今後の更新予定


<近日公開!乞うご期待>
3月25日~26日 十石山(M)
4月1日 継鹿尾山~鳩吹山(T)
5月14日 簗谷山+納古山(T)
5月27日~28日 大杉谷から大台ケ原(T)
*************************************
6月3日~4日 石鎚山・剣山(N)
6月4日 比良・ヘク谷沢登り(M)
6月10日 比良・猪谷沢登り(I)
6月10日~11日 熊野古道 浜街道・松本峠・波田須の道・大吹峠(T)
6月17日~18日 中央アルプス縦走(T)
6月24日 愛知川渡渉訓練(N)
6月25日 バーベキュー大会(T)
7月2日 伊吹山(I)
7月2日 鈴鹿・石谷川沢登り(M)
7月8日 阿弥陀岳~赤岳日帰り縦走(弾丸八ヶ岳) (T)
7月8日~9日 赤岳~硫黄岳縦走(まったり八ヶ岳) (N)
7月9日 樽ヶ沢(木曽の沢登り)(I)


以上
スポンサーサイト

蛇谷 沢登り 2017.05.28

201705028蛇谷23
今年も来ました!



<メンバー>
Aチーム:ita、まる、えだこ、やっさん、aya
Bチーム:たろー、ふみふみ、次郎、こうじ、はる

<コース>
宇賀渓P(7:50)~蛇谷出合(9:20)~蛇谷~P1042(16:00)~遠足尾根~宇賀渓P(17:50)



○Aチーム まるちゃんの感想

 蛇谷沢登りは、かなり人気が有ります。今年、初の沢登りとして、気持ちがワクワクする!
10人参加の為、5人ずつ、二つにチームを分けました。

 沢はじめと言う事も有り、体力と技術が足らなく感じました。リーダーのitaさんには、ロープを出してもらい、何回も引っ張ってもらいました。

 昼食後、出発のところで、足が滑り右手が石に当たって、指を怪我してしまい、やっさんからバンドエイド頂き、助かりました。

 一歩一歩踏みしめて、ついに山頂に上がる事が出来、 青い空を見られて、良かったと思いました。

201705028蛇谷09
初沢、がんばりました

記 まる




○Bチーム はるさんの感想

 初沢だったけど、たろーさんの案内で初級向けという事で参加させて頂きました。沢道具を持ってないのでヘルメット、ハーネス、カラビナ、スリングはレンタルさせてもらいました。沢靴は巷で人気の(?)ジャガーシグマを慌てて購入。前日にエイトノットの予習を黙々とやって山行当日を迎えました。

 先週まで季節外れの暑さだったけど、今日は気持ち良いヽ(*´∇`)ノ 8時前で登山口の宇賀渓駐車場はほぼ満車状態。この時期の竜ヶ岳は羊(シロヤシオ)が咲き乱れるらしく人気の高さが伺えます。

 まずは出発前に、たろーさんから沢での行動と心構えをレクして頂きました(; ・`д・´)

 沢と登山道の分岐までは林道を進みます。沢に入ると…何でも無い所で滑りまくります( ̄ω ̄;) そして靴に砂が入りまくります。最初に濡れた時は気持ち悪いけどすぐに慣れてきました。

 少し進むと先行のパーティが滝の横を登っていました。たろーさん知り合いでシュークリームさん御一行とのこと。…ってかこんなトコ登るのか(゚ロ゚; 三 ;゚ロ゚) 今回は捲いてもらいました。(良かった♪)

201705028蛇谷01
シュークリームさん御一行

 しばらく浅い沢と適度な岩を乗り越えて進みます。普通の登山と違い新鮮です♪途中からは確保が必要との事でA・Bの2チームに分かれます。

201705028蛇谷02
ワイワイと進みます

201705028蛇谷03
燕滝

 我がBチームはたろーさん、ふみふみさん、こうじさん、じろーさん、はるです。皆さま、よろしくお願いします。はるを守って下さいm(_ _"m)

 最初の難所ぽぃ。滝壺の横をへつって滝横を登っていきます。皆さん、どんどんクリアしていきます。何処に足を置いたか、何処に手を掛けたかしっかり覚えます。頭の中で100回くらい登るシミュレーションして準備万端。いよいよ自分の番になると…アレ?手を掛けるトコがない?足は何処に置んだっけ??そのままフリーズ(-.-;)力が抜けてあえなくドボン。そしてザックは浮く事を実感。初夏とはいえ、まだまだ泳ぐのは早いです。序盤だというのにここから握力が無くなり沢が終わるまで苦労しました。

201705028蛇谷04
蛇谷へ侵入

201705028蛇谷05
落ちたらダメだよ

201705028蛇谷06
岩にへばりつき過ぎ

 これでもかというほど続いて出現するボスクラスの滝達。これって行き止まりですよね?しかし我らがBチームリーダーのたろーさんは詰将棋のように軽々登ります。Aチームリーダーのitaさんも吸盤が付いているかのようにスイスイ登ります。じろーさんも手足が長いので簡単に登ります。えだちゃんも足が長いし羨ましいくらい体が柔らかいので珍しい(?)登り方で攻略していきます。

201705028蛇谷07
ボスクラス?いやいや序の口です

201705028蛇谷08
思ったより怖くない?

201705028蛇谷10
Aチームが滝を攻略中

201705028蛇谷11
緊張のはるさん

201705028蛇谷12
ゾロゾロと

201705028蛇谷13
珍しい登り方?

 そして、いよいよラスボス。滝に打たれながら登ります。途中、膝をつく。立たなきゃダメなの分かっているけど体が固くて膝を前に出せません。何とか立つと靴のグリップに驚きました。ビバ、ジャガーシグマO(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

201705028蛇谷14
ラスボスに立ち向かうはるさん

201705028蛇谷15
靴底が両方見えています

201705028蛇谷16
こうじさんも頑張る

201705028蛇谷17
何故か落ちるえだちゃん

201705028蛇谷18
登りは笑顔で

201705028蛇谷19
余裕かな

 そこから登山道と合流までは難易度が下がり時間も押している事からペースアップで先を急ぎます。Bチームで2番手を歩かせてもらっていたけど、たろーさんが赤いヤツ並みに速すぎてついて行けません。2番手をふみふみさんと替わってもらう。ふみふみさんはペースを落としたたろーさんに軽く追いつくが、自分は全く差が縮まらない。
今後、達人の山行に自分が参加するのは不安以外感じない(´・ω・`)

201705028蛇谷20
まだまだ~

 沢を登り切ったら一気に視界も広がりました!そしてシカもいるwシカ天国なのか木が掘り起こされ荒れ放題です。フンも落ちまくっていました。シロヤシオは殆ど散っていましたが今日は絶景を沢山見られたので全く気になりません。登山道合流地点付近で竜ヶ岳をバックに記念撮影♪

201705028蛇谷21
蛇谷源頭

201705028蛇谷22
竜ヶ岳をバックに

201705028蛇谷23
記念撮影

 遠足尾根で下山。最初は勾配が緩いけどだんだんキツくなってきました。それでも九十九折れの単調な下り。皆さん退屈そうです。えだちゃんは暴走。ふみふみさんは歩きながら寝そうになっていました。じろーさんも目的を達成してしまったので下りは死んだ魚の目をしていました。Ayaさんに至ってはcrocsに履き替えて下山しています。普通の登山に飽きてしまった方が岩や沢に走るのも分かる気がします。

201705028蛇谷24
遠足尾根で下山

 たろーさんが「最初から鈴鹿で一番良い所に来ちゃったから他の鈴鹿の沢では物足りなくなるよ」と言っていましたが、もっと物足りない方がwelcomeです私…。

 初の沢、自分には難度が高く、危険なところは確保して頂いていたので緊張はしなかったですが、未だかつて無いほど課題が増えました。筋トレと柔軟体操せねばです。あと、腕に頼らず足を上手に使えるようにならないと途中で動けなくなりそうです。

 前日、頑張って予習したエイトノット。心配した周りのメンバーがやってくれたので自分では1度も結ばず…

 唯一、成長出来たと実感出来たのは滑りそうな石が少し分かるようになったかも。確保とか出来るようになりたいなーw、まずは初級を重ね基礎を身につけます。

 企画頂いたたろーさん、参加された皆さま、楽しく充実した時間をありがとうございました(*˘︶˘*)

記 はる

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

竜ヶ岳 2017.5.21

20170521竜ヶ岳13_640


<メンバー>
めぐち、ジョコティン、てる、体験Yさん、たばっち

<コース>
宇賀渓キャンプ場8:45-白滝9:13-魚止滝9:20-金山尾根分岐9:30-燕滝9:48-五階滝9:53-金山尾根分岐10:13-金山尾根展望台11:46-治田峠分岐12:54-竜ヶ岳12:53-遠足尾根分岐14:08-岩山展望台15:21-宇賀渓キャンプ場16:55



 たばっちリーダーの企画してくれた竜ヶ岳山行に参加させてもらいました。

 久しぶりの山歩き、5月らしからぬ気温でちょっとバテてしまったけど、トボトボみんなに付いていって、無事に登頂、下山できました。

 最初に滝を見に行くのにやや難技したけど、目で見て癒やされました。見れて良かったです。


 今年のシロヤシオは花の裏年だったようで、たまに満開に咲いてる木が貴重でそれがまた綺麗に見えました。

 今日のお昼ごはんは、おにぎりと、ローソンで買ったお惣菜シリーズ(ポテトサラダと黒酢肉団子)です。お手軽においしく食べられたので便利だなぁと思いました。

 お天気にも恵まれ登山者も多く、同じ人に何回か「こんにちは」と言っていた気がします。

 竜ヶ岳は私がお父さんと登山デビューした山です。
 やっぱり人気の、いい山でした。

 またいつか、アルプスの小屋泊もして綺麗な景色を見たいなぁ。


ジョコティン


20170521竜ヶ岳01_640
宇賀渓の橋を渡ります

20170521竜ヶ岳02_640
橋を渡って・・・

20170521竜ヶ岳03_640
まずは魚止めの滝

20170521竜ヶ岳04_640
岩を登ってみる

20170521竜ヶ岳05_640
ツツジが良い感じに咲いてます

20170521竜ヶ岳06_640
結構急やなぁ

20170521竜ヶ岳07_640
向こう側の遠足尾根の稜線が見えてきた

20170521竜ヶ岳08_640
シロヤシオ発見!

20170521竜ヶ岳09_640
でも終わりかけかも・・・

20170521竜ヶ岳10_640
ごしの竜ヶ岳

20170521竜ヶ岳12_640
あとちょっと、、暑いなあ

20170521竜ヶ岳13_640
やった~♪

20170521竜ヶ岳14_640
もいないようだし、さあ下りましょうか

20170521竜ヶ岳15_640
新緑がきれい

20170521竜ヶ岳16_640


20170521竜ヶ岳17_640
遠足尾根で下山です

20170521竜ヶ岳18_640
結構急やなぁ(^^;

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

毛勝三山 2017.05.20-21

20170521毛勝三山25
これを見に来たんです


<メンバー>
ふみふみ、もっちゃん、つよっさん、たろー

<5月20日>
片貝第4発電所(7:30)~片貝山荘(8:20)~阿部木谷右岸尾根取り付き(8:40)~P1478(12:00)~P2023(15:00)~P2151(15:50)




 初めて聞いた毛勝山へ行ってきました。雪渓を行く予定でしたが、気温も高く雪崩の心配があるので尾根へ変更です。

20170521毛勝三山01
片貝山荘

20170521毛勝三山02
登山口近くの桂

20170521毛勝三山03
尾根の入り口

 いきなりの急登で荷物が食い込みます。まぁ雪渓でも最後は、急登なので後か先かの差かなと思っていましたが暑い!汗がぼたぼた落ちます。

20170521毛勝三山04
暑い~

20170521毛勝三山05
クールダウン

 そんな中、ふみさんが「首になんか付いてない?」虫の頭が刺さっています!マダニです。初めて見ましたが、すごくしっかり食いつくんですね><

20170521毛勝三山06
マダニ除去中

 そんな騒ぎもありながら、やっと雪が出てきました。山頂が見えてきたところで幕営です。雪のテーブルでふみさんともっちゃんの美味しいご飯をいただきました。

20170521毛勝三山07
本格的な雪の尾根に

20170521毛勝三山08
毛勝山が見えた

20170521毛勝三山09
天気は最高 だけど暑い

20170521毛勝三山10
後立山が見えた

20170521毛勝三山11
あと一登り

20170521毛勝三山12
先行Pのテントを越えて

20170521毛勝三山13
今日はここまで

20170521毛勝三山14
テントを張って

20170521毛勝三山15
美味しいおつまみ

20170521毛勝三山16
思わずすすむ~

20170521毛勝三山17
いい気分

20170521毛勝三山18
顔赤い?気のせいです

20170521毛勝三山19
富山湾に沈む夕日




<5月21日>
P2151(6:30)~毛勝山(7:25)~釜谷山(8:55)~猫又山(10:10)~猫又谷下降点(11:00)~猫又谷~最終堰堤(12:50)~南又谷駐車場(15:00)

 朝日を見た後、山頂へアタックです。毛勝山からは劔岳が大きく見えます。更にこの後、自身初めて、雷鳥との出会いです。何枚も写真、撮っちゃいました♪

20170521毛勝三山20
朝日ともっちゃん

20170521毛勝三山21
これを越えれば

20170521毛勝三山22
傾斜がきつい

20170521毛勝三山24
ちょっと緩んできたかな

20170521毛勝三山25
劔岳 バーン!!!

20170521毛勝三山27
初めての雷鳥

20170521毛勝三山26
毛勝山

 この後、崩壊してきている雪を抜けて釜谷山へ行きました。猫又山へ行くとスキーの人が上がって来てました。

20170521毛勝三山28
釜谷山への尾根

20170521毛勝三山29
雪庇の崩壊に注意

20170521毛勝三山30
不思議な造形

20170521毛勝三山31
釜谷山

20170521毛勝三山32
猫又山と劔

20170521毛勝三山33
登りはえらい

20170521毛勝三山34
猫又山

20170521毛勝三山35
縦走したいな~

20170521毛勝三山36
劔岳をバックに

 猫又谷へ下りていく途中、抜いていったんですが、見てるだけで恐ろしや^^;、我々は傾斜が緩んできたところでシリセードです。こんなに長い距離、滑ったのは初めてです。お尻が冷え冷えでした。

20170521毛勝三山37
猫又谷の下降点

20170521毛勝三山38
ほぼ一直線

20170521毛勝三山39
最初はキックステップで

20170521毛勝三山40
シリセード

20170521毛勝三山41
長い~

20170521毛勝三山42
雪渓歩きは最終堰堤で終了

20170521毛勝三山43
林道に咲いていた

20170521毛勝三山44
変わった杉

知らない山でしたが忘れない山になりました^^

記)つよっさん

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

カズラ谷遡行 2017.05.14

20170514カズラ谷04
初めての沢登り



<メンバー>
 バルス、もっちゃん、こうじ、たろー

<コース>
宮妻峡(9:00)~カズラ谷登山口(9:20)~カズラ谷遡行~登山道(14:25)~宮妻峡(15:25)




 7:30に宮妻峡キャンプ場に集合します、天気も晴れで日差しが暑いです。今回は沢登りデビューということで、装備も一式そろえて先輩方に教わりながら沢登りに挑みます。

 まずは駐車場で懸垂下降の練習から行っていきます。初めての懸垂下降で全体重をかけて下降するのに苦労しましたが、丁寧に教えていただいて下降できるようになりました。

20170514カズラ谷01
まずは緩いところで

20170514カズラ谷02
上手く出来るようになった

 そして、沢に入っていきます。水のせせらぎを聴きながら、水に浸かり進んでいきます。なかなかひんやりして気持ちいい。初めは4~5Mの滝が連続しており直登で登っていきます。

20170514カズラ谷03
さあ、初沢登り

20170514カズラ谷04
やさしく見守るもっちゃん

20170514カズラ谷05
もう少し左かな

20170514カズラ谷06
滝が多い谷だ

20170514カズラ谷07
なかなか厳しい

20170514カズラ谷08
もっちゃんビレイ

20170514カズラ谷09
見守られながら登るバルス君

20170514カズラ谷10
上手く倒木を潜って

20170514カズラ谷11
だいぶ慣れてきた

 S字の滝は手や足を引っ掛ける箇所が少なく、振り落とされます。先輩がたは振り落とされることなくノーミスで登っていくのをみて、次に来たときはノーミスで登れるようになろうと思いました。

20170514カズラ谷12
S字スラブ滝で苦戦のバルス君

20170514カズラ谷13
余裕の先輩たち

20170514カズラ谷14
まあ、これくらいならね

20170514カズラ谷15
余裕ですなあ

 最後の難所の15Mの滝はシャワーすごくて待ち時間で体が冷えました。登りきってしばらく行ったところで、13:00昼食休憩します。

20170514カズラ谷16
最後の15m滝

20170514カズラ谷17
シャワーはちょっと寒い

 先ほどの登りで冷えた体をカップラーメンで温めます。休憩が終わると、尾根までもう少し水量も少なくなった沢を登っていきます。

20170514カズラ谷18
水も少なくなって来た

 水がなくなると、最後で急な登りがあり、これがまた、足にきます💦なんとか、登りきると登山道に出てきます。ずっと、沢を登ってきたからか登山道がとても整備された道に感じます。

20170514カズラ谷19
登山道への詰め

 後はカズラ谷登山道を下山します。15:30に宮妻峡キャンプ場に戻り解散しました。 梅雨前ですが水から離れるとヒルがたくさんいました。ほんとにいたるとこにいてびっくりしました。

20170514カズラ谷20
下山後の集合写真

 今回初めての沢登り、岩を見た目で滑るかどうか見分けて登っていかなければならないことが難しかったですが、水の中に躊躇なく入ったり、なかなかの高さの滝を登ったり、普段の登山ではなかなかできないことができました。

 水も心地よい冷たさでこれからの夏もどんどん沢登りに挑戦していきたいです。

記)バルス

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR