FC2ブログ

外岩クライミング 2019.12.8

191208ドラゴン04
 <昨日よりカッコよく登れています!>



<メンバー>なお、まっちゃん、なべちゃん、くろ
<時間>9:00~15:00
<場所>滋賀 ドラゴン道場


前日も初クライミングを経験させて頂き足が痛くてたまらず、帰りに新しいシューズを買う始末で…特訓2日目に突入!
朝から雨模様でどうなのかな?
自分の場合は濡れている方が本領発揮か?(沢のイメージです!)
スラブ岩に全く歯が立たず、掴めるホールドがないし、前に壁があるから、重心移動がとても難しい!悔しい!
191208ドラゴン07
 <手も足も出ないとは、まさにこの状況>              <どこがダメなんだ・・・>

くろさんとまっちやんは、簡単に登る!
まっちやんは脚立に登るのと同じだと言い出す始末。そんなバナナ?
191208ドラゴン05
 <先生の登りをガン見するが・・・>

191208ドラゴン06
 <センセー。早すぎて良くわかりません!>

なおさんと愚痴愚痴言いながら、何度もチャレンジして少しだけ、様になってきたと嬉しい限りでした!
191208ドラゴン02
 <少しコツを掴んできたぞ>

191208ドラゴン04
 <その調子だWan>

途中、靴のせいにしようとしたら、まっちやんに靴はしっかりしてるから問題ないよと逃げ場も失い、追い込まれました。何度も失敗するうちに1歩2歩と進歩できました!
上手い人のクライミングを観てると簡単だなと思いチャレンジして、鼻をへし折られて、奥深い世界だなと実感しました!クライミングをする人は、手を岩に突っ込んだり、足をホールドにねじ込んだり、指を岩にロックしたり、靴も痛いのを我慢できたり、少し普通の人とは、痛みの感覚が鈍いのか?それとも、痛さを超越してるのか?
不思議な世界でした。

なべちゃん(記)
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

今後の更新予定

<近日公開!乞うご期待>

7月6日~7日 南木曽岳(G)
7月24日 宝剣岳&木曽駒ケ岳(K)
10月5日~6日 乗鞍岳~十石山(T)
10月19日~22日 岩木山・八甲田山(I)
11月2日 明神谷(T)
************************************
11月10日 ロープワーク講習会(K)
11月17日 古光山と俱留尊山(T)
11月17日 鈴鹿の上高地(G)
11月24日 木津呂(T)
11月30日 鈴の音アルプス(N)
12月1日 屯鶴峰(Y)
12月1日 中山道(T)
12月7日~8日 六甲全山縦走(N)
12月7日 クライミング(I)
12月8日 クライミング(K)



以上

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

外岩クライミング 2019.12.7

191207ドラゴン04
 <チョックストーンへ乗り移る!>


<メンバー>なお、めぐち、なべちゃん、くろ
<時間>9:00~15:00
<場所>滋賀 ドラゴン道場



外岩クライミング…行った事がない初体験。
滋賀県にあるドラゴン道場は、家から一時間ちょいで行けるしアプローチは10分程度の場所でした。
いつもはロープワークメインの岩登りで、本格的にクライミングシューズを履いて登るのは連れて行ってもらった前尾根以来初めてですが、そんなに高い岩場でもないしトップロープなので落ちる心配もない。

けど、全然登れない…(*_ _)
思ったより難しい…(*_ _)

くろさん、なおさんに「こーやって」「あーやって」「わかった?」
私…「うん」「わからん」「出来やん」「痛い」「寒い」「何でー」の繰り返し”(-“”-)”
トップロープでも落ちる時は落ちる”(-“”-)”

頭ではわかっていても体が硬い?から?全然思う様に行かない。
次に行く時は登れなかったとこが登れるようになりたいなぁ(*^▽^*)

めぐち(記)

191207ドラゴン01
 <最初の一歩が登れない・・・>

191207ドラゴン02
 <こっちのルートの方が登りやすいが・・・>

191207ドラゴン03
 <ここからどうすればいいの?>             <右手の先に持つところがあるやろ!>

191207ドラゴン04
 <ここか!>

テーマ : 登山
ジャンル : スポーツ

2019沢納め 南紀 内鹿野谷 沢登り 2019.11.30

20191130内鹿野谷15
栂ノ戸滝



<メンバー>
たろー、なべちゃん、いさお、ふみふみ

<コース>
高田集落水車小屋跡(7:55)~散策路~ナマズ口の滝(8:55)~一ツ落の滝(9:55)~栂ノ戸滝(10:25)
~Ca520二俣(11:20)~左俣~稜線(13:00)~白見山(13:25)~十字路鞍部(14:00)~Ca520二俣(14:40)
~林道(15:45)~車デポ地(16:00)




2019年の沢も3月末から始まり、今回で無事?沢納めとなりました。
今年は良く沢に行ったな〜と思います!
目標のコンプリートは叶いませんでしたが、自分で沢企画もする自信も持てたし基首からみるとスキルアップができました!

今回は、初南紀の沢。
スラブ系の沢で登攀に苦労しました。

車2台で1台は、導水路林道に残して、スタート地点へ。
出合い滝までは、探勝路でショートカットしましたが、ゆっくり時間をかけて下流から入渓しても面白そうです。
ズリ岩の中を潜ったり、泳いで滝に取り付いたりできそうで気になる!

20191130内鹿野谷01
高田集落の水車小屋跡からスタート

20191130内鹿野谷02
道標もあります

20191130内鹿野谷03
水はきれい

20191130内鹿野谷04
怪しい道

20191130内鹿野谷05
ズリ岩(明治の頃、落ちて来たらしい)

20191130内鹿野谷06
橋もある

20191130内鹿野谷07
夏なら泳ぎたい

ナマズ口の滝は探勝路を利用して巻きます。
上に踏み跡とロープ柵があります。

20191130内鹿野谷08
ナマズ口の滝

20191130内鹿野谷09
落ち口

20191130内鹿野谷10
これが出合の滝かな

20191130内鹿野谷11
ニンマリなべちゃん

20191130内鹿野谷12
ナメが現れる

一ツ落滝は、左岸の灌木を使いモンキークライムで巻きます。
この巻き、右のルンゼから取り付いて、岩に阻まれ、かなり上まで押し上げられます。すると、遠目に栂ノ戸滝が見えます。落差40M程度あり、普通この手の滝は、勢いがあり直漠が多いのですが、ねじれて落ちる面白い滝でした。

側で観賞したいので、リッジを下がって、滝の前へ。又、元のリッジを登り返しました。

20191130内鹿野谷13
一ツ落の滝

20191130内鹿野谷15
栂ノ戸滝

20191130内鹿野谷16
集合写真

20191130内鹿野谷17
スラブ滝が続く

20191130内鹿野谷18
結構怖いトラバース

その後は、中だるみのゴーロ歩きが続きましたが、古の小屋跡や欠けた茶碗などノスタルジーを感じる区間で、自分は、先人の歴史を感じる歴史遺産が好きです。このまま終わりですか?

20191130内鹿野谷19
左岸に木馬道が

20191130内鹿野谷20
苔~

まだ、有りました!

滑滝が続きます!ウォータースライダーが魅力的ですが、生死に関わる位、水温が低いので慎重に足を滑らせないように突破します。

20191130内鹿野谷21
ナメ滝が現れる

スラブは、カバがないから、難しい。水線を行けたので楽しかったです。
今日は、観賞メインとの事で、水線を避けるルートでたろーさんが先頭を行ってしまい、ここぞとばかり水浴び!
(途中、一人でジャバジャバしていましたが)

20191130内鹿野谷22
意外と難しい

20191130内鹿野谷23
これは登れないので右の支谷に入る

20191130内鹿野谷24
稜線に出た

20191130内鹿野谷25
白見山

20191130内鹿野谷26
十字路の鞍部から右俣へ下る

20191130内鹿野谷27
谷に戻り

20191130内鹿野谷28
左岸の木馬道で口高田に下山します

20191130内鹿野谷29
(地図に無い)林道に出る

沢の前半は日本庭園の様な苔の具合と滝のコラボ、ひっそりと静かな水の音だけの清流、木々の深い森林、日本って良いなと思います!

今年は、沢三昧で楽しく充実した1年になりました!

感動1番は、立合川の「幻の滝」かな!
あんな、水量と爆音と深い釜、不思議な地形など凄かった!
たろーさんの泳力にも感動しました!

来年も沢に行って、知らない日本を探検して今年以上の感動をしたいなと思います!沢と出合い、みんなで困難をクリアして感動体験を共有できる、沢とアルパインのマルチピッチは、自分の中での達成感が半端なくて、大好きな登山分野です。

記)なべちゃん

<今回のコース>
20191130内鹿野谷30

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

鈴鹿バリエーションハイキングpart2 鈴鹿深部探索 2019.11.24

20191124 鈴鹿深部18
鈴鹿の秘境 上谷尻の大滝で



<メンバー>
たろー、なお、いさお、なっぴー、ジュリ、miu

<コース>
朝明(7:10)~中峠(8:25)~大トロ(9:05)~お金明神(10:30)~上谷尻谷(11:30)
~上谷尻大滝(12:50)~左岸尾根~銚子付近(14:10)~イブネ(14:35)~杉峠(15:00)
~コクイ谷出合(15:55)~根の平峠(16:30)~朝明(17:30)




鈴ハイの山行、二度目の参加な日
グループが変わればスタンダードも変わる

事前、送ってもらった地図はどう見ても距離が長くてワクワクが止まらない☆
今まで参加してた会ではアリエナイ距離なのです。

でも?だから?皆のペースも分からないからついて行けるか、迷惑をかけないかが何よりの心配事でドキドキも止まらない…

不安を消すべく下調べをする。地図にピークと谷の出合、バリエーションへの目印を書き入れてなんとなく頭の中でつながった。

多分、一番の難関は大瀞の渡渉。
何処へ行っても一番初心者の私。
ストックも持ってないし、大瀞で私だけ水に落ちるパターンは避けられないと覚悟して靴下の予備を持っていった。

そして曇り空の朝明、紅葉の中を出発。

中峠への途中、たろーさんが現在地の確認を始める。
今までは、進行方向を間違えない為にコンパスを使ってたけど現在地の確認の為にコンパスを使うなんて考えもしなかった。

これは、前回の山行でたろーさんが「整地」?といってやっていた状況を帰ってから何度も何度も思い出して理解した。私にとっては目からウロコな使い方。待ってましたとばかりに試してひっそりルンルンになる♡

20191124 鈴鹿深部01
朝明を出発

20191124 鈴鹿深部02
中峠への急登

20191124 鈴鹿深部03
中峠に到着

そんなルンルンもつ束の間、大瀞の渡渉場所。
何処から渡るのかとキョロキョロしてたら、なおさんの悲鳴が!?

マジですか?慣れてる人でもイキナリ滑るのかと緊張。登山靴で沢をプチへつる。たろーさんを先頭になおさんが渡る。…やっぱり大変そう。靴を脱ごうか迷ってるとなっぴーくん、じゃぁ僕が先にと、いさおさんは余裕の渡渉。ジュリさんは慎重に渡りつつ、私を気にしてストックを貸してくれると言うけれど、そもそもストックの使い方すら分からない私。気持ちだけ有り難く頂いて…なんとか濡れずに渡れました。

20191124 鈴鹿深部04
大トロ

20191124 鈴鹿深部05
ベテランのはずが・・・

20191124 鈴鹿深部06
ジュリちゃんは安定

20191124 鈴鹿深部07
何とか渡り切った

沢沿いを歩きだしたらプルプルの大集団!そうこの山行のメインは「山の恵み探し」今日は期待が持てると心踊りだす。

20191124 鈴鹿深部08
奇跡のプルプル(でもこれだけでした)

あれれ?早くも道なき道 …チートで現在地確認…ちょっと攀じ登るやつです。

初めましてお金明神

谷のバリエーションルート

舞い散る落ち葉の素敵空間でランチ

なんとも癒やされる晩秋の沢歩き

沢を登る?と思ったらキラキラの滝!素敵景色すぎる☆

20191124 鈴鹿深部10
神域です

20191124 鈴鹿深部11
お金明神

20191124 鈴鹿深部13
上谷尻の鉱山 トロッコのレール跡

20191124 鈴鹿深部15
トロッコの車輪

20191124 鈴鹿深部14
落ち葉舞い散る

20191124 鈴鹿深部16
ここだけ明るい

20191124 鈴鹿深部17
怪しい雰囲気に

20191124 鈴鹿深部18
上谷尻谷の大滝

滝があれば当然、沢上がりと同じ谷を登る♡
手掛りの少ない上りで視線を上げたら、獣の如く四足歩行で上がってゆく人影が
私の目にはたろーさんに見えたけど、でも猿を見間違えたとしか思えない動き…
つか、幻覚を見たのかも

20191124 鈴鹿深部19
木の根を掴んで

とにかくそこは思わず笑えるバリルートの始まり、藪こぎに燃えるタイプの私。やっぱり道なき道の冒険が最高に楽しい!
何時つけられたか分からないロープより安心できるシャクナゲの枝をロープ代わりに掴んで登れるアトラクション♪

20191124 鈴鹿深部20
やっと登山道~

尾根に上がれば登山道で苔の森

「イブネ」のプレートを見てイブネってどんな華が咲くんでしょうか?ってなっぴーくん(笑)

みんな個性的で面白すぎです。

20191124 鈴鹿深部21
苔の台地

20191124 鈴鹿深部22
花は咲かんと思うけど

20191124 鈴鹿深部23
雨乞岳


登山道はスピーディーに下ってヘッデン点けたらマジックアワーの時間、空の色が変わり染まり始める。

夜景まで目にしたフルコースの山行

20191124 鈴鹿深部24
杉峠

20191124 鈴鹿深部25
御池鉱山跡

20191124 鈴鹿深部26
根の代の神杉

20191124 鈴鹿深部27
根の平峠にて

一日目一杯遊んで子供が自由を手にしたような気分です。
ご一緒してくれた皆さん有り難うございました。
そして、鈴ハイの皆さんこれから宜しくお願いします。

(記)miu

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

鈴鹿ハイキング倶楽部

Author:鈴鹿ハイキング倶楽部
鈴鹿ハイキング倶楽部は鈴鹿山脈にホームグランドを置き、三重県をはじめ東海地方が活動エリアの登山サークルです。
鈴鹿山脈を中心とした低山ハイキングの軽い山登りから、アルプステント泊縦走、雪山や沢登りなどの本格登山まで四季を通じて活動しています。


これから山歩きを始めたい方、一人ではちょっと不安という方、仲間を見つけて新しい事に挑戦したい方、我々と一緒に山へ出かけませんか。

詳しくはHP(リンク先)参照

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ご訪問
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR