野伏ヶ岳 2017.02.26
20170226野伏ヶ岳15
山頂より奥美濃の山々を望む



メンバー:やっさん、えだこ、こうじ、toriya、たろー、シュークリーム(一般)

コース :白山中居神社(7:10)~和田牧場跡(8:40)~ダイレクト尾根
    ~野伏ヶ岳(11:00)~推高谷源頭~Ca1500~推高谷~林道(12:50)
    ~和田牧場跡~白山中居神社(15:00)




 以前、ふみさんから野伏ケ岳でのかまくら泊を聞いて以来、どんな場所かと楽しみにしていました。今回は日帰りですが、今後のテント泊の下見も兼ね参加させて頂きました。

 駐車場は、私達の車を駐車してほぼ満車状態。意外と人気がある山なのかも^_^。駐車場から道路には積雪があり、今年はどこに行っても雪山が楽しめます。

20170226野伏ヶ岳01
白山中居神社から出発

20170226野伏ヶ岳02
石徹白川

 登り始めて数分 雪も深くなった所で踏み抜きが続く為、ワカンを装着します。和田牧場跡に、到着。広々とした高原のような所で、テン泊しても心地よく寝られそうです。また、雪洞を作った跡も多数あり雪山訓練にも持ってこいの場所です^_^

20170226野伏ヶ岳03
和田牧場跡に到着

20170226野伏ヶ岳04
野伏ヶ岳(正面)、薙刀山(右側)

20170226野伏ヶ岳05
雲一つない

20170226野伏ヶ岳06
石徹白の山々

20170226野伏ヶ岳07
雪上訓練中

 牧場跡の先には、野伏ケ岳がそびえ立っており、アルプスを登るような気分にもなります。 登り始めて急登が続きます。いつもの元気なえだちゃんは遅れ気味。もう飽きたのか?(笑)

20170226野伏ヶ岳08
ダイレクト尾根取り付き

20170226野伏ヶ岳09
ダイレクト尾根

20170226野伏ヶ岳10
小白山方面

20170226野伏ヶ岳11
別山方面

20170226野伏ヶ岳12
雪庇の尾根

20170226野伏ヶ岳13
薙刀山が右に

20170226野伏ヶ岳14
集団を追い抜く

20170226野伏ヶ岳15
野伏ヶ岳到着

 息切れしながらもようやく、山頂に登頂です。空は徐々に雲がかかり始めており、別山がも薄っすら見えています。でも、先日行った大日ヶ岳もみえ、展望はまずまずです^_^

 山頂での写真を撮ったら次の薙刀山を目指し出発です。しかし、急下降で且つ少し氷っているこの下りは慎重に行きます。皆んなの為にたろーさんが先頭を歩きトレースをつけてくれているので歩き易くなっています^_^

20170226野伏ヶ岳16
しっかりトレースつけて

20170226野伏ヶ岳17
薙刀山を目指すが

 続いて我々ワカン組が歩いていると、スノーシューのこうじさんやシューさんは、余裕を持って歩いています。裏側にある刃が、ワカンよりも多く歩き易いとか。意外とスノーシューもありかも^_^

20170226野伏ヶ岳18
薙刀山への尾根

 推高谷の源頭を少し過ぎた辺りで昼食にします。しかし、雲行きはさらに悪くなってきたので、昼食も早々に済ませ安全策をとって今日は下山することになりました。帰りは登り返しが少ないコースで和田牧場跡に戻ってきました。山岳会か何かの団体さんが雪洞を壊していました。どうやらこちらの方達が訓練で作っていたようです。

20170226野伏ヶ岳19
雪の和田牧場跡

 更に下山をして行くと、所々ヒップソリに持ってこいの場所があります。勿論、滑るの大好きなえだちゃんは滑っています。他のメンバーも滑るなか、特にスピードが乗っている人がいます。toriyaさんです。スピード違反ですよ。安全運転でお願いします^_^;

20170226野伏ヶ岳20
ヒップソリ大好きえだちゃん

 今回も雪山を目一杯楽しめる山行となりました。企画をしてくれたたろーさん、ご一緒させて頂いた皆さん、楽しい時間をありがとうございました。

記).やっさん
スポンサーサイト
沢上谷 2016.06.12
0120160612沢上谷09


メンバー:ふみふみ、えだこ、まっちゃん、サブロー、つよっさん、こうじ、ナオト、
      もっちゃん、たばっち、たろー、体験Oさん

コース:県道89(10:10)~五郎七郎谷(11:00)~岩洞谷(12:00)
     ~箕谷大滝・昼食(12:50~14:00)~林道(15:20)



 岐阜高山の沢上谷(そうれだに)で、生まれて初の沢登りを体験してきました。これからの暑い時期は涼しそうだし、以前から沢登りには興味津々だったし、鈴ハイでは頻繁に沢イベントが開催されているし、これは間違いなくはまるなあと思い、沢靴も新調して臨みました。わくわく。

 車3台で、一台はゴール地点にデポしていざ出発。11人中、沢初体験は2人、フレッシュマンな気持ちで先輩方にお世話になります。

 スタート30秒後、おニューの靴が沢に入る前にどろんこでチョコレートフォンデュのようになりましたが、沢に入るあーら不思議、元通りきれいに!沢靴のグリップ性能は未知の世界なのでまずはどういうところで滑るのかグリップがどの程度効くのかを確かめながら進みます。滑りそうなところは滑るので注意は必要ですが、普通の登山靴とはグリップ力が違います!あたりまえか!?

0120160612沢上谷01
早くも水遊び

 スタートして分岐らしいところで滑りそうな沢岩を見ています。まさかこんなところを上るのかなと、見ているとそちらに進ではないか。あれれ。滑り台のような水がうっすら流れる岩肌をだんだん傾斜が急になりながらどんどん上ります。どんどん上ります。前の人が上るのを見て靴がグリップするのを観察しながら付いていきました。五郎七郎滝到着!

0120160612沢上谷02
こんなところを登ります

0120160612沢上谷03
五郎七郎滝

 記念写真を撮って、上ってきた滑りそうな急登を下ります。ここが今日最大のドキドキポイントでした。先輩方の靴がちゃんとグリップしているのを確認しながら付いてきます。つるっとなったら人を巻き込みながら下まで行ってしまいそうでしたが無事もとの分岐に到着。

0120160612沢上谷04
下りが怖い

 それからは平和なナメ沢歩きです。岩洞滝、ここで滝ノ下や裏に回ってマイナスイオンや水しぶきを受け気持ちいい~。

0120160612沢上谷05
平和なナメ

0120160612沢上谷06
平和な所で転ぶえだちゃん

0120160612沢上谷07
癒される

0120160612沢上谷08
岩洞滝に打たれるつよっさん

0120160612沢上谷09
空から降り注ぐ滝

 蓑谷大滝、30mも高さがあるそうです。ここでランチタイム、ほっとな出汁でそうめんとおかずでワイワイランチ。

0120160612沢上谷10
またまたナメ

0120160612沢上谷11
箕谷大滝

0120160612沢上谷12
ワイワイランチは暖かい麺

0120160612沢上谷13
なんだこの記念撮影

 おなかいっぱいのそのあとは杣道で滝を迂回して滝の上に降り立ちます。そこからがナメ天国。

0120160612沢上谷14
.箕谷大滝の巻き

0120160612沢上谷15
ナメ天国

 途中、女子らが滑り台を開始、ちょっと高いなあと眺めているとみんなやるべき~となっておいらも滑り台参加。鼻に水がはいってつんとしたけど気持ちよかった、やってよかった、楽しかった。後押しって大事だね。ナメ天国をたっぷりあるいてデポ車地点にゴール!ああ楽しかった。

0120160612沢上谷16
滑り台

0120160612沢上谷17
滑ったらだめだよ

0120160612沢上谷18
ゴール
 
 水が冷たくて、沢用スパッツもなく、ふくらはぎが冷えて攣ったらどうしようかと心配しましたがセーフ。でも今度は新調しておこうかな。

 仕事のストレスで火照った心身を沢のマイナスイオンと沢仲間がが癒してくれました。企画してくれたリーダー、ご一緒してくれたメンバーに感謝です。また近いうちにご一緒しましょう。

記)こうじ
白草山・箱岩山 2016.6.11
20160611白草山11
 白草山で御嶽山をバックに記念撮影 (生憎御嶽山の山頂は雲の中)


メンバー:ふみふみさん、まるさん、もっちゃん、えだちゃん、Tさん(体験)、Iさん(体験)、Hさん(一般)、Wさん(一般)、やっさん

コース:8:23 黒谷林道ゲート~ 8:59 登山道入口~ 10:35 箱岩山分岐~ 10:46 箱岩山~
   11:23-12:26 白草山~ 13:50 登山道入口~ 14:17 黒谷林道ゲート




6月は夏に入って、天気がだんだん暑くなってくる。そして夏の暑さまだまだ慣れてないので。晴れの日はいいですが、暑くて眩しいし、アウトドアは逆にやりにくい。
前の日、リーダーから、山行決行とメールありました。よかった。曇りの日に雨が降らない様に祈りました。

登山口まで最後となるコンビニで集合場所に、9人のメンバーが集まった。お久しぶりの顔に会って、体験参加2人、一般2人の方がいます。特別なのは、9人のメンバー中にリーダー以外、8人女性だった。その時、リーダーやっさんは恥ずかしい顔をしていると読みました。
やっさん、女性ばかりなのが申し訳ないです。よろしくね?♪

皆さん笑いながら出発。曇りの空の下、晴れの私たちが山へ向かいます。

登山口Pから数分歩くと、白草山入山案内の看板がありました。皆さんよく読んだそうで、白草山の矢印通りに黒谷林道の入口に入りました。「黒谷林道」っですごい名前ですが、何かむかしの武士や忍者に出会えそうな気分になります。気持ちがようく歩き易い普通の林道です。
緑がいっぱい空をかぶってトンネルみたい。お喋りしながら山道を歩いてる皆さんの姿。私達常連が山中に存在するのは当たり前のようです。

20160611白草山01
登山口、白草山看板がありました。もう一度装備を整理して、入山へ~

20160611白草山02
黑谷林道へ。静な山ですが私たちがいると賑やかになります。女性の笑い声が山中に飛んでいる~♪

20160611白草山03
木の橋に渡ります。左側からお水が流るときの音♪

20160611白草山04
少し暑くなった、たまに風が吹くと快適ですね~


やっさんリーダーがずっと前にいますが、常に皆の調子を伺っています。本当にリラックスできる山ハイキングですね。

20160611白草山05
巨大‘野菜’? サラダにしたら栄養タップリですかね?

20160611白草山06
大きな笹の葉をいっぱい採りました。後日、チマキ作りで使います。

20160611白草山07
箱岩山に到着です。今回はいつもとは違い美女軍団での記念撮影です。

箱岩山には木の看板が掛かっています。青いのは箱岩山の模型です。誰の作品?

20160611白草山08
箱岩山から白草山へ向かいます。こんな景色が目に入ると、もっと前に進みたくなります^^

20160611白草山09
白草山の山頂に到着、お昼です。食事の後、Iさんからスモアと焼マシュマロを作ってもらいました。

20160611白草山10
スモアです。甘くて美味しかった。Iさん、ありがとう~♪

20160611白草山11
白草山でも記念撮影です。今後は全員(髭おやじも追加です(^_^;))

20160611白草山12
帰りも同じルートけど、三ツ岩は登りでは気づきませんでした。(^_^;)


ゆっくり歩き、ゆっくり話し、ゆっくり温泉に入り、ゆっくり食事を取りました。この一日リラックスできました。
山の仲間も増えてきました。

やっさんリーダー、山行企画をありがとうございます!又よろしくお願いします!

記).まる
納古山 2016.5.21
20160521納古山07
低山は熱いけど、山頂はやっぱりいいですね^^


コース: 9:10 林道P ~ 9:21中級コース ~ 10:32-41 納古山 ~ 11:00 初級コ ース ~ 11:49 林道P

メンバー:ふみふみさん、もっちゃん、ずみさん、やっさん  


■メンバー全員の感想
○ふみふみさん
 初心者向けの登山コースとしてやっさんが企画してくれましたが、集まったメンバーはいつもの 顔!♪ 初心に戻ってゆっくり歩きます。(スカート履いてきちゃった(笑)!)
  頂上から望む御嶽や乗鞍等を眺めたいと思っていましたが、ちょっぴり薄くもりのお天気で した。 下山コースは谷川の水音を楽しみながら短時間の山歩き。 たまには身体を休ませながらゆっくり歩くのもいいね~!と楽しめました♪
 その後の高山散策、温泉、テント泊もまったり過ごせて、プチ旅行気分もとっても良かった です♪♪♪
やっさん、ありがとー!!

○もっちゃん
 駐車場で準備をしていると車がどんどんはいってきて、 633mと低山だということもありあまり人気のない山だと 思っていたのでちょっとびっくり。しかし頂上について納得! 360°の眺望で、天気がよければ北アルプスや南アルプス、 白山や乗鞍岳、御嶽山、恵那山まで見渡せる大パノラマ。 たくさんの方がのんびりされていました。
 私達ものんびり…いやいや暑すぎる。低山は暑さが キビシイですね。今度はもっと涼しい時期に、ごはんを 食べながらまったりゆっくり過ごしたいと思いました。
 納古山は初心者でも登りやすく、素晴らしい展望を望める おすすめの山です☆

○ずみさん
 里山もいいなぁ? そんな思いの中で過ごした数時間。 さすがに納古山は地理的に遠いので気軽には行けないけれど、近くならばさくっと上って、さくっと下りてこられる距離。 傾斜もきつくないのにちょっとした岩場?もあったりして登山気分にひたれます。
 山頂の360度パノラマもかなり満足もの。 手作りベンチもあり山ガールから年配者までたくさんの人で賑わってました。
 下りで使った川沿いルートは傾斜も足に優しく、せせらぎの水音が響き、木漏れ日が足元に こぼれる中をゆるゆると下ってきました。 息切れし脚に喝いれながらメンバーを追う山行とは違い ほっとするあったかい山行もたまにはいいものです。

○やっさん  
 これから夏にかけて、アルプスなどで岩場に行かれる方もいるのではないかと思い、 初心者向けの岩場コースを設定しました。でも、メンバーをみるとそんなこと心配する必要 のない方達 ばかり。なかなか思うように人が集まりません。
 でも、少数メンバーでの山行は久しぶりで す。 皆の声が届く範囲での山行は会話も弾み楽しめました。 また、毎日この山に登っているという名物おじいさん(?)ともお話することができ 楽しく山行を終えることができました。
 山行に参加して頂いたメンバーの方、また行きましょうね^^(今度は涼しい季節がいいか な(^_^;))

20160521納古山01
納古山の案内版で朝食を取りながら予習するふみふみさん

20160521納古山02
熊野古道を思わせる風景

20160521納古山03
初心者向けの岩場が登場

20160521納古山04
納古山Tシャツを着用している名物おじさん

20160521納古山05
岩場にはハートの目印(可愛いですね)

20160521納古山06
岩場を難なくこなすレギュラーメンバー

20160521納古山07
山頂ではノコリンと一緒に記念撮影

20160521納古山08
不思議な看板

20160521納古山09
皆 青い鳥を探索中(?)、もっちゃん発見か!?

20160521納古山10
これから農作作業!?(オプションツアー①)

20160521納古山11
楽しみ方は山以外にもありますよ(オプションツアー②)
鷲が岳 2016.01.31
20160131鷲が岳13
掘り出した案内版を指差して


参加メンバー:ふみふみ、ずみ、バルス、ゴッチ、まる、zenkou、
         えだ、体験A、やっさん

コース:
8:52 林道通行止 ~  9:16 立石キャンプ場近く ~  11:48 鷲ヶ岳北東尾根 ~ 
12:59-14:09 鷲ヶ岳 ~ 15:07一服ダイラ ~ 16:26 鷲見の立石 ~ 
16:50 立石キャンプ場~ 17:10 林道通行止



 常に久々参加の私ですがいきなり集合時間を一時間間違うという大失態…
やっさんから電話いただき五分でつくと返答し、なんとか15分の遅刻で到着。するとなんとリーダーの姿がない…まさか私より遅いのかと思ったら急遽お休みでやっさんがリーダーに昇格となりました。

 急遽リーダーとなったやっさんの不安をよそに二台の車に分乗していざ出発。ひるがの高原SAから高速をおり、下道を30分ほど走った林道の途中でこの先通行止めの標識。そこまでは除雪されていて快適に走ってきましたが、そこから先は真っ白な世界でした。
通行止めが予想より突然現れ、そして道がかなり細かったので少し混乱しましたが目一杯端に停めるとなんとかなったのでいよいよ準備開始です。

 体験さんが一人いましたが、もうみんな知ってるということで自己紹介を省略し早々にスタート。登山口の立石キャンプ場まで20分ほど林道を歩きます。この林道が雪は固いわ道は凍ってるはで転倒者もでたりでなかなか難儀しましたがなんとか登山口へ到着しました。

20160131鷲が岳01
林道通行止。ここから歩きます。

20160131鷲が岳02
立石キャンプ場。雪は思ったよりあります。

 登山口から林道が伸びていましたがこれは帰りにおりてくるところということで、林道の雪の壁をよじ登り山歩きがスタートしました。見た目には固そうな雪でしたが歩くとズボズボはまってしまったので開始10分もしないうちにワカンの装着。
使い込んだワカンから買ったばかりのワカンまで。色々な種類があるんだね~といいつつみんなで協力してワカンを装着。歩き出すと違和感など出て調節。

 程なくし慣れないワカンと雪道、続く登りと、歩行速度もなかなか上がりませんでしたが、徐々にワカンに慣れたメンバーは結構な急登も調子よく登っていきます。
登って登って、たくましいメンバーだなぁと一人ハァハァ息をきらしながら感心していると徐々に標高が上がり景色が見えてきました。

 確かに暑いなぁと思いながら登っていましたが、景色が見えるところに出ると納得。それはそれは澄みわたった快晴でした。見えているのは白山か御嶽か北アルプスか?なんていう程広い範囲でキレイに見えておりました。途中の休憩地点でも眼下に望む景色でさえ雪がキラキラしてとても綺麗。疲れを吹っ飛ばしてくれました。

20160131鷲が岳03
登り始めは中々の急登です(^_^;)

20160131鷲が岳04
雑誌に出てきそうなシチュエーションでOne shot!

20160131鷲が岳05
左手をご覧下さい、快晴の白山です^^

20160131鷲が岳06
鷲ヶ岳山頂は、目前です。

20160131鷲が岳07
本日最後の急登。キツイ~~。・゚゚・(>_<)・゚゚・。

20160131鷲が岳08
山頂までの樹氷は綺麗です^^

20160131鷲が岳09
山頂到着?

 そんなこんなで頂上へなんとか到着。360度パノラマとはこのことだと言わんばかりの美しい景色でした。そして無風。寒くもなく最高でした。

 で、そんな最高のところでまずしたことが頂上を示す案内板の掘り起こし…。みんなで協力して掘り出したが肝心の字が凍ってて見えないということで、最終的にはえだちゃんがお湯を投入!おかげで鷲ヶ岳山頂の文字を確認。記念撮影となりました

20160131鷲が岳10
えだちゃんが怪しい行動を...

20160131鷲が岳11
他のメンバーも釣られて...

20160131鷲が岳12
行動の結末は...案内版を掘り出してました(流石ピークハンター、拘ります^^)

20160131鷲が岳13
集合写真は、案内版へのタッチ!!

20160131鷲が岳14
360°の雲ひとつない絶景パノラマ

 この時点で一時過ぎ。お楽しみの昼食です。ここではズミさんが本領発揮。コンパクトなプレス型の鉄板で餅、パン、スイーツまで次々に作ってはみんなに配ってくれました。やっぱりできたては美味しいですね~

 そしてフワフワの雪と言えば、かき氷!?誰も踏んでない雪の表面を念のため削ってシロップと練乳をかけみんなで食しました。写真だとどう見ても地面を食べてるようにしか見えない。こんなことソロではできないよね~と体験さんと談笑してそろそろお時間です。

20160131鷲が岳15
最初はおしとやかにコップでカキ氷。

20160131鷲が岳16
次は大胆&贅沢に自然を食す^^

20160131鷲が岳17
絶景をバックに笑顔でポーズ

 みんなで集合写真。すでに下山を心に決めたメンバーは腰にカラフルなヒップソリがスタンバイ!下山こそ今日の楽しみ?はやる気持ちを押さえつつ、とてもヒップソリは活躍できそうにない急斜面を下っていきます。
やっさんから危ないとこが多いから許可するまではソリ禁止とありましたが、ここはどう?どう?と急かすメンバーたち。うかつにも許可をだそうもんならすぐにソリ開始。最後尾から見てるとどんどん崖に迫る…。ひえー!といいながらギリギリセーフを繰り返していると、リーダーの素晴らしいルートファインディングで一服平に到着しました。

 一服平は全く危険性のないすばらしい滑り台!てことでリーダーより20分もらってみんなで滑り倒しました。散々滑ったところで盛りだくさんの山行もフィニッシュを迎えます。
退屈な林道下山もショートカットしまくりであっという間に登山口のキャンプ場へ。やっとワカンから解放です~。キャンプ場から車の場所までは朝より凍りついた林道を歩きます。

 最後の最後まで気の抜けない山行でしたが綺麗な景色とメンバーのあたたかさに励まされた山行でした。
参加の皆さんお疲れさまでした。そして急遽リーダーとなったやっさん、長い運転に、案内、ラッセルまで大変お疲れさまでございました。
今年はもう一回くらい雪山行けるかな?また山でお会いしましょ~

20160131鷲が岳18
ヒップソリでラクチン下山

20160131鷲が岳19
鷲見の立石でお決まりのワシのポーズ

記. zenkou 
Copyright © 鈴鹿ハイキング倶楽部     (ブログ版). all rights reserved.
Design by Pixel映画山脈
まとめ