_420
藤原山荘は、人・人・人。

20170325藤原岳06_420
山荘のトイレは大渋滞(^-^;

 お目当ての福寿草は咲いているのを見れましたが、今年は残雪が多く、想像していたほどのお花畑ではありませんでした。
 福寿草のお花畑を期待していたので残念ですが、福寿草はやっぱりキレイですね★
 ぱきっとした黄色で、すごく華やかでした。
 いつかたくさん福寿草が咲いているお花畑を見てみたいなー♪

記).ちっぷる
フライングの藤原岳 2017.03.11
20170311藤原岳09
春はもうすぐ



<メンバー>
たろー、はる、たばっち

<コース>
大貝戸(7:30)-藤原避難小屋-藤原岳(10:00)-避難小屋-大貝戸(12:30)




 鈴鹿ハイキング倶楽部なのに鈴鹿を歩く回数がめっきり減ってしまった。翌日の山行も軽く終わりそうなのでたばっちが急遽企画してくれた藤原岳へ福寿草を探し行く事に。しかしたばっち、翌日はマラソンなのに大丈夫か?

 最初は秘密の花園を探して道なき道をゴソゴソと行こうかなと思っていたが、リーダーからはあっさり却下、普通に表道の往復のようだ。まあなんてったってマラソンだもんね。

 少し早目に出発したせいか大貝戸の登山口はまだまだ静か。空気はひんやりとして気持ちがいい。

20170311藤原岳01
まだ静かな大貝戸

 5合目を少し過ぎた辺りからもう雪が出て来た。早々に下って来た人と話をすると軽アイゼンしかないので8合目で断念したとの事。どんだけ雪積もってるねん。この様子だと花はまだ雪の下だなあ。でも節分草は咲いていたらしい。

20170311藤原岳02
もう雪が出て来た

 半分溶けた雪が固まっていやらしかったがアイゼン無しで頑張る。8合目からは冬道を直登する。空は快晴で気持ちがいい。9合目からは下界が良く見える。

20170311藤原岳03
9合目 いい眺め

 2時間と少しで藤原山荘に到着。小屋には寄らずそのまま展望丘に向かう。前日に降った雪が積もってサクサク気持ちいい。

20170311藤原岳04
新しいトイレと展望丘

20170311藤原岳05
青空と雪

20170311藤原岳08
うれしくてこんなポーズも

 頂上からは遠く御在所まで見渡せる。4月には多分ここを縦走するんだろうなあ。記念撮影をして藤原山荘に戻る。

20170311藤原岳06
山頂

 小屋の前で小休止しているとどんどん人が登って来る。まあ、こんなにいい天気なので無理もないか。9合目では雪の中から顔を出している福寿草の蕾を見つけた。春はもうすぐそこまで来ているんだなあ。

20170311藤原岳07
小屋前で小休止

20170311藤原岳09
福寿草 蕾だった

 クラストした雪に苦戦しながら8合目まで下り、5合目からは節分草を探そうと手分けして登山道の両脇を目を皿のようにして探したが結局見つけられなかった。

 お昼過ぎには下山出来たので麓の集落にある節分草を見に行く。ちょうどいい具合にたくさん花が咲いていた。

20170311藤原岳10
麓の節分草

 今年は見るチャンスが無いな~と思っていた藤原岳の福寿草。蕾ではあったが見る事が出来て良かったこれを見ないと春が来た気がしないもんね。企画してくれたたばっちありがとう。それから名古屋女子マラソン完走おめでとう!

たろー

藤内沢 氷雪訓練Ⅱ 2017.2.19

20170219藤内沢Ⅱ14_420
高度感満点のトラバース


<メンバー>
ita,とりや、サブロー

<コース>
7:30藤内小屋~裏道~8:30αルンゼ分岐~F2終了10:30~10:50前尾根P1
~スタンディングビレ―練習~藤内沢出合~11:30奥又大滝~12:00βルンゼ
~13:00~2ルンゼ雪壁~13:30中道~13:403ルンゼ~藤内沢下降~
14:401ルンゼ~15:30藤内小屋~16:20駐車




 先回に続き、とりやさん、さぶちゃんの2名と藤内沢にて、みっちりの氷雪訓練を行いました。

 藤内小屋に早朝集合としたのは、私だけ小屋に前夜泊、小屋の人と楽しいひと時を過ごしたからです。 藤内小屋は土石流に飲まれ、一時復旧は無理かと思われましたが、多くのボランティアに支えられ、かつての賑わいを取り戻した、古き良き時代の香りが漂う素敵な小屋です。

 前日は旨いお酒を頂く為、腰まで積もった雪をひたすら積み上げてました。笑

20170219藤内沢Ⅱ01_420
藤内小屋での雪かき

 さて、楽しく飲み明かした次には辛い朝がやってきます。 

ストーブが一晩中焚かれてる温かい小屋より、テラスに出ると、強い冷気と眩しい朝日が、ヨレた身体に沁み渡り、力がみなぎるような気になります。(気がするだけでダルさは変わりませんが・・・)

 登攀準備をしてるとお二方が到着。 本日のルートについて確認します。

 まずはαルンゼを目指して裏道を登ります。 昨日沢山人が入った為、大雪の御在所でも歩きやすくなりました。

20170219藤内沢Ⅱ02_420
αルンゼへの登り

 早く入った甲斐があり、一番乗りで取付きます。 F1は登らずに、一番楽しめるF2へ。まずはTRセットする為、リードします。氷結状態はまずまず。支点のスクリューもばっちり効き、安心して登れました。

20170219藤内沢Ⅱ03_420
まずは支点工作

 さぶちゃんは靴底が柔い為かアイゼンに力が入らず苦戦、とりやさんは縦走様10本爪ですが、バランスとって上手に登って行きます。

20170219藤内沢Ⅱ04_420
とりやさんトライ!

 何度か練習してると、後続登ってきましたので、F3もパスして前尾根稜線まで登ります。前尾根の最終ピークP1の裏側に有る、雪壁にて、スタンディングアックスビレイによる下降の練習をします。

20170219藤内沢Ⅱ05_420
前尾根P1到着

 樹木等、支点にするものが無い場合、交互に下降するのに有効な技です。さぶちゃんの確保でとりやさん、私と降りましたが、危なげなく降ろしてもらう事、出来ました。

20170219藤内沢Ⅱ06_420
スタンディングアックスビレイによる下降

20170219藤内沢Ⅱ07_420
大丈夫かな?

20170219藤内沢Ⅱ08_420
快適~

 藤内沢に降り立った後、奥又滝に入ります。あわよくば、バンド沿いに通り抜けようと思いましたが、先客有りで、先回使っβルンゼにて迂回します。

20170219藤内沢Ⅱ09_420
奥又の偵察、次回は・・・

20170219藤内沢Ⅱ10_420
βルンゼのサブちゃん

 今週も氷の状態良く、危なげなく登る事が出来ました。その先はカモシカルンゼに戻り(先回は行けなかった)雪壁登りです。デブリ跡の残る40°程の雪壁は迫力満点。体力を奪われながらも中道の稜線を目指します。

20170219藤内沢Ⅱ11_420
最後の雪壁キツイ~

20170219藤内沢Ⅱ12_420
もうチョイで終了

 途中の尾根より3ルンゼを見渡すと大勢のクライマーが楽しんでました。しばらく見学後、藤内沢下降、藤内滝は1ルンゼに大きく巻いて通過。小屋にて本日のミッション終了致しました。

20170219藤内沢Ⅱ13_420
賑わう3ルンゼ

 今回の氷、雪壁のアイゼンワーク、ロープワークは冬~春山に向けて、重要な技術となります。シビアコンディションでも焦らなくなる様、今後も練習したいと思います。

 参加のお2人様、ご苦労様でした。

記:ita
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ