堂満ルンゼから堂満岳(撤退) 2016.02.21
20160221堂満06
一応、堂満岳頂上



メンバー:たろー、ふみふみ、やっさん、なお、次郎、えだこ

コース :イン谷口(8:20)~堂満ルンゼ撤退(9:30~11:30)~金糞峠
      ~堂満岳(14:10)~イン谷口(16:10)



 厳冬期の南アルプス3000m峰、甲斐駒ヶ岳への挑戦は今年の冬のメイン山行の一つに温めていた企画だったが、生暖かい雨と風の為、泣く泣く中止。

 転進先に選んだ比良の堂満ルンゼは全く雪が無い。上へ行けば雪が出て来るかと滝をいくつか超えて見たけど、雪解け水がざあざあ流れる谷はまるで沢登り状態。冬靴での沢登りは非常にリスキーでおまけに谷の中は浮石だらけ。1時間程頑張ってみましたが非常に危険なので撤退。一般道で堂満岳に登って帰ってきました。

 2月の下旬なのになんていう気候・・・。今年の冬の雪の少なさは本当に異常だなあ。雪の甲斐駒は来年に取っておきます。

記:たろー

20160221堂満01
ポカポカ陽気のイン谷口

20160221堂満02
堂満ルンゼ入り口、大パーティーが下りて来た。

20160221堂満03
ありゃ、滝が流れているよ・・

20160221堂満04
撤退~

20160221堂満05
こんなところで懸垂下降をするはめに

20160221堂満07
なんか遊んでいるなおちゃん
スポンサーサイト
伊吹山北尾根 2015.10.25
20151025伊吹山06
本日の記念撮影



メンバー:ふみふみさん、ゴッチくん、次郎さん、えだちゃん、みにょちゃん、体験Kさん、やっさん

コース :国見峠駐車場(7:13) ~国見岳(8:01)~ 大禿山(8:37)~
    御座峰(9:06)~ドライブウェイ(10:41)~国見峠駐車場(ピストン) ( 14:48 )



 次郎さんの前日メールにて、
「強風注意。要防寒着。」
との連絡。稜線歩きのコースだったので覚悟していたのですが、直で風にさらされる箇所も少なく、少し汗ばむくらい。
気持ちよく歩くことができました。

 登山道の紅葉は終わりかけてましたが、周辺に見える山々の紅葉はキレイに色づいており、秋の山歩きを楽しめました。

20151025伊吹山01
これから歩く伊吹ドライブウェイまでの稜線。少し紅葉も終わりかけです。

 燕平から先は、ドライブウェイに合流。歩行禁止の標識があり、他にルートも見つからない為、伊吹山山頂への登頂は、ここで断念。
残念でしたが(特にえだちゃん) 、国見岳、大禿山、御座峰と3つのピークを踏んだことで、皆で納得。ドライブウェイで記念撮影して復路へ。
伊吹山山頂と、琵琶湖は見ることはできました。

20151025伊吹山02
国見岳山頂

20151025伊吹山03
大禿山山頂

20151025伊吹山04
御座峰

20151025伊吹山05
伊吹ドライブウェイまでもう少し

20151025伊吹山06
ドライブウェイの路側帯で強風の中での撮影(山頂まで行きたかった...)

20151025伊吹山07
笑顔が素敵な ふみふみさん と えだちゃん

 上野登山口からの雰囲気とは違い、景観の良い稜線歩きができ、個人的にも満足の山行でした。多くの草花を楽しめることで知られるコースだそうです。

この日の発見①
みにょちゃんが健脚。2番目から先頭のやっさんを、煽る勢いの歩きっぷりでした。

この日の発見②
体験初参加のKくんは、礼儀正しい好青年。入会後は、素敵なお姉様方から可愛がられること間違いなし。ふみふみさんのお墨付きです(^^)

20151025伊吹山08
やっさんの後ろから今にも追い越しそうな勢いのみにょちゃん
(紅葉と落ち葉のじゅうたんの中での歩行は最高)

リーダーのやっさん、皆さん、ありがとうございました。

記:ゴッチ
比良 八池谷沢登り 2015.05.17
20150517八池谷08
八池谷 最初の斜瀑にて



メンバー:やまさん、サブロー、まる、ふみふみ、たろー

コース :
ガリバー旅行村(8:50)~入渓(9:30)~魚止滝(9:55)~障子滝(10:10)
~空戸のゴルジュ(10:20)~大擂鉢・昼食(12:10~13:10)
~七編返しの滝(14:10)~一枚岩の滝(15:40)~広谷分岐(16:10)
~ガリバー旅行村(17:45)
    


 今日は今年初めての初級沢企画。いつもは鈴鹿でやっているが今回はちょっと趣向を変えて比良の名渓、八池谷に行く事した。メンバーもやまさん、まるちゃん、サブちゃんと初めて一緒に遡行するメンバーで新鮮な感じ。

 新名神を走り琵琶湖大橋を渡り、ガリバー旅行村へ。比良は鈴鹿と同じ滋賀県の山なのにアプローチほぼアルプス並。出発準備が出来たのは9時近くになっていた。

20150517八池谷01
ガリバー旅行村

 オートキャンプ場施設を抜けて林道を少し歩き、沢が近くなってきたところから入渓。堰堤を超えると魚止滝だった。

20150517八池谷02
魚止滝近くで入渓

 障子滝は登山道と交差していて黄色いアングルが岩につけられていた。登山靴のおじさんが滝を登っているのを見て一瞬、びっくりしてしまう。梯子を使って滝を巻き上がるといよいよ空戸のゴルジュに突入。

20150517八池谷03
障子滝は一般道?

20150517八池谷04
トップを行くやまさん

20150517八池谷05
アスレチックみたい

 ゴルジュの入り口は腰までありそうな深みだったので懸垂下降で進入する。今日、初沢のまるちゃんはちょっと緊張していたが、サブちゃんのサポートもあってうまく下りる事が出来た。サブちゃんはサポートがとても上手くて安心して後ろを任せられる。

20150517八池谷06
空戸のゴルジュへ進入

20150517八池谷07
緊張のまるちゃん

20150517八池谷08
最初の斜瀑は余裕

 最初の斜瀑はみんな笑顔を通過できたが、その上に泳がなければいけない淵が現れた。うーん、ここから戻るわけにもいけないので泳いでもらいましょうか。比良といえど、5月の水はまだまだ冷たく、みんなには悪いことしたかな~。

20150517八池谷09
まさか泳ぐ事になるとは・・

20150517八池谷10
何とかゴルジュを抜けて

 その後もロープを出したり、すったもんだしながらゴルジュを進む。結局、ゴルジュを抜けて大擂鉢に出るのに2時間弱もかかってしまった。ここでお昼休憩。
 今日は、初沢の人もいるので少しでも沢の楽しさをアピールしようと釜揚げうどん(そうめんはまだ寒いので)を準備した。まるちゃんはなんとサラダを作って来てくれた(ありがとう!)日帰り山行でもみんなでワイワイご飯を作るのは楽しいなあ。

20150517八池谷11
大擂鉢に到着

20150517八池谷12
今日は釜揚げうどんにサラダ

 ゆっくりとお昼ごはんを楽しんだ後は遡行再開。大摺鉢から上流は名前のある立派な滝を見ながらの遡行になる。元は登山道だった(今は通行止め?)ので巻きは簡単。

20150517八池谷13
さあ、遡行再開

20150517八池谷14
屏風滝

20150517八池谷15
巻は(旧?)登山道で

20150517八池谷16
貴船の滝も梯子で巻き

 七編返しの滝を過ぎるといったん平凡になり、黙々とゴーロを歩く事になるが、まぼろし滝、一枚岩の滝がアクセントをつけてくれる。いい加減、時間が気になりだした頃に広谷分岐に到着。登山道を使って大擂鉢経由で下山すると1時間半で車まで戻って来られた。

20150517八池谷17
七編返しの滝

20150517八池谷18
水中突破のやまさん

20150517八池谷19
まるちゃんもだいぶ慣れて来た

20150517八池谷20
まぼろしの滝は右側のリッジを登る

20150517八池谷21
一枚岩の滝

20150517八池谷22
谷分岐で遡行終了

 八池谷は初級観光沢と思っていたが、空戸のゴルジュは中々の迫力で面白かった。でも初沢のまるちゃんやサブちゃんに5月の水泳をさせてしまったのは申し訳なかったかなあ。でもまた沢へ行きたいと言ってくれたので大いにほっとした。(暑くなってきたらガンガン泳ぎましょう)。

 参加の皆さんありがとうございました。

記:たろー
余呉トレール賤ヶ岳編 2015.01.31
20150131余呉トレイル09
余呉湖をバックに


メンバー:ふみふみ、やまさん、とりや  

コースタイム:
JR名古屋7:32+++8:44米原9:01++++9:14河毛9:30==
(こはくちょうバス)==9:59 山本三条10:15ーーー山本山
10:50〜11:05ーーー休憩11:45〜12:05---昼食13:05〜13:25
−−賤ヶ岳リフ トのりば14:0ーーー賤ヶ岳14:10〜14:45ーーー
大岩山15:20〜15:35ーーー平和の鐘15:55〜16:00ーーー余呉駅16:10


自家用車を一切使わないFe(鉄)企画に物好きな?
メンバー3人が、朝7時半の名古屋駅6番ホームに集まりました。
通勤客に混じって米原行き特別快速で終点の米原まで。
ここまではJR東海。ここからはJR西日本の新快速に乗り換えて
北陸線河毛駅、ここからさらに近江鉄道バスのこはくちょうバスに
乗り換えて、ようやく山本山登山口。

20150131余呉トレイル01
北陸線河毛駅到着

20150131余呉トレイル02
こはくちょうバス(こんなかわいいバスでした)

20150131余呉トレイル03
バスを降りて街中を歩き、登山口を目指します

山本山から賤ヶ岳に至る稜線は余呉トレールと呼ばれる
太平洋、日本海の分水嶺を貫く歩道の入口で、
北国街道に沿った里山の縦走路を、豊穣な湖北の風景や見え隠れする琵琶湖、
古墳や戦国時代ゆかりの地を訪ね歩く15㎞ほどの道のりです。

20150131余呉トレイル04
登山口の看板。ゴールは遠い!

途中吹雪かれながらも、賤ヶ岳では一瞬の晴れ間から、北びわこや余呉湖、
福井県境の山々の絶景をしばし楽しみました。

20150131余呉トレイル05
山本城跡

20150131余呉トレイル06
吹雪きを歩きます

20150131余呉トレイル07
琵琶湖です

20150131余呉トレイル08
賤ヶ岳山頂

20150131余呉トレイル10
歩いてきた尾根

下山はJR余呉駅、ここから北陸線に乗って北国街道の余韻を味わいながら
元来たルートを名古屋駅目指して戻ります。
鉄で山登り、おかげさまでとても良い思い出になりました。

20150131余呉トレイル11
余呉駅周辺の町並み

(記)とりや
大御影山 山の恵み山行 2014.11.16 
20141116大御影山04
山の恵み




メンバー:やまさん、ちっぷる、まゆ、てる、キャシー、なお、たばっち、たろー

コース :河内谷林道ゲート(9:55)~大御影山(12:10~13:00)
    ~近江坂~河内谷林道ゲート(17:00)




滋賀県の某山域にてキノコ狩り。事前にリーダーよりナイフとジップロックを持ってくるよう通達が下った。双眼鏡もあるとなお良しとのこと。

ほぉ。。

キノコ狩りなんて初めてだ。ついにワタシも松茸なんてものを食べられるときがやってきたか。楽しみだなー。と、早速近所のスーパーの食器売り場に向かい、土瓶蒸しセットを品定め。土瓶蒸しがどんな料理かもよくわかっていないが、きっとかなり美味いものに違いない。

とはいえ、まだ収穫してないうちから先走ってはいけないと心を落ち着かせながら買わずに帰宅。

そして悪天にもかかわらず、先行して下見に行ってもらったリーダーの報告をホームページでチェックすると、バッチリ収穫できたとのこと。

『冷たい雨の降りしきる中、やっさんの鋭い嗅覚で見事ナ○コをゲット』
…あれ?松茸じゃない ︎、おさわり探偵でしたか!!

下見に行ってくださった皆さん、ありがとうございます☆

******************************************

そんなワクワクの日々を過ごし、ついに狩りに向かう日がやってきた。三重組は6時半に関ドライブインに集合し、目的地近くのインターで名古屋組、岐阜組と合流。8時半ごろ道の駅でトイレを済ませて、リーダーのたろーさんの車に先導されて林道を奥へ奥へと進む。

この先にまるくてぷるぷるしたヤツらが待ち構えているのか。ドキドキしながら狭い林道を物ともせずにぶっ飛ばすたろーさんを必死に追いかける。

林道最終地点に着くと、すでに他の登山者がたくさんいた。車を停めて準備し、リーダーから地図のコピーをもらい今日のコースを説明してもらった。以前下見に行ってもらったコースは沢のぼりだったので今日の行き先は少し違うようだ。

車止めゲートを抜けてしばらくは林道の続きを歩く。

この日のメンバー構成は、達人3名、中堅2名、新人2名、アスリート1名。みんな歩くのが早い。これがハイキング倶楽部のスピードか。

20141116大御影山01
最初は林道歩き

林道のうちは何とかついて行くことができたが、本格的な登り口に入るといきなりの急登。…というか、かなりの勾配の斜面をよじ登りますが、本当に登山道ですか??気を抜くと土と一緒にズルズル落ちてしまうヨ。

20141116大御影山02
ここから登ります

達人のなおさん、やまさんがどんどん上へ上がって行くのをヒーコラ言いながらついて行く。小柄なチップルちゃんも元アスリートのまゆちゃんも余裕だ。てるさんが遅れる私を後ろから優しく見守ってくれる。

たろーさんは前にいたかと思えば突然横から現れたり、素人の私の面倒をみながら、きのこも探す超人的な動きをみせつつ、やがて森の中へと姿を消した。

やがてようやく尾根道が見えてきた。伸びてしまった隊列がそろうのをなおさんは涼しい顔で待っている。私はもう汗だくのヘトヘトだ。

20141116大御影山03
いい雰囲気になってきた

そこに下のほうからオーイと叫ぶ声がする。

この前読んだ書物(黒部の山賊)で『山でオーイと呼ばれても返事をしてはいけない。登山者ならヤッホーと言うはず。うっかり返事をしたら山のバケモノに呼ばれて行方不明になってしまう』というのがあったが、明らかにたろーさんなので、みんなでどこ〜?とか大丈夫〜?とか叫び返す。

見つけたぞー!キノコあったどー!

の声に上にいた仲間が一斉に斜面を下る。またしても遅れをとり一番下にいたのに一番上にいる私。そして感歎の悲鳴が森に響いた。

たろーさんの横には、"なめこの木"があった。正確には枯れてしまった木にビッシリとなめこが生えているのだ!

20141116大御影山04
あったどー(少々古くなっているが・・)

どよめきの中、キャシーさんが素早くナイフを取り出し刈取りにかかる。が、手の届く範囲には残り少なく、上のほうに固まっている。膨大な数が目の前に見えているのに、すんでの所で届かない…。
(私は木の枝に引っかかって中々現場にたどり着けないので遠くから見守る)

少しの量ではあるが、お昼の味噌汁に入れられるくらい確保できた。

でも、ちゃんと生えていることはわかった。他にも探せばあるはず!

諦めない心!
夢はきっと叶う ︎

山頂を目指しながら、枯れ木の裏を念入りにチェックして進む、進む。。。
ない〜ないよ〜?
ああ、お腹が空いてきた。。。

20141116大御影山05
ないよ~ないよ~

その後の収穫はないまま山頂に到達。お昼御飯の時間だ。各自が持参した昼食を用意するなか、たろーさんとなおさんが、味噌汁を作ってくれた。味噌も水も8人分重たいのに運んでくれたのだ。キャシーさんがなめこを食べやすくカットして汁の中に投入してくれた。

ぐつぐつ。

いい感じにとろみもついて完成!たろーさんが順番によそってくれた。各自持参した器を差し出す。(中でもキャシーさんの汁椀は洋風?でハイセンスなものだった)

めっちゃおいしい!なめこの軸もそんなに硬くない!スーパーで売ってるやつより大きい ︎

20141116大御影山06
なかなかの美味

初めての山の恵みに感動し、心も胃袋も満たされる。ホントにおいしかった。
味噌を用意してくださったたろーさんの奥様、この場をお借りしてお礼を申し上げます。
ありがとうございました ︎

そして山頂で記念撮影のち、さらに奥へと分入ってきのこを探す。
勾配のきつい斜面を、雪の重みでねじ曲がった木を避けながら、ずんずん進む。足首がどうにかなりそうだ。と思っていたら、チップルちゃんの足首がどうにかなってしまったようで動きが鈍くなる。

20141116大御影山07
記念撮影

もう、いいんじゃない?
味噌汁飲んだし。
美味しかったし。

ヘタレ思考がリーダーに伝わったのかどうか集合がかかり、これより下山を開始しします。とのこと。

帰りは尾根道の歩きやすい登山道で、右に若狭湾、左に琵琶湖が見える贅沢なコースだった。
行きは下(枯れた木)ばかり見ていて気づかなかったなぁ〜。
ムーミンにでてくるニョロニョロのような草が生えている。
風が気持ちいい〜

20141116大御影山08
風が気持ちいい

20141116大御影山09
ブナの林

20141116大御影山10
日本海が見える?

そして帰りもなおさんは速い!
どんどん先に行っては途中で待ってくれる。
試しについていけるか、まゆちゃんと二人で追いかけてみたら、トレイルラン状態になった。なおさんは歩いているのに私たちは走っている。
忍者だ。

20141116大御影山11
登山道を駆け抜ける

そうこうしながら登山道を抜け、林道に出ると、後は1時間くらい車止めゲートまで歩くだけだが、そこで事件は起こった。
やまさんがついにヤツを見つけたのだ。

林道脇の木が1本だけなめこの木になっている!!!

我先にと斜面を降りてみるとやっぱりちょっと手の届かない高さ。動物に食べられたのか、ライバルに先を越されたのか?
根元の方にわずかに残っていたのでナイフで収穫しようとするが、…アレ?どこから切ったらよいのだ?
大丈夫?と降りてきてくれたたろーさんにお願いします!とナイフを渡し、袋を広げて待つ。
まんまとやまさんの獲物を横取りした。
なんかスンマセン。

20141116大御影山12
発見!!!

その後ちょっと歩くと今度は道の脇に転がっている木の裏に次々と発見。
かりとりかりとり。
何とか独り占めの汚名はそそがれた。

20141116大御影山13
収穫中のキャシー

全員のお土産分を確保し、辺りが薄暗くなってきたので歩きのスピードアップ。
5時ごろ車に戻る頃にはトイレに行きたくてたまらなくなっていた。

20141116大御影山14
ちょっと急ぐぞ

20141116大御影山15
みんなのお土産ゲット

みんなは山の中で素早く済ませていたようだが、自分は我慢できる方なので道の駅まで…とついつい先延ばしにしてしまい、ちょっと後悔。
我慢は危険。

道の駅で全員がトイレに猛ダッシュし、缶コーヒーを飲みながら解散。
おつかれさまでした ︎

その後1時間半かけて関ドラにもどり三重組解散。帰りの道中もてるさんとまゆちゃんの楽しいおしゃべりであっとゆう間だった。
時刻は8時10分。

もう味噌汁は今日の夕飯には遅いので、明日に持ち越し。
翌日戴くとやっぱり美味しかった。
ハライタも無し!
健康快調 ︎
計画・統率してくださったたろーさん、同行の皆さん本当にありがとうございましたヽ(^◇^*)/
次の山遊びが楽しみです☆

たばっち

終わり
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ