弥山・八経ヶ岳 2017.02.18-19
20170218八経ヶ岳17
鳥居がこんなに埋もれてる!弥山神社


<メンバー>
ふみふみ、もっちゃん、キヨ、やっさん、つよっさん、たろー

<コース>
2月18日:熊渡(9:20)~金引尾根~高崎横手分岐(14:20)~狼平避難小屋(15:30)泊
2月19日:狼平避難小屋(6:30)~弥山(8:30)~八経ヶ岳(9:30)~高崎横手分岐(12:05)
金引尾根~熊渡(15:15)   



 雪山テント泊山行の越百山の代替案として、奈良県の弥山と八経ヶ岳に登ってきました。登山口辺りは、前日に雨が降ったようで、ちょっと硬めの雪。ラッセルしなくて良かった!でも、ラッセルするぞ!という気持ちで来たので、ちょっと残念な感じもしなくはない。

20170218八経ヶ岳01
熊渡からスタート

20170218八経ヶ岳02
手書きの案内板

 林道から金引尾根を登り切るまでは、急登で、意外と、この固めのトレースのある雪が歩きにくい。ところどころ踏み抜くところもある。久しぶりのテント泊装備の為か、真冬というのに、これ以上脱げないのに汗が止まらない。
 天候は曇り。風はなく、展望があるルートでもなく、地味な感じですごく遠く感じた。

20170218八経ヶ岳03
樹林の中を進む

20170218八経ヶ岳04
トラバース

 当初の予定では、弥山小屋の近くでテント泊の予定でしたが、時間やペースのことから狼平までというのを聞いてホッとしました。

 狼平は、小川に吊橋が掛かり、その小川のほとりにかわいい避難小屋がある素敵なところです。ここに避難小屋を建てた方のセンスの良さを感じます。また、その避難小屋がとても綺麗なのです。
 予定ではテント泊でしたが、たろーさんが小屋に泊まろうと言ったことに異論は一言もありませんでした。みんながみんな、小屋に泊まりたい!と思ったのでしょう(笑)。

 小屋は2階というかロフトがあり、今回の6人で丁度の広さで独占出来たのも良かった。ふみふみさん特製の鍋をつつきつつワイワイやっているとアッという間に夜も更けてしまいました。一日目は、狼平に尽きる一日だった。

20170218八経ヶ岳05
分岐

20170218八経ヶ岳06
吊り橋を渡ると

20170218八経ヶ岳07
狼平避難小屋

20170218八経ヶ岳08
まずは乾杯

20170218八経ヶ岳09
ワイワイと楽しく


 二日目。今日は弥山、八経ヶ岳と周回して下山する予定。小屋泊の中で、我々が一番早い出発の為、ラッセルをしなくてはならない。今日は風もあり、本格的な雪山という感じだ。ふみふみさんともっちゃんがラッセルしてリードしてくれるので助かりました。

20170218八経ヶ岳10
さあ、出発

20170218八経ヶ岳11
ラッセル開始

 いくつも鹿除け網を乗り越えたりして弥山に到着!弥山神社(天河神社)にもたっぷりの雪で鳥居の上に手が届く貴重な体験が出来ました。御利益があったのか?、八経ヶ岳を過ぎる頃には、青空が見えるようになり、大峰山脈の山々や青空に映える樹氷も楽しめました。

20170218八経ヶ岳12
鹿除けネットには苦労した

20170218八経ヶ岳13
大黒岩が見えた

20170218八経ヶ岳14
幻想的な世界

20170218八経ヶ岳15
時折日が射す

20170218八経ヶ岳16
弥山神社

20170218八経ヶ岳17
鳥居に手が届く

20170218八経ヶ岳18
弥山小屋

20170218八経ヶ岳19
弥山

20170218八経ヶ岳20
八経ヶ岳を目指す

20170218八経ヶ岳21
八経ヶ岳(何もない・・)

20170218八経ヶ岳22
ガスガスが

20170218八経ヶ岳23
青空~

20170218八経ヶ岳24
弥山が一望

 こんな感じで二日間、雪山を楽しめましたが、避難小屋が快適過ぎたので、次は寒くて寝られないほどのテント泊もしてみたい気もする(笑)。
 あと、雪が解けたら、弥山川ルートで登ってみたい。スリルたっぷりの梯子だらけのルートを。

 大峰奥駆道も歩きたいなあ。いつものように、山に行ったのに、行きたいところが増える不思議。

記 キヨ
スポンサーサイト
風折滝 目指せ天使の翼 2017.02.11
20170211風折滝13
天使の翼



メンバー:たばっち、はる、やっさん、めぐち、しず、ちっぷる、キヨ、もっちゃん、
     Toyo、ふみふみ、たろー

コース :宮ノ谷林道終点(8:50)~水越谷出合(10:40)~風折滝(15:00~15:30)
    ~水越谷出合(18:15)~宮ノ谷林道終点(19:30)




 たろーさん企画の台高、宮の谷の支流にある風折滝へ行ってきました。風折滝という名は、風が吹くとふらふらと揺れ、折れて見えるのが由来らしい。さらに「冬になれば折れた滝が凍りつき、天使の翼のような氷の芸術が出来上がる。」という神秘的な謳い文句が!
 これは見たい、絶対見たい!という事で、参加資格(アイゼン歩行経験者)は無かったけど、たろーさんに懇願したところ「フォローします」と心強いお言葉をくださり、ありがたく参加させて頂きました。

 この日は、朝からキンキンに冷え込んでいて、集合場所に近づくにつれ、国道の雪がどんどん増えていきます。雪に慣れていない車もいて国道もゆっくりな流れです。ヤバい…多分、集合時刻に間に合わない。
かなり焦りましたが、高速に乗ったら普通に走れ、余裕で到着♪…と思ったら、やっさんが寝坊で30分遅刻。

 無事、合流出来たところで、登山口の宮の谷へ向かいます。登山口の数km手前から、携帯は圏外へ。前走車のタイヤの跡も無くなり、いよいよ人の気配が無くなってきました。もし車がスタックしたら…とか考えるのは恐いからやめました。

 登山口へ着きましたが先客は誰もいないので車停め放題。まずは整備された遊歩道を歩きます。キンキンに冷えた新鮮な空気と静寂の雪道を堪能。1時間ほどで水越谷出合へ到着。快調です。

20170211風折滝01
.登山口

20170211風折滝02
ゾロゾロと

20170211風折滝03
雪の谷

20170211風折滝04
遊歩道が整備されている

20170211風折滝05
もうすぐ出合

20170211風折滝06
水越谷出合

 ここからが本番!風折滝まで登山道が未整備ということなので一気に緊張感が高まります。ところどころ渡河します。夏ならドボンしても笑って終わりですが、冬のドボンはマヂ笑えません。

20170211風折滝07
いきなりアドベンチャー

20170211風折滝08
大丈夫かなあ

 暫く歩くと老夫婦が追い付いてきました。風折滝は11回目だとおっしゃっていました。ベテランらしく颯爽と引き離されていきます。(鈴ハイメンバー以外では、この日、唯一の登山者でした。)
 
 そして難所①へ到着。渡河するのに川が深いので、一旦、上って横移動して降ります。手前から見ると簡単そうに見えますが、いざ降りるときは足をかける岩が見えなくてスリルあります。個人で来ていたら、ここで撤退していました。(もっと手前かな…)

20170211風折滝09
難所①

 渡河してすぐ、岩の間を登るのにつっかえて邪魔なザックをリレーしロープで荷揚げします。ザックリレーでは、一通りメンバーのザックを持つので重さが分かります。自分のザックは…めちゃ軽い。達人メンバーのザックは…補助グッズがいっぱい入っているので、めちゃ重い・・中でも、やっさんのザックはパネぇ重さです。やっさん以外の全員が持つのを嫌がっていました、何が入っているのだろ?

 暫く歩くと先行していた老夫婦が帰ってきました。何でもこの先のロープが凍っていて奥様が滑って川にドボンしてしまったようで、風折滝には行かず帰るとのこと。この先にベテランでも引き返させられるような難所が…。
 時間もかなり押してきているので撤退かな…(撤退賛成派)しかし、たろーリーダーから撤退の指示は出ません。黙々と進みます。

 そして難所②へ辿り着きました…。ベテラン夫婦撤退の場と思われます。岩の上方からロープが垂れていますが、ツルツルに凍っています。ロープを掴んでも滑って落ちます。足元の岩もツルツルで踏ん張れません。ロープを掴んでいる手の握力が一気に無くなっていきます。みんなどうやって上がったの!?もう限界す…。(難所過ぎて写真なし)

 その時、たろーさんから「最後の上りだから頑張って!」と檄が飛びます。無我夢中に。そして気が付けば何とか岩の上に登れていました。

 またまた暫くすると難所③再び巨大な岩が立ちふさがります。もちろんロープが凍っていてツルツル…握力も戻っていません。マジかぁ…。たろーさんから「最後の上りだから頑張って!」と、どっかで聞いたような…

20170211風折滝10
.難所③

 記憶が薄いですが、体を立てたり、横にしてつっかえさせて登ったような?登ってしまえば、本当に最後の上りでした♪先行されている方の歓声が聞こえます!目的の風折滝が見えて疲れが吹っ飛びます(≧∇≦)

20170211風折滝11
風折滝

 辿り着いてみると、まさに天使の翼!写真では伝わりにくいけど本当に圧巻です。滝からはソコソコの水量があるのに下へ落ちるまでに風で散っていきます。散った水が周囲の岩から氷柱となって幻想的な景色を創り出しています(〃▽〃)

20170211風折滝12
折れてる折れてる

 ちっちゃいエンジェルフォールの冬Verって感じで、海外の秘境にいるような感覚になりました♪(本物のエンジェルフォール見た事無いけど…)

20170211風折滝13
集合写真

 ずっと見ていたいですが、既に15時半…時間が押しています。名残惜しいですが写真を撮りまくり下山します。

 暗くなってくると焦って安全確保より早く帰りたくなりますが、達人メンバーが冷静に、確実に1人、1人の安全を確保しながら誘導します。流石です。

 帰路の難所③②では、ロープを掴めず滑ると危ないので、濡れるの嫌だけど防水手袋を取ってウールの手袋で挑みました。な、な、なんと普通に掴めます。次回から安物防水手袋使うのはやめようと心に決めたのでした。。。

20170211風折滝14
.難所を戻るのだ

 難所①を越えた辺りで周りが暗くなってきました。「明るいうちに難所はクリアしときたいね」とみんな言っていたので安堵しました。そして人生初の下山時ヘッデンです。雪山で暗くなるとか想像では怖いと思っていたけど人数多いし、メンバーと話しながらなので楽しい気分になってきた♪

20170211風折滝15
無事難所を超えた

 と、思っていたら滑落!!ゆっくり沢の方に吸い込まれていきました。幸い沢手前で止まれて、モフモフ雪のお蔭でダメージ無し。難所越えても油断大敵ですな。

 水越谷出合の休憩所で最後の休憩。ここからは整備されているので順調に帰る事が出来ました。

20170211風折滝16
最後はヘッデン

 難所は全て達人メンバーに安全確保をして頂きました。一人では、とても風折滝まで辿り着けません!とても楽しく、絶景も見られて、満足感たっぷり♪鈴ハイメンバーになって本当に良かったです。

 なかなかハードな1日でしたが、たろーさんから「冬の沢としては初級だよ」と一言。改めて達人の域は遠いなと感じました。

はる
台高 名倉谷川 中ノ谷沢登り 2016.09.10 
20160910中ノ谷12
台高-水との激闘の記録-


メンバー:ita、ずみ、たろー、kaji(一般)

コース :中ノ谷川出合(8:20)~第1支流出合(10:05)~二俣(10:45)
~P1105南鞍部(13:30)~唐谷川登山道(15:20)~唐谷川林道デポ車(16:05)


 暑い夏の間、アルプスへ避暑にも行かず地元の低山でのんびり…そんなわけでひさしぶりのガッツリ山♪じゃらじゃらと腰にさげたカムが似合う沢の達人ばかり3人同行していただいたので私には至れりつくせりの沢登りでした。

 川の水もさほど冷たくないので時々浴びる滝のしぶきも心地よく進みます。連続する小滝をさくさくと上る精鋭に続いて、ロープで確保された私は安心して濡れた岩にゆっくりと足場をさぐりながらチャレンジ。それでも踏み外したり、あえなくロープに頼ってのぼったり…。達人に続けと小さな白い滝芯に入ったらまったく歯が立たず足をかけることさえできずにただロープに吊られて滝の洗礼を受けました。今更ながら、水流ってすごい! 強い!! 怖い!!!

20160910中ノ谷01
水は冷たくない

20160910中ノ谷02
サクサク登る

20160910中ノ谷03
大タイ滝

20160910中ノ谷04
達人達の登り

20160910中ノ谷05
あえなくロープのお世話に

20160910中ノ谷06
至れり尽くせり

 まったく太刀打ちできずに押し戻されて進めないまま滝は諦め、巻いて岩肌を上ります。
 長く釜に浸かってすっかり体温を奪われてしまい全身がガタガタ震えるのはいつものことながら、体の動きがにぶって集中力も欠け歩みが危うい。

 見かねて声をかけていただきカッパを着て歩きはじめたら身体があったまって、俄然ふたたび気合が入りしぶき飛び散る白い水流を選んでは歩みを進めてしだいに細くなる沢歩きを最後まで楽しみました。

20160910中ノ谷07
第1支流出合で

20160910中ノ谷08
大滝

20160910中ノ谷09
ルートは・・・

20160910中ノ谷10
激闘

20160910中ノ谷11
気合入ってます

20160910中ノ谷12
ファイト一発

20160910中ノ谷13
まだ滝

20160910中ノ谷14
まだまだ滝

20160910中ノ谷15
まだまだ滝

20160910中ノ谷16
水流が細くなっても滝

 さて下りはガンガン進みます。上り返しを避けようとトラバースしてみたら厳しいルートになってしまい斜度も距離もなかなか歩きがいのある道。
 前行く人に落石しないよう細心の注意をはらいながら慎重に足を運びました。危うい斜面の連続も緊張感を最後まで楽しめ無事下山することができ林道の手前で釣りの小道具とテックを見学。

20160910中ノ谷17
トラバース慎重に

20160910中ノ谷18
植林の中急降下

 麓の温泉に立ち寄り心地よい満足感をかみしめながらゆっくり疲れもとれたはず…だったのですが、下り道での疲労がじわじわと押し寄せ翌日から筋肉痛!さぼっていた夏をしみじみ実感した今年最後の沢?でした。

 木漏れ日差し込む楽しいコースで次々現れる滝も前後からしっかりフォローしてもらいながら安心して登らせていただきました。達人3名を一人占めしてのちょっと背伸びした沢登り、ありがとうございました。

記 ずみ

沢合宿パート2 台高 白倉又谷 2016.07.17
20160717白倉又谷16
これぞ秘境!ゴールの大滝



メンバー:えだこ、もっちゃん、CUB、なお、たばっち、たろー
コース :筏場P(8:50)~馬の鞍谷出合~30m滝(15:00)~林道~筏場P(16:40)


 沢合宿二日目は昨年えだちゃんの負傷事故で敗退した白倉又谷。事故現場の再検証を踏まえ6人で再トライしてみる。

 筏場から林道を歩き、林道終点から入渓。いきなりのゴルジュで少し緊張する。最初の難所のリッジではロープを出してしっかり確保しながら登る。前回同様小難しかった。

20160717白倉又谷01
入渓ポイント

20160717白倉又谷02
いきなり腰まで入る

20160717白倉又谷03
このリッジが小難しい

 その後、滝壺を泳いで越え、前回のルート取りを忠実にトレースしていく。二つ目の難所はリッジ上になった滝の淵を歩いていく所。左に落ちればドボンで済むが、右へ落ちれば滝の下に。ここもしっかりロープを出す。えだちゃんが少し軽率な歩きをしたので叱る。

20160717白倉又谷04
滝壺を泳いで右側へ上陸

20160717白倉又谷05
ロープでフォロー

20160717白倉又谷06
ゴルジュが続く

20160717白倉又谷07
落ちたらこっちへ

20160717白倉又谷08
慎重に滝の淵を渡る

20160717白倉又谷09
リッジを登って巻く

 ゴルジュを巻き、側壁をトラバースすると去年の事故現場に到着。みんな事故の状況を説明する。えだちゃんの足に乗っかった岩はまだ現場に残っていた。(本当に骨が折れてなくて良かった)

20160717白倉又谷10
トラバース

20160717白倉又谷11
事故状況説明(足元が問題の岩)

20160717白倉又谷12
脱出

 この後は前回撤退して見られなかった箇所、飯場跡を超え湧き水の滝を過ぎると馬の鞍谷出合の滝。初めて来た時は登ったけど、今回は大事をとって巻く。滝の上には更に大きな圧巻の30m滝でゴール。あとは昨年はえだちゃんを背負って歩いた道を歩いて林道に戻る。

20160717白倉又谷13
湧き水の滝

20160717白倉又谷14
どんどん遡る

20160717白倉又谷15
集合写真

20160717白倉又谷16
ゴールの大滝

20160717白倉又谷17
すごい迫力

20160717白倉又谷18
みんな泳ぐ

 白倉又谷はゴルジュが続く厳しい谷でしっかりと技術的なポイントを確認しながら遡行出来たのは良かった。しっかりと意識をもって正しく技術を使えば危険はかなり減らせるという事が判って貰えたならこの合宿は成功だったかもしれない。参加の皆さんありがとうございました。

たろー
沢合宿パート1 台高本沢川 2016.07.16
20160716本沢川03
スクラム渡渉の練習!


メンバー:えだこ、もっちゃん、CUB、なお、次郎、たばっち、たろー
コース :筏場P(10:30)~黒倉又出合(13:20)~筏場P(14:55)


 先週の葛川の事故を受け、基本訓練の必要性を感じましたので赤石沢を中止し、台高の本沢川で沢合宿と称して沢訓練を行いました。

 水流への対処方法を学ぶつもりで訓練場に選んだ本沢川の水流は穏やかで、訓練としては物足りなかったかもしれませんが、基本動作の意味を丁寧に説明しながらの実践はとても有効だったと思います。

 途中、五色湯跡を見つけて遊んだりしましたが、有意義な訓練になったと思います。この日は近くの林道でテント泊をし明日の合宿パート2に臨みました。

20160716本沢川01
場所はこの辺でいいかな

20160716本沢川02
まずは腰までの一人渡渉、水流の強さを実感して

20160716本沢川03
3人でのスクラム渡渉

20160716本沢川04
ザックピストン(ザックを浮き代わりして渡ります)

20160716本沢川05
もっちゃん実践

20160716本沢川06
滝も登ってみます

20160716本沢川07
肩がらみによる簡易確保

20160716本沢川08
ちょっと遊んでみたり

20160716本沢川09
泳いでみたり

20160716本沢川10
温泉見つけた

20160716本沢川11
いい湯だな?

20160716本沢川12
おさらいで沢下降
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ