四阿山&荒船山 2016.05.21~22


メンバー:toriya、ジョコティン、次郎、なお、ちゅう太

【1日目:四阿山】

20160521四阿山15
四阿山山頂にて

コース: 09:00菅平牧場P ~ 11:00根小岳 ~ 鞍部・昼食(12:00~12:30) ~
      四阿山山頂(13:30~14:15) ~ 16:30菅平牧場P



 toriyaさん企画の軽井沢泊山行に初参加させていただきました。独特の地形でいつもとは違う景色も見られるとの事で楽しみにしていました。
朝3時半に桑名を出発し、toriyaさんの計画書通り、次郎さんが長野まで爆走してくれました。山行地近くの駅で東京からやって来てくれたちゅう太さんと合流し、登山口まで向かいます。
登山口は高原、牧場、白樺の木という景色で、別世界でした。

20160521四阿山01


20160521四阿山02
牧場の風景

 今日は根子岳(ねこだけ)と四阿山を(あずまやさん)を巡るコースを歩きます。事前に四阿山の5月の気候について調べたところによると、ニット帽必須で、ハーフパンツは×バツと書いてあったので、3月の鈴鹿を歩けるような服装で挑みました。

 が、実際の気候は5月の伊吹山のような感じでした。。。
被ってきたものは仕方ないので、涼しそうなメンバーと歩き出したけど、時間経過と共に私の服装は崩れていきます。
服装の引き算は難しいです。

20160521四阿山03
見晴らし台より(霞んでいるのがちょっと残念)

20160521四阿山04
新緑の白樺林

20160521四阿山06
山桜が見ごろ

20160521四阿山07
淡いピンクが綺麗です

 根子岳の山頂で、ちゅうちゃんからの、芋羊羹の差し入れをいただきました。めちゃくちゃおいしい!
続いて四阿山を目指します。なだらかで開けた地形、植物の種類、やっぱり鈴鹿とは違うなぁと改めて感じました。

20160521四阿山08
四阿山を目指します(まだ遠い)

20160521四阿山09
四阿山バックに

20160521四阿山12
案外岩場も

 下ってきた根子岳とこれから登る四阿山の中間のところでお昼ごはんにします。
最近のマイブームの塩むすびイン唐揚げ、初めて目にしたなおさんお気に入りの金ちゃんヌードルを少し戴き(美味しかった!)、エネルギー補給しました。

20160521四阿山13
根子岳方面を振り返れば

20160521四阿山14
もうじき四阿山山頂

 その後暑さで少しバテたけど、マイペースを貫き四阿山の山頂に到着。空気が霞んでいたけど、心の目で見ると浅間山も見えていました。

20160521四阿山16
山頂にミヤマキンバイ

 山頂でのんびりしてから下山します。
速筋タイプのなおさんとじろーさんは素早く下山し、toriyaさんとちゅうちゃんと私でのんびり歩かせてもらいました。
なだらかな長い下りで、いつもの事ながら膝が痛くなってきていたところに「休憩しよっか」とtoriyaさんからのナイス提案( ´▽`)
午前中に登った根子岳の側面を眺めながら、残っていたパンを食べて癒やされました。
こういう山行好きだな〜と実感。

20160521四阿山18
のんびり休憩

20160521四阿山19
ヒメイチゲ

20160521四阿山20
フデリンドウ

 速い人、のんびりがいい人、それぞれのマイペースで歩けると、ハイキングはもっと楽しくなるのかなと思います。
その為には、自分に合ったコースタイムの把握、ルートの理解をして、リーダーの心労を減らせたら良いなと思いました。toriyaさんとちゅうちゃんはもっとサクサク歩けたと思いますが、のんびりに付き合ってもらってありがとうございました。

 下山後は温泉に入ってから、スーパーへ買い出し。軽井沢の地ビールを飲み比べて楽しみました。 
宴会が盛り上がっていましたが、私は次の日の為に早めに就寝しました。

~2日目 荒船山へ続く~


続きを表示する
スポンサーサイト
雨飾山 2015.10.12
20151012雨飾山00
岩と紅葉の名峰、雨飾山


・メンバー:サブロー、イッチー、みにょ

・コースタイム(10月12日)

1日目:車移動のみ(八方池往復予定でしたが、天候不良と車トラブルのため移動のみ)
2日目:雨飾高原キャンプ場6:08 … 荒菅沢7:40~7:50 … 笹平8:55 … 雨飾山山頂9:20~9:40
     … 笹平10:05 … 荒菅沢11:15~11:45 雨飾高原キャンプ場12:50


色々あった1日目は移動のみとなりました。

(※サブロー注:車がパンクのためJAFのお世話になりました。)

雨飾高原キャンプ場に到着した頃には、また雨が降っていました。

雨の中、テントを張ります。

運転でお疲れのイッチーさんは、
シュラフにくるまって休んでいる所をサブローさんに撮影されていました。

20151012雨飾山01
トラブルつづきの運転におつかれイッチーさん

この日のサブローシェフの夕食メニューは以下のとおりです。
・たまごスープ
・海藻とサンマの梅じそ風味サラダ
・そばがき
・キノコと鶏の鍋
・ガレット風のデザートりんごジャム添え

サブローさんが、そばがきをモリモリ食べていたのが印象的でした。

20151012雨飾山02
地元のきのこと鶏とそばがきの鍋(暗くて不気味ですが)

20151012雨飾山03
そばガレットづくり

夕食後には雨は上がっていました。


2日目を迎えます。

サブローシェフの朝食メニューは以下のとおりです。
・栗かぼちゃポタージュ
・焼きウインナー
・ゆで卵
・フルーツグラノーラ

朝食の後、テントを片付けます。

キャンプ場から駐車場に車を移動させようとしますが、

登山口に一番近い駐車場はすでに満車でした。

路駐の車も多く見られました。

いよいよ雨飾山へ登ります。

20151012雨飾山04
出発!

足を踏み入れると、赤や黄色の紅葉がとてもキレイです。

今年は紅葉が早いそうですが、今が見頃なのでしょうか。


大きなブナの木を見つける度に、サブローさんがブナの木にくっついていました。

1日目の車中でもブナについて熱く語ってくれましたが、ただのブナフェチではないようです。

サブローさん曰く、ブナの実は隔年で豊凶を繰り返すそうです。

20151012雨飾山05
森の女王ブナ

20151012雨飾山06
紅葉をみあげて

20151012雨飾山07
紅葉の中をぬけて

20151012雨飾山08
荒菅沢からの紅葉

草も木も赤い実をつけています。

紅葉も素晴らしいのですが、そんな所からも秋を感じることが出来ます。

20151012雨飾山09
花みたいな実、ツリバナ

紅葉が続いていたと思ったら岩場に変わります。

20151012雨飾山10
雨飾の岩場は渋滞します

登り始めは青空が広がっていて、太陽が眩しかったのですが、

岩場に着く頃には、雲が出て風が冷たく感じました。



笹平の登山道は乙女の横顔になっていました。

さすがサブローさんです。

教えてもらわなければ、自分では気付くこともなかったでしょう。

さほど登らないうちは、いまいち分からなかったのですが、

上まで登って振り返ると、確かに乙女の横顔に見えます。

そして、日本海も見えました。

サブローさんが、山の上から小さく見える田んぼを指して、

「お米がおいしそう」と妄想力を発揮していました。

20151012雨飾山11
日本海とおいしそうな田んぼ(笑)


山頂は「猫の耳」と呼ばれる双耳峰となっていて、

南峰には標柱と三角点があり、北峰には石仏が並びます。

20151012雨飾山12
北方の石仏

下山は、途中まで団体の方々の後ろをついて行きました。

百名山だけあって人気なのですね。

下山後は、サブローさんとイッチーさんが仲良く炭酸兄弟になっていました。

小谷(おたり)温泉は、山田旅館さんへお邪魔しました。

茶色のお湯からは鉄の香りがします。

20151012雨飾山13
秘湯を守る会の温泉、小谷温泉


帰路の途中では、スイス村に寄っておやきを買いました。

B型のイッチーさんは、本能のままに、わさび野沢菜のおやきを食べていました。

(※サブロー注:辛いものを先にたべると、つぎに熱いものを食べたとき余計に辛くなる。A型のみにょさんは理性的に辛いものは後から食べていました。)

今回は、JAFの頼もしさを知ると共に、日本海側の広葉樹の魅力に触れた山行になりました。

記:みにょ
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ